1/11ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(3.2Mb)

ドイツ・WF社フローフォーミング/スピニング成形機

製品カタログ

ギア・プーリー・ホイールなどリング形状のワーク加工を平板やパイプから自由自在に成形可能な、WF社のフローフォーミング・スピニング成形機を紹介いたします。

WF社は金属のスピニングおよびフローフォーミング分野における技術的なリーディングカンパニーであり、革新的かつパワフルな成型機を提供しております。
CNC制御されたローラーによるスピニング、フローフォーミング技術により、シンプルな形状のワークからより少ない加工ステップで金属の増肉・薄肉・中空・スプライン形成・鍔付き形状などを合わせ持つシャフトやリングの形成が可能となり、EV時代における自動車製造の生産性向上に貢献しております。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 ドイツ・WF社フローフォーミング/スピニング成形機
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 3.2Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社イリス (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

BotSpot 3Dスキャナー
製品カタログ

株式会社イリス

BigRep ONE - 最新鋭大型3Dプリンター
製品カタログ

株式会社イリス

このカタログの内容

Page1

FORMING EXCELLENCE OUR COMPANY
Page2

WF Maschinenbau WFが大切にしていること 自動車業界であれ、運転テクノロジー、航空宇宙、ガスタンクの生産であれ、今日の多 くの部門で金属部品のチップレス成形が必要とされています。途切れなく素早く発 展する現代世界では、同時に品質、サステナビリティ、耐久性の必要性も高まっていま す。こういった新しい課題をより軽量な製品、パワフルな部品、力強いキャパシティで 乗り越えることが今必要となっています。お客様がこうした課題を乗り越えるのを助 けるために重要なのは、信頼と、良い協力関係です。 WFは金属スピニングの世界市場における技術的なリーダーであり、地域貢献も積極 的に行なっています。金属スピニングとフローフォーミングの分野での革新的且つパ ワフルな成形機と工程で、お客様を喜ばせています。当社の使命は、途切れなく新た な生産過程を生み出し、新たな応用の分野をお客様の為に開拓することです。また WFは最高水準の機械と、総合的カスタマーサービスを提供しています。 最高水準のパフォーマンスを提供しています。 “We are Forming Excellence”(私たちは卓越性を形にします)。 WFでは研究開発活動を通して、金属スピニングとフローフォーミング分野で新しい 水準を確立し続けることを目指しています。そして、未開拓の市場においても新しい テクノロジーを確立して行きたいと考えています。 競合他社の一歩先を行き、一歩近 くお客様の側に立つことを、現在でも未来でも目指しています。 敬具 ボド・フィンク 工学博士 ハイコ・オルシャー クリスティアン・マルケンパー 最高経営責任者 (CEO) 最高技術責任者 (CTO) 研究開発責任者 WF Maschinenbau GmbH & Co. KG 3
Page3

