電子・半導体に戻る

光源・ランプ

ランプ(蘭: lamp)は電気・油脂・ガスによる光源と、笠やホヤなどの保護装置がある照明器具。西洋風のものは洋灯(ようとう)ともいう。日本では、日本や中国などの伝統的なデザインのものはランプと呼ばないことが多いが、「オリエンタルランプ」などと呼ぶこともある。液体燃料を用いるものは油(近代には主に灯油)、固形燃料、ガスなどを燃料とし、燃料に応じて、オイルランプ、アルコールランプ、灯油ランプ(石油ランプとも)、ガスランプなどという発光部と燃料タンクが一体化した構造が多い。ガスランプの場合は、圧縮ガスを蓄えるタンク(ボンベ)を接続したものが多いが、外部からガス管で供給する構造のものもある。

もっと見る 閉じる

ランプ_(照明器具)http://ja.wikipedia.org/)より引用

公開中の特集