1/26ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(3.8Mb)

【展示会レポート】2017国際ロボット展

ホワイトペーパー

2017年11月29日~12月2日に東京ビッグサイトで開催された「2017国際ロボット展」。

大規模展示の産業用ロボットや、ロボットに関連する要素技術、最新の介護・福祉・生活支援ロボットなどが一堂に揃う展示会です。

最新ロボットや、さまざまなデモを繰り広げるロボットを写真でまとめました。ぜひダウンロードして、報告書や同僚との情報共有、振返りなどにご活用ください!

【掲載企業】
ヤマハ発動機株式会社、ファナック株式会社、ABB株式会社、川崎重工業株式会社、カワダロボティクス株式会社 / グローリー株式会社 / THKインテックス株式会社 / 株式会社日立ハイテクノロジーズ、KUKAロボティクスジャパン株式会社、株式会社ダイヘン、株式会社不二越、ユニバーサルロボット、THK株式会社、ライフロボティクス株式会社、富士機械製造株式会社、スキューズ株式会社、倉敷紡績株式会社、トヨタ自動車株式会社、日本ユニシス株式会社、NTNテクニカルサービス株式会社


【協賛企業】
ヤマハ発動機株式会社

※ダウンロードされたお客様の情報は弊社プライバシーポリシーに則り協賛企業と個人情報を共同利用いたします。

このカタログについて

ドキュメント名 【展示会レポート】2017国際ロボット展
ドキュメント種別 ホワイトペーパー
ファイルサイズ 3.8Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社アペルザ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

2017国際ロボット展 INTERNATIONAL ROBOT EXHIBITION 2017(iREX2017) 展示会レポート 2017/11/29 (水)~ 2017/12/2(土) 2017年12月15日発行 株式会社アペルザ
Page2

iREX2017 / 掲載企業 ヤマハ発動機株式会社 ファナック株式会社 ABB株式会社 川崎重工業株式会社 カワダロボティクス / グローリー / THKインテックス / 日立ハイテクノロジーズ KUKAロボティクスジャパン株式会社 株式会社ダイヘン 株式会社不二越 ユニバーサルロボット THK株式会社 ライフロボティクス株式会社 富士機械製造株式会社 スキューズ株式会社 倉敷紡績株式会社 トヨタ自動車株式会社 日本ユニシス株式会社 NTNテクニカルサービス株式会社 2
Page3

iREX2017 / 概要 国際ロボット展とは 今年で22回目を迎える「国際ロボット展」 は、大規模展示の産業用ロボットや、ロボッ トに関連する要素技術、最新の介護・福祉・ 生活支援ロボットなどが一堂に揃う展示会で に す。 2017国際ロボット展 名称 INTERNATIONAL ROBOT EXHIBITION 2017(iREX2017) 公式サイト http://biz.nikkan.co.jp/eve/irex/ Aperza Catalog 特集ページ https://www.aperza.jp/feature/page/361/ 会期 平成29年11月29日(水)~12月2日(土)4日間 会場 東京ビッグサイト 主催 一般社団法人 日本ロボット工業会、日刊工業新聞社 出展社数 612社・団体 11月29日(水)29,613名 11月30日(木)34,531名 12月 1 日(金)41,035名 来場者数 12月 2 日(土)25,301名 合計130,480名 3
Page4

iREX2017 生産設備の全体最適化「ロボット搬送でフルデジタル生産へ。」 搬送時間60%短縮! 高速・高精度なリニアコンベアモジュール『LCM-X』 ヤマハ発動機株式会社 ヤマハ発動機は「ロボット搬送でフルデジタル生産へ。」をテーマに、自動化生産ライン を短期間で効率的に、かつ低コストで構築可能な「Advanced Robotics Automation Platform」を披露。高速・高精度な搬送ロボット『LCM-X』や、スペース、セットアップ 工数を大幅削減するFA統合コントローラなどを使用した自動化生産ラインのデモを行った。 出展内容 ■リニアコンベアモジュール『LCM-X series』 ■FA統合コントローラ『YHX series』 ■次世代AGV『AFV(オートノーマスファクトリービークル)』※2018年末~19年初め発売予定 など 企業の公式サイトはこちら↓ Aperza Catalogで企業の詳細をチェック↓ https://www.yamaha-motor.co.jp/robot/ https://www.aperza.jp/company/page/7577/ 4
Page5

