電子・半導体に戻る

DSP

デジタル信号処理(デジタルしんごうしょり、Digital Signal Processing、DSP)とは、デジタル信号を対象とした信号処理である。デジタル信号処理の大まかな流れはアナログ信号をディジタル信号に変換しディジタル領域で処理・加工を行いその後アナログ信号に変換するというものである。光・音声・画像などを信号とみなし、アナログな信号を (コンピュータで扱える) デジタル信号へと変換し、デジタル信号を対象とする様々な処理 (ノイズ除去・周波数変調など) をおこない、最終的に処理されたアナログ信号へと再変換する。もちろん当初からデジタルな信号を扱うこともある。信号全般を扱う学問・技術であるため、研究・応用領域は音響信号処理、デジタル画像処理、音声処理など多岐にわたる。

もっと見る 閉じる

デジタル信号処理http://ja.wikipedia.org/)より引用

公開中の特集