1/11ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(937.1Kb)

アライメントに最適!アクティブファインバッファ AFB-RBシリーズ

製品カタログ

バッファ&回転動作

ファインバッファとモータを一体化し、
回転アライメントとバッファ動作を行います。

磁気バネ緩衝機構を採用。
ストロークによらず押し圧が一定。
また金属接触がなく低発塵かつ長寿命を実現。

このカタログについて

ドキュメント名 アライメントに最適!アクティブファインバッファ AFB-RBシリーズ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 937.1Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 CKD株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

アブソデックス総合
製品カタログ

CKD株式会社

リニアスライドハンド LSHシリーズ
製品カタログ

CKD株式会社

このカタログの内容

Page1

New Products 新商品 アクティブファインバッファ AFB-RBシリーズ ACTIVE FINE BUFFER AFB-RB SERIES アライメントに最適 バッファ & 回転動作 CC-1415 2
Page2

モータとファインバッファを一体化し、 回転動作とバッファ動作を行います。 オールインワンで多連ヘッドを小形軽量に。 使用事例 積層搬送 小形カメラ・レンズモジュール組立 ストロークによらず、一定の押し圧でワークを搬送。 ケースに対し、複数の部品を順次挿入。 一定の押し圧でワークを搬送。 ソフトタッチ ステッピングモータ ファインバッファ(磁気バネ緩衝機構)を用い、 2相/5相を選択 ストロークによらず押し圧が一定。 低発塵・長寿命・高性能 ガイドピン 金属バネに比べて、低粉塵・長寿命・高性能。 小形ベアリングと ガイド溝の機構で 回転振れ精度0.01mm以下 シャフトを回り止め ボールシャフト内蔵で、回転振れ精度が 0.01mm以下を実現。 ファインバッファ かんたん配管 (磁気バネ緩衝機構) ボディ前面より真空配管でき、取り扱いが容易。 省スペース 真空ポート 小形でマニホールドが可能。 ボディ前面に 精密実装 P & P中の回転アライメント ポート配管 軸振れを抑制し、高精度なθアライメントを実現。 取付ピッチ20mmで、コンパクトに設置可能。 幅・ピッチ ガイドブッシュ 20mm ボールガイドブッシュで 軸振れを高精度に抑制 脱調を防止 シャフト 先端でワーク真空吸着 ベアリング&ガイド溝の回り止め機構を採用。 軸振れを抑制し、高い復帰位置精度を実現。 シャフト先端はDカット アタッチメント取付時、 アクティブファインバッファ 簡単に位置出しが可能
Page3

アクティブ ファインバッファ AFB-RB Series 可搬質量:50g 仕様 項 目 AFB-RB バッファ力 N 0.5±0.2、1.0±0.2(選択式) バッファ力変化量 注1 ±15%以下 ストローク mm 3、6(選択式) 周囲温度 ℃ 10~40 保存周囲温度 ℃ 0~50 (結露などなきこと) 回転振れ mm 0.01 繰返し精度  X、Y mm ±0.01  注2  Z   mm ±0.02      θ    ° ±0.2 製品質量 g 約120 取付姿勢 注3 シャフト下向き 可搬質量 g 50以下 可搬慣性モーメント kg・m2 2.45×10-6以下 可動部の質量 g 21 可動部の慣性モーメント kg・m2 4.56×10-7 使用回転速度 rpm 100以下 注1:ス トローク中のバッファ力変動量を示します。バッファ力がストロークに比例することではありません。 注2:繰返し精度は、バッファ動作後のシャフトの復帰位置となります。 注3:製 品が、下向き使用時に可動部の質量を考慮してバッファ力を設定しています。 注4:保持トルクはモータ仕様によります。 内部構造および部品リスト 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 11 15 16 17 18 品番 部品名称 材 質 備 考 品番 部品名称 材 質 備 考 1 シャフト ステンレス鋼 10 キャップ ステンレス鋼 2 十字穴付きなべ小ねじ ステンレス鋼 11 ワッシャ ポリアセタール樹脂 3 ボディ アルミ合金 無電解ニッケルめっき 12 外筒キャップ アルミ合金 4 六角穴付き止めねじ ステンレス鋼 13 リテーナー ー 5 十字穴付き皿小ねじ ステンレス鋼 14 外筒 鋼 6 可動軸 アルミ合金 三価クロメート処理 15 リング磁石 プラスチック磁石 7 固定軸 ステンレス鋼 16 リング磁石 プラスチック磁石 8 六角穴付き止めねじ ステンレス鋼 17 平行ピン ステンレス鋼 9 ステッピングモータ ー 18 小径玉軸受け ステンレス鋼 1
Page4

