このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(2.6Mb)

リニアスライドハンド LSHシリーズ

製品カタログ

優しく、正確に、ワークを把持

◆高剛性
 リニアガイドを採用
◆高い設計自由度
 3方向から取付可能
◆衝撃吸収機構を内蔵
 独自のショックレス機構

◆詳細はカタログをダウンロードしご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 リニアスライドハンド LSHシリーズ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 2.6Mb
関連製品
登録カテゴリ
取り扱い企業 CKD株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

LSH_H1

CC-1221 1
Page2

p01-06

リニアスライドハンド 複動形 LSH Series ●動作ストローク:4、6、10、14mm 仕様 把持力 項目 LSH 単位:N チューブ内径 mm φ10 φ16 φ20 φ25 チューブ内径(mm) 開側 閉側 作動方式 複動形 φ10 17 11 使用流体 圧縮空気 φ16 45 34 最高使用圧力 MPa 0.7 φ20 66 42 最低使用圧力 MPa 0.2 0.1 φ25 104 65 接続口径 M3 M5 ※供給圧力0.5MPa、L=20mm時の値 周囲温度 ℃ -10〜60(但し、凍結なきこと) 動作ストローク mm 4 6 10 14 繰返し精度 mm ±0.01 質量 kg 0.055 0.125 0.250 0.460 給油 不要(給油時はタービン油1種ISO VG32を使用) スイッチ仕様 項 目 無接点2線式 無接点3線式 無接点2線式 無接点3線式F2S F3S F2H・F2V F3H・F3V F3PH・F3PV 用途 プログラマブル プログラマブル プログラマブル プログラマブルコントローラ専用 コントローラ、リレー用 コントローラ専用 コントローラ、リレー用 出力方式 − NPN出力 − NPN出力 PNP出力 電源電圧 − DC10〜28V − DC10〜28V DC4.5〜28V 負荷電圧・電流 DC10〜30V DC30V、 DC10〜30V5〜20mA 50mA以下 5〜20mA DC30V、50mA以下 表示灯 LED(ON時点灯) 黄色LED(ON時点灯) 漏れ電流 1mA以下 10μA以下 1mA以下 10μA以下 2 注1:スイッチは、耐屈耐衝撃 980m/s 曲リード線を使用 質量 g 1m:10  3m:29 しています。 形番表示方法 スイッチなし 記号 内  容 LSH 16 イ チューブ内径(mm) 10 φ10 スイッチ付 16 φ16 LSH 16 F2H D 20 φ20 25 φ25 ニ オプション イ チューブ内径 ハ スイッチ数 ロ スイッチ形番 リード線 リード線 接点 電圧ロ スイッチ形番 ストレートタイプ L字タイプ AC DC 表示 リード線 形番選定にあたっての注意事項 F2S※ ● 2線 注1:ショックレスオプションは閉側のみの対応になります。 F3S※ 無 ● 3線 F2H※ F2V※ 接 ● 1色表示式 2線 〈形番表示例〉 F3H※ F3V※ 点 ● 3線 LSH-16-F2H-D F3PH※ F3PV※ ● 3線 機種:リニアスライドハンド ※リード線長さ イ チューブ内径:φ16 無記号 1m(標準) ロスイッチ形番:無接点スイッチF2H 3 3m(オプション) リード線1m ハスイッチ数 :2個付 ハ スイッチ数 R 開側1個付 スイッチ単品形番表示方法 H 閉側1個付D 2個付 SW F2H ニ オプション 無記号 標準 スイッチ形番 C ショックレス(閉側のみ)(受注生産品) (上記ロ項) 1 L
Page3

