1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(527Kb)

ロボットと自動車の融合 1/10サイズロボットカー RoboCar(R) 1/10

製品カタログ

センサー&「走る・曲がる・止まる」の機能にAPIで簡単アクセス! 省スペースで手軽に実験可能なプラットフォーム

遠隔操縦技術・自動運転技術の開発に
センシングの評価、次世代モビリティの実験に
車車間や車路間通信の技術検証に
クルマとITを連携させたサービスやアプリケーションの実験に

【特徴】
◆実車の1/10スケールにより室内で実験が可能
◆カメラ、赤外線センサ、レーザレンジセンサ(オプション)を搭載
◆開発環境を用いてお客様が独自にアプリを開発することが可能
◆通信回線を利用し、遠隔モニタや遠隔操縦が可能

◆詳細は、カタログをダウンロードしてご覧ください。

このカタログについて

ドキュメント名 ロボットと自動車の融合 1/10サイズロボットカー RoboCar(R) 1/10
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 527Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社ZMP (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

RoboCar MiniVan ロボカー・ミニバン
製品カタログ

株式会社ZMP

RoboCar 1/10 2016
製品カタログ

株式会社ZMP

このカタログの内容

Page1

ロボットと自動車の融合 1/10サイズ ロボットカー R o b o C a r ® 1 / 1 0 ロ ボ カ ー ・ 1 / 1 0 h t t p : //www . zmp . c o . j p / p r o d uc t s/ r o b o ca r -110 センサー&「走る・曲がる・止まる」の機能にAPIで簡単アクセス! 省スペースで手軽に実験可能なプラットフォーム 遠隔操縦技術・自動運転技術の開発に 外部制御可能 センシングの評価、次世代モビリティの実験に 加減速システム 車車間や車路間通信の技術検証に 1/10 コントローラ クルマとITを連携させたサービスやアプリケーションの実験に 外部制御可能 操舵システム ※写真はレーザレンジセンサ(オプション)搭載時 特徴 • 実車の1/10スケールにより室内で実験が可能 • カメラ、赤外線センサ、レーザレンジセンサ(オプション)を搭載 • 開発環境を用いてお客様が独自にアプリを開発することが可能 • 通信回線を利用し、遠隔モニタや遠隔操縦が可能 詳細 車両 センサ構成 RCカーの筐体をベースとし、取り扱い容易なサイズ(149×429×150[mm]) センサ 外界センサとして、単眼カメラ(×1)、赤外線センサ(×8)、 レーザレンジ センサ(最大×2)を搭載、車両周囲のセンシングに利用可能。 また、加速度・ジャイロセンサ、エンコーダ(車輪×4、モータ×1、 ステアリング×1)を搭載、車両の挙動や走行距離の把握が可能です。 開発環境 開発環境として各種センサ情報の取得、速度・操舵角制御、 通信などのライブラリを用意、これらのライブラリを用いて、 お客様が自由にアプリケーションを開発することが可能です。 ・コンソール、マウス・キーボードを車両本体に直接接続し、 GUIでのオンボード開発が可能。 ・ディスク容量をSSD 64GBに増強。 実験時の画像データ等の蓄積が容易に ・汎用的な開発環境(Linux(Ubuntu), C++, OpenCV)に 接続イメージ(例) 対応し開発効率の向上をサポート。 ・開発時はAC電源、走行時はバッテリ利用と システムを起動したまま電源の切替が可能。 ・最新WiFi(802.11ac)に対応。実験時の通信環境の制約を低減。 サンプルアプリケーション(例) ・ステアリング&駆動用モーター制御 ・各種センサ値&カメラ画像取得 ・白線検出&障害物回避プログラム ・無線LANを介したデータ通信 ・遠隔操作 など
Page2

