1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(259.6Kb)

Smart Sensing2021_ZETAアライアンス案内

製品カタログ

このカタログについて

ドキュメント名 Smart Sensing2021_ZETAアライアンス案内
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 259.6Kb
取り扱い企業 株式会社テクサー (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

Smart Sensing2021_株式会社テクサー_会社案内
製品カタログ

株式会社テクサー

Smart Sensing2021_株式会社テクサー_ZETA紹介
製品カタログ

株式会社テクサー

Smart Sensing2021_株式会社テクサー_DBM紹介
製品カタログ

株式会社テクサー

このカタログの内容

Page1

Low Power Wide Area Network 低消費電力メッシュネットワークにより、 IoTインフラを構築、超スマート社会に貢献 事務局・お問合せ ZETAアライアンス事務局 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-17-6 アイティアクセス株式会社内 E-Mail:info@zeta-alliance.jp URL:zeta-alliance.org  2019年7月版
Page2

ZETAアライアンスとは 組織構成  Z E T Aアライアンスは、Z i F i S e n s eが開発したL PWA通信規格「Z E T A」をさまざまな 会員総会 社会課題に対して適 用を進め、S o c i e t y 5 . 0で掲げられている超スマート社会の実現に 貢献することを目指します。   Z E T Aとは、アンライセンス方式のL PWA規格で、超狭帯域(UN B : U l t r a N a r r o w Adviser 理事会 監査役 B a n d)による多 チャンネルでの通信、メッシュネットワークによる広域での分散アクセ 事務局 ス、双方向での低消費電力通信が可 能といった特長を持つ、I o Tに適した通信インフラ テーマ別ワーキンググループ(WG) 技術です。   Z E T Aアライアンスでは、Z E T A構成要素となるデバイス開発、システムインテグレー ション、クラウドサービス、ア プリケーションなどのプラットフォーム開発を会員が連携 スマートビルディングWG 環境ビジネスWG 鉄道WG エネルギービジネスWG ZETagWG 次世代スマート農業WG して行い、ビジネス展開を加速してまいります。 ※記載のWGは、想定されるWGの例となります。 ※WGはPromote r会員により設置され、Promote r、Adopte r、特別会員により運営されます。 ZETAアライアンスの目的 会員種別と活動範囲・会費 1 . 会員各社のリファレンスとして利活用 正会員 2 . 会員各社による連携(Z E T A対応センサーデバイスの共同開発等) Promote r :ZETA対応機器の開発企業を中心とした会員で、ワーキンググループの主査として活動し、当アライアンスの全体活動をけん引 3 . Z E T A規格の改良・改善要望に関する活動 Adopte r :ZETAを活用したソリューションなどを提供する会員で当アライアンスでの活動を通じてZETAの普及拡大を推進 4 . Z E T Aの日本地域ローカライズに関する活動 Pub l i c :ZETAの活用を図りたい会員 5 . 日本製のZ E T A機器開発(M a d e i n J a p a n) 賛助会員 当アライアンスの活動に賛同して、経済的に支援する目的で会費を支払う会員。 6 . その他、会員間の交流促進、Z E T Aの普及促進等に関する活動 特別会員 ZETAの利活用によって収益を得ない会員(学生、教育機関、自治体、研究機関、技術運営等に知見を有する者など)。 ZETAの特徴 正会員 賛助会員 特別会員 低消費電力 長距離通信 双方向通信 項目 Promote r Adopte r Pub l i c バッテリー寿命5~10年 UNB超狭帯域(2KHz) アップリンクデータ 通信頻度に依存 ~ (屋外) ダウンリンクコントロール ワーキンググループの設置申し入れ、主査活動 ◯ 2 10Km ZETA仕様の策定参加 ◯ メッシュアクセス 周波数とデータ転送速度 セキュリティ マルチホップ(最大4ホップ) 920MHz、429MHz(認証済) ネットワーク認証 アライアンスウェブサイトへの掲載・商品掲載 ◯ ◯ ネットワーク自動構成 300bps、600bps、2.4kbps データ暗号化 ZETAの商業利用 ◯ ◯ ◯ ZETA IoT – ネットワークアーキテクチャー ZETA IoT – Ultra Narrow Band サーバ アクセスポイント センサー ZETA ZETA アライアンス運営イベントへの出展 ◯ ◯ ◯ 6LowPAN Z-WAVE センサー Zigbee メッシュアクセス ワーキンググループへの参加 ◯ ◯ △ ◯ インターネット ZETAサーバ AP LoRa LoRa 会員総会への参加 ◯ ◯ △ △ モート (中継器) 2KHzのUNB信号を使用しているので、周波数ホッピングの ZETA技術資料の入手 ◯ ◯ ◯ ◯ クラウド 際に容易に空きスペースを見つけることができます。 ZETAマーケティング資料の入手 ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ センサー 国内外のセミナーなど、イベントへの参加 ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ZETA ネットワークの構成 開発製品のZETA公式認証取得 ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ センサーに接続された無線端末 アライアンスロゴの利用権利 ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ 周波数ホッピングに広い帯域の拡散スペクトルが 中継器によるメッシュアクセス・ネットワーク 必要な規格では、干渉を避けることが困難になります。 ビジネスマッチングイベントへの参加 ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ 拠点間接続用のアクセスポイント 年会費 50 万円 20 万円 2万円 10 万円以上 無料 システム制御、接続監視、デバイス管理用ZETAサーバー ・ZETA LPWA信号は、サブGHzのISMバンドにおいて非常に狭い帯域を使用 ・チャネル帯域幅は、0.6~2.0kHz