1/8ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(948.2Kb)

【解説資料】温調効率アップや火傷防止に!ジャケットタンクの断熱方法とは?

ハンドブック

外槽に水やスチームを流して保温できる、ジャケット付きステンレスタンクの断熱方法についてまとめました。

ジャケット(外槽)付きのステンレスタンクを使用し、ジャケット内部に温水やスチーム等を流すとタンク表面も高温になります。
タンクからの放熱によって作業環境温度が上昇してしまったり、室温が低い場合は、なかなかタンクの温度が上がらなかったりします。
また、誤って高温のタンクに触れてしまうと火傷の恐れがあります。

ここではジャケットタンクの断熱方法についてご紹介します。

このカタログについて

ドキュメント名 【解説資料】温調効率アップや火傷防止に!ジャケットタンクの断熱方法とは?
ドキュメント種別 ハンドブック
ファイルサイズ 948.2Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 日東金属工業株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

温調効率アップや火傷防止に! ジャケットタンクの 断熱方法とは? 外槽に水やスチームを流して保温できる ジャケット付きステンレスタンクの 断熱方法についてまとめました。
Page2

ジャケット(外槽)付きのステンレスタンクを使用し、 ジャケット内部に温水やスチーム等を流すとタンク表面も高温になります。 タンクからの放熱によって作業環境温度が上昇してしまったり、 室温が低い場合は、なかなかタンクの温度が上がらなかったりします。 また、誤って高温のタンクに触れてしまうと火傷の恐れがあります。 今回はジャケットタンクの断熱方法についてご紹介します。 断熱の目的 ジャケットタンクの断熱の目的は、使用環境や温度によって異なりますが、 主に以下のようなことが挙げられます。 ・高温のタンクに触れることによる火傷等の事故を防ぎたい ・省エネ、昇温時間の短縮など、効率よく温調したい ・タンクからの放熱による室温の上昇を抑制したい 1
Page3

断熱方法 弊社で製作しているステンレス製のジャケットタンクで採用している断熱方法は、 大きく3つに分けられます。 1.ジャケット部に直接触れないように外装を付ける 下から見たとき 外装 ジャケット ジャケットの外側に筒状の外装を取り付けて断熱します。 ジャケットと外装の間には隙間があり、外装への熱伝導を少なくしています。 外装はタンクの材質と同じステンレス(SUS304)です。 長所:直接ジャケット部に触れないので火傷防止になる。 短所:放熱を防いでいないので、温調効率アップや室温上昇などの対策とはならない。 2
Page4

2.ジャケット部に断熱材(保温材)を入れる ジャケット内に断熱材を入れて断熱します。水などを流すジャケットの更に外側に 断熱材を入れたジャケットを作ります(2重ジャケット)。弊社の断熱材は主にグラス ウールを使用していますが、他にはパーライトや発泡ウレタンなどがあります。 長所:タンク内に断熱材が収納されているので、使用時や洗浄時に干渉せず取り扱い しやすい。タンクの外側まで熱が伝わりにくいため、火傷防止、温調効率の アップ、室温の変化を抑えることができる。 短所:タンク製作時に断熱材を入れるため、既存タンクへの対応ができない。 断熱材と断熱材を入れるジャケットで容器が重くなる。 グラスウールとは 人工的に作られたガラス繊維でできており、綿状で加工しやすく、 コストパフォーマンスの良い断熱材です。吸音材としても広く使用されています。 3
Page5

3.断熱カバーを取り付ける タンクの外側に断熱材の入ったカバーを取り付けて断熱します。 カバー内にはグラスウール・ニードルマット等の断熱材が入っています。 (メーカーにより異なります。) クリーンルームでも使用できる低発塵性の断熱カバーもあります。 長所:既存のタンクにオーダーメイドで専用カバーを製作でき、繰り返し使用できる。 カバーの外側まで熱が伝わりにくいため、火傷防止、温調効率のアップ、 室温の変化を抑えることができる。 カバーが取り外しできるので、容器に断熱材を入れる場合に比べて軽い。 短所:タンク洗浄時にカバーを取り外す必要がある。 使用環境によってはカバーの材質を変える必要がある。 4
Page6

真空ジャケット容器 弊社では製作しておりませんが、ジャケット内を真空にすることで、 熱が外へ逃げないようにして保温効果を高める方法もあります。(例:魔法瓶) また、断熱材を入れて真空にする場合もあります。 結露対策にもなります ジャケットに冷水を流して保冷する場合など、室温との温度差によっては タンク表面に結露が生じてしまいます。 結露はカビやサビの原因だけでなく、異物(不純物)混入の原因にもなります。 保温の場合と同様にタンクに断熱材を入れたり断熱カバーを使用することで、 タンク表面と室温との温度差を低くでき、結露防止になります。 5
Page7

関連製品・事例 【ECK】断熱カバー 繰り返し使用できる、 ステンレスタンク用の断熱ジャケットです。 特注事例:撹拌機座付ジャケット容器 化粧品メーカー様納入 直接ジャケットに触れないように 火傷防止の外装を装着しています。 特注事例:フランジオープン型加圧容器 化学薬品製造メーカー様納入 内部の保温と火傷防止のため、 ジャケット外装に断熱材を巻きつけています。 特注製作のご相談、製品のお見積、何でもお気軽にお問い合わせください。 6
Page8

お問い合わせ先 ステンレス製品部 営業課 住 所 〒 340-0811 埼玉県八潮市二丁目358 電話 048-996-4221 FAX 048-996-8781 メール sales@nitto-kinzoku.co.jp ホームページ https://www.nitto-kinzoku.co.jp/ 日東金属工業 検索 製品カタログのご紹介 ホームページで無料請求・デジタルカタログの閲覧ができます! ステンレス容器総合カタログ ステンレス容器ユニットカタログ (白色×青色) (白色×オレンジ色) 編 者 企画開発課 企画G 2018年7月 発 行 7