AFB-RB Series 形番表示方法、外形寸法図 形番表示方法 AFB RB 05 03 A 記号 内 容 イ バッファ力 (N) イ バッファ力 05 0.5 10 1.0 機種形番 ロ ストローク( mm) ロ ストローク 03 3 06 6 ハ モータ(メーカ・種類・形番)注 ハ モータ種類 A オリエンタルモータ製2相ステッピングモータ (モータ形番:PKP213D05) <形番表示例> B オリエンタルモータ製5相ステッピングモータ AFB-RB1006A (モータ形番:PK513PB) ●イバッファ力(N) :1.0N C ミネベアミツミ製2相ステッピングモータ ●ロストローク(mm):6mm (モータ形番:08PM-K049BSTDCN) ●ハモータ種類    :オリエンタルモータ製2相ステッピングモータ 注:モータはAFB-RB用特注形番となっておりますがモータ仕様 を確認するには、上記形番をご参照ください。 (参考)モータケーブル(ハモータ種類「B」)について ●接続ケーブル(5相ステッピングモータ用) LC5N06A 仕様等については、オリエンタルモータ株式会社にお問い合わせください。 外形寸法図 ●AFB-RB※※※ 22 M5ネジ深さ4 ステッピングモータ (真空ポート) 3 6 18 4-M2.5用座ぐり穴 (9) 1.3 φ2.4 (真空流路) 20 68 C0.3 17.5 98 (115.5) 8(センサドグ取り付け範囲) φ3(+ 0. 020 )深さ3 10 22 2 2 20 10 φ5 0-0.005 15 0.5 3(+ 0.020 )深さ3 φ4h7( 0-0 .01 2) 23
Page5

本製品を安全にご使用いただくために ご使用になる前に必ずお読みください 当社製品を使用した装置を設計製作される場合には、装置の機械機構と空気圧制御回路または水制御回路と これらをコントロールする電気制御によって運転されるシステムの安全性が確保できる事をチェックして安全な 装置を製作する義務があります。 当社製品を安全にご使用いただくためには、製品の選定及び使用と取扱い、ならびに適切な保全管理が重要です。 装置の安全性確保のために、警告、注意事項を必ず守ってください。 なお、装置における安全性が確保できることをチェックして安全な装置を製作されるようにお願い申し上げます。 警告 1 本製品は、一般産業機械用装置・部品として設計、製造されたものです。 よって、取り扱いは充分な知識と経験を持った人が行ってください。 2 製品の仕様範囲内でのご使用を必ずお守りください。 製品固有の仕様外での使用は出来ません。また、製品の改造や追加工は絶対に行わないでください。 なお、本製品は一般産業機械用装置・部品での使用を適用範囲としておりますので、屋外での使用(屋外仕様品は除 きます)、および次に示すような条件や環境で使用する場合には適用外とさせていただきます。 (ただし、ご採用に際し当社にご相談いただき、当社製品の仕様をご了解いただいた場合は適用となりますが、 万一故障があっても危険を回避する安全対策を講じてください。) ❶原 子力・鉄道・航空・船舶・車両・医療機械、飲料・食品などに直接触れる機器や用途、娯楽機器・緊急遮断回路・ プレス機械・ブレーキ回路・安全対策用など、安全性が要求される用途への使用。 ❷人や財産に大きな影響が予想され、特に安全が要求される用途への使用。 3 装置設計・管理等に関わる安全性については、団体規格、法規等を必ずお守りください。 ISO4414、JISB8370(空気圧-システム及びその機器の一般規則及び安全要求事項) JFPS2008(空気圧シリンダの選定及び使用の指針) 高圧ガス保安法、労働安全衛生法およびその他の安全規則、団体規格、法規など。 4 安全を確認するまでは、本製品の取り扱いおよび配管・機器の取り外しを絶対に行わないでください。 ❶機械 ・装置の点検や整備は、本製品が関わる全てのシステムにおいて安全であることを確認してから行ってください。 ❷運 転停止時も、高温部や充電部が存在する可能性がありますので、注意して行ってください。 ❸機器の点検や整備については、エネルギー源である供給空気や供給水、該当する設備の電源を遮断し、システム 内の圧縮空気は排気し、水漏れ・漏電に注意して行ってください。 ❹空気圧機器を使用した機械・装置を起動または再起動する場合、飛び出し防止処置等システムの安全が確保されて いるか確認し、注意して行ってください。 5 事故防止のために必ず、次頁以降の警告及び注意事項をお守りください。 ■ここに示した注意事項では、安全注意事項のランクを「危険」「警告「」注意」として区別してあります。 危険: 取扱いを誤った場合に、死亡または重傷を負う危険な状態が生じることが想定され、かつ危険 (DANGER)発生時の緊急性(切迫の度合い)が高い限定的な場合。 警告: 取扱いを誤った場合に、死亡または重傷を負う危険な状態が生じることが想定される場合。 (WARNING) 注意: 取扱いを誤った場合に、軽傷を負うかまたは物的損害のみが発生する危険な状態が生じること (CAUTION)が想定される場合。 なお「注意」に記載した事項でも、状況によっては重大な結果に結び付く可能性があります。 いずれも重要な内容を記載していますので必ず守ってください。 保証について 1 保証期間 本製品の保証期間は、貴社のご指定場所への納入後1年間といたします。 2 保証範囲 上記保証期間中に明らかに当社の責任と認められる故障を生じた場合、本製品の代替品または必要な交換部品の 無償提供、または当社工場での修理を無償で行わせていただきます。 ただし、次の項目に該当する場合は、この保証の対象範囲から除外させていただきます。 ①カタログ、仕様書、取扱説明書に記載されている以外の条件・環境での取扱いならびにご使用の場合 ②耐久性(回数、距離、時間など)を超える場合、および消耗品に関する事由による場合 ③故障の原因が本製品以外の事由による場合 ④製品本来の使い方以外のご使用による場合 ⑤当社が関わっていない改造または修理が原因の場合 ⑥納入当時に実用化されていた技術では予見できない事由に起因する場合 ⑦天災、災害など当社の責でない原因による場合 なお、ここでいう保証は、納入品単体に関するものであり、納入品の不具合により誘発される損害については 除外させていただきます。 注)耐久性および消耗品については最寄りの当社営業所にお問合わせください。 3 適合性の確認 お客様が使用されるシステム、機械、装置への当社製品の適合性は、お客様自身の責任でご確認ください。 3
Page6

