1/24ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(3.7Mb)

電動シャトルムーバー ESMシリーズ

製品カタログ

搬送を変える 現場が変わる

多軸やガントリーロボットを使用することなく、2次元動作を実現し、空間を利用して搬送することができます。

◆省スペース化も実現できます。
◆最大20mのロングストロークに対応しています。
◆リニアモータを検討する前にぜひご検討ください。

◆詳細はカタログをダウンロードしご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 電動シャトルムーバー ESMシリーズ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 3.7Mb
関連製品
登録カテゴリ
取り扱い企業 CKD株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

CC-1259-2_H1_CS55

CC-1259 2
Page2

CC1259_SP_CS55

電動シャトルムーバー モータレスアクチュエータに、 ESM 新しいコンセプトを。 SERIES 各レールをモジュラー接続 モータレスタイプ 自由自在に組み合わせ。 ベルト駆動 立体搬送P&Pシステム 1つのモータで、単軸2次元搬送・省スペース 多点位置決め・ソフトスタート&ストップ 多軸やガントリーロボットを使用することなく、2次元動作を実現。 多点位置決めや加減速度設定、動作速度の変更は電動アクチュエータの得意分野。 空間利用が思いのまま。省スペースも望みのまま。 もちろん、ESMも得意です。 Positioning Positioning Positioning Soft Stop Soft Start ロングストローク 最大20m 各社モータに対応 従来の電動アクチュエータの お客様の使い慣れたモータが取付可能。 概念を打ち砕く、常識破りの 他のモータレスシリーズ同様、各社モータに対応したブラケットをご用意。 ロングストローク。 モータメーカ、フィールドネットワーク対応可能一覧 リニアモータを検討する前に、 MECHATRO MECHATRO Device ESMが悩みを解決。 汎用 SSCNET CC-Link LINK-Ⅱ LINK-Ⅲ Net 三菱電機株式会社 株式会社安川電機 株式会社キーエンス 当製品はモータが取り付けられておりません。 モータおよびドライバは、お客様にて準備・取付・調整をお願いします。 詳細については、2ページの表「取付モータ仕様と推奨モータ形番(定格出力750W)」を参照ください。
Page3

電動シャトルムーバー モータレスアクチュエータに、 ESM 新しいコンセプトを。 SERIES 各レールをモジュラー接続 モータレスタイプ 自由自在に組み合わせ。 ベルト駆動 立体搬送P&Pシステム 1つのモータで、単軸2次元搬送・省スペース 多点位置決め・ソフトスタート&ストップ 多軸やガントリーロボットを使用することなく、2次元動作を実現。 多点位置決めや加減速度設定、動作速度の変更は電動アクチュエータの得意分野。 空間利用が思いのまま。省スペースも望みのまま。 もちろん、ESMも得意です。 Positioning Positioning Positioning Soft Stop Soft Start ロングストローク 最大20m 各社モータに対応 従来の電動アクチュエータの お客様の使い慣れたモータが取付可能。 概念を打ち砕く、常識破りの 他のモータレスシリーズ同様、各社モータに対応したブラケットをご用意。 ロングストローク。 モータメーカ、フィールドネットワーク対応可能一覧 リニアモータを検討する前に、 MECHATRO MECHATRO Device ESMが悩みを解決。 汎用 SSCNET CC-Link LINK-Ⅱ LINK-Ⅲ Net 三菱電機株式会社 株式会社安川電機 株式会社キーエンス 当製品はモータが取り付けられておりません。 モータおよびドライバは、お客様にて準備・取付・調整をお願いします。 詳細については、2ページの表「取付モータ仕様と推奨モータ形番(定格出力750W)」を参照ください。
Page4

ソリューション事例 スペースの有効活用 次工程への装置間搬送 二次元搬送 従来の通路を確保しながら、装置から装置へのワークの受け渡し。 従来の搬送形態 パーツフィーダ コンベア リフター 末端でエア配管可能 ハンドチャックなどが使用できます。 ESM採用の搬送形態 ●高速搬送が可能(ストレート部:最大 2,000mm/s カーブ部:最大1,500mm/s) 効 ●任意の位置での多点停止が可能(繰返し精度±0.5mm) 果 例 ●ソフトスタートやソフトストップの制御が可能 ●直線と曲線ユニットを組み合わせて経路を設定    ●設置後のレイアウト変更が容易 3次元搬送なら 自由自在の3次元レイアウトを可能にした エアシャトル エア駆動立体搬送 P&Pシステム。 ムーバー シリンダーチューブをつぶさずに曲げる技術により、 SM-25 曲線移動が可能。3次元搬送を実現しました。
Page5

