1/7ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.2Mb)

【高校生でもわかる分散ハンドブック第2版】分散って何?どんなところで使われているの? 身近にあるけど、あまり知られていない分散技術を わかりやすく解説!

ハンドブック

聞きなれない分散というキーワードを、初心者にもわかりやすいように実例を挙げながらレクチャーします。高校生から社会人まで化学品(特にインキ・塗料・トナーなどの着色品)を扱う方の入門として作成しました。

なぜ色ムラが出るのか?なぜ光沢が出ないのか?
これらの課題が分散技術によってどう解決できるかを
化学的,物理的な手法をもとに解説しています。

このカタログについて

ドキュメント名 【高校生でもわかる分散ハンドブック第2版】分散って何?どんなところで使われているの? 身近にあるけど、あまり知られていない分散技術を わかりやすく解説!
ドキュメント種別 ハンドブック
ファイルサイズ 1.2Mb
取り扱い企業 大成化工株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

高校生でもわかる 分散ハンドブック 第2版 TAISEI CHEMICAL INDUSTRIES CO., LTD.
Page2

分散とは? 溶けない物質を目に見えないほどの小さな粒子にして、別の物質の中に均一に散らばせる ことを分散といいます。 大成化工の事業の核となる顔料分散では、顔料という溶けない着色原料をポリエステルな どの樹脂に分散させるために、顔料粒子を細かくして、着色したい樹脂に混ざりやすくし ます。 普段よく目にする炊飯器です。私達の目には白色に見えますが拡大すると白色の粒子が樹 脂に分散しています。 分散された顔料はどのような場面に使われているのでしょうか 私たちの生活の中には、さまざまな色に満ちあふれています。 布や紙、金属やプラスチックなどで既に着色されている物や、絵の具やぺンキ、印刷用の インクやコピー機のトナーなど、色を付けるための物など数も種類も豊富にあります。 顔料とは、物に色を付けるための材料の1つなのです。 TAISEI CHEMICAL INDUSTRIES CO., LTD.
Page3

顔料粒子の分散とは? 例えば、光沢のあるお菓子のパッケージには、アルミ箔の上に赤や黄色のインキが載せら れています。 赤のインキには赤色の顔料、黄色のインキには黄色の顔料が「分散」されています。 顔料粒子が均一に「分散」されていないと、色むらが出たり、顔料粒子が大きすぎると、 アルミ箔の光が透過せずに光沢がなくなったりします。 色むらや透過性には、顔料粒子の大きさも関わっています。 インキの中に散らばっている顔料粒子は大きさが均一でないと、その色調に色むらが出て しまいますし、顔料粒子の大きさが細かければ細かいほど透過性が増します。 紙に色を付ける場合 顔料粒子の大きさが均一でないと、インキの表面がデコボコしてしまい、色むらが出てし まいます。 すべての粒子が同じ大きさになると、インキの表面が均一になり、色むらが少なくなりま す。 このように大きな粒子を小さくし、大きさを揃え、均一に「分散」させることが綺麗な色 をつくるための課題の1つになります。顔料粒子を「分散」させた物を顔料分散体といい ます。 TAISEI CHEMICAL INDUSTRIES CO., LTD.
Page4

顔料粒子の凝集原因は? 顔料粒子は、一粒一粒がバラバラになっていないことがほとんどです。これは、顔料の合 成過程で混じった不純物が残留し、粒子どうしを凝集しているからです。 顔料粒子をバラバラにする 凝集した顔料粒子をバラバラにするには、まず大きな力を粒子に加える方法があります。 機械的な剪断力(せんだんりょく)で、粒子の結び付きを擦り剥がすように作用させ、顔 料粒子と不純物を分離します。 顔料粒子がバラバラになると、着色媒体に混ざりやすくなります。 凝集している顔料粒子から不純物を取り除くと、粒子どうしをバラバラにしやすくなりま す。バラバラになると、粒子を小さく、均一にすることが容易になります。 TAISEI CHEMICAL INDUSTRIES CO., LTD.
Page5

液状分散方式 液状分散方式では、「顔料と樹脂と溶媒の混合物」または「固形分散体」を溶媒で液状にし、 さらに微細な分散を行うことが可能です。一般的な塗料の分野から電子材料、化粧品など 幅広い分野に向けた分散体の作成が可能です。 液状分散機の中では、支柱を軸に円盤が高速で回転し、分散機内のメディア(ガラス、ジ ルコニアビーズなど)を高速撹拌します。 液状の原料は高速回転している液状分散機内に入り、メディアの間を通っていくことにな ります。 メディアとメディア、メディアと分散機の壁の間で顔料の微粒子が衝突を繰り返すことで、 さらに「分散」が進みます。 TAISEI CHEMICAL INDUSTRIES CO., LTD.
Page6

分散技術を用いた製品について 大成化工は 90 年にわたる経験と実績に基づき、アクリル樹脂を代表とする機能性材料や、 多彩な生産技術を屈指して、さまざまな分野でお客様から求められる分散・加工中間体を 提供しています。 熱転写インク向け分散体 インクジェットインク向け分散体 プラスチック用スプレー原液 化粧品関連分散体 *写真はイメージです。 TAISEI CHEMICAL INDUSTRIES CO., LTD.
Page7

このたびは、 『高校生でもわかる分散ハンドブック 第 2 版』を ダウンロードいただき、ありがとうございました。 貴殿のお仕事で何かしらお役にたてれば幸いです。 ご不明な点等ございましたら、下記までご連絡をいただけますよう お願い申し上げます。 【発行元】 会社名 大成化工株式会社 事業内容 特殊機能性コーティング剤・顔料分散体の開発、製造、販売 所在地 〒2860825 千葉県成田市新泉 12 地図 成田工場 連絡先 TEL: 0476-36-2241/ FAX: 0476-36-1565 E-Mail: info@taisei-kako.co.jp TAISEI CHEMICAL INDUSTRIES CO., LTD.