1/4ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(406.9Kb)

状況モニタリングやホットスポット検知に最適な自動化されたマルチスペクトル温度センサー FLIR AX8™

製品カタログ

小型で低価格なFLIR AX8は、重要機器や設備の継続的な温度モニタリングの業界の概念を覆す革新的製品です。

赤外線カメラと可視光デジタルカメラを搭載した小型で低価格なAX8は、重要電気機器や機械設備などを稼働したままで、
継続的に温度をモニタリングし、異常をアラームで知らせます。

【AX8の主な特長】
• 極めて低価格
• 超小型設計
• スポット・エリアに対するアラーム処理
• Modbus/TCPサポート
• IP-67構造
• MSX(可視エッジ情報を赤外線映像に重ねるモード)


その他、細かい特徴や仕様については、カタログをダウンロードしてご確認ください。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 状況モニタリングやホットスポット検知に最適な自動化されたマルチスペクトル温度センサー FLIR AX8™
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 406.9Kb
取り扱い企業 フリアーシステムズジャパン株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

FLIR AX8™ 状況モニタリングやホットスポット検知に最適な 自動化されたマルチスペクトル温度センサー
Page2

FLIR AX8™ 解像度640×480ピクセルの 内蔵デジタルカメラ 赤外線カメラと可視光デジタルカメラを搭載した小型で低価格なAX8は、 重要電気機器や機械設備などを稼働したままで、継続的に温度をモニタ IP-67準拠のハウジング リングし、異常をアラームで知らせます。 継続的な状況&安全モニタリング AX8で機器を稼働したまま温度モニタリングを行えば、状況モニタリング とホットスポット検知ができ、予定外の停電、操業中断、機器の故障を回 避でき、手動の定期的な点検の必要性がなくなります。 AX8はコンパクトで設置も簡単 使用場所の例: 54×25×95mm • 電気キャビネット • 製造工程/製造エリア • データセンター FLIRの革新的製品: • 発電所/配電所 Lepton®マイクロ赤外線カメラコア • 運輸/公共交通機関 • 保管設備 • 冷凍保管設備 自動解析とアラーム ストリーミングビデオ出力搭載のAX8は、刻一刻と変化するライブ映像を 問題を早期に発見 提供するだけでなく、事前に設定した温度閾値を超えるとアラームを自動 で作動させる機能や温度トレンド解析機能などを搭載しています。 使いやすさを追求したAX8の特長: 業界標準のインターフェース • イーサネット/IP • Modbus TCP 多彩なストリーミングビデオ・フォーマットに対応 接続不良 • MPEG • MJPEG • H. 264 フェーズの過負 掲載画像は実際のカメラの解像度と異なる場合があります。画像は説明目的で使用されています。 www.flir.jp
Page3

コンパクトで設置も簡単 選べるビデオオプション は赤外線カメラと可視光デジタルカメラを搭載しなが AX8は、赤外線画像、可視光画像、そして、その両方を組み合わせたフリAX8 ら、 × × アー独自のスーパーファインコントラスト(MSX ®)で補正した画像を表示 54 25 95mmのコンパクト設計で、スペースが限られた場所でも 簡単に設置でき、重要電気機器や機械設備などを稼働したままで継続 できます。 的に温度をモニタリングします。 スーパーファインコントラスト(MSX®)は可視光画像の 詳細情報をエンボス加工で熱画像や映像上に取り込む技術です。 MSXを使用した画像の特長: • 輪郭がはっきりする • ラベルを読むことができる • 問題個所や状況が特定しやすい 重要機器の継続的モニタリング MSXあり 製造現場のモニタリング MSXなし 温度差を速やかに検出 AX8の主な特長 小型で低価格なFLIR AX8は、 • 極めて低価格 重要機器や設備の継続的な 温度モニタリングの業界の • 超小型設計 概念を覆す革新的製品です。 • スポット・エリアに対するアラーム処理 • Modbus/TCPサポート • IP-67構造 • MSX(可視エッジ情報を赤外線映像に重ねるモード)
Page4

