1/29ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(4.5Mb)

SSP仕様書 超音波テスター(タイプNA) SSP-2012

製品カタログ

超音波洗浄機の音圧管理から部品の音響特性を確認して最適な超音波洗浄「管理」・「検討」が可能なセット

【内容】
◆超音波洗浄機の音圧測定専用プローブ 1本
◆超音波測定汎用プローブ 1本
◆オシロスコープセット 1式
◆解析ソフト・説明書・各種インストールセット 1式(USBメモリー)

◆詳細はカタログをダウンロードしご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 SSP仕様書 超音波テスター(タイプNA) SSP-2012
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 4.5Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 超音波システム研究所 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

ファインバブルと超音波による、表面処理技術
製品カタログ

超音波システム研究所

超音波セミナーテキスト
製品カタログ

超音波システム研究所

このカタログの内容

Page1

超音波テスター(タイプNA) 抜粋 SSP-2012 仕様書 超音波洗浄機の音圧管理から 部品の音響特性を確認して 最適な超音波洗浄「管理」・「検討」が可能なセット 内容 超音波洗浄機の音圧測定専用プローブ 1本 超音波測定汎用プローブ 1本 オシロスコープセット 1式 解析ソフト・説明書・各種インストールセット 1式(USBメモリー) 超音波テスター(タイプ B)の場合 超音波洗浄機の音圧測定専用プローブ 1本 あるいは 超音波測定汎用プローブ 1本 超音波システム研究所 Ver 4.0 1
Page2

超音波テスター NA 一式 超音波プローブ (2018.9 プローブコードの変更) 2
Page3

超音波テスター(タイプB) B-1型:超音波洗浄機の音圧測定専用プローブ 1本 B-2型:超音波測定汎用プローブ 1本 3
Page4

参考(使用例) 注:上記写真は旧タイプの製品です 4
Page5

仕様 USBオシロスコープ Picoscope2204A 数量 1台 分解能 8bit チャンネル数 2ch 帯域幅 10MHz サンプリング周波数 1ch時 100Ms/s 2ch時 50Ms/s 寸法 92x142x19mm(BNCコネクタは除く) 重量 200g以下 詳細な仕様 http://akizukidenshi.com/download/ds/picotechnology/PicoScope2200A_DS.pdf http://akizukidenshi.com/download/ds/picotechnology/PicoScope2200A_UG.pdf オシロスコープについて PicoScope2205の製造終了(2015.8)に伴い 代替え製品、Picoscope2204Aを採用しています 超音波テスターの操作・仕様への影響はありません PC接続コネクタ USB プローブ接続コネクタ BNC 電源 AC100V 周波数 50/60Hz メーカー Pico Technology Limited メーカーホームページ http://www.picotech.com/ ソフトウェアダウンロード http://www.picotech.com/download.html (無料) 購入(株式会社秋月電子通商) http://akizukidenshi.com/catalog/c/cpcscope/ 帯域幅 25MHz サンプリング周波数 1ch時 200Ms/s 2ch時 100Ms/s を希望される場合は「Picoscope2205A」を購入してください 5
Page6

主な仕様 ・帯域幅:10MHz ・チャンネル数:2チャンネル ・入力インピーダンス:1MΩ||14pF ・ビット数:8ビット ・バッファ:8キロサンプル ・波形発生器機能:DC~100kHz 6
Page7

オリジナル超音波プローブ(標準タイプ) 超音波洗浄機の音圧測定専用プローブ 数量 1本 品番 120A16:タイプA コード長さ 1000mm 先端部(ステンレス) 130mm 重量 76g コード太さ 直径3mm (参考規格 ICE-61010 CATII) 注意 プローブの先端部(ステンレスの部分)を水槽内の液に入れる場合 プローブは、洗濯バサミの圧力程度で固定する (強すぎたり、弱すぎたりすると、ノイズの原因になります 強すぎ:レンズ効果により特定の周波数のノイズ 弱すぎ:低周波の揺れによるノイズ ) 注意 プローブの先端部は振動の検出部です 取り扱いに注意してください 注意:2018.9より プローブコードが変更になりました 性能に違いはありません(旧タイプのプローブによる説明写真があります) 7
Page8

オリジナル超音波プローブ(汎用タイプ) 超音波測定汎用プローブ 数量 1本 品番 120B25:タイプC コード長さ 1000mm 先端部(圧電素子) 直径22mm 重量 40g 接続プラグ BNC コード太さ 直径3mm (参考規格 ICE-61010 CATII) 上記2種類のプローブについて、基本性能は全く同様です 超音波素子のシリコーン塗布について 超音波のダイナミック特性に対応するためのノウハウとして 複数の異なる(種類・色・・)シリコーンを複雑な形状で塗布しています 製品として、表面のきれいさには問題があると思いますが 性能を優先させるためこのような状態で販売しています 8
Page9

