1/27ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(3.3Mb)

ミニスライド MSQスケール

製品カタログ

エンコーダ内蔵型ミニチュアスライド

超低摩擦型ミニチュアスライドにエンコーダを内蔵した一体型製品。この製品で直動案内と位置測定が可能なため、容易にクローズトループフィードバックシステムの構築ができます。位置測定のためのリニアスケールを別途設ける必要がないため、設置スペースの削減ができ、装置全体の小型化が可能です。部品管理も容易になるため、お客様の総所有コスト削減に貢献できます。

このカタログについて

ドキュメント名 ミニスライド MSQスケール
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 3.3Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 日本シュネーベルガー株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

3Dプリンターメーカー向け高性能直動案内機構
ホワイトペーパー

日本シュネーベルガー株式会社

精密位置決めステージ
製品カタログ

日本シュネーベルガー株式会社

グラナイト機材の工作機械用ベース材 