LSH Series 内部構造図および部品リスト 内部構造図および部品リスト 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 部品リスト 品番 部品名称 材質 備考 品番 部品名称 材質 備考 1 マスタージョウ ステンレス鋼 12 ヘッドカバー アルミニウム合金 2 ホルダー 合金鋼 13 C形止め輪 ステンレス鋼 3 リニアガイド ステンレス鋼 14 作動軸 合金鋼 4 レバー ステンレス鋼 15 ピストンロッド ステンレス鋼 5 支点軸 合金鋼 16 磁石 6 本体 アルミニウム合金 17 ピストンパッキン ニトリルゴム 7 ロッドパッキン ニトリルゴム 18 Oリング ニトリルゴム 8 クッションゴム ウレタンゴム 19 Oリング ニトリルゴム 9 スペーサ アルミニウム合金 20 六角穴付ボルト ステンレス鋼 10 ピストン アルミニウム合金 21 ピン 合金鋼 11 六角穴付ボルト ステンレス鋼 22 六角穴付止めねじ 合金鋼 消耗部品リスト チューブ内径(mm) キット番号 消耗部品番号 φ10 LSH-10K φ16 LSH-16K 7 8 17 18 19 φ20 LSH-20K φ25 LSH-25K 2
Page4

LSH Series 外形寸法図(チューブ内径:φ10、φ16) ●LSH-10 27 ●スイッチ付 2-M3×0.5 深さ6 5.2±0.02 RD 2×2-M3×0.5深さ5.5 下穴2.6貫通 φ2H9(+ 0.0  025 )深さ3 2-M3×0.5 深さ6 HD 23 φ11H9(+ 0. 04312 6 37.8 12 0 )深さ2 RD 22.5 F2/3※ HD 20.5 57 16.4±0.05 RD 23.5 F2S/F3S 4-M2.5×0.45貫通 M3×0.5(閉ポート) HD 21.5 注1:R D寸法は開側端位置、HD寸法は閉側端 位置での最高感度位置になります。     実際の取付位置につきましては、スイッチ の作動状態を確認の上調整願います。 3 5.7 注2: F□Hは、ヘッド側端面よりスイッチリード 線が出張ります。 9     出張りが問題になる場合は、F□V, F□S M3×0.5(開ポート) 19 をご使用ください。 注3: 開閉ストロークが短いため、スイッチ1個 に対し開状態もしくは閉状態の片側のみ の検出になります。 ●LSH-16 30 ●スイッチ付 RD 2-M4×0.7 深さ4.5 2×2-M4×0.7深さ8 下穴3.4貫通 6.5±0.02 φ3H9(+ 0.0250   )深さ3 2-M4×0.7 深さ8 HD RD 25.5 F2/3※ HD 22.5 24.5 15 RD 26.5 F2S/F3S 15 7.5 42.5 23.6±0.05 HD 23.5 67.3 注1:R D寸法は開側端位置、HD寸法は閉側端φ17H9( +0.0430   )深さ2 位置での最高感度位置になります。     実際の取付位置につきましては、スイッチ の作動状態を確認の上調整願います。 M5×0.8(閉ポート) 4-M3×0.5貫通 注2:F □Hは、ヘッド側端面よりスイッチリード線が出張ります。     出張りが問題になる場合は、F□V, F□S をご使用ください。 注3: 開閉ストロークが短いため、スイッチ1個 に対し開状態もしくは閉状態の片側のみ の検出になります。 4 7 M5×0.8(開ポート) 8.5 19 3 29 38 4 0 15.2 +2 .20.1 0 (開時) 4 00.1 0 +2.2 0 5 0.1 20.9 -0 .2 (開時) 5 08 0.1 5 0-0.05 11.2  0 -0 .7 (閉時) -0.05 14.9 0-0 .7 (閉時) 13 24 16 10 16 11.4 11±0.02 7.6±0.02 18 22 30.6 23
Page5