WF Maschinenbau WF Maschinenbau 会社について 歴史 84 2018 の有効特許 中国で駐在員事務所を設立。ドイツ国内では 生産面積が8,000 m2を超える。 2017 110 北米支社 WF Machinery, Inc.を設立。 名の経験豊富な社員 当社が研究開発した 縦型万能スピニングマシンの誕生。 2016 800 mpool グループがWF Maschinenbau を購入 m2 の研究開発センター 2013 1975 当社が研究開発した 横型万能スピニングマシンの誕生 年に現在のゼンデンホルストの 拠点で設立される。 2009 世界初の、 縦型フローフォーミング・ターニングマシン。 8,000 自由にプログラミング可能な 2の生産面積 2005–2007 m 6つのスライド軸付き 重量最適化された乗用車用ホイール、 アルミ製ホイールの生産の為の 製造ライン 2004 中国と韓国への 最初の機械配送 2003 ヴァーナー・ヴィンケルマンが 40年以上もの間「WF」の文字は「能力」「信頼」「品質」を象徴してきました。根っ 経営体制から退き からのメカニカルエンジニアであったヴァーナー・ヴィンケルマンとウド・フリーゼの二 株式を全てフリーゼ一族に売却する。 2001 人は、1900年設立のKeilinghaus社で出会いました。会社の破産申告後、彼らは自 世界でも類を見ない、 分たちで事業を立ち上げました。こうしてWF Maschinenbau und Blechform technik WF所有の研究開発センターが誕生。 GmbH & Co. KG が誕生しました。二人以外にも、多くの経験豊富なKeilinghaus社の 従業員がこの新しい会社に参加し、今日の当社の礎を築きました。経営の継承過程 1999 で、フリーゼ氏はデュッセルドルフのmpoolグループに会社を譲渡しました。 トラック用ホイールディスク 生産の為の 今日、WFは金属スピニングの革新的リーダーです。ヴィンケルマンとフリーゼの二人 初のフローフォーミングマシン 1998 が機械を設計していた頃の情熱は、今でも社内で受け継がれています。私たちは熱意 を込めて最高水準の機械を作り出しており、金属スピニングとフローフォーミングの 世界最大、最重量の 全ての分野で、新しい工程を開発しています。会社の8,000 m2 の敷地で機械が生産 横型フローフォーミングマシンが誕生。 し、研究開発センターの8,000 m2 で新しい工程を開発しています。 ゼンデンホルス 1995 トにある本部、米国イリノイ州シャンバーグの支社、中国・上海の駐在員事務所では毎 新たなイノベーション ̶  日、110人以上の社員が、近代的で、信頼され、効率性を備えた機械の作成に取り組 WFのハブ特許:ベルトプーリ、クラッチ、トラ んでいます。 ンスミッションにおける 1976–1994 ハブのスピニング用の縦型マシン WFは未来を見据えています。テストシリーズ、プロセス開発、特許申請に継続的に取 複数の自動加工機と製造ラインが誕生。 り組むことで、常に自社の技術的基礎を強化することを目指しています 。今後もWF ギア一体型クラッチ、トランスミッション部品 が業界トップに君臨し続けるために、若手社員の訓練も会社の重要の役割の一つと 生産の為の横型・縦型1975 して捉えています。 フローフォーミングマシン等、 WF Maschinenbau & 世界初の機械も生み出される。 Blechformtechnik GmbH & Co. KGの設立。 Keilinghaus社の破産申告後、元従業の ヴァーナー・ヴィンケルマンとウド・フリーゼによって 新会社の立ち上げが実現。 1900 Keilinghaus社の設立  WF Maschinenbau GmbH & Co. KG 5
Page4

WF Maschinenbau WF Maschinenbau 顧客に信頼される理由 顧客志向・市場志向 顧客満足 サービス 顧客志向& 市場志向 技術面の会話をする工場長のステファン・デ 専用仕様 研究開発センター ィトリッヒと電気エンジニアのパトリック・ マシン ベカンプ。 WFは一機械メーカーを超えた会社であり、顧客の発明、研究、開発パートナーであ 「信頼」が当社の成功基盤です。‘実行’‘忠実’‘全ての工程における卓越性’におい ると自負しています。パートナーシップの結果、機械が構築されるわけです。これが て信頼を守ることを大切に考えています。 業界の他の機械メーカーとの違いです。私たちは「全体図」を見つめています。顧客 と共に、顧客を第一に考えたアイディアを生み出し、その実現性を試すことを常に考 信頼は勝ち取るべきものである、という事を当社では理解しています。そのためには、 えています。それぞれの顧客が競合社より一歩先に進む事が、私たちにとって重要な 最初から顧客とオープンで率直な会話を持つことを心がけています。話に耳を傾け、 目標です。 意見交換し、お互いをよく知ることに務め、達成すべき具体的な条件を理解します。 当社は顧客志向、市場志向を大切にしています。自社の研究開発センターで常に試 当社は、顧客が参入する市場に精通しています。各市場における将来的な課題も把握 されている新しいアイディアは、こうして生み出されています。その結果、最高水準の しています。皆様との協力で、下記の分野で高い基準を確立しています: 専用仕様機械、確実で効率的な生産工程が生まれるわけです。アフターサービスを • リム、ホイール、ホイールディスク生産 含めた総合的サービス活動も、私たちの最優先するお客様の満足度を守るために存 • エンジン、ギア製造 在します。 • 航空宇宙産業 • エネルギー・環境分野 • 医療技術 • タンク、装置の構築 組み立てられたヘッドストックの最終検査 • 空調設備 • 照明業界 • 家電業界 • 装置・機器の製造 WF Maschinenbau GmbH & Co. KG 7
Page5