空気圧機器 本製品を安全にご使用いただくために ご使用になる前に必ずお読みください。 一般の注意事項は、「空圧・真空・補助機器総合No.CB-024S」をご確認ください。 設計時・選定時 危険 注意 ■発火物、引火物、爆発物等の危険物が存在する場 ■シャフトに取付けられる負荷(治具および吸着物) 所では使用しないでください。 は可搬質量以下にてご使用ください。 発火、引火、爆発の可能性があります。 ■治具・ワークの質量は50g以下、慣性モーメント ■製品に水滴、油滴などがかからないようにしてく は2.45×10-6kg・m2以下としてください。 ださい。火災、故障の原因になります。 ■ワーク搬送時の加速度は4G以下でご使用ください。 ■製品を取付ける際には、必ず確実な保持、固定を 過大な加速度は製品の破損を招く恐れがあります。 行ってください。製品の転倒、落下、異常作動等 によって、ケガをする可能性があります。 ■押し圧安定性、繰返し精度の向上のため、隙間シール 構造を採用しております。そのために、真空漏れ ■モータ用電源・制御用電源には必ずDC安定化電源 が発生します。(初期圧-80kPaに対し、圧力降下 (DC24V±10%)をご使用ください。 10kPa以内) AC電源へ直接接続した場合は、火災や破裂・破損 などの原因になります。 ■配線時、誘導ノイズが印加されないよう、大電流 や強磁界が発生している場所や本機以外の大型 モータ動力線と同一配管、配線(多芯ケーブルに 警告 よる)とならないようにしてください。また、ロボッ トなどに使用されますインバータ電源及び、配線 ■本製品は、磁石が内蔵されています。 部(同一配線・配管不可)にもご注意ください。 磁性体の切り粉、粉塵等がある場所では使用しない 同電源のフレームグランドを施し、出力部にはフィ でください。 ルターを必ず挿入してください。 破損や作動不良の原因となります。 ■製品の出力部と電磁弁・リレーなどのサージを発 ■製品の固定は、六角穴付ボルトをご使用ください。 生する誘導負荷と電源を共通としている場合、サー ジ電流が出力部に回り込み破損の原因となります ■取付姿勢は垂直にてご使用ください。 ので、誘導負荷となる出力系と本製品の出力電源 シャフトへの横荷重あるいはモーメント力は特性の とは分離させてください。別電源とすることが出 変動や寿命に影響を及ぼします。 来ない場合は、全ての誘導負荷に対し直接並列に サージ吸収素子を接続してください。 ■非常停止、停電などシステムの異常時に、機械が 停止する場合、装置の破損・人身事故などが発生 ■モータ用電源は製品の設置台数に対し、容量に余 しないよう、安全回路あるいは装置の設計をして 裕のあるものを選定してください。容量に余裕が ください。 ないと、誤動作する恐れがあります。 ■室内で湿気の少ない場所に据付けてください。 ■製品は分解しないでください。 雨水がかかる場所や、湿気の多い場所(湿度80%以上、 結露のある場所)では、漏電や火災事故を起こす危険があ ります。油滴・オイルミストも厳禁です。 ■リード線は、繰返しの屈曲を伴う用途には使用で きません。 ■使用・保存周囲温度を守り結露のない状態で使 用・保存してください。 ■お客様が使用されるシステム、機械、装置への当 製品の異常停止や寿命低下の原因になります。熱がこもる 社製品の適合性は、お客様自身の責任でご確認く 場合は換気してください。 ださい。 ■直接日光・粉塵・発熱体の近くおよび腐食性ガス・ 爆発性ガス・引火性ガス・可燃物のない場所に設 置してください。また、耐薬品性に関して考慮さ れておりません。 故障あるいは爆発・発火の原因となります。 ■強い電磁波、紫外線、放射線がない場所で使用・ 保存してください。 誤作動あるいは故障の原因となります。 4
Page7