LSH Series 外形寸法図 外形寸法図(チューブ内径:φ20、φ25) ●LSH-20 35 ●スイッチ付 2×2-M5×0.8深さ10 2-M5×0.8 深さ8 RD 下穴4.3貫通 7.5±0.02 φ4H9(+ 0. 0300 )深さ4 2-M5×0.8 深さ10 HD 29 18 RD 30F2/3※ 20 9.5 52.8 27.6±0.05 HD 25 84.8 φ21H9( +0. 052 RD 31 0 )深さ3 F2S/F3S HD 26 M5×0.8(閉ポート) 4-M4×0.7貫通 注1: RD寸法は開側端位置、HD寸法は閉側端 位置での最高感度位置になります。     実際の取付位置につきましては、スイッチ の作動状態を確認の上調整願います。 注2:F □Hは、ヘッド側端面よりスイッチリード 5 9 線が出張ります。 M5×0.8(開ポート) 10    出 張りが問題になる場合は、F□V, F□S をご使用ください。 23 ●LSH-25 36.5 ●スイッチ付 RD 2-M6×1.0 深さ10 2×2-M6×1.0深さ12 10±0.02 下穴5.1貫通 φ4H9(+ 0.0300   )深さ4 2-M6×1.0 深さ12 HD RD 32 F2/3※ HD 25 30 22 RD 33 25 11 63.6 F2S/F3S33.6±0.05 HD 26 102.7 +0.052 注1: RD寸法は開側端位置、HD寸法は閉側端φ26H9( 0   )深さ3.5 位置での最高感度位置になります。    実 際の取付位置につきましては、スイッチ M5×0.8(閉ポート) の作動状態を確認の上調整願います。 4-M5×0.8貫通 注2: F□Hは、ヘッド側端面よりスイッチリード 線が出張ります。    出 張りが問題になる場合は、F□V, F□S をご使用ください。 6 12 9.7 M5×0.8(開ポート) 23.5 4 63 50 10 0 33.3 +2.2-0.1 -0 .2 (開時) 10 0-0.1 0 +2.2 0 12 0 8-0.1 26.3 -0 .2 (開時) 8-0.1 -0.05 19.3 0-0 .8 (閉時) 16.3 0-0 .7 (閉時) 10 0-0.05 20 36 22 30 18.6 15 21.8±0.02 16.8±0.02 40 32 52 42
Page6

LSH Series 把持力性能データ 供給圧力0.2〜0.7MPa時において爪の長さℓにおける 開方向、閉方向に使用する把持力を表わします。 ●開方向( ) ●閉方向( ) 閉方向 開方向 LSH-10 LSH-10 16 0.7MPa 14 0.6MPa 30 0.7MPa 12 0.5MPa 25 0.6MPa 把 10 把 持 0.4MPa 持 20 0.5MPa 力 8 力 ( ( 15 N 6 N 0.4MPa ) 0.3MPa4 ) 10 0.3MPa 0.2MPa 5 0.2MPa2 0 0 0 10 20 30 40 50 60 0 10 20 30 40 50 60 爪の長さ ℓ(mm) 爪の長さ ℓ(mm) LSH-16 50 0.7MPa 45 (注)選定時は8ページの設計・選定時の LSH-16 40 0.6MPa 70   注意事項を確認してください。 35 0.7MPa 把 0.5MPa 60 把 0.6MPa 持 30 0.4MPa 持 50 力 25 力 0.5MPa( ( 40 N 20 N ) 0.3MPa ) 30 0.4MPa 15 0.2MPa 20 0.3MPa10 10 0.2MPa5 0 0 0 10 20 30 40 50 60 0 10 20 30 40 50 60 爪の長さ ℓ(mm) 爪の長さ ℓ(mm) LSH-20 LSH-20 100 70 0.7MPa 60 800.7MPa 0.6MPa 把 50 0.6MPa 把 60 0.5MPa持 持 力 40 ( 0.5MPa 力 0.4MPa N 30 0.4MPa ( N 40 ) 0.3MPa ) 0.3MPa20 0.2MPa 20 0.2MPa 10 0 0 0 20 40 60 80 100 0 20 40 60 80 100 爪の長さ ℓ(mm) 爪の長さ ℓ(mm) LSH-25 LSH-25 100 160 P=0.7MPa 140 0.7MPa 80 0.6MPa 120 0.6MPa 把 60 0.5MPa 把100持 持 0.5MPa 力 力 80 ( 40 0.4MPa ( 0.4MPaN N 60 ) 0.3MPa ) 0.3MPa 20 400.2MPa 0.2MPa20 0 0 20 40 60 80 100 120 00 20 40 60 80 100 120 爪の長さ ℓ(mm) 爪の長さ ℓ(mm) 5 ℓ
Page7