WF Maschinenbau 研究開発センター ‒ イノベーションの実施 “WFではイノベーションを大切にしています。私は毎日チームの皆と働 WFが持つ特許の一部: き、未来の機械や工程を開発するのが好きです。私たちの会社は、共 • 深絞り部品の再加工の為のトリミ ングマシン、プロファイリングマ にソリューションを見つけること、前に進む熱意を応援することを目指 シン • ベルトプーリ、ポリVベルトプーリ しています。新たな特許明細書を手にする度に誇りを感じます。” の製造(例えば、ラウンドブラン クから始まりスプリッティング、 ビーディング加工、コンプレッシ ング成形などによる) クリスティアン・マルケンパー 研究開発責任者 • ベルトプーリ、ギア部品における ハブのスピニング • 外歯ワークピースの製造(例:ス ターターリングギア、ギアホイー ル、ギアプーリ) 例: ティッセンクルップ・スチール・ヨ ーロッパ社と共同での“等速ジョイ ント” 研究プロジェクト • 52% の軽量化 • ドライバビリティ向上 • 燃料消費の低減 • 高周波焼入における硬化層の 深さの均一化 • 壁 厚の柔軟性により、全てのボー ルとの同時接触を実現 • 表面の硬化構造の向上 • 表面の機械的処理の簡易化 WFの名は、イノベーションと信頼、品質とパフォーマンスの象徴です。当社は市場に 精通しており、研究機関と密接な関係を築いています。研究開発センターではお客様 の為の新しいソリューションと工程を開発しています。 例: WF の生産工程でハブを生産する利点: WFは最高水準の設計を行なっています。 “The hub patent”(ハブ特許) • 柔軟性 “We are Forming Excellence”(私たちは卓越性を形にします)。 ラウンドブランクからスタートし、プーリ又は • 重量最適化された製造 同じ業界では当社が唯一、社内に研究開発センターを所有しています: ギア部品の中央部分を非切削加工で回転さ • 別処理の必要なく、ハブの様々なプロファ • テストシリーズ用の、柔軟性を持つ4台の試作機 せます。 イルを施行できる • 加熱炉と誘導炉 • 接触面のポケット穴作成 • 三次元測定機と投影機 ハブの幾何学形は、様々なパラメーターから影 • 同材料でのハブと部品の製造(溶接なし) • 特許登録済みの100以上の工程 響を受け、機械加工プログラミングからも影響 • 生産のコスト効率の向上 を受けます。 • ひずみ硬化による、引張強さの向上 WF Maschinenbau GmbH & Co. KG 9
Page6

WF Maschinenbau 機械構築 ー 全てドイツ製で提供 “機械工学は、お客様の要求を技術的に実現することだけではありま せん。機械工学はコミットメント、理解、信頼、先見でもあります。” ボド・フィンク工学博士 CEO 当社はスチールホイールとアルミホイール、プーリとねじれ振動ダンパー、ガスボン ベ、ギア部品とギアハブの為の金属スピニングマシンを製造しています。当社の機械 は技術的な優位性、耐久性を備えています: • 最高の質を追求することによる技術的な優位性: • 完璧に相互調整された機能 • 選択可能な付属品 • 認知されている、質の高いメーカー品を使用 • 優れた耐久性 • 安全係数が考慮された消耗部品 • 個体溶接フレーム • サービスの総合的な提供 • 下記の側面を持つ未来志向の制御技術: • 簡易なメソッド • ネットワークを利用したプログラム管理 • インターネットを介した遠隔診断 • 「インダストリー4.0基準」で整備されたソフトウェア 準備から最終 組立までの全てが整った清潔 な環境で行なわれることは、当社の多くの優 れた特徴の一つです。 アルミホイールを例にした、当社金属スピニングマシンの優れた部分の解説... ... ホイール生産者にとって: • 材料使用量の低減 (約20%) • 低い溶解鋳造コスト • より容易なプリフォーム製造 • 現代の基準に則って生産されるより軽い、質の高いホイール • 低サイクル、機械を原因とする不合格品なし(!)(0%)、 高い機械稼働率 (> 98%) WF 機の加工領域 ... エンドカスタマーにとって: • より軽量且つ剛健なホイール • 燃料消費の低減 • 車両アンスプラング・マスの低減 • ドライビング快適性、 稼働のスムーズさの向上 • 車両軽量化による積載荷量の増加(6軸トラックの場合最大220kg増加) WF Maschinenbau GmbH & Co. KG 11
Page7

