安全用品に戻る

手袋

26件の登録があります。

手袋(てぶくろ)とは、人の手を熱や寒さや危険物から保護するため、もしくは装飾のために利用される、手(形態によっては腕やその一部を含む)を覆う衣服である。親指用と、他の指をまとめて入れるスペースが二つに分かれている手袋はミトンと呼ぶ。また、指を解放しているタイプのものもあり、「オープンフィンガーグローブ」と呼ばれる。手袋の素材は多様で、綿や羅紗、ニトリル、ポリエステル、ナイロン、アクリル繊維の布、毛糸、フェルト、牛や豚や羊の革・人造皮革、ゴム、ラテックス、ニトリル、金属、耐熱手袋にはアラミド繊維やシリコン樹脂も使われている。柔らかい布地で作られたウォッシンググローブ (英: washing glove) というものがあり、体を洗うのに使う。数量単位は双。10双をデカ、12双をダースとして取引に用いられる。なお、日本では「革又は合成皮革を製品の全部又は一部に使用して製造した手袋」について、家庭用品品質表示法の適用対象となっており、雑貨工業品品質表示規程に定めがある。

もっと見る 閉じる

手袋http://ja.wikipedia.org/)より引用

公開中の特集