ヤマハ発動機 / 注目の製品 リニアコンベアモジュール 『LCM-X』 モジュール本体にモータドライバ内蔵のため、全モジュールに対し統合コントローラ1台で制御ができ、周 辺ロボットとの協調動作も可能。最高速度3m/秒、最高加速度5Gという高速搬送、精密な位置決めを実現。 搬送ライン上での圧入作業などや、垂直多関節ロボットとロボットカメラで検査を行う、『LCM-X』による 自動化生産ラインのデモ。FA統合コントローラ『YHX series』1台で生産ライン全体を制御している。 製品カタログの詳細はこちら↓utm_campaign=cluez_ex134_132_20170309&utm_source=ex_report&utm_medium=pdf&utm_content=praaaaaaaaaaaoduct01 製品ムービーはこちら↓ https://www.aperza.jp/catalog/page/7577/20286/z?utm_campaign=cluez_ex361_20171215&utm_source=ex_report& https://youtu.be/_sh_R4RTYBM 製品カタログ utm_medium=pdf&utm_content=product01 5
Page6

ヤマハ発動機 / 一問一答 ブースの見どころについて、ヤマハ発動機の 統括部長 村松さんにいろいろ聞いてみました! 村松さん 今回のヤマハ発動機ブースの見どころを教えてください。 「ロボット搬送でフルデジタル生産へ。」をテーマに、ヤマハだからでき る生産設備の全体最適化です。上物のロボットだけではなく、ワークを運 ぶという搬送工程をロボット化し、統合コントローラで全体を制御して、 生産ラインそのものを統合制御型ロボットシステムにしています。中でも ロボットと協調できる搬送ロボットが一押しです。 自動化生産ラインのデモで、とても素早い動きを見せているリニアコンベアモ ジュール『LCM-X』ですね。「“流す”から“動かす”へ」とありますが、どう いったところが新しくなったのでしょうか? 『LCM-X』はモノを運ぶだけの“無価値な時間”をなくし、流れてくるワー クに対し、直接、組み立てや加工が行えます。搬送時間は従来品に比べ 60%短縮できます。さらに、『LCM-X』がX軸を担うこともできるため、 搬送ラインに2軸ロボットを設置すれば3軸ロボットとして動作ができ、ロ ボット1軸分のコストダウンと省スペース化にもなります。 ブース内を巡回している、あの可愛いロボットも気になりますが。 自動走行する『AFV(オートノーマス ファクトリー ビー クル)』展示会スペシャル(左)です。今日はブース内をカ メラで撮影し、向こうのモニターで確認できるデモを行っ ています。工場内物流だけでなく、映像と組み合わせて工 場内監視など、IoTとしての遠隔監視装置なども可能です。 村松さん、ありがとうございました! 6
Page7

注目の製品:1ページに製品写真が2枚、製品名が2行、URL2つのとき iREX2017 動いているワークを素早く取り、コンベヤ上に整列 ファナック株式会社 回転コンベヤ上を流れるパイプ部品を追いかけなが コンベアから流れてきたワークをバラ積みセンサで ら高速に取り出し、排出コンベヤ上に等間隔に整列。 検出し、コンベアへと素早く移動。 ロボットが検査対象のワークを持ち、固定カメラで撮 完成車体(ワーク総重量1700kg)を搬送する超大ロ 像。深層学習が撮像した画像から傷を検出する。 ボット。上下ストローク6.2mの広い動作範囲。 企業の公式サイトはこちら↓ z 『SR-6iA』によるデモのムービーはこちら↓http://www.fanuc.co.jp/ https://youtu.be/MFs45ztffQE 7
Page8

注目の製品:1ページに製品写真が2枚、製品名が2行、URL2つのとき iREX2017 スカラロボットによる電子基板の高速組立 ファナック株式会社 電子基板組立システム。電子部品の位置を検出・取 高圧洗浄液でワークを洗浄する耐環境性能をもつ り出し、電子基板上に高速で組立を行う。 洗浄ロボット。 協働組立作業。安全策が不要な協働ロボットが、 7軸塗装ロボットによる自動車内板塗装。アーム内 ボールネジの運搬と圧入機でのワーク支えを実行。 に2本のキャニスタを内蔵し、色替え時間を短縮する。 企業の公式サイトはこちら↓ z 電子基板組立のデモのムービーはこちら↓http://www.fanuc.co.jp/ https://youtu.be/rf6dBYM4dKo 8
Page9

注目の製品:1ページに製品写真が2枚、製品名が2行、URL2つのとき iREX2017 双腕型協働ロボット『YuMi』ファミリーに新メンバー登場 ABB株式会社 塗装ロボットシステム。塗装機の部品をRFIDタグで 双腕型協働ロボット『YuMi』に、新たに単腕型ロボッ 個体識別し、塗装機の状態管理が可能。 トが仲間入り。2018年春ごろ製品化予定。 ABBの『YuMi』と川崎重工『duAro』による、部品を組 遠方にいる人と、ライン設計などのシミュレーション み立てる協働作業。 がVRを通して行えるデモ。 企業の公式サイトはこちら↓ z 新型『YuMi』のムービーはこちら↓abb.co.jp https://youtu.be/QdPC_TqhL74 9
Page10