WF Maschinenbau ドイツ製の機械 当社は「ドイツ製」を大切にしています。自分たちの責任を完全に理解しています。そ れは顧客への責任、地域への責任、当社で働く人々に対しての責任を含みます。その 理由で、全ての生産をドイツ国内で行なっています。当社の機械は全てゼンデンホル ストの本拠地から発送されます 。WFではドイツ国内の質の高い供給業者に頼ること で 、自社機械に何が含まれているかを把握できるようにしています。また、当社の社 会的な責任を示す意図もあります。WFでは低賃金の国、社会的基準の低い国での生 産、調達に反対していることを、明確に発信したいと考えています。 私たちは全ての部品を自社で製造しておりませんが、多くの部品を内製しています。 工場には業界トップレベルの内製設備が整備されています。その範囲は、機械加工か ら最終組付けまでの、油圧配管、カバー製造、塗装、制御盤配線、制御系のプログラ ムに及びます。このやり方で、我々の製造する機械が高いWF基準に合致している事 を確信しております。 手作業できさげ加工を施された、高価な銅製 のガイドウエイは、当社が機械の耐久性を確 保する一つの大事な方法です。 WFのプリアセンブリ: ここでは、部品が最 終的に完成した機械を成す前の、全てのプリ アセンブリ工程が行なわれています。 WF Maschinenbau GmbH & Co. KG 13
Page8

WF Maschinenbau WF Maschinenbau サービス ̶ お客様の為に 顧客満足 当社は情熱を込めた機械作りを行なっており、機械がお客様の場所でも完璧に機能 お客様の期待に応えることで、満足してもらえます。 満足して頂いたこれまでの顧客 することを望んでいます。お客様の話に耳を傾け、幅広いサービスやソリューションを のリストを、私たちは誇りを持って振り返ることができます。例として挙げられるのは 提供しています。全ては、お客様の場所で機械が良い性能を発揮するためです。そう 一人のドイツ人の顧客です。平均で一年に4台機械を購入し、今では100台を超える することでお客様に安心してもらえます。 WF機械を所有しています。もう一人は、カナダ人の顧客です。彼は購入した15台の WF機械で既に25,000,000個のスターターリングギアを生産しています。顧客 当社のサービス提供: になって頂いてからの30周年記念では、いつもお祝いをしています。上記の二つの例 • トラック、船舶、飛行機による機械輸送 以外にも、お客様の満足度を物語っている多くのサクセスストーリーが存在します。 • 設置と試運転 • 製造開始の見届け 成功者している顧客は、常に私たちと会話をしています。お互いに真摯にコミュニケ • アフターサービス・パッケージ ーションを取り、意見交換をしています。私たちは既に各産業での足場を築いている • スペアパーツの準備 為、お客様をより良く知ることに集中することができます。これは顧客志向、市場志 • 機械に含まれる全部品が10年保証 向の原点だといえます。当社はこうして、未来を創造していきたいと考えています。 • WFによる内製品は25年保証 • 現場でのサービス • 損傷の場合、サービスチームが誠意を持って、いち早く現場に駆けつけます。 • ヨーロッパ:12~24時間 (WF 本部より) • 米国:24 ~ 48 時間 (北米WFより) • 中国:24 ~ 48 時間 (WF 中国より) • その他の国: 48 ~ 72 時間 • 全WF機械のレトロフィット工事、オーバーホール工事 • インターネットからのリモート診断 • WF による研修・訓練の提供 ポンプユニットを点検する、WF水理学専門 家のトーマス・キルシュケとペーター・シーム セン。 WF Maschinenbau GmbH & Co. KG 15
Page9

