1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(2.5Mb)

計測のプロが FLIR を選ぶ理由 〜プロのサーモグラファーが教えるサーモグラフィを選ぶ前に知っておくこと〜

ホワイトペーパー

電気設備保守の課題やサーモグラフィカメラの購入や導入にあたってのポイントなどをご紹介

赤外線サーモグラフィ計測のプロ集団として、赤外線サーモグラフィによる電気設備・構造物などの計測・調査や、国際的な資格である ISO1826-7 に基づく機械状態監視診断技術者(サーモグラフィ)の資格取得のためのセミナーなどを行っている株式会社サーモグラファー。同社の代表の山田浩文氏は、長年赤外線サーモグラフィのメーカーで営業技術・販促を担当。日本でも欧米のようなサーモグラフィの専門家が必要だという思いから、2001年3月に同社を立ち上げました。以来、赤外計測のプロのアドバイザーとしてお客様の課題の解決や、専門家の育成に努めてきました。同氏に、電気設備保守の課題やサーモグラフィカメラの購入や導入にあたってのポイントなどをお聞きしました。

◆詳細はカタログをダウンロードしご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 計測のプロが FLIR を選ぶ理由 〜プロのサーモグラファーが教えるサーモグラフィを選ぶ前に知っておくこと〜
ドキュメント種別 ホワイトペーパー
ファイルサイズ 2.5Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 フリアーシステムズジャパン株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

Electrical maintenance 計測のプロが FLIR を選ぶ理由 プロのサーモグラファーが教えるサーモグラフィを 選ぶ前に知っておくこと 赤外線サーモグラフィ計測のプロ集団として、赤外線サーモグラフィによる電気設備・構造物などの計測・調査や、国際的な資格であ る ISO1826-7 に基づく機械状態監視診断技術者(サーモグラフィ)の資格取得のためのセミナーなどを行っている株式会社サーモグ ラファー。同社の代表の山田浩文氏は、長年赤外線サーモグラフィのメーカーで営業技術・販促を担当。日本でも欧米のようなサーモ グラフィの専門家が必要だという思いから、2001 年 3 月に同社を立ち上げました。以来、赤外計測のプロのアドバイザーとしてお 客様の課題の解決や、専門家の育成に努めてきました。同氏に、電気設備保守の課題やサーモグラフィカメラの購入や導入にあたって のポイントなどをお聞きしました。 電気保守設備の顧客課題 よる電気設備の診断です。当初は高額だった 場合があるのです。劣化故障と温度の関係や、 「電気保守設備で以前大きな問題だったのは、 ということもあり、設備診断に使うというよ そこでの物理法則などの赤外の理論をある程 電気設備を止めてからではないと診断ができ りも、研究開発のための機器としての使用が 度は理解する必要があります」全般的な劣化 なかったことです。また、電気設備の劣化の 大半でした。しかも、カメラ自体大型で、と 故障の知識がなければ、サーモグラフィカメ 兆候を予測しづらいということもありまし ても工場内で持ち運べるようなものでもあり ラだけでは診断はできないのです。もちろん、 た」と、山田浩文氏は語ります。電気設備は ませんでした。それが、価格が下がり、小型 サーモグラフィカメラ自体の理解も必要で 屋外にあることが多く、外気にさらされ、自 化したことで、電気設備を止めずに非接触で す。一般のユーザーが最初に購入する場合、 然劣化が起こります。劣化は、使う環境をは 診断できるということで、電力会社の発電所 安価なカメラをまず買おうとします。しかし、 じめ、設備の使われ方、負荷のかかり方、設 や企業の工場内で徐々に導入が進んでいった 「安価なカメラほどプロ向きで、初心者は高価 備の素材、設計などによっても異なります。 のです。 なカメラを買うべきです」(山田氏)。安価な また、偶発的な故障や災害が発生することも カメラは機能が絞り込まれているので、使い あり、それだけに予測しづらいと言うのです。 サーモグラフィカメラ導入時の誤解 こなすには技術と経験が必要で、高価なカメ 「電気設備メーカーの言う平均対応年数という 低価格で小型化したことで、気軽に使えると ラは広範囲を高い精度で撮れるなど、逆に測 のは、必ずしもその通りになるわけではない 考えるユーザーは増えましたが、そこで様々 定者の未熟な部分をカバーしてくれる機能を ということは知っておくべきでしょう。」(山 なギャップも生まれていると山田氏は言いま 備えています。機能が絞り込まれたな安価な 田氏)。日本の設備機器は非常に優秀でしたが、 す。「カメラを使えば、温度の高いところがわ カメラを最初に買ったために、診断ができず バブル期以降、景気の悪化で企業が設備投資 かり、すぐに劣化故障が見つると思っている サーモグラフィカメラは使えないということ を削減したことで、2000 年代に入って、全国 方も多くいますが、測定者にある程度の経験 になってしまうこともあります。導入には、 各地の工場で、大規模な電気火災が発生する と理解がないと診断はできません。ISO のテ 用途に合わせた正しいカメラの選定が何より ということが頻発しました。こうした中で注 キストにも事例として記載していますが、例 重要なのです。 目されてきたのが、サーモグラフィカメラに えば劣化によって温度が上がる場合と下がる
Page2