LSH Series 子爪長さについて 子爪長さについて L字形状の子爪を取り付けた場合は、右図の範囲内でご使用ください。 閉方向 開方向 LSH-10 LSH-10 60 50 閉方向 0. 02 .2 50 M M L Pa 40 P0 a 0.6MPa,.3 040 M .3 0.7MPa 0 P. a 0.6MPa, 30 M 4 P 30 M 0.7MPa a P 00 a .4.5 20 M 0.5MPa 20 M PP aa 10 10 0 0 0 10 20 30 40 50 60 0 10 20 30 40 50 把持点 L( mm) L( mm) 開方向 LSH-16 LSH-1670 60 L 60 00. 50 .2 2 M 50 MP 0 P0 a .3 a.3M 0.6MPa, 40 M 40 P0 Pa 0.7MPa a 0.6MPa, . 04 30 .4 0.7MPa 30 0 M.5 P M a 0 PM . a 20 Pa 20 5MPa 10 10 0 0 把持点 0 10 20 30 40 50 60 0 10 20 30 40 50 60 L( mm) L( mm) LSH-20 LSH-20 100 100 0.2 80 MP 80 0 0 a 0.5MPa .2 0.7MPa . M3 Pa 60 0 M.4 Pa 0.6MPa 60 0.3 0.6MPaMPa 0.7MPa M 0. P 40 4 a 40 M0 P.5 aM 20 20 Pa 0 0 20 40 60 80 100 00 20 40 60 80 L( mm) L( mm) LSH-25 LSH-25 120 120 0. 100 2M 0.4MPa 0 P 100 .2 0 M.3 a 0.5MPa Pa 0.5MPa 80 M 0Pa 0.6MPa 80 .3M 0 Pa 0.6MPa 60 0.7MPa 60 .4MPa 0.7MPa 40 40 20 20 0 0 0 20 40 60 80 100 120 0 20 40 60 80 100 L( mm) L( mm) 6 H H H( mm) H( mm) H( mm) H( mm) H( mm) H( mm) H( mm) H( mm)
Page8

p7-10

本製品を安全にご使用いただくために ご使用になる前に必ずお読みください 当社製品を使用した装置を設計製作される場合には、装置の機械機構と空気圧制御回路または水制御回路と これらをコントロールする電気制御によって運転されるシステムの安全性が確保できる事をチェックして安全な 装置を製作する義務があります。 当社製品を安全にご使用いただくためには、製品の選定及び使用と取扱い、ならびに適切な保全管理が重要です。 装置の安全性確保のために、警告、注意事項を必ず守ってください。 なお、装置における安全性が確保できることをチェックして安全な装置を製作されるようにお願い申し上げます。 警告 1 本製品は、一般産業機械用装置・部品として設計、製造されたものです。 よって、取り扱いは充分な知識と経験を持った人が行ってください。 2 製品の仕様範囲内でのご使用を必ずお守りください。 製品固有の仕様外での使用は出来ません。また、製品の改造や追加工は絶対に行わないでください。 なお、本製品は一般産業機械用装置・部品での使用を適用範囲としておりますので、屋外(屋外仕様製品を除きま す)での使用、および次に示すような条件や環境で使用する場合には適用外とさせていただきます。 (ただし、ご採用に際し当社にご相談いただき、当社製品の仕様をご了解いただいた場合は適用となりますが、 万一故障があっても危険を回避する安全対策を講じてください。) ❶原子力・鉄道・航空・船舶・車両・医療機械、飲料・食品などに直接触れる機器や用途、娯楽機器・緊急遮断回路・ プレス機械・ブレーキ回路・安全対策用など、安全性が要求される用途への使用。 ❷人や財産に大きな影響が予想され、特に安全が要求される用途への使用。 3 装置設計・管理等に関わる安全性については、団体規格、法規等を必ずお守りください。 ISO4414、JISB8370(空気圧システム通則) JFPS2008(空気圧シリンダの選定及び使用の指針) 高圧ガス保安法、労働安全衛生法およびその他の安全規則、団体規格、法規など。 4 安全を確認するまでは、本製品の取り扱いおよび配管・機器の取り外しを絶対に行わないでくだ さい。 ❶機械 ・装置の点検や整備は、本製品が関わる全てのシステムにおいて安全であることを確認してから行ってください。 ❷運 転停止時も、高温部や充電部が存在する可能性がありますので、注意して行ってください。 ❸機器の点検や整備については、エネルギー源である供給空気や供給水、該当する設備の電源を遮断し、システム 内の圧縮空気は排気し、水漏れ・漏電に注意して行ってください。 ❹空気圧機器を使用した機械・装置を起動または再起動する場合、飛び出し防止処置等システムの安全が確保されて いるか確認し、注意して行ってください。 5 事故防止のために必ず、次頁以降の警告及び注意事項をお守りください。 ■ここに示した注意事項では、安全注意事項のランクを「危険「」警告」「注意」として区別してあります。 危険: 取扱いを誤った場合に、死亡または重傷を負う危険な状態が生じることが想定され、かつ (DANGER)危険発生時の緊急性(切迫の度合い)が高い限定的な場合。 警告: 取扱いを誤った場合に、死亡または重傷を負う危険な状態が生じることが想定される場合。 (WARNING) 注意: 取扱いを誤った場合に、軽傷を負うかまたは物的損害のみが発生する危険な状態が生じる (CAUTION)ことが想定される場合。 なお「注意」に記載した事項でも、状況によっては重大な結果に結び付く可能性があります。 いずれも重要な内容を記載していますので必ず守ってください。 ご注文に際しての注意事項 1 保証期間 当社製品の保証期間は、貴社のご指定場所への納入後1年間といたします。 2 保証範囲 上記保証期間中に明らかに当社の責任と認められる故障を生じた場合、本製品の代替品または必要な交換部品の 無償提供、または当社工場での修理を無償で行わせていただきます。 ただし、次の項目に該当する場合は、この保証の対象範囲から除外させていただきます。 ①カタログまたは仕様書に記載されている以外の条件・環境での取扱いならびにご使用の場合 ②故障の原因が本製品以外の事由による場合 ③製品本来の使い方以外の使用による場合 ④当社が関わっていない改造または修理が原因の場合 ⑤納入当時に実用化されていた技術では予見できない事由に起因する場合 ⑥天災、災害など当社の責でない原因による場合 なお、ここでいう保証は、納入品単体に関するものであり、納入品の不具合により誘発される損害については 除外させていただきます。 3 適合性の確認 お客様が使用されるシステム、機械、装置への当社製品の適合性は、お客様自身の責任でご確認ください。 7
Page9