注意 プローブの先端部(ステンレスの部分)を水槽内の液に入れる場合 プローブは、洗濯バサミの圧力程度で固定する あるいは、下写真のようにガイドを利用してください (強すぎたり、弱すぎたりすると、ノイズの原因になります 強すぎ:レンズ効果により特定の周波数のノイズが発生 弱すぎ:低周波の揺れによるノイズが発生 ) 注意 プローブの先端部は振動の検出部です 取り扱いに注意してください 汎用プローブを液中に入れる場合には 表面を伝搬する周波数(高調波)と、音響毛管現象により シリコーンの隙間から液体が入り込み、 通電して測定できなくなることがあります (数日間放置して、乾燥させると問題なく測定できます) 対策については、 テフロンテープを巻き付ける・シリコーン塗布・・で対応可能です あるいは、超音波システム研究所へお問い合わせください 9
Page10

性能(超音波プローブ検査成績書 ) サンプリング時間 0.00015625μs スペクトル解析結果(ARモデルによるフィードバック解析) 測定データ 10
Page11

図5-1 標準的な設置例1 図5-2 標準的な設置例2 <超音波プローブの設置> 屋内で水のかからない、粉塵の少ない場所に設置して下さい。 洗浄槽にプローブのステンレス部分を液中に入れる場合は プローブのシリコ-ン部分が液に接触しないように設置してください。 禁止 超音波プローブは、完全防水構造ではありません。 屋外や水のかかる場所で使用しないで下さい。 行動 接続する配線はノイズを小さくするために、可能な範囲で短くしてください。 正しい性能が得られません。 11
Page12

接続: 下記の写真のように 超音波プローブを装置(デジタルオシロスコープ)に接続する 1:オシロスコープとパソコンの接続(赤い丸の部分) 2:オシロスコープと超音波プローブの接続(オレンジの丸の部分) 12
Page13

アフターサービスについて ■保証期間 お求めの日から6ヶ月間とします。 特殊な使い方をされる場合は 保償期間内でも有償修理となることがあります。 ■保証期間中、修理を依頼されるとき 保証期間内でも次のような場合は、保証が適用されませんのでご了承ください。 ●注意事項を怠ったためによる損傷または故障 ●移動または保管管理面不備のために生じた損傷または故障 ●お客様による不当な修理や改造がされた場合の損傷または故障 ●火災・地震・浸水・その他天災などによる損傷または故障 ■保証期間経過後、修理を依頼されるとき 修理により製品の機能が維持できると判断された場合は、 ご希望により有償で修理いたします。 ■修理用性能部品の最低保有期間 修理用性能部品(機能維持のために必要な部品)は、最低3年間保有しています。 ■この保証について この保証は日本国内のみ有効です。 This Warranty is valid only in Japan. ■その他不明な点は 保証期間中の修理などアフターサービスについて、 不明な点は超音波システム研究所へお問い合わせ下さい。 ご連絡いただきたい内容 ・ご住所、ご氏名(会社名、職場)、電話番号(内線番号) ・製品名、型式(TYPE)、製品番号(No.)、ご購入日 ・故障または異常の内容(症状) 便利メモ・おぼえのため記入されると便利です。 ご購入店名 超音波システム研究所 SSP-2012型 info@ultrasonic-labo.com 品番 ご購入 20xx年X月xx日 製品名 超音波プローブ 年月日 テスターNA 120A16:タイプA 120B25:タイプC 13
Page14

参考(超音波計測・解析) <音圧測定> <表面検査> <音圧解析> 14
Page15

流れる水に伝搬する超音波の測定状態です 注意:参考事例です 直接振動子に接触させないでください 高い音圧により故障の原因になります 原則として 水中にすべて入れた状態での測定は 5分以内としてください 水中から出した時には、コード部等の水分を拭き取ってください (長時間の水中計測を行いたい場合には、メールでお問い合わせください) 15
Page16

<音圧解析結果> 解析結果の評価方法・・・については、個別対応しています 注:下記別途資料を参照してください 音圧解析の初歩、非線形解析操作、超音波技術(R言語) 16
Page17

事例:音圧データ 17
Page18

注意:参考データとして提示しています ダイナミック特性(連続したデータの各種解析結果)により 洗浄効果の高い原因を確認した事例データです (洗浄対象や洗浄目的が異なるため評価ポイントは変わります) 18
Page19

ノウハウ資料 マイクロバブル・ナノバブルを効果的に利用するための 測定解析に基づいた、ノウハウ技術 19
Page20

20