取付・据付・調整時 警告 ■感電防止のために、必ず注意事項をお守りください。 1.コントローラ及びモータには触れないでください。 ■運転前に、負荷や継手締結部の緩み、異常がないか 高温になっていますので、やけどの原因となります。十分 を確認してください。 に時間をおいてから点検等の作業を行なってください。 電源オフ直後にも、内部コンデンサに蓄えられた電荷が放 ■機器が適正に作動することを確認するまでは使用し 電するまで、高電圧が印加されますので3分間程度は触れ ないでください。 ないようにしてください。 取付、修理、改造後に、適正な機能検査を行って正 2.保守、点検前には、コントローラ電源供給元のスイッチを しい取付がなされていることを確認してください。 切ってから作業を行なってください。  高電圧による感電の危険性があります。 機械の干渉、作動システムに異常がないことを確認 3.電源を入れたままで、コネクタ類の取付け、取外しをしな ■ いでください。誤作動・故障・感電の危険があります。 してください。 ■製品を落下させるなどして衝撃を与えないでくださ 注意 い。衝撃荷重は製品破損の原因につながります。 ■配管実施寸前まで、包装袋から出さないでください。 配管ポート、軸隙間から異物が混入し、故障、誤 ■製品及び配管の設置後はなめらかな動作を確認して 作動などの原因となります。 からご使用ください。固いチューブや、小さな曲げR の配管の接続は、誤作動及び故障の原因となります。 ■配管の際には、配管内の異物・切粉等を除去する ため、エアフラッシングを必ず行ってください。 ■以下の使用方法は可搬質量以下でもシャフトに モーメント力がかかり作動不良及び故障の原因と ■配管接続時には適正トルクで締付けてください。 なります。 1.シャフトに吸着パット以外の大きな治具を取り つけた場合。 接続ねじ 締付けトルク(N・m) 2.大きなサイズ及び異形状の吸着パットを取りつ M5 1.0~1.5 けた場合。 ■シャフトに物をぶつけたりして傷や打痕をつけな 3.シャフトに偏荷重がかかる使用方法の場合。 いでください。 4.複数のAFBで 1つの治具、ワークを保持する場合。 シャフトの傷や打痕は軸受の損傷を招き、故障、 誤作動の原因となります。 ■取扱説明書は必ず読んでください。 内容を理解した上で製品をご使用ください。 ■搬送時や設置時は、製品の可動部やケーブル部を持 たないでください。 上記のような方法で使用する場合は当社にご相談く けがや断線の原因となります。 ださい。 ■大きな振動や衝撃が伝わる場所に設置しないでくだ さい。 ■物を上に載せたりしないでください。 誤作動を起こす可能性があります。 ■周囲温度は、10~40℃、周囲湿度は35~80% ■上下動の加速は、シャフトが意図しない動作をする にて結露、凍結などないようにしてください。 場合があります。慣性質量とバッファ力の関係を十 製品の故障原因となります。 分考慮して動作させてください。 ■製品は、不燃物に取付けてください。可燃物への ■製品はワークをプレースして、その後、そのまま 直接取付け、または可燃物近くへの取付けは、火 シャフトで圧着作業をすることが可能です。 災の原因になります。 (押し付け荷重はモータシャフトに掛からない構造 となっています。) ■製品は必ず、D種接地工事(接地抵抗100Ω以下) ただし、押し付け荷重は50N(約5kgf)以下でご使 をしてください。 用ください。 漏電した場合、感電や誤作動の可能性があります。 ■シャフト先端に付ける治具は下部の形状を参考に製 ■製品の配線は誤配線やコネクタの緩みがないよう 作してください。 φ9 に確実に行ってください。配線の絶縁を確認して ください。 φ5+0.012+0.004 他の回路との接触、地絡、端子間絶縁不良により、本製品 に過電流が流れ込み、破損する可能性があります。異常作 動、火災の原因になります。 ■リード線は傷つけたり、無理なストレスをかけた り、重いものを載せたり、挟み込んだりしないで ください。 感電の原因になります。 M2 5 (8) 4 2.5
Page8

