1/4ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(285Kb)

脱気ファインバブル発生液循環装置

製品カタログ

脱気ファインバブル発生液循環システムによる音響流制御

超音波システム研究所は、
超音波の制御を効率良く行うことができる
<<脱気マイクロバブル発生液循環装置>>の製造・開発方法・・を
コンサルティング対応しています。

<<脱気マイクロバブル発生液循環装置>>

1)ポンプの吸い込み側を絞ることで、キャビテーションを発生させます。
2)キャビテーションにより溶存気体の気泡が発生します。
上記が脱気液循環装置の状態です

3)溶存気体の濃度が低下すると
キャビテーションによる溶存気体の気泡サイズが小さくなります。
4)適切な液循環により、20μ以下のマイクロバブルが発生します。
上記が脱気マイクロバブル発生液循環装置の状態です。

5)上記の脱気マイクロバブル発生液循環装置に対して
超音波を照射すると
マイクロバブルを超音波が分散・粉砕して
マイクロバブルの測定を行うと
ナノバブルの分布量がマイクロバブルの分布量より多くなります
上記の状態が、超音波を安定して制御可能にした状態です。

このカタログについて

ドキュメント名 脱気ファインバブル発生液循環装置
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 285Kb
取り扱い企業 超音波システム研究所 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

SSP仕様書 超音波テスター(タイプNA) SSP-2012
製品カタログ

超音波システム研究所

ファインバブルと超音波による、表面処理技術
製品カタログ

超音波システム研究所

このカタログの内容

Page1

超音波とファインバブルによる超音波洗浄技術 1.はじめに ファインバブルの現象には沢山の条件があり、それぞれの影響が複雑に関連し ています。その中に、影響の大きさに比べ研究が少ない事項が、水槽と液循環 です。この水槽と液循環の問題をファインバブルについて検討し、超音波との 組み合わせによる新しいファインバブル・超音波洗浄システムとして開発しま した。このシステムを使用して、超音波とファインバブルによる「超音波洗浄」 を行っています。ここでは、球形サイズで 20μ以下の、ファインバブルを安定 して利用する技術を紹介します。 2.脱気ファインバブル発生液循環装置 「揚程の高い、マグネットポンプの吸い込み側のバルブ(配管)を絞る。」 と言う、ポンプメーカーの禁止事項を行います。 (通常のマグネットポンプで 10年以上機能します 揚程の高さとバルブの絞り状態の設定で マイクロバブルの発生量とサイズを調整できます) 特許の問題はありません(公知とされています) 揚程の高いマグネットポンプ マグネットポンプ MDシリーズ ホース接続 MD-70RZ ポリプロピレン製 (株式会社イワキ IWAKI CO, LTD.)
Page2

3.ものづくり(洗浄)課題 3.1:洗浄装置・洗浄液・・の管理は難しい 3.2:気候・環境・・各種変化・・が洗浄効果に影響する 3.3:洗浄物の表面は、保管・処理技術の発展とともに変化する 洗浄レベルの要求も変化する 3.4:洗浄管理、洗浄評価に関する技術・研究・機器は不十分 (洗浄は解明されない:洗浄物に対する固有の方法を開発する必要がある)
Page3

4.超音波洗浄機の事例写真
Page4

5.結論 球形サイズで 20μ以下のファインバブルの実験確認した性質 1)洗浄液の均一化効果 2)ファインバブルの洗浄効果 上記により、洗浄実績とともに、めっき処理、加工処理、溶接処理・・ 様々な応用実績が増えています 脱気ファインバブル発生液循環装置を目的に合わせ利用してください 6.参考文献 ファインバブルのメカニズム・特性制御と実際応用のポイント 発刊 2015年 3月 27日 定価 63,000 円+税 体裁 B5判 ソフトカバー 469ページ 株式会社 情報機構 「脱気・マイクロバブル発生装置」を利用した超音波制御システム http://ultrasonic-labo.com/?p=1996 超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術 http://ultrasonic-labo.com/?p=5413 以上