空気圧機器 本製品を安全にご使用いただくために ご使用になる前に必ずお読みください。 シリンダ一般、シリンダスイッチについては空圧シリンダ総合(CB-029S)をご確認ください。 個別注意事項:リニアスライドハンド LSHシリーズ 設計・選定時 1. 共通 使用環境 切削、鋳物、溶接工場などでは切削液、切り粉、粉塵等の 警告 異物が進入する恐れがあります。カバーなどでこれらをできるだけ防いでください。 移動するワークが人体に危険を及ぼす恐れのある また下記環境での使用はおやめください。 場合やマスタージョウ部に指を挟む危険のある場 切 削液がかかる(液中の研磨剤または研磨カスによって 合には、保護カバーを取付けるなどの安全対策を 摺動部が削られるため) 行ってください。 有 機溶剤、薬品、酸、アルカリ、灯油等が雰囲気中に含まれる場合 水がかかる 停電やエアー源のトラブルで回路圧力が低下する と、把持力が減少しワークが落下する恐れが生じ 長尺物や大物ワークをつかむ場合に、安定した把 ます。人体や機械装置に傷害や損傷を与えないよ 持をする為には重心をつかむことが前提条件です うに落下防止などの対策を施してください。 が、サイズアップや複数個の使用で安定させるこ とも必要です。 注意 × △ ○ ◎ 把持力についての注意事項 把 持力は下図に示すようにワークを把持するときの力を 表します。 子 爪の長さは各機種の把持力性能データ表内の数値以内 で使用してください。 爪 の長さの使用最大長さは性能データ以内で使用してく WL WL WL WL ださい。 ワーク(質量WL)を搬送する場合、下記を基準としてください。 WL×9.8×5<(F×N)[持つのみ] WL×9.8×10<(F×N)[通常の搬送] ワーク質量に対して、把持力は余裕を持たせた機 WL×9.8×20<(F×N)[急加速の搬送] 種を選定してください。 WL:ワーク質量[kg] F:把持力[N] ワ ークの大きさに対して、開閉幅は余裕を持たせ N:爪の本数[本] た機種を選定してください。 小 爪は、出来るだけ軽量で短いものをご使用くだ ハンドでワークを直接治具へ挿入する場合、逃げ さい。 を考えて設計してください。ハンドを破損する場 長く重いと、開閉時の慣性力が大となり、マス 合もあります。 タージョウにガタが発生したり、マスタージョウ 摺動部の摩耗が早くなり寿命に悪影響を与える可 能性があります。 小爪の長さは性能データの数値以内にしてください。 小 爪の質量が寿命に影響しますので、下記以下にしてく ださい。 W<1/4H(1個分)W:小爪の質量  H:ハンドの製品質量 把 爪の最大長さ 持 力 爪の長さ(ℓ) L字形状の爪を取り付けた場合は6ページの範囲で ご使用ください。 8
Page10