使用・メンテナンス時 危険 注意 ■配線作業や点検は専門の技術者が行ってください。 ■メンテナンス管理が正しく実施されるように日常 点検、定期点検を計画的に実施してください。 ■製品を据付けてから配線してください。 メンテナンス不十分の場合、製品機能が著しく低下 感電の原因になります。 し短寿命、破損、誤作動などの不具合を招きます。 ■濡れた手での作業はしないでください。 ■漏れ量が増大したり機器が適正に作動しない場合 感電の原因になります。 は、使用しないでください。 取付、修理、改造後には、適正な機能検査を行って ■電源を投入したままで、配線やコネクタ類の取付 正しい取付がなされているかを確認してください。 け取外しをしないでください。 誤作動、故障、感電の危険があります。 ■製品が故障(異常な発熱、発煙、異臭、異音、振 動などが生じた)した場合は、ただちに電源を遮 断してください。製品の破損や、電流が流れ続け 警告 ることによる火災の原因になります。 ■保守点検は、取扱説明書に従い注意深く行ってく ■ ださい。 保守・点検、修理を行うときは、必ず本製品への 取扱いを誤ると、機器や装置の破損や作動不良の 電源供給を停止してから実施してください。第三 原因となります。 者が不用意に電源を入れる、あるいは操作しない よう周囲に注意を促してください。 ■製品を廃棄する時は、廃棄物の処理及び清掃に関 する法律に準拠し、必ず専門廃棄物処理業者に委 託するなどして処理してください。 ■国外へ輸出した場合の保証 (1)当 社工場または、当社が指定した会社・工場へ返却さ れたものについて修理を行います。返却に伴う工事お よび費用については、補償外といたします。 (2)修理品は、国内梱包仕様にて国内指定場所へ納入いた します。  本保証条項は基本事項を定めたものです。個別の仕様 図または仕様書に記載された保証内容が本保証条項と 異なる場合には、仕様図または仕様書を優先します。 その他の注意事項については、下記資料をご用意し ておりますのでご確認ください。 取扱説明書 アクティブファインバッファAFB-RBシリーズ 6
Page9

MEMO 7
Page10

関連商品 エアファイバ®ワンタッチ継手用 カタログNo.CB-024S エアファイバ UP・EH ■ 外径φ1.8×内径φ1.2の極細サイズのため省エネ、省スペース ■ 配 管後のチューブ反発力がリード線並みのため、装置精度への影響は、極めて小 さい。 ■ 耐食性の高い材質を採用したクリーン機種(チューブ:特殊ポリオレフィン、継 手:ステンレス等)をシリーズ化。 ■ 材 質から地球環境に悪影響を及ぼす物質を排除。 ■ 配 管自由自在 ■ 静 電気やホコリの付着防止 エアファイバ用ワンタッチ継手 PG・CG ■ 継 手のプッシュリングを押しながら、チューブを挿入または抜くだけで着脱可能。 また、樹脂材料はポリプロピレン(PP)樹脂を標準採用して、耐食性を向上。 真空システム機器 SELVACS(セルバックス) カタログNo.CC-796 真空システム機器セルバックス Selex Vacuum System ■ コ ンパクト設計 各機器がコンパクト設計にされており、省スペースです。 真 空 ■ 豊富な機種バリエーション シ 真空システム機器 ス セルバックス シリーズの機種・バリエーションが豊富で、幅広い分野・用途にお応えできます。 テ ム Selex Vacuum System ■ ユニット化・モジュール化 機 エジェクタシステム 真空ポンプシステム 器 吸着パッド 真空関連機器 5版 核となるエジェクタシステム/真空ポンプシステムには、ユニット化・モジュール化を セ ル Ver.2 カタログNo.CC-796-5 はかり、さらに省スペース、使い易さを追求しました。 バ ッ ク ス 5版 Ver.2 https://www.ckd.co.jp/ 〒485-8551 Selex Vacuum 愛知県小牧市応時二丁目250番地 System エジェクタシステム/真空ポンプシステム 真空システムの核となる真空エジェクタと真空ユニット。 単体タイプから、各種関連機器を複合させた ユニットタイプを各種用意しています。 吸着パッド ワークを直接吸着するアタッチメント。 対象ワークのサイズ、重量、特性に合わせて、 多種多彩な材質、形状、パッド径を用意しています。 真空関連機器 真空破壊バルブ、真空用圧力スイッチ、真空用フィルタ等、 真空システムの使い方に合わせて、 各種関連機器を用意しています。 関連機器 真空用フィルタ、真空レギュレータ、クイックバルブ、 精密吸着プレート、バッファユニット等、 より高度な真空システムに適した関連機器を用意しています。 8
Page11

