ラトックシステム メーカー公式情報

RPI-GP60 | Raspberry Pi I2C 絶縁型シリアルボード

シリーズラズパイ

Raspberry Piの GPIO 40Pin(I2C)に接続する絶縁型のRS-232C, 485/422Aシリアル拡張ボード

Raspberry Pi I2C 絶縁型シリアルボード の販売情報

Raspberry Pi I2C 絶縁型シリアルボード サイト一覧

現在登録されている販売元はございません

販売元の皆様、お取扱製品を掲載しませんか?

Aperzaに登録する

Raspberry Pi I2C 絶縁型シリアルボードの製品概要

Raspberry Piの GPIO 40Pin(I2C)に接続する絶縁型のRS-232C, 485/422Aシリアル拡張ボード

■Raspberry-Pi GPIO40Pinコネクタに装着する絶縁型シリアルボードです。
■HATボードサイズ(65mm x 56.5mm)に2ポートのRS-232またはRS-485/422のシリアルポートを搭載搭載しています。
■DB9および10pinボックスヘッダをそれぞれ1基搭載。※10Pin Boxヘッダ用 → D-Sub9Pin変換ケーブル添付。
■各ポートでRS-232,RS-485/422 (半二重/全二重)の設定が可能。RS-232を2ポートで使用する場合も、RS-232とRS-485/422をそれぞれ1ポートずつ使用する場合も自由に設定ができます。
また、RPi-GP60のポート設定は基板上のジャンパを切り替えるだけの簡単操作。切替はそれぞれRS-232⇔RS-485/422(2/4)、終端設定(TERM)、半二重/全二重設定(F/H)の変更が可能です。
■I2C-シリアル2ポートのコントローラにSC16IS752を採用
■高速な動作に対応したデジタルアイソレーターを採用
本製品のアイソレーションには、デジタル入出力側とGPIO40PIN間は電気的に分離絶縁をおこなう「デジタルアイソレーター」を採用。低消費電力(低発熱)で実装面積を小さくできる利点があり、一般的なフォトカプラ方式よりも高速な動作を実現します。
■FIFO 送受信 各64Byte

この製品の利用用途

本製品はRaspberry PiのHATボードサイズ(65mm x 56.5mm)に産業用途で特に定評のあるRS-485/422や、様々な環境下で幅広く使われているRS232などのシリアル通信が可能な入出力ポートを搭載しています。
本製品をRaspberry PiのGPIO(I2C)接続することで、FA現場における機器(PCやPLC、マイコンボードなどのコントローラ)の制御や、各種測定器を使った計測が可能。アナログ、デジタルでの入出力が行えます。

Raspberry Pi I2C 絶縁型シリアルボードの関連ドキュメント

製品カタログ

Raspberry Pi(ラズベリーパイ、ラズパイ) I2C 絶縁型シリアルボード (477.7 KB | 日本語)

ダウンロード
このページのトップへ