製品仕様 画像&光学データ AX8 画像ストリーミング AX8 赤外線画像解像度 80×60ピクセル フォーマット Motion JPEG、MPEG stream、H.264、Stream format MPEG-4 ISO/IEC 14496-2 温度分解能 <0.10°C(30℃で) 解像度 640×480 視野角(FOV) 48°×37° 画像モード 赤外線、可視光、MSX®(詳細情報を強調した熱画像) フォーカス 固定 検出器 自働画像補正 連続/マニュアル:リニアまたはヒストグラムによる 最高/最低又はスパンでロック可能 検出器タイプ 焦点面アレイ(FPA)、非冷却マイクロボロメーター 手動画像補正 レベル/スパン/最高/最低 スペクトル波長 7.5~13µm 電源 内蔵デジタルカメラ 外部電源 12/24VDC、2W連続/4.7W最大 解像度 640×480 コネクタ M12 8ピンAコネクタ(デジタルI/Oと割り振り) デジタルカメラ、FOV 最大66°、赤外線レンズに対応 電圧 10~30VDC 感度 10ルクス(照明なしで) イーサネット 測定機能 イーサネット、タイプ 100 Mbps イーサネット、標準 IEEE 802.3 対象温度範囲 -10℃~+150℃ イーサネット、 ±2℃ないし±2%(読取り値に対し) コネクタタイプ M12 8-pin X-coded精度 (+10℃~+100℃:外気温+10℃~+35℃で) イーサネット、パワー PoE IEEE 802.3af class 2 解析機能 環境データ スポットメーター 6 動作温度範囲 0℃~+50℃ エリア 6ボックス(最高/最低/平均/位置) 保管温度範囲 -40℃~+70℃ 最高/最低温度、温度測定値と位置を IAW IEC 68-2-1及びIEC 68-2-2自動高温/低温検出 ボックス内に表示 湿度(動作/保管) IEC 60068-2-30/24h 95%相対湿度 アイソサーム 1(上、下、中間) +25℃~+40℃/2サイクル プリセット ● EN 61000-6-2:2001(電磁波耐性)EMC EN 61000-6-3:2001(電磁波放射) 測定オプション ファイル送信(FTP)、Eメール(SMTP) FCC 47 CFR パート15 クラスB(電磁波放射) 温度差 測定値と基準値の温度差 保護構造 IP-67(IEC 60529) 基準温度 手動設定または温度測定値から抽出 耐衝撃性 25G(IEC 60068-2-29) 大気透過率補正 自動計算、距離、外気温、相対湿度の入力による 耐振動性 2G(IEC 60068-2-6) 光学透過率補正 自動計算、内部センサー信号による サイズ 放射率補正 ~ で変更可能 サイズ(L×W×H) 54×25×79mm(コネクタ含まず)0.01 1.0 54×25×95mm(コネクタ含む) 反射見掛け温度補正 自動計算、放射温度入力による 出荷 外部レンズ/ 自動計算、レンズ/ウィンドウの ウィンドウ補正 透過率と温度の入力による 包装 赤外線カメラ、冊子 測定補正 グローバル/オブジェクトパラメーター アラーム アラーム機能 6件 温度値、デジタル入力、カメラ温度 アラーム出力 デジタル出力、ログ、画像保管、ファイル送信(FTP)、Eメール(SMTP)による通知 設定 カラーパレット 白黒、白黒inv、アイアン、レインボー 設定コマンド 日付/時間 フリアーシステムズジャパン株式会社〒141-0021 ウェブインターフェース ● 東京都品川区上大崎2-13-17 目黒東急ビル5階 画像保管 電話:03-6721-6648 保管メディア 内蔵メモリ FAX:03-6721-7946 e-mai:l info@flir.jp 画像保管モード 赤外線/可視光画像、赤外線/可視光画像の同期 www.flir.jp保管、可視光画像と赤外線画像の自動グループ化 NASDAQ: FLIR 自動保管 ● 本書に記載されている製品の輸出には米国政府の許可が必要な場合があります。米国の法律に反する転用は禁止 ファイルフォーマット JPEG、JPEG+FFF されています。画像は参照目的のみで使用されています。 仕様は予告なく変更されることがあります。©Copyright 2018, FLIR Systems, Inc. その他のブランド名および製品 名はそれぞれの所有者の商標です。@2018 FLIR Systems, Inc(. 更新日05/22) www.flir.jp