LSH Series ハンド 小爪の剛性が足りない場合、たわみによってマス ハネ出しによる治具への押付 タージョウがこじり、動作に悪影響を与える場合 ハンド があります。 ス ピードコントローラ(別売)にてチャック開閉 速度を調整してください。 高速で使用した場合、ガタ発生が早くなる場合が あります。 押込シリンダを用いる場合 ハンド 押込シリンダ ハンド ミニ スライドメカ ストッパ 注)ワ ークは小爪の上をすべらせる為、チャックの寿命を著しく低下する 恐れがあります。小爪の形状に十分の配慮が必要です。 取付・据付・調整時 1. 共通 シリンダスイッチの近くに鉄板等の磁性体がある場合 シリンダスイッチの誤作動の原因となりますのでシリ 注意 ンダ表面から10㎜以上距離をとってください。 ワークの脱着や搬送中に爪に負荷が掛からないよ 10mm以上 うにしてください。マスタージョウのリニアガイ ド転動面に傷やへこみが発生し、作動不良になる 場合があります。 ハンド シ リンダが隣接する場合シリンダスイッチの誤作動の 原因となりますのでシリンダ表面から下記距離をとっ てください。 10mm 以上 10mm 以上 10mm 以上 10mm 以上 ワーク 負荷NG クランプ動作は、できるだけソフトで低速で行う事によ り、正確になります。又、繰り返し精度も安定します。 負荷NG マスタージョウの摺動部には、定期的にグリースを補 充してください。定期的に補充することにより、寿命 を更に伸ばすことができます。 9
Page11

LSH Series 個別注意事項 爪取付方法 ●正面取付け マスタージョウの爪取付は、ハンド本体への影響を考慮し て、マスタージョウがこじれないように、スパナ等で支え て締め付けてください。 項目 使用ボルト 締付トルク(N・m) 最大ねじ込み深さL(mm) LSH-10 M3×0.5 0.69 5 LSH-16 M4×0.7 2.1 8 LSH-20 M5×0.8 4.3 10 LSH-25 M6×1.0 7.3 12 ●側面取付け 本体に負荷をかけないようにしてください 締め付け 項目 使用ボルト 締付トルク(N・m) LSH-10 M2.5×0.45 0.32 LSH-16 M3×0.5 0.59 LSH-20 M4×0.7 1.4 項目 使用ボルト 締付トルク(N・m) 最大ねじ込み深さL(mm) LSH-25 M5×0.8 2.8 LSH-10 M3×0.5 0.88 6 LSH-16 M4×0.7 1.6 4.5 2. 据付時 LSH-20 M5×0.8 3.3 8LSH-25 M6×1.0 5.9 10 ボ ディ取付面及びマスタージョウには、平面度、直角度を 阻害する様な打痕・キズを付けない様にしてください。 ●貫通穴使用 本 体取付に関しては以下の項をご参照ください。 ●上面取付け 項目 使用ボルト 締付トルク(N・m) LSH-10 M2.5×0.45 0.32 LSH-16 M3×0.5 0.88 LSH-20 M4×0.7 2.1 LSH-25 M5×0.8 4.3 注)スイッチ付の場合、通し穴使用は不可となります。 項目 使用ボルト 締付トルク(N・m) 最大ねじ込み深さL(mm) お客様でご使用されます本体固定および子爪固定 LSH-10 M3×0.5 0.88 6 用のねじ以外は、増し締めや分解は行わないでく LSH-16 M4×0.7 2.1 8 ださい。作動不良になる場合があります。 LSH-20 M5×0.8 4.3 10 LSH-25 M6×1.0 7.3 12 使用・メンテナンス時 注意 繰り返し精度 ここでの繰り返し精度とは、同一条件(ハンド固定、同一 基準位置 ワーク使用等下記参照)におけるクランプ・アンクランプ を繰り返した場合のワーク位置ずれを表します。 Y 条件 ・ワーク寸法、形状、重さ ・ワークの受渡し位置 ・クランプ方法、長さ X ・ワークとワーク受け面の抵抗 ・把持力(エアー圧力)の変動 等 Y X ●:基準位置 10
Page12