ソリューション事例 搬送のお悩みは、「ESM」で解決!! 生産効率を上げたい ロングストローク・ 並列する同じ装置に部品を供給 多点位置決め 多数ならぶ同じ装置への組付け部品の供給を、1アクチュエータで一本化。 パーツフィーダ 組付機 部品供給 効 ●生産ラインの無駄がなくなり、生産性がUPした。 果 ●スタッフの作業負荷が軽減された。 例 ●組付機を直線的に配置し、工場内のスペースを有効に活用できるようになった。 大がかりな設備投資・改造はしたくない ロングストローク・ フリーフローラインの仮止めピン回収 高速 組立開始時にワークを仮止めしたピンを、最後に回収。開始場所へリターン。 仮止め用治具設置 仮止め用治具回収 効 果 ●スタッフの搬送作業負荷がなくなった。 例 ●装置のレイアウトをほとんど変更することなく、改善ができた。
Page6

CC-1259-2ESM_contents_CS5

電動シャトルムーバー ESM Series ● 電動2次元搬送 P&Pシステム 仕様 項 目 ESM モータ電源電圧 三相200V 最大可搬質量 kg 4 直線部:2000以下 最高速度 mm/s カーブ部:1500以下 最長搬送距離 ※ 1 m 20 高低差 ※ 2 m 3 繰返し精度 mm ±0.5 給油 不可 ACサーボモータ 750W 適用モータ ※ 3 推奨モータは2ページ参照 近接スイッチ 検出センサ ※ 4 オムロンE2E-X2D1-N 使用環境 一般工場室内(室温5~40℃) ※1 20mを超えるストロークの場合はご相談ください。 ※2 高低差とは、搬送経路中の最高の高さから最低の高さを差し引いた値です。 ※3 推奨モータ以外の場合はご相談ください。 ※4 原 点及び両側オーバーラン検出が必要な場合は、3個必要になります。 (必要数ご注文ください。形番は2ページ、仕様は10ページをご参照ください。) ※ 加速、減速時間は0.5秒以上設けてください。 ※ 当製品はモータが取り付けられておりません。モータ及びドライバは、お客様にて準備・取付・調 整を行ってください。 ※ 当製品はユニット販売になります。お客様にて取付・調整を行ってください。 ※ モータ駆動部ユニットにカーブユニットを直結した状態でPPユニット(給気ユニット)を使用す ることはできません。 質量 ユニット名 ユニット形番 質量(kg) キャリアユニット ESM-CA 0.7 モータ駆動部ユニット ESM-HDU-M 4 ストレートユニット ESM-ST-100 ※ 1 0.5 テンションユニット ESM-TTU 2 ESM-VC-90-1 3.7 ESM-VC-90-2 3.9 カーブユニット ESM-VC-45-1 1.9 ESM-VC-45-2 2 ※1 ストローク長が100mm長くなると質量は0.5kg増えます。 1
Page7

ESM Series 形番表示方法 形番表示方法 ①モータ駆動部ユニット ESM HDU M A A 取付モータ仕様 M 取付モータ仕様については下表より選択してください。 Y ※他のモータメーカ、機種については、お問い合わせください。 取付モータ仕様と推奨モータ形番(定格出力750W) メーカ 記号 モータ 三菱電機 株式会社 M HG-KR73 株式会社 安川電機 Y SGM7J-08 株式会社 キーエンス Y SV2-□075 ②テンションユニット ③キャリアユニット ESM TTU ESM CA ④ストレートユニット ⑤カーブユニット ESM ST 100 ESM VC 90-1 A A A ストレートユニット長さ A 角度 100 90-1 内側90度 ~ 100mm~2000mm 90-2 外側90度 2000 45-1 内側45度 ※ 製作は100mm~2000mmまで、1mm毎に選定可能です。 45-2 外側45度 ※ 1セットに使用できるのは、合計で180度までです。 ⑥ベルト 例:90度:2ユニットまで、45度:4ユニットまで ESM B 01370 A A ベルト長さ 01370 ~ 1370mm~40570mm ユニット例 40570 ④ ③キャリアユニット ※ ベルト長さの選定は機種選定の7、8ページをご参照 カーブ ⑤ ください。 ⑤ユニット ※ 1 桁目は四捨五入してください。 ●その他ユニット ④ ④ ストレート ユニット ESM PP1 ②テ ンション ユニット A ①モ ータ駆動部 ⑥ベルト A 形番 内 容 ユニット PP1※1 PPユニット(給気ユニット) SE 検出センサ(詳細は10ページ目参照) T-NT※2 T形板ナット ※1 キ ャリアに取付けるエアー吸気ユニットです、終端のエア供給用に使います。 モータ駆動部ユニットにカーブユニットを直結した状態でPPユニット(給気ユニット) を使用することはできません。 ※2 本 体据付用のブラケットです。 ※『その他ユニット』以外は、1セットの構成をするうえで必要なユニットです。 2
Page8