注目の製品:1ページに製品写真が2枚、製品名が2行、URL2つのとき iREX2017 ロボットによる技能伝承『Successor(サクセサー)』 川崎重工業株式会社 アームを使ってロボットにスプレー方法を教えると、動 身長175cm、標準サイズの作業服を着こなせるという きを再現できるようになる技能伝承ロボットシステム。 ヒューマノイドロボットによるダンベル体操デモ。 『duAro』による基板への異形部品挿入デモ。複数の 大型汎用ロボットがシートを動かすアトラクション。VR 小型の異形部品を両腕で取り出し、基板挿入を行う。 映像を見ながらドローンに乗っているような体験が。 企業の公式サイトはこちら↓ http://www.khi.co.jp/ z 10
Page11

注目の製品:1ページに製品写真が2枚、製品名が2行、URL2つのとき iREX2017 人と一緒に働く、ヒト型双腕ロボット『NEXTAGE』 カワダロボティクス/ グローリー/ THKインテックス/ 日立ハイテクノロジーズ ヒト型双腕ロボット『NEXTAGE』。個箱形成と商品挿 『NEXTAGE』による機械操作。専用自動機(プレス、 入を行いベルトコンベアへ。続きは2台目(下)が。 検査機)の操作と、ワークの出し入れの作業を行う。 1台目(写真上)が作業した箱を取り、検品・ラベル貼 圧入装置や検査機のオフライン操作を行うデモ。 り・出荷用ケースに収納する。 企業の公式サイトはこちら↓ 個箱形成・箱詰めデモのムービーはこちら↓ https://www.kawadarobot.co.jp/ z https://youtu.be/Wk3mHrQ1os4 11
Page12

注目の製品:1ページに製品写真が2枚、製品名が2行、URL2つのとき iREX2017 自由に自分で動き回る協働ロボット『KMR iiwa』 KUKAロボティクスジャパン株式会社 自分で移動しながらアームで作業もできる、自走式 グラスを洗浄し水滴を振ったり、ビール瓶を最後に 協働ロボット『KMR iiwa』。 振る動きがとてもしなやかな、ビールを注ぐデモ。 最大リーチ1100m、最大可搬重量10kg、6軸防爆性 2台のロボットが協調しながら力覚制御による加工を のスプレーロボット。 行うデモ。 企業の公式サイトはこちら↓ z Aperza Catalogで企業の詳細をチェック↓https://www.kuka.com/ja-jp https://www.aperza.jp/company/page/202/ 12
Page13

注目の製品:1ページに製品写真が2枚、製品名が2行、URL2つのとき iREX2017 100kgクラスロボットと完全自動化熔接システム 株式会社ダイヘン アーク熔接周辺のハンドリングに最適な100kgクラス 速く・スリムに進化したダイヘンロボット主力5機種に ロボットと完全自動化熔接システム。 よるロボットパフォーマンス。 最適経路を判断して自律走行するAI搬送ロボット。 超高速ワイヤ送給システムと熔接電流波形制御によ ワイヤレス充電で工場の24時間稼働に貢献する。 り極低スパッタを実現するシステム『シンクロフィード』。 企業の公式サイトはこちら↓ z Aperza Catalogで企業の詳細をチェック↓http://www.daihen.co.jp/ https://www.aperza.jp/company/page/593/ 13
Page14

注目の製品:1ページに製品写真が2枚、製品名が2行、URL2つのとき iREX2017 近づくと自ら退避する協働ロボット『CZ10』 株式会社不二越 箱の中からみかんを取り出して箱詰めするデモ。人 部品の入荷・棚入れ、払出しなどの現場作業をする が近づくと干渉を避けるように自ら退避する。 自律搬送ロボット。 ロボットアームを直接動かしてポイント指定すること プレス工程搬送ロボット。搬送中のワークの位置ズ で、簡単にティーチングが可能。 レを計測し、ズレを補正して正確な位置に供給する。 企業の公式サイトはこちら↓ z Aperza Catalogで企業の詳細をチェック↓http://www.nachi-fujikoshi.co.jp/ https://www.aperza.jp/company/page/3930 14
Page15

