電子・半導体に戻る

トランジスタ

トランジスタ(英: transistor)とは、電子回路において、信号を増幅またはスイッチングすることができる半導体素子である。1940年代末に実用化されると、真空管に代わってエレクトロニクスの主役となり、2019年現在でも集積回路という形でスマートフォンから車に至るまで様々なところで利用されている。なお、この名称はtransfer(伝達)とresistor(抵抗)を組み合わせたかばん語であり、ジョン・ロビンソン・ピアースによって1948年に名づけられたものである。

もっと見る 閉じる

トランジスタhttp://ja.wikipedia.org/)より引用

公開中の特集