ESM Series ユニットの組合せ例 ESM-ST-1000 ESM-VC-90-2 ESM-VC-90-2 ESM-ST-300 ESM-ST-500 ESM-TTU ESM-HDU-M ユニット形番 ストローク ベルト長さ(mm) 1 ESM-CA - - 2 ESM-HDU-M 150 HDU+TTU=1170 3 ESM-ST-500 500 1000 4 ESM-VC-90-2 550 910 5 ESM-ST-1000 1000 2000 6 ESM-VC-90-2 550 910 7 ESM-ST-300 300 600 8 ESM-TTU 150 - ・搬送距離:3200mm ・ベルト長さ:6590mm ベルト長さ選定方法と例 上のユニット組合せを例にベルト長さを算出する。(詳細は8ページを参照してください) 1、モータ駆動部ユニットとテンションユニット部のベルト長さ:1170mm(固定値) 2、ストレート部のストローク長の2倍を算出する。 (【ESM-ST-500】のストローク長+【ESM-ST-1000】のストローク長+【ESM-ST-300】のストローク長)×2 =(500+1000+300)×2 =3600mm 3、90度カーブユニットベルト長さ:910mm 2ユニットあるので、910×2=1820mm 4、『上記の項目1、項目2、項目3で出したベルト長さを足す』(1桁目は四捨五入する) 『モータ駆動部ユニットとテンションユニット部のベルト長さ』+『ストレート部のストローク長の2倍』+『カーブユニット のベルト長さ×個数』 =1170mm+3600mm+1820mm =6590mm よってベルト長さは:6590mm ベルト形番:ESM-B-06590 3
Page9

ESM Series 外形寸法図 外形寸法図 ●モータ駆動部ユニット(ESM-HDU-□) 192 (150) 413 φC 4-A(ねじ穴) (モータ固定) 取付モータ仕様 A B C M M6 φ90 φ19 Y M6 φ90 φ19 ●テンションユニット(ESM-TTU) 300 78 4 80 55 P.C.DB 100 78 100 143 (127)
Page10

ESM Series 外形寸法図 ●キャリアユニット(ESM-CA) 4-M6 60 80 117 ●ストレートユニット(ESM-ST-□) L=100~2000 78 ※ 2m毎に取付用の四角ナットが7個添付されます。 5 9 60 22 100 4-6.3  M6用T溝 (27) 42 40 86
Page11

ESM Series 外形寸法図 外形寸法図 ●カーブユニット:内側(ESM-VC-90-1) ●カーブユニット:外側(ESM-VC-90-2) 48 R328 52 78 52 78 ●カーブユニット:内側(ESM-VC-45-1) ●カーブユニット:外側(ESM-VC-45-2) 48 161 247 52 78 52 78 6 100 60 100 67 60 9 60 48 100 9 60 48 100 0 R25 35 0 R 250R 50 R3 8 22 8 R32 R R228
Page12

ESM Series 外形寸法図 ●PPユニット(ESM-PP1、給気ユニット) ◦キャリアユニット側ノズル ◦モータ駆動部ユニット、テンションユニット側ノズル 258 Rc1/8(INポート) M5×0.8(OUTポート) 1515 124 149 ※ モータ駆動部ユニットにカーブユニットを直結した状態でPPユニット(給気ユニット)を使用することはできません。 ●PPユニット装着時構成図(参考) ノズル差し込み距離(90) 73.5 10 20 1515 149 124 Rc1/8(INポート) M5×0.8(OUTポート) ●T形板ナット 〈取付参考例〉 2-M8 2 20 60 6 100 7 22-0.5-1 32 20 24 (20)
Page13