(器)和英モ(21.2)F-63.ai お問合せは お近くの営業所へどうぞ 北 陸 ・ 信 越 ●神戸営業所 〒673-0016 兵庫県明石市松の内2-6-8(西明石スポットビル3階) ●長岡営業所 TEL(078)923-2121 FAX(078)923-0212 〒940-0088 新潟県長岡市柏町1-4-33(高野不動産ビル2階) ●大阪オフィス 東    北 TEL(0258)33-5446 FAX(0258)33-5381 〒550-0001 大阪府大阪市西区土佐堀1-3-20 ●北上営業所 ●松本営業所 TEL(06)6459-5770 FAX(06)6446-1945 〒024-0061 岩手県北上市大通り2丁目3番8号(岩手地所北上駅前ビル4-1) 〒390-0852 長野県松本市大字島立399-1(滴水ビル4階) 中   国 TEL(0197)63-4147 FAX(0197)63-4186 TEL(0263)40-0733 FAX(0263)40-0744 ●仙台営業所 ●富山営業所 ●広島営業所 〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央4丁目1-5(SAKAE泉中央ビル401) 〒939-8071 富山県富山市上袋100-35 〒730-0029 広島県広島市中区三川町2番6号(くれしん広島ビル3階) TEL(022)772-3041 FAX(022)772-3047 TEL(076)421-7828 FAX(076)421-8402 TEL(082)545-5125 FAX(082)244-2010 ●山形営業所 ●金沢営業所 ●岡山営業所 〒990-0834 山形県山形市清住町3-5-19 〒920-0025 石川県金沢市駅西本町3-16-8 〒700-0904 岡山県岡山市北区柳町2丁目6番25号(朝日生命岡山柳町ビル10階) TEL(023)644-6391 FAX(023)644-7273 TEL(076)262-8491 FAX(076)262-8493 TEL(086)224-7220 FAX(086)224-7221 ●郡山出張所 東   海 ●山口営業所 〒963-8046 福島県郡山市町東一丁目35(メイプルコート1-A) 〒747-0801 山口県防府市駅南町6-25 TEL(022)772-3041 FAX(022)772-3047 ●名古屋営業所 TEL(0835)38-3556 FAX(0835)22-6371 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄一丁目12番17号 北 関 東 TEL(052)223-1121 FAX( 052)223-1127 四   国 ●さいたま営業所 ●小牧営業所 ●高松営業所 〒331-0812 埼玉県さいたま市北区宮原町3-297-2(杉ビル6 5階) 〒485-8551 愛知県小牧市応時2-250 〒761-8071 香川県高松市伏石町2158-10 TEL(048)652-3811 FAX(048)652-3816 TEL(0568)73-9023 FAX(0568)75-1692 TEL(087)869-2311 FAX(087)869-2318 ●茨城営業所 ●豊田営業所 ●松山営業所 〒300-0847 茨城県土浦市卸町1-1-1(関鉄つくばビル4階C) 〒473-0912 愛知県豊田市広田町広田103 〒790-0053 愛媛県松山市竹原2-1-33(サンライト竹原1階) TEL(029)841-7490 FAX(029)841-7495 TEL(0565)54-4771 FAX(0565)54-4755 TEL(089)931-6135 FAX(089)931-6139 ●宇都宮営業所 ●三河営業所 九   州 〒321-0953 栃木県宇都宮市東宿郷3-1-7(メットライフ宇都宮ビル1階) 〒473-0912 愛知県豊田市広田町広田103 TEL(028)638-5770 FAX(028)638-5790 TEL(0565)54-4771 FAX(0565)54-4755 ●福岡営業所 ●太田営業所 ●静岡営業所 〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東1-10-27(アスティア博多ビル5階) 〒373-0813 群馬県太田市内ケ島町946-2(大槻商事ビル1階) 〒422-8035 静岡県静岡市駿河区宮竹1-3-5 TEL(092)473-7136 FAX(092)473-5540 TEL(0276)45-8935 FAX(0276)46-5628 TEL(054)237-4424 FAX(054)237-1945 ●北九州営業所 ●浜松営業所 〒802-0081 福岡県北九州市小倉北区紺屋町12-4(大樹生命北九州小倉ビル8階) 南 関 東 〒435-0016 静岡県浜松市東区和田町438 TEL(093)513-2331 FAX(093)513-2332 ●東京営業所 TEL(053)463-3021 FAX(053)463-4910 ●熊本営業所 〒105-0013 東京都港区浜松町1-31-1(文化放送メディアプラス4階) ●四日市営業所 〒869-1103 熊本県菊池郡菊陽町久保田2799-13 TEL(03)5402-3628 FAX(03)5402-0122 〒512-1303 三重県四日市市小牧町字高山2800 TEL(096)340-2580 FAX(096)340-2584 ●立川営業所 TEL(059)339-2140 FAX(059)339-2144 本   社 〒190-0022 東京都立川市錦町3-2-30(朝日生命立川錦町ビル3階) 関   西 TEL(042)527-3773 FAX(042)527-3782 ●本社・工場 ●千葉営業所 ●大阪営業所 〒485-8551 愛知県小牧市応時2-250 〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-12-5(朝日生命津田沼ビル5階) 〒550-0001 大阪府大阪市西区土佐堀1-3-20 TEL(0568)77-1111 FAX(0568)77-1123 TEL(047)470-5070 