h4

(器)和中モ非該(15.5.31)H-23.ai 関連商品 リニアスライドシリンダ LCWシリーズ カタログNo.CC-1132 ■お客様がよくお使いのスペックを標準装備 口径(φ12、16、20)、ストローク(30、50、75)は3つに集約。 ストローク調整機能を標準装備 ■LCRのDNAを継承し、高剛性、軽量を可能に ■3面取付 斬新なL型テーブルを採用し、設計の自由度が大幅に向上 ■配管、配線方向が同一面 配線、配管もすっきりし、作業性、視認性が向上 ■小形、省スペース 軸方向27%、面積比20%削減 リニアスライドシリンダ LCRシリーズ カタログNo.CB-029S ■アルミテーブル採用により最大で従来比10%軽量化 ■リニアガイドとスライドテーブルの高剛性化により、  剛性アップを実現 ■ストッパの左右対称形、多面配管、位置決め穴装備など、 設計の自由度アップ 電動アクチュエータ ERL2・ESD2シリーズ カタログNo.CC-1219 ■位置決め点数 従来の「7点位置決め」に、汎用性の高い「63点位置決め」を追加 ■簡単設定ツール ティーチングペンダント(ETP2)に加え、簡単パソコン設定ソフト(E― Tools)を追加 ■完全互換化 アクチュエータ、コントローラが組合せを選ばない「完全互換」 アブソデックス 小型タイプ AX6000Mシリーズ カタログNo.CC-1148 ■省スペース 業界最小の外形寸法に加え、同心円形状(回転軸と固定軸が同じ)のた め、スペースのムダを省いたコンパクトな装置設計が可能 ■フレキシブル プログラム作成機能が豊富なため、思いどおりの動作を実現 さらに、ポイント指定プログラムの自動作成など、簡易な動作設定にも 対応 ■高信頼性&メンテナンスフリー ダイレクトドライブ方式(ギヤレス)のため、過負荷時のギヤの破損やギ ヤ部の磨耗による精度変化を心配する必要がない安定した動作 本製品及び関連技術を輸出される場合は、兵器・武器関連用途に使用されるおそれのないよう、ご留意ください。 If the goods and their replicas, or the technology and software in this catalog are to be exported, laws require the exporter to make sure they will never be used for the development or the manufacture of weapons for mass destruction. 本社・工場 〒485-8551 愛知県小牧市応時2-250 TEL(0568)77-1111 FAX(0568)77-1123 営業本部 〒485-8551 愛知県小牧市応時2-250 TEL(0568)74-1303 FAX(0568)77-3410 Overseas Sales Administration Dept. 2-250 Ouji Komaki, Aichi 485-8551, Japan TEL(0568)74-1338 FAX(0568)77-3461 <Website> 東京支店 〒105-0013 東京都港区浜松町1-31-1(文化放送メディアプラス4階) TEL(03)5402-3620 FAX(03)5402-0120 http://www.ckd.co.jp/ 名古屋支店 〒485-8551 愛知県小牧市応時2-250 TEL(0568)74-1356 FAX(0568)75-1692 大阪支店 〒550-0001 大阪市西区土佐堀1-3-20 TEL(06)6459-5770 FAX(06)6446-1945 ●このカタログに掲載の仕様および外観を、改善のため予告なく変更することがあります。 ●Specifications are subject to change without notice. フリーダイヤル   0120-771060お客様技術相談窓口 受付時間 9:00~12:00/13:00~17:00 ○C CKD Corporation 2015 All copy rights reserved. (土日、休日除く) 2015.6.CCC