ESM Series ユニット選定 ユニット選定 STEP-1 各ユニットのストロークとベルト長さの確認 ユニット名 形 番 ストローク(mm) ベルト長さ(mm) 1170(テンションユニット部含む) モータ駆動部ユニット ESM-HDU 150 (長さ固定) 例 ESM-ST-100 100 200 ストレートユニット ESM-ST-200 200 400 ストロークESM-ST-1200 1200 240(0 ×2倍 ) ESM-ST-2000 2000 4000 ー テンションユニット ESM-TTU 150 (モータ駆動部ユニット参照) 内側90度カーブユニット ESM-VC-90-1 360 910(長さ固定) 外側90度カーブユニット ESM-VC-90-2 550 910(長さ固定) 内側45度カーブユニット ESM-VC-45-1 180 455(長さ固定) 外側45度カーブユニット ESM-VC-45-2 275 455(長さ固定) STEP-2 カーブユニットの最短組合せ寸法 ※1セットに使用できるのは、合計で180度までです。 ●90度外側-90度外側 ●90度外側-90度内側 ●90度内側-90度内側 (578) 350 228 (700) (656) 350 350 328 328 35 0 R 22 8 R 8 0 R2 2 35R ●45度外側-90度外側 ●90度外側-45度内側 ●90度内側-45度外側 ●90度内側-45度内側 (597) 417 575 489 247 350 350 328 328 28 28R2 R2 0 0 R3 5 5 R3 R22 8 ●45度外側-45度外側 ●45度外側-45度内側 ●45度内側-45度内側 (494) (408) (322) 247 161 247 247 161 161 100 8 R350 103 350 350 R350 R 103 228 51167 100(170) 100 578 328 R228 R350 103 331 328 161
Page14

ESM Series ユニット選定 STEP-3 タクトタイムの確認 選定した製品でタクトタイムを下記例に従い、算出し、必要なタクトに合うか確認します。 各機種の仕様表(1、2ページ)及びお客様にて選定したモータから回転速度、回転加減速度を選定します。 速度 加速域 定速域 減速域 内 容 記号 単位 備 考 mm/s 設定速度 V mm/s 実効速度:Vb 設定値 設定加速度 a mm/s 2 設定減速度 d mm/s2 移動距離 S mm 加速度 到達速度:Vmax 減速度 到達速度 Vmax mm/s =(2×a×d×S/(a+d))1/2 a d 実効速度 Vb mm/s VとVmax小さい方 加速時間 Ta s =Vb/a〈0.5sec以上〉 減速時間 Td s =Vb/d〈0.5sec以上〉 計算値 定速時間 Tc s =Sc/Vb 加速距離 Sa mm =(a×Ta2)/2 減速距離 Sd mm =(d×Td2)/2 加速時間 定速時間 減速時間 時間 定速距離 Sc mm =S-(Sa+Sd) Ta Tc Td sec 位置決め時間 T s =Ta+Tc+Td 位置決め時間T 位置 ・仕様以上の速度で使用しないでください。 mm ・加速時間・減速時間による加速度・減速度の設定は、 加速距離 定速距離 減速距離  設定速度とストロークにより変わります。 Sa Sc Sd ・加減速度とストロークによっては、台形速度波形が  形成できない(設定速度に到達しない)場合があります。 移動距離S  Vmaxと設定速度で比較をしてください。 ・加速時間・減速時間は0.5sec以上でご使用ください。 機種選定 STEP-4 最大許容荷重の確認 最大許容荷重は、負荷重心のオーバーハング量によって変わります。 ※許 容負荷質量はオーバーハング量によって変わります。  下記グラフの範囲内で使用してください。 ※オ ーバーハング量Lの算出は選定事例を参照してください。 200 ●選定事例 150 G 15 10 G W=1kg L(mm) 100 30 50 0 1 2 3 4 W(kg) Lz G Ly W:負荷質量 W=1kg Lx キャリア取付面中心 G:負荷重心 Lx:GのX方向のズレ Lx=15mm Ly:GのY方向のズレ Ly=10mm Lz:GのZ方向のズレ Lz=30mm L:オーバーハング量 L=15+10+30=55mm L=Lx+Ly+Lz 負荷の重心位置のズレに対しては、W=1kg であればL=55mmはグラフの範囲内にある ので許容できます。 9
Page15