FAX(047)493-5190 TEL(06)6459-5775 FAX(06)6446-1955 ●機器営業統括部 ●横浜営業所 ●大阪東営業所 〒485-8551 愛知県小牧市応時2-250 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-17-19(AR新横浜ビルディング4階) 〒570-0083 大阪府守口市京阪本通1-2-3(損保ジャパン守口ビル6階) TEL(0568)74-1303 FAX(0568)77-3410 TEL(045)475-3471 FAX(045)475-3470 TEL(06)4250-6333 FAX(06)6991-7477 ●海外営業部 ●厚木営業所 ●滋賀営業所 〒485-8551 愛知県小牧市応時2-250 〒243-0027 神奈川県厚木市愛甲東一丁目22番6号 〒524-0033 滋賀県守山市浮気町字中ノ町300-21(第2小島ビル4階) TEL(0568)74-1338 FAX(0568)77-3461 TEL(046)226-5201 FAX(046)226-5208 TEL(077)514-2650 FAX(077)583-4198 ●甲府営業所 ●京都営業所 〒409-3867 山梨県中巨摩郡昭和町清水新居1509 〒612-8414 京都府京都市伏見区竹田段川原町241 TEL(055)224-5256 FAX(055)224-3540 TEL(075)645-1130 FAX(075)645-4747 ●東京オフィス ●奈良営業所 0120-771060 〒105-0013 東京都港区浜松町1-31-1(文化放送メディアプラス4階) 〒630-8115 奈良県奈良市大宮町7丁目1番33号(奈良センタービルディング3階) フリーアクセス   TEL(03)5402-3620 FAX(03)5402-0120 TEL(0742)32-2511 FAX(0742)32-2512 お客様技術相談窓口 受付時間 9:00~12:00/13:00~17:00 (土日、休日除く) □ 2-250 Ouji, Komaki City, Aichi 485-8551, Japan Website https://www.ckd.co.jp/ □ PHONE +81-568-74-1338 FAX +81-568-77-3461 ASIA PT CKD TRADING INDONESIA 台湾喜開理股 有限公司 喜開理(上海)機器有限公司 ●HEAD OFFICE TAIWAN CKD CORPORATION CKD(SHANGHAI)CORPORATION Menara Bidakara 2, 18th Floor, Jl. Jend. Gatot Subroto Kav. 71-73, Pancoran, Jakarta 12870, Indonesia ●HEADQUARTERS ●営業部 / 上海浦西事務所(SALES HEADQUARTERS / SHANGHAI PUXI OFFICE) PHONE +62-21-2938-6601 FAX +62-21-2906-9470 16F-3, No. 7, Sec. 3, New Taipei Blvd., Xinzhuang Dist., Room 601, 6th Floor, Yuanzhongkeyan Building, No. 1905 ・BEKASI OFFICE New Taipei City 242, Taiwan Hongmei Road, Xinhui District, Shanghai 200233, China ・KARAWANG OFFICE PHONE +886-2-8522-8198 FAX +886-2-8522-8128 PHONE +86-21-61911888 FAX +86-21-60905356 ・SURABAYA OFFICE ・新竹営業所(HSINCHU OFFICE) ・上海浦東事務所(SHANGHAI PUDONG OFFICE) ・台中営業所(TAICHUNG OFFICE) ・寧波事務所(NINGBO OFFICE) CKD KOREA CORPORATION ・台南営業所(TAINAN OFFICE) ・杭州事務所(HANGZHOU OFFICE) ●HEADQUARTERS ・高雄営業所(KAOHSIUNG OFFICE) ・無錫事務所(WUXI OFFICE) (3rd Floor), 44, Sinsu-ro, Mapo-gu, Seoul 04088, Korea CKD VIETNAM ENGINEERING CO.,LTD. ・昆山事務所(KUNSHAN OFFICE) PHONE +82-2-783-5201~5203 FAX +82-2-783-5204 ・蘇州事務所(SUZHOU OFFICE) ●HEADQUARTERS ・水原営業所(SUWON OFFICE) ・南京事務所(NANJING OFFICE) ・天安営業所(CHEONAN OFFICE) 18th Floor, CMC Tower, Duy Tan Street, Cau Giay ・合肥事務所(HEFEI OFFICE) ・蔚山営業所(ULSAN OFFICE) District, Hanoi, Vietnam ・成都事務所(CHENGDU OFFICE) PHONE +84-24-3795-7631 FAX +84-24-3795-7637 ・武漢事務所(WUHAN OFFICE) M-CKD PRECISION SDN.BHD. ・HO CHI MINH OFFICE ・鄭州事務所(ZHENGZHOU OFFICE) ●HEAD OFFICE ・長沙事務所(CHANGSHA OFFICE) Lot No.6,Jalan Modal 23/2, Seksyen 23, Kawasan MIEL, EUROPE ・重慶事務所(CHONGQING OFFICE) Fasa 8, 40300 Shah Alam,Selangor Darul Ehsan, Malaysia CKD EUROPE B.V. ・西安事務所(XIAN OFFICE) ・広州事務所(GUANGZHOU OFFICE) PHONE +60-3-5541-1468 