注目の製品:1ページに製品写真が2枚、製品名が2行、URL2つのとき iREX2017 さまざまな作業の自動化を実現する協働ロボット ユニバーサルロボット 教えた順番に、教えた場所へビンを移動するデモ。 指で少し触れるだけで自動停止。触ったり離れたり ロボットのカバーも商品だそう。 しながら動画撮影をする来場者も。 ストローク85mm/40mmの2フィンガータイプグリッ 押す力は一定のまま物体の形状なりに動かすデモ。 パーを使い移動。 車のボンネットなどのポリッシャーにオススメとか。 企業の公式サイトはこちら↓ https://www.universal-robots.com/ja/ z 15
Page16

注目の製品:1ページに製品写真が2枚、製品名が2行、URL2つのとき iREX2017 人と同じ動きを再現、サービスロボット『SEED-Noid』 THK株式会社 左の男性の動きとリアルタイムで同じ動きをするロ 各種ユニットとスマートアクチュエータを組み合わせ ボット。妙な動きもバッチリ再現。 て構築する『SEED-Noid-Mover』。 『SEED-Noid』のコンビニ店員デモ。陳列棚の1段目に 動くアームロボット『SEED-Arm-Mover』。 おにぎりを、2段目にしゃがんでカフェラテを陳列。 企業の公式サイトはこちら↓ Aperza Catalogで企業の詳細をチェック↓ http://www.thk.com/jp/ z https://www.aperza.jp/company/page/320/ 16
Page17

注目の製品:1ページに製品写真が2枚、製品名が2行、URL2つのとき iREX2017 特許技術、鋭角な肘のない協働ロボット『CORO』 ライフロボティクス株式会社 独自特許技術、肘回転関節をなくし、伸縮する関節 卓上ロボットへの基板セット・残留物の排出を行う を採用の協働ロボット『CORO』。 『CORO』と、基板分割ロボットの協調作業。 不定形でつぶれやすい食品を直接把持し、ケーキ ツールチェンジ不要なマルチハンドで、ボトルと納書 にトッピングするデモ。 を梱包。密集ワークのピックアップが可能。 企業の公式サイトはこちら↓ z Aperza Catalogで企業の詳細をチェック↓https://liferobotics.com/ https://www.aperza.jp/company/page/4442 17
Page18

注目の製品:1ページに製品写真が2枚、製品名が2行、URL2つのとき iREX2017 ビジョンシステム搭載、小型多関節ロボット『SmartWing』 富士機械製造株式会社 ねじやコネクタなどバラ状態で供給された部品を、パー 長尺ねじフィーダーからねじを取り出し、ねじ穴をハ ツフィーダーを使用せずにトレイやスティックに整列。 ンドカメラで確認して挿入する、長尺ねじ配膳デモ。 バラ置きされた部品を、作業者が取りやすい向きに サイコロの出た目に応じて、ハンドロイドの動きを変 部品の方向を直してトレイに収納するデモ。 更して飴をつかむデモ。 企業の公式サイトはこちら↓ z Aperza Catalogで企業の詳細をチェック↓http://www.fuji.co.jp/ https://www.aperza.jp/company/page/2872 18
Page19

注目の製品:1ページに製品写真が2枚、製品名が2行、URL2つのとき iREX2017 柔軟物、不定形物を掴めるロボットハンド スキューズ株式会社 目(カメラ)で見たモノを脳(画像処理)で判断し、腕 空気圧アクチュエータの拮抗制御によって、難しかっ (ロボットアーム)と手(ロボットハンド)を使い作業。 た柔軟物や不定形物の把持が可能に。 新開発のN軸ロボットとロボットハンドを使ったアヒル 自律運転型のトマト自動収穫ロボット。搭載したカメ の把持動作デモ。把持力や関節角度の制御も可能。 ラで収穫適期の果実を判断する。 企業の公式サイトはこちら↓ Aperza Catalogで企業の詳細をチェック↓ http://www.squse.co.jp/ z https://www.aperza.jp/company/page/10007624/ 19
Page20

注目の製品:1ページに製品写真が2枚、製品名が2行、URL2つのとき iREX2017 3Dビジョンにより、Tシャツをキレイに畳むロボット 倉敷紡績株式会社 適当に置いてあったTシャツを吊るして袖や裾を検知 多元知覚ハンドや2D認識技術、ビジュアルフィード し、表裏を見分けてキレイに畳むロボット。 バック技術を用いてビーズに糸を通すデモ。 クラボウの高速3Dビジョンや2D認識技術で、柔軟物 ビーズを掴み、ビーズの穴を認識して糸を通し、糸を の認識やTシャツの表か裏かの判断などが可能に。 持ち替えてビーズをつなげていく。 企業の公式サイトはこちら↓ Aperza Catalogで企業の詳細をチェック↓ http://www.kurabo.co.jp/ z https://www.aperza.jp/company/page/3719 20