ESM Series 検出センサ、消耗部品と補修部品 検出センサ 種 類 メーカ 型 式 近接センサ オムロン E2E-X2D1-N 性能 項 目 仕 様 円柱タイプ検出ヘッドサイズ M8 タイプ シールドタイプ 検出方式 誘導形 検出距離 2mm±10% 設定距離 0~1.6mm 応差 検出距離の15%以下 検出可能物 磁性金属(非磁性金属は検出距離が低下します) 標準検出物 鉄8×8×1mm 応答周波数 DC時:1.5kHz(平均値) 電源電圧 DC12~24V リップル(P-P)10%以下 使用電圧範囲 DC10~30V 漏れ電流 0.8mA以下 制御出力(出力形式) 直流2線式有種 制御出力(開閉容量) 3~100mA 表示灯 動作表示灯(赤)、設定表示灯(緑) 周囲温度範囲 使用時:-25~70℃ 保存時:-40~85℃ (ただし、氷結、結露しないこと) 周囲湿度範囲 使用時:35~95%RH 保存時:35~95%RH (ただし、結露しないこと) -25~+70℃の温度範囲内での検出距離の変化が±15%以内 温度の影響 (23℃時の検出距離を基準) ケーブル長さ 2m 出力回路 配線図 負荷 茶 +V 近接 センサ 主回路 端子配置 色 配置 茶 +V 青 OV 青 0V 消耗部品と補修部品 セット名 セット番号 セットの内容 ローラーセット ESM-RO ローラー・軸・軸受けの組付品(1台分) ジョイントセット ESM-JO 駆動ブロック・ジョイントプレート・ネジ類 キャリア側ベルト ESM-B-****用ベルト 客先寸法に加工済みベルト、形番については2ページをご参照ください モータ側ベルト ESM-B-K モータープーリ用1本 四角ナット ESM-S-NT 四角ナット 10ヶ/袋(セット) ※ご注文時は、セット番号をご指定ください。 ※各セットのゴム・ウレタン類は、直射日光、油、水、オゾン等を避け、温度湿度の低いところに保管してください。 10
Page16

“3次元搬送が可能なエア駆動タイプも用意!” シャトルムーバー標準タイプ・高荷重タイプ SM-25 Series 自由自在のレイアウトを可能にした、 エアー駆動立体搬送P&Pシステム 概   要 エア駆動立体搬送P&Pシステム シャトルムーバー〔SM-25〕は エアと磁力を組み合わせたロッド レスシリンダを採用。従来ではで きなかった立体的搬送を実現しま した。またシリンダチューブの接 続部にスリーブとOリングを使用 することによりエア漏れなく組み 立ても簡単。これにより自由自在 のレイアウトを可能にしました。 仕様 形 番 標準タイプ 高荷重タイプ 項 目 使用流体 圧縮空気 最高使用圧力 MPa 0.6 最低使用圧力 MPa 0.3 周囲温度 ℃ 5~40 チューブ内径 mm φ25 接続口径 Rc3/8 磁石保持力 N 120 240 最大許容負荷質量 kg 2(搭載する全負荷質量) 4(搭載する全負荷質量) 最長搬送距離 m 20 ストロークエンド調整長さ mm ±10 ピストン ゴムクッション クッション キャリア ショックキラー 給油 不要(給油時はタービン油1種ISOVG32を使用) ※詳細については、「空圧シリンダ総合Ⅰ(カタログNo.CB-029S)」の シャトルムーバーSMシリーズのページをご参照ください。 11
Page17