WF Maschinenbau 技術 スピニング シアフォーミング ネッキング フローフォーミング ハブの成形 プロファイリング DIN 8584に則ったスピニングは、プッシ シアフォーミングはスピニングの一つの チューブやパイプ部分の直径をネッキン フローフォーミングでは 原料部品 (プ “forming of hubs“(ハブの成形)と名付 プロファイリングはベルトプーリ、特にマ ュプル成形技術を使用した生産方法で 形です。18度超のシア成形角度を持つ グで段階的に小さくしていき、ガスボン リフォーム又はラウンドブランク)をツー けられた、当社が発明し、特許を有する ルチ溝(ポリV)ベルトプーリの生産によ す。多くの場合スピニングは(よくラウ 円錐およびテーパー形状によって適用 ベの下部又は端などを作ります。ネック ル用マンドレルの上に固定し、回転させ 工程によって、ハブ成形という方法で、プ く使われる工程です。 次々に作動する、 ンドブランクと呼ばれる)丸形にカット されます。 部分の厚みを何倍も厚くすることも同 ます。軸方向に対しての、複数の成形ロ ーリやトランスミッション用部品のハブ、 完全同形の複数のプロファイリングロー されたシートから、ほぼ任意の表面形状 時に可能であり、そうして信頼できる気 ーラーの同時的衝撃により、原料部品の ダブルハブを簡易に製造できます。 ラーが、回転するワークピースに押し付 を持った、回転対称性を有する中空形を シアフォーミングを用いると、一回の運 密性が得られます。 内側に圧力による円錐形が形成されま けられます。ワークピースはこうして、そ 小・中バッチサイズで製造するために使 転で比較的素早く、セパレーターの生産 す。次に、圧力による円錐形は軸方向に 今までこういったハブは高価なターニン の外部の輪郭を段階的に受け容れてい われます。 ができます。成形時の壁厚は一定のも 上記の理由で、当社のネッキングマシン 作用する力によって移動させられます。 グ・ミリング作業で生産するか、後の溶 きます。 のではなく、数学的法則S1 = S0 * sin は主にタイプI、II、II(I 鉄製ボンベ、軽量 接か、はんだ加工で作られるものでし スピニングで製造される部品の典型的 に従います。 化鉄製ボンベ、アルミ製ボンベ)ガスボ 壁厚がだんだん薄くなるに従って 、材料 た。今日ではいかなる長さ、壁厚のシン 今日でもこのチップレス工程は、何度も な例:食堂の鍋/缶/やかん、花瓶やカッ ンベの製造に用いられています。多く生 は軸方向に「流れ」始めます。すなわち プルブランクからもハブを製造できま 繰り返し、新しいビジネス機会を開拓し プ等のアート・装飾品、ベッセル容器の 産される製品は、自動車業界のための 未加工部分が「伸びる」わけです。未加 す。内歯ハブ、両サイドハブ、取付面にハ ています。またハブ付き、又はそうでな 下部、タンク端(皿状、ドーム状)等のタ CNGボンベ(天然ガス)、水素ボンベ( 工部分の内部は、ツール用マンドレルの ース鋸歯があるハブも、問題なく製造で いベルトプーリのシンプル・複雑な幾何 ンク構築に必要な部品、セパレーター、 水素)等です。WFの機械は他にも、空気 輪郭を受け容れます。内歯ギア部品、デ きます。 学形の作成に最適な方法です。 ファンネル、航空宇宙用のインレットリ ボンベ、消化器、工業用ガスボンベ、そ ィスクキャリア、クラッチ部品、ホイール ングとジェットエンジン、ランプシェー の他の圧力容器の生産にも使用されて やホイールディスク等をこの方法で製造 お客様へのメリット: ド、リフレクター、車のホイール等々。 います。 します。 • 一体形の部品 • ハブと部品が同じ材料で作成される フローフォーミングの特別な形の一つ • 溶接、はんだ付けを必要としない がシリンドリカル・フローフォーミングで • 部品耐久性の顕著な向上 す。この際の未加工部分は通常、パイプ • 冷間加工による、材料物性の向上 です。シンプルな、壁の厚いパイプから、 フォワード・フローフォーミング又はリ バース・フローフォーミングにより、理想 の壁厚を持つ薄いパイプを製造できま す。 同じ様な正確さでこの製造が行な えるプロセスは、他にありません。 フロ ーフォーミングは、国防産業の精密管分 野で主に使用されます。 WF Maschinenbau GmbH & Co. KG 17
Page10