FAX +60-3-5541-1533 ●HEADQUARTERS ・中山事務所(ZHONGSHAN OFFICE) ・JOHOR BAHRU BRANCH OFFICE Beechavenue 125A, 1119 RB Schiphol-Rijk, the Netherlands ・深圳西事務所(WEST SHENZHEN OFFICE) ・PENANG BRANCH OFFICE PHONE +31-23-554-1490 ・深圳東事務所(EAST SHENZHEN OFFICE) CKD SINGAPORE PTE. LTD. ・CKD EUROPE GERMANY OFFICE ・東莞事務所(DONGGUAN OFFICE) No.33 Tannery Lane #04-01 Hoesteel Industr ial ・CKD EUROPE UK ・厦門事務所(XIAMEN OFFICE) Building, Singapore 347789, Singapore ・CKD EUROPE CZECH O.Z. ・福州事務所(FUZHOU OFFICE) ・瀋陽事務所(SHENYANG OFFICE) PHONE +65-67442623 FAX +65-67442486 CKD CORPORATION EUROPE BRANCH ・大連事務所(DALIAN OFFICE) CKD CORPORATION BRANCH OFFICE Beechavenue 125A, 1119 RB Schiphol-Rijk, the Netherlands ・長春事務所(CHANGCHUN OFFICE) No.33 Tannery Lane #04-01 Hoesteel Industr ial PHONE +31-23-554-1490 ・北京事務所(BEIJING OFFICE) Building, Singapore 347789, Singapore ・天津事務所(TIANJIN OFFICE) PHONE +65-67447260 FAX +65-68421022 NORTH AMERICA & LATIN AMERICA ・青島事務所(QINGDAO OFFICE) CKD MEXICO, S. DE R.L. DE C.V. ・潍坊事務所(WEIFANG OFFICE) CKD THAI CORPORATION LTD. Cerrada la Noria No. 200 Int. A-01, Querétaro Park II, ・済南事務所(JINAN OFFICE) ●HEADQUARTERS Parque Industrial Querétaro, Santa Rosa Jáuregui, ・烟台事務所(YANTAI OFFICE) 19th Floor, Smooth Life Tower, 44 North Sathorn Road, Querétaro, C.P. 76220, México CKD INDIA PRIVATE LTD. Silom, Bangrak, Bangkok 10500, Thailand PHONE +52-442-161-0624 ●HEADQUARTERS PHONE +66-2-267-6300 FAX +66-2-267-6304-5 ・RAYONG OFFICE CKD USA CORPORATION Unit No. 607, 6th Floor, Welldone Tech Park, Sector 48, ・NAVANAKORN OFFICE ●HEADQUARTERS Sohna Road, Gurgaon-122018, Haryana, India ・EASTERN SEABOARD OFFICE 1605 Penny Lane, Schaumburg, IL 60173, USA PHONE +91-124-418-8212 FAX +91(- 0)124-418-8216 ・LAMPHUN OFFICE PHONE +1-847-648-4400 FAX +1-847-565-4923 ・BANGALORE OFFICE ・KORAT OFFICE ・PUNE OFFICE ・AMATANAKORN OFFICE ・LEXINGTON OFFICE ・PRACHINBURI OFFICE ・SAN ANTONIO OFFICE 改訂内容 ・SARABURI OFFICE ・SAN JOSE OFFICE/ TECHNICAL CENTER ・DETROIT OFFICE ・内部構造図・使用上の注意事項一部内容変更 ・BOSTON OFFICE 本カタログに記載の製品及び関連技術は、外国為替及び外国貿易法のキャッチオール規制の対象となります。 本カタログに記載の製品及び関連技術を輸出される場合は、兵器・武器関連用途に使用されるおそれのないよう、ご留意ください。 The goods and/or their replicas, the technology and/or software found in this catalog are subject to complementary export regulations by Foreign Exchange and Foreign Trade Law of Japan. If the goods and/or their replicas, the technology and/or software found in this catalog are to be exported from Japan, Japanese laws require the exporter makes sure that they will never be used for the development and/or manufacture of weapons for mass destruction. ●このカタログに掲載の仕様および外観を、改善のため予告なく変更することがあります。 ●Specifications are subject to change without notice. CKD Corporation 2021 All copy rights reserved. 2021.6.AAC