本製品を安全にご使用いただくために ご使用になる前に必ずお読みください 電動アクチュエータを使用した装置を設計される場合には、装置の機械機構とコントロールする電気制御によって運転 されるシステムの安全性が確保できることをチェックして安全な装置を製作する義務があります。 当社製品を安全にご使用いただくためには、製品の選定及び使用と取扱い、ならびに適切な保全管理が重要です。 装置の安全性確保のために、警告、注意事項を必ず守ってください。 なお、装置における安全性が確保できることをチェックして安全な装置を製作されるようにお願い申し上げます。 警告 1 本製品は、一般産業機械用部品として設計、製造されたものです。 よって、充分な知識と経験を持った人が取扱ってください。 2 製品の仕様範囲で使用してください。 製品固有の仕様外での使用は出来ません。また、製品の改造や追加工は絶対に行わないでください。 なお、本製品は一般産業機械用装置・部品での使用を適用範囲としておりますので、屋外での使用、および次に示すような 条件や環境で使用する場合には適用外とさせていただきます。 (ただし、ご採用に際し当社にご相談いただき、当社製品の仕様をご了解いただいた場合は適用となりますが、万一故障が あっても危険を回避する安全対策を講じてください。) ●1 原子力・鉄道・航空・船舶・車両・医療機械、飲料・食品などに直接触れる機器や用途、娯楽機器・緊急作動(遮断、開放等) 回路・プレス機械・ブレーキ回路・安全対策用など、安全性が要求される用途への使用。 ●2 人や財産に大きな影響が予想され、特に安全が要求される用途への使用。 3 装置設計に関わる安全性については、団体規格、法規等を必ずお守りください。 4 安全を確認するまでは、機器の取外しを絶対に行わないでください。 ●1 機械・装置の点検や整備は、本製品が関わる全てのシステムにおいて安全であることを確認してから行ってください。 ●2 運転停止時も、高温部や充電部が存在する可能性がありますので、注意して行ってください。 ●3 機器の点検や整備については、装置の電源や該当する設備の電源を遮断し、感電に注意して行ってください。 5 事故防止のために必ず、各製品の取扱説明及び注意事項をお守りください。 ●1 ティ-チング作業や試運転時には、思わぬ動作をする場合がありますのでアクチュエータに手を出さないよう十分に注 意してください。また軸本体が見えない位置から操作を行う場合には、操作前に必ずアクチュエータが移動しても安全 であることを確認してください。 6 感電防止のために、必ず注意事項をお守りください。 ●1 コントローラ内部のヒートシンクやセメント抵抗、及びモータには触れないでください。 高温になっていますので、やけどの原因となります。十分に時間をおいてから点検等の作業を行なってください。 電源オフ直後にも、内部コンデンサに蓄えられた電荷が放電するまで、高電圧が印加されますので3分間程度は触れな いようにしてください。 ●2 保守、点検前には、コントローラ電源供給元のスイッチを切ってから作業を行なってください。 高電圧による感電の危険性があります。 ●3 電源を入れたままで、コネクタ類の取付け、取外しをしないでください。誤作動・故障・感電の危険があります。 7 過電流保護機器を設置してください。 コントローラへの配線は、JIS B 9960-1:2008 機械類の安全-機械の電気装置-第1部:一般要求事項に従い、動力用 (電源コネクタ、電源端子台)・及び制御用(入出力コネクタ)電源一次側へ過電流保護機器(配線用遮断器、または、サー キットプロテクタ等)を設置してください。 (JIS B 9960-1 7.2.1一般事項より抜粋) 機械(電気装置)内の回路電流が、構成品の定格値又は導体の許容電流容量のいずれか小さい方を超える可能性がある 場合には、過電流保護を備えなければならない。選定すべき定格値又は設定値に関しては、7.2.10に規定する。 8 事故防止のために必ず、下記の注意事項をお守りください。 ここに示した注意事項では、安全注意事項のランクを「危険」「警告」「注意」として区別してあります。 危険: 取扱いを誤った場合に、死亡または重傷を負う危険な状態が生じることが想定され、かつ (DANGER)  危険発生時の緊急性(切迫の度合い)が高い限定的な場合。 警告: (WARNING)取扱いを誤った場合に、死亡または重傷を負う危険な状態が生じることが想定される場合。 注意: 取扱いを誤った場合に、軽傷を負うかまたは物的損害のみが発生する危険な状態が生じる (CAUTION) ことが想定される場合。 なお「注意」に記載した事項でも、状況によっては重大な結果に結び付く可能性があります。 いずれも重要な内容を記載していますので必ず守ってください。 12
Page18