低画素カメラ(160×120ピクセル) 高画素カメラ(640×480ピクセル) ねじ緩みのある配電盤(デジタルカメラ) 全体を映すと発熱ポイントが分からない場合は、 全体を捉えても、分解能が高いために 接近して計測をする。 発熱ポイントが明確に表示できる。 サーモグラフィカメラを使いこなすためのポイント 電気設備保守でサーモグラフィカメラを使いこなすには、まず電気設備にどんな劣化故障が起こるのか、故障が起きたときにはどのような損 失が出てくるのか、設備の劣化故障に対する知識が必要で、それが前提になります。そのうえで次のポイントを押さえておくといいでしょう。 1.放射率を知る 2.ゼロ負荷時温度を知る  電気設備は電気を流すため、接続部や接触部を磨いてあります。  その設備がどれくらいの負荷で動いているのかを理解しておくこ また、外からの輻射熱などを受けないためメッキを施していること とも大切です。例えば、温度が上がっていたとしても、それが設備 もあります。そうした箇所は放射率が悪くなりますので、理解して の特性なのか、故障のためなのかがわからなければ診断ができませ おく必要があります。 ん。負荷に対して妥当な温度上昇なのかどうか、劣化故障温度と発 熱の関係性を理解しておくことが必要です。 3.MFOV を知る  MFOV (Measurement Field Of View)は、計測するために必要な空 間分解能で、人間でいう視力にあたります。赤外線カメラの仕様では、 瞬時視野角 IFOVが記載されることが多いですが、実際の計測では、 その 3倍(3× 3素子)の面積であるMFOVで対象物が正確に測れ るかどうかを確認します。(右図)高価なカメラはMFOVが高く(分 解能が高い)、同じ画素数でも高価なカメラはレンズが大きく、歪み が少ないということが言えます。 電気設備点検での今後の期待 電気設備点検で、企業が一番期待するのは、ライフサイクルコストの低減です。良い状態を長く維持し、故障の兆候が見えた時点で、劣化故 障の要因を取り除く。そのことで、交換や破損が低減し、ライフサイクルが延長され、全体的なコストを下げることが可能になります。これ までの保全の考え方は、機器が故障した後に修理する事後保全 (Breakdown Maintenance)」が一般的で、その後、故障を事前に予防するため 一定の期間経過後にメンテナンスを実施する時間基準保全 (Time Based Maintenance) へと移ってきました。しかし、現在では、必要と判断さ れたときに実施する状態基準保全(ConditionBased Maintenance:CBM)という考え方が世界で取り入れられています。「国際競争力を高め るためには、長い時間安定して操業するということが必須の条件になっています。ライフサイクルコストを低減するためにも、稼働しながら 点検できることが重要で、サーモグラフィカメラはそのために最適であり、唯一無二のツールなのです」(山田氏)。サーモグラフィカメラの 中でも、フリアーのカメラは多くの現場で使われてきており、現場からの多くのフィードバックが活かされ、そのノウハウがカメラに入って いるので使いやすい、と山田氏は言います。フリアーのサーモグラフィカメラは赤外線サーモグラフィ計測のプロからも選ばれているのです。 フリアーシステムズジャパン株式会社 〒 141 - 0021 東京都品川区上大崎 2-13-17 目黒東急ビル 5 階 電話 : 03-6721-6648 掲載画像は、実際のカメラの解像度と FAX: 03-6721-7946 異なる場合があります。 e-mail: info@flir.jp 画像は説明目的で使用されています。 www.flir.jp 作成日:2019年 06月