WF Maschinenbau 協力 ー 先を見据えたパートナーシップ “パートナーと協力することは私たちにとって重要です。自分たちの鼻 先を通り越して物事を見ること、意見を交換すること、新しいアイディ アの創造  ̶ WFの機械における大きな開発を実現し、才能ある人 々を支えること...それが私たちの目的です。パートナーの成功は 、最 終的には当社の成功にも繋がります。” ハイコ・オルシャー 最高技術責任者 並外れたアイディアを実行に移すとき Abacus Maschinenbau GmbH ストラスクライド大学 ティッセンクルップ・スチール は、パートナーシップが重要な役割を果 高機能成形研究センター (AFRC) ヨーロッパ社 たします。広範囲なネットワークを持つ ことで、必要なヴィジョンや刺激が生ま 革新的、先進的なAbacusのスピリング 世界的に有名な革新的生産テクノロジ 当社はティッセンクルップ社の鉄を使用 れます。これが理由で、私たちは厳選さ マシン・シリーズPREMO(縦型デザイ ー/研究開発/金属成形のコンペテンシ して複数のプロジェクトに取り組んでい れたパートナーシップから、イノベーシ ン)と、とりわけ重量的で革新的なWF ーセンター。WFは当センターの「ティア ます。それによって既に、特許申請済み ョン過程に取り組んでいます。この姿勢 スピリングマシン・シリーズの組み合わ 2メンバー」です。WFの機械では、幅広 の10の工程が生み出されています。例 が、技術的リーダーの立ち位置をさらに せにより、画一的で革新的なコントロー い部門・業界で新しい工程、製品を作る えば2016年6月に、WFの縦型万能ス 強化することに貢献しています。 ルコンセプトにおいて前例のないポート ことが可能です。 ピニングマシンVUD600は、ドイツ・デュ フォリオを顧客に提供できています。顧 イスブルグのスチール・アプリケーショ 客は両社のシナジーを上手く活用し、他 ンセンターへ設置されました。それから 写真左: ハイコ・オルシャー(CTO) にない強みを手にすることができます。 一年未満で、製鉄のフローフォーミング 写真右: ボド・フィンク工学博士(CEO) が始まりました。 この新しい、熱間フローフォーミング・プ ラントでは、とりわけ正確で軽量なスチ ール製部品を作成し、シリーズへと成熟 させることができます。現在進んでいる 研究では、鋼鈑での応用が調査されて います。 WF Maschinenbau GmbH & Co. KG 19
Page11

FORMING EXCELLENCE WF Maschinenbau und Blechformtechnik GmbH & Co. KG Schörmelweg 23–27 48324 Sendenhorst, Germany 電話 +49 2526 9302-0 ハンブルグ info@wf-maschinenbau.com ゼンデンホルスト WF Machinery, Inc. ベルリン 627 Estes Avenue Schaumburg, Illinois 60193, USA 電話 +1 847 230 4377 デュッセルドルフ agildemeister@wf-northamerica.com フランクフルト WF 中国 No. 16 Zhonghui Mansion South Henan Rd. Room 271 Huangpu district ミュンヘン Shanghai 20002 , China 電話 +86 21 6575 7369 info-china@wf-maschinenbau.com WFの世界ネットワーク: カナダ ‒ 中国 ‒ デンマーク ‒ イングランド ‒ フランス ‒ ドイツ‒ インド イ タリア ‒ 日本 ‒ 韓国 ‒ メキシコ ‒ ロシア ‒ 台湾 ‒ トルコ ‒ 米国 WWW.WF-MASCHINENBAU.COM