ご注文に際しての注意事項 1 保証期間 当社製品の保証期間は、貴社のご指定場所への納入後1年間といたします。 2 保証範囲 上記保証期間中に明らかに当社の責任と認められる故障を生じた場合、本製品の代替品または必要な交換部品の無償 提供、または当社工場での修理を無償で行わせていただきます。 ただし、次の項目に該当する場合は、この保証の対象範囲から除外させていただきます。  ①製品仕様に記載されている条件・環境の範囲を逸脱して使用された場合。  ②取扱不注意などの誤った使用および誤った管理に起因する場合。  ③故障の原因が納入品以外の事由による場合。  ④製品本来の使い方以外の使用による場合。  ⑤納入後に行われた当社が係わっていない構造、性能、仕様などの改変および当社指定以外の修理が原因の場合。  ⑥本製品を貴社の機械・機器に組み込んで使用される際、貴社の機械・機器が業界の通念上備えられている機能、   構造などを持っていれば回避できた損害の場合。  ⑦納入当時に実用化されていた技術では予見できない事由に起因する場合。  ⑧火災、地震、水害、落雷、その他の天災、地変、公害、塩害、ガス害、異常電圧、その他の外部要因による場合。 なお、ここでいう保証は、納入品単体の保証を意味するもので、納入品の故障により誘発される損害は除外させてい ただきます。 3 国外へ輸出した場合の保証 (1)当社工場または、当社が指定した会社・工場へ返却されたものについて修理を行います。返却に伴う工事および 費用については、補償外といたします。 (2)修理品は、国内梱包仕様にて国内指定場所へ納入いたします。 本保証条項は基本事項を定めたものです。個別の仕様図又は仕様書に記載された保証内容が本保証条項と異なる 場合には、仕様図又は仕様書を優先します。 4 適合性の確認 お客様が使用されるシステム、機械、装置への当社製品の適合性は、お客様自身の責任でご確認ください。 5 サービスの範囲 納入品の価格には、技術者派遣のサービス費用は含んでおりません。次の場合は別個に費用を申し受けます。 (1)取付調整指導及び試運転立会い (2)保守点検、調整及び修理 (3)技術指導及び技術教育(操作、プログラム、配線方法、安全教育等) 13
Page19

本製品を安全にご使用いただくために ご使用になる前に必ずお読みください。 個別注意事項:電動シャトルムーバーESMシリーズ 設計時・選定時 危険 ■直接日光・粉塵・発熱体の近くおよび腐食性ガ ス・爆発性ガス・引火性ガス・可燃物のない場所 ■発火物、引火物、爆発物等の危険物が存在する場 に設置してください。また、本製品は耐薬品性に 所では使用しないでください。 関して考慮されておりません。 発火、引火、爆発の可能性があります。 故障あるいは爆発・発火の原因となります。 ■製 品に水滴、油滴などがかからないようにしてく ■強い電磁波、紫外線、放射線がない場所で使用・ ださい。火災、故障の原因になります。 保存してください。 誤作動あるいは故障の原因となります。 ■製品を取付ける際には、必ず確実な保持、固定 (ワークを含む)を行ってください。 ■動力源の故障の可能性を考慮してください。 製品の転倒、落下、異常作動等によって、ケガをする可能 ● 動力源に故障が発生しても、人体または装置に障害や破損 性があります。 させない方法で対策をしてください。 ■非 常停止、異常停止後に再起動する場合の作動 警告 の状態を考慮してください。● 再起動により、人体または装置に損害を与えないような設 ■キャリアユニットの走行速度は、必ず指定速度以 計をしてください。 内でお使いください。 また電動アクチュエータを始動位置にリセットする必要が ある場合には、安全な制御装置を設計してください。 ■キャリアユニットを固定してレール部を移動体と 取り付けたモータの故障の可能性を考慮してください。 して使うことは出来ません。 動力源に故障が発生しても、人体または装置に損害を与えないように対策をしてください。 ■ワーク脱着時のミスなどにより、落ちたワーク等 ■衝 撃や振動のある場所では使用しないでください。 でレールに傷をつけないでください。 作動不良の原因になります。 ■製 品には、選定資料の許容値以上の負荷をかけな いでください。 ■キャリアユニットとレールの間に異物をかみこま せると作動不良を起こします。 注意 ■動作領域や落下防止の対策として、安全カバーを ■レール内部にはベルトが走行します。組立時に切り 必ず設けてください。 粉などを入れないように十分注意してください。 使用雰囲気として、一般工場内で人が普通に作業 ■■ キャリアユニットがストロークエンドで衝突しな している環境で使用してください。 い範囲でご使用ください。 (室温5~40℃内で使用) ■メンテナンス条件を装置の取扱説明書に明記して ください。 ■水中、油中、紛体中などや切削液や切粉がかかる場 ● 使用状況、使用環境、メンテナンスによって本製品の機能 所では作動不良の原因となりますので使用できま が著しく低下し、安全性が確保できない場合が発生しま せん。 す。メンテナンスが正確であれば、製品機能を十分に発揮 させることができます。 ■腐 食の恐れがある雰囲気での使用は出来ません。 ■取付、据付、調整方法及びメンテナンス方法につい ■製品固有の仕様範囲で使用してください。 ては、取扱説明書を熟読し、正しい方法で行なっ てください。 ■非常停止、停電などシステムの異常時に、機械が ■製品は諸規格に合致の基に製造されています。 停止する場合、装置の破損・人身事故などが発生 改造は絶対にしないでください。 しないよう、安全回路あるいは装置の設計をして ください。 ■本製品に取り付けられるモータ・制御の取扱説明 書をご確認頂き、安全に注意して配線・設計をし ■室内で湿気の少ない場所に据付けてください。 てください。 雨水がかかる場所や、湿気の多い場所(湿度85%以上、結 露のある場所)では、漏電や火災事故を起こす危険があり ■お客様が使用されるシステム、機械、装置への当 ます。油滴・オイルミストも厳禁です。 社製品の適合性は、お客様自身の責任でご確認く ● このような環境での使用は損傷、作動不良の原因になります。 ださい。 14
Page20

