1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(992.6Kb)

【故障予知・状態基準保全の課題を解決】40kHzまでの振動を解析できる振動計測リファレンスソリューション

製品カタログ

山積する課題を、オール半導体で一気に解決!広帯域かつ微小な振動を検出・解析可能! 異常状態の検出のみならず、異常個所の特定にも。

故障予知・状態基準保全を確実に行うためには、保全対象から確かな物理量を計測し、解析することが重要です。
アナログ・デバイセズは、状態基準保全の課題解決として、MEMS加速度センサーを利用した振動計測リファレンスソリューションの提供を開始しました。

■製品ラインアップ■
・MEMS加速度センサー ADXL1002
 最高クラスのS/N比(ノイズ密度25 μg/√Hz)と21kHzまでの周波数の振動計測を実現
・IoT向け超低消費電力マイクロコントローラ ADuCM4050
 信号処理を高速に実行可能。内蔵ADCを利用して加速度センサーと簡素なアナログ接続を実現
・柔軟な設計開発を実現する ソフトウェア・ライブラリ


・低ノイズ、広帯域、1軸加速度センサーADXL100xシリーズ
高精度・広帯域の1軸加速度センサー
ピエゾ抵抗型加速度センサーに匹敵する広帯域・高感度を実現
業界最高クラスのS/N比を提供
半導体ベースなので、衝撃耐性にも優れており、扱いやすさも大きな魅力


◆詳細はカタログをダウンロードしご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 【故障予知・状態基準保全の課題を解決】40kHzまでの振動を解析できる振動計測リファレンスソリューション
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 992.6Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 アナログ・デバイセズ株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

40kHzまでの振動を解析 故障予知・状態基準保全に向けた 振動計測リファレンスソリューション 故障予知・状態基準保全を確実に行うためには、保全対象から確かな物理量を計測し、解析することが重要です。 アナログ・デバイセズは、状態基準保全の課題解決として、MEMS加速度センサーを利用した振動計測リファレンスソリューション の提供を開始しました。 ホスト機器 ADuCM4050 Cortex-M4F ADXL State & Digital 4k pts UART ADC Buffer 1002 Filter FFT I/F Control 主な仕様 ハードウェア仕様 ▶超広帯域 / 低ノイズ加速度センサー ADXL1002 (ADXL1001~1005も選択可能) ▶超低パワーMCU ADuCM4050 ソフトウェア/モジュール仕様 ▶ A/D変換:14bit 102.4kSPS (16X O/S 12bit 1.64MSPS) ▶周波数解析:4,096点FFT & 最大 256x 平均化 ▶ UARTインターフェース: 自動ボーレート 9600 ~ 230400bps ▶ ディジタルフィルタ:IIR 2次フィルタx4、エンベロープ検波フィルタ その他、時間軸解析、アラーム検出、測定シーケンス制御、 データバッファリング、スリープ/ウェイクアップ機能を搭載 山積する課題を、オール半導体で一気に解決 超広帯域の振動を低ノイズ IoT向け超低消費電力マイコン 柔軟な設計開発を実現する MEMS加速度センサーで取得 上のエッジノード処理で解析 ソフトウェア・ライブラリ ADXL1002 ADuCM4050 ADXL1002は、MEMS加速度セン ADuCM4050は、ARM Cortex ® - マイクロコントローラ用のファームウェア サーとして最高クラスのS/N比(ノイ M4Fベースの超低消費電力マイ は、バイナリに加えてソースも同梱。 ズ密度 25 μg/√Hz)と 21kHzまで クロコントローラで、信号処理を 外部システムとの接続には、汎用性 の周波数の振動計測を実現。 高速に実行可能。 の高いUARTインターフェースを採用。 この高精度なMEMS加速度セン 内蔵ADCを利用して加速度セン UARTポートを備えた産業用機器と サーにより、わずかな異常振動も サーと簡素なアナログ接続を実現。 の接続も可能です。 検出可能です。 産業機器の限られた搭載面に また、PC用GUI Pythonスクリプトも 分割搭載も可能です。 同梱するので、ホスト機器のリファレ ンスコードとしても利用できます。 ソリューションの詳細と ソフトウェアのダウンロード はこちら analog.com/jp/pvvib analog.com/jp
Page2

システムにおける振動モニタリングとは システムを構成する多数の可動部が動作している中で発生する異常振動には、軸受のベアリングのわずかな傷(故障の前段 階)による微細な高周波振動などがあります。広帯域かつ微小な振動を検出・解析可能な振動計測ソリューションは、 異常状態の検出のみならず、異常個所の特定にも活用可能です。 正常時 故障の予兆発生後 ベアリング 故障の予兆 ベアリング 正常な振動 異常な振動 加速度 加速度 センサー センサー 正常な振動 正常な振動 加速度 加速度 計測 正常な振動 計測 正常な振動 筐筐体体 筐体 故障の予兆から 加速度強度 正常時に発生する加速度 加速度強度 正常時に発生する加速度+ 発生する加速度 センサー出力 センサー出力 計測時間 計測時間 周波数変換 周波数変換 正常時に発生する 正常時に発生する 加速度スペクトル 加速度スペクトル 故障の予兆から 故障予知・ 周波数強度 周波数強度 発生する 加速度スペクトル 状態基準保全に 利用 周波数 周波数 状態基準保全の対象となる機構部振動 低ノイズ、広帯域、1軸加速度センサー ADXL100xシリーズ 振動計測ソリューション採用の加速度センサーADXL1002は、ADXL100xシリーズの1製品です。ADXL100xシリーズは、 アナログ・デバイセズが誇る、高精度・広帯域の1軸加速度センサーで、ピエゾ抵抗型加速度センサーに匹敵する広帯域・高感 度を実現し、業界最高クラスのS/N比を提供。半導体ベースなので、衝撃耐性にも優れており、扱いやすさも大きな魅力です。 本ソリューションでは、ADXL100xシリーズの中から、用途に応じた加速度センサーを選択可能です。 フルスケール ノイズ密度 3dB帯域幅 共振周波数 温度範囲 製品型番 (±G) (µG/Hz) (kHz) (kHz) (℃) ADXL1001 100 30 11 21 -40 to +125 ADXL1002 50 25 11 21 -40 to +125 ADXL1004 500 125 24 45 -40 to +125 ADXL1005 100 75 23 42 -40 to +125 その他の多岐にわたる加速度センサーはこちら analog.com/jp/accelerometers 本 社 〒 105-6891 東京都港区海岸1-16-1 ニューピア竹芝サウスタワービル10F 大阪営業所 〒 532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原3-5-36 新大阪トラストタワー 10F 名古屋営業所 〒 451-6039 愛知県名古屋市西区牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー38F ©2018 Analog Devices, Inc. All rights reserved. 本紙記載の商標および登録商標は、 各社の所有物に属します。 Printed in JAPAN BR00025-0-08/18