遠隔操作パッケージ MATLABコネクション (オプション) RoboCar 1/10をベースに、専用PC・Wi-Fiルーター・ステアリング MATLAB/SimulinkプログラムからRoboCar 1/10を制御することで コントローラーをセットにし、完全無人(レベル4)で必要機能とされる MATLAB/Simulink上での経路設計やシミュレーション確認及び実機との比 遠隔操作技術を備え、購入後に無線環境下ですぐに研究開発が 較が可能となります。 行える製品です。 例えば自動駐車や車線変更、障害物回避などの自動走行の研究開発の場 車両に、外界センサとして単眼カメラ、赤外線センサ、レーザレンジ 合、目標の位置と向きに従って最適(ハンドル操作がスムーズかつ横Gの少 センサを搭載しており、加速度・ジャイロセンサ、エンコーダにより ない)な経路を算出し、車両二輪モデルを用いてMATLAB/Simulinkにより操 車両の挙動や走行距離の把握が可能です。 舵角の推定を行います。 また、自動運転開発のための各種センサ情報の取得、速度・操舵 この操舵角に基づきMATLAB/Simulink上でのシミュレーションを行うことが 角制御、通信などのライブラリを用意。これらのライブラリを用いて でき、計画した経路とシミュレーション結果との比較や、その差異に基づく経 お客様が自由にアプリケーションを開発することが可能です。 路制御が可能となります。同じMATLAB/Simulinkプログラムにより RoboCar 1/10の実機の動作が可能なため、シミュレーションおよび 実環境でのセンサデータを用いた 実験を効率的に行うことが可能と なります。 WiFi接続 ▼Simulinkモデル ▲センサ値イメージ 遠隔操作パッケージ システム構成イメージ 製品仕様 分類 項目 仕様 本体 サイズ・重量 190×429×150[mm]、2.2[kg](バッテリ、オプションを除く) 最大積載重量 約1.0[kg] 最小回転半径 約500[mm] 最高速度 約10[km/h] シャシー・フレーム カーボンFRPシャシー、ダブルウィッシュボーンサスペンション、ZMP製アルミフレーム モータ 駆動用:小型DCモータ/ステアリング用:ロボット用サーボモータ バッテリ 制御部用バッテリ(オプション):単三ニッケル水素電池(×12) 駆動部用バッテリ:ニッケル水素バッテリパック(7.2[V]、×1) 外界センサ 単眼USBカメラ×1:640×480[pix]、30[fps]、128[deg] 赤外線測距センサ×8:検知距離100~800[mm] レーザレンジセンサ(オプション、前後2ヵ所搭載可):検知距離60~4000[mm]、-120~120[deg] 内界センサ ジャイロ(1軸)、加速度(3軸)、ロータリエンコーダ(車輪×4、モータ×1、ステアリング×1) CPU Intel Celeron Quad Core 1.83[GHz] WIFI IEEE802.11b/g/n/ac WEP/WPA 本体側ソフトウェア OS Linux (Ubuntu 14.04+リアルタイムパッチ) サンプルプログラム 開発言語:C++/機能:車両制御、センサ情報取得、LAN通信、LRFによる障害物回避、データ保存、遠隔操作インタフェース PC側ソフトウェア 動作環境 Windows 7/8/8.1/10(開発環境:Visual Studio 2010以降C#、Express可) 価格 RoboCar 1/10 : 一般 80万円(税別) / アカデミック 68万円(税別) RoboCar 1/10 前後レーザレンジセンサセット : 一般 104万円(税別) / アカデミック 92万円(税別) RoboCar 1/10 遠隔操作パッケージ : 一般 133万円(税別) / アカデミック 121万円(税別) RoboCar 1/10 MATLABコネクション : 一般 ・ アカデミック 20万円(税別) ※その他カスタマイズやオプションについては別途ご相談下さい。 3D CAD Sponsor from 2001 株式会社ZMP www.zmp.co.jp 18A 〒112-0002 東京都文京区小石川5-41-10 住友不動産小石川ビル TEL : 03-5844-6210 (営業直通) FAX 03-5802-6908 Mail info@zmp.co.jp ※製品の画像、仕様は予告なく変更される場合がございます。「RoboCar」「ロボカー」は株式会社ゼットエムピーの登録商標です。