ESM Series 取付・据付・調整時 危険 ■電源が故障した場合でも、人体、装置に損害を引 き起こさないように対策を施してください。 ■製品が作動できる状態で、製品の作動範囲に立ち 思わぬ事故につながる恐れがあります。 入らないでください。製品が不意に動くなどし て、ケガをする可能性があります。 ■異常の時は直ちにご使用を止めて最寄りの弊社営 業所にご相談ください。 警告 ■支 柱の取付ピッチは3メートル間隔を目安にしてく 注意 ださい。(支柱はお客様でご用意してください。) ■大きな振動や衝撃が伝わる場所に設置しないでく ■支柱や梁の取り付けにより、レールにねじる力や ださい。 曲げる力、引っ張る力など与えないように固定し 誤作動を起こす可能性があります。 てください。 ■外力により製品の可動部を作動したり、急減速を ■製 品をハンマーなどでたたいて移動させたり、 伴う動作をさせないでください。 ワイヤーロープ等で直接吊り下げないでください。 回生電流により誤作動や破損する可能性があります。 ■製 品が通路や人の作業区域を横断する場合や、人 ■原 点復帰時、押付作動以外は、メカストッパなど の手などが入る個所へは安全カバーの設置を必ず にぶつけないでください。 行ってください。 構成部品が破損し、作動不良の原因となります。 ■ストロークエンド付近は、下記のようなスペース ■耐久性は、搬送荷重や環境などによって変動しま を考慮してください。 す。搬送荷重など十分余裕を持った設定としてく ①ワークの脱着に必要なスペースの確保。 ださい。なお、可動部に対して衝撃が加わらない ②モータスペースの確保。 ご使用をお願い致します。 ③テンション部でベルト交換できるスペースの確保。 ■キ ャリアユニットに過大なモーメントを作用させ ■据 え付け完了後モータを取付ける前にキャリアを ないでください。詳細は最大許容荷量(9ペー 直接手で動かして走らせ、動作領域内に干渉するも ジ)をご参照ください。 のが無いか確認してください。 製品の破損、誤作動の原因となります。 ■据 え付け作業時に発生したドリルの切粉などの異 ■本 製品にモータを取り付ける前にキャリア部を動か 物を、本機のフレーム内やベルト内部に混入させ さないでください。製品内部のベルトが折れ曲が ないでください。 り、癖や傷がついて早期破損の原因となります。 ■精密部品が内蔵されておりますので、運搬中の横 ■設 置面の平面度は0.05mm/200mm以下とし、 倒、振動・衝撃は厳禁です。 製品にねじれ、曲げ力など与えないでください。 部品の破損原因となります。 ■キ ャリアユニットに取り付けるワーク側の平面度は ■仮置きする場合は、水平状態としてください。 0.02mm以下とし、製品にねじれ、曲げ力など与 えないでください。 ■梱 包の上に載ったり、物を上に載せたりしないで 製品の破損、誤作動の原因となります。 ください。 ■本体を取り付けるねじの締め付けは、下表の適正 ■輸送、運搬時の周囲温度は、-10~50℃、周囲湿 度は35~80%にて結露、凍結などないようにし なトルクで締め付けてください。 てください。 ねじサイズ 締付トルク(N・m) 製品の故障原因となります。 M3 0.7 M4 1.5 ■製 品は、不燃物に取付けてください。可燃物への M5 3 直接取付け、または可燃物近くへの取付けは、火 M6 5.2 災の原因になります。 M8 12.5 火傷の恐れがあります。 M10 24.5 ■製 品の上に乗ったり、足場にしたり、物を置かな いでください。 転倒事故、製品の転倒、落下によるケガ、製品の破損、損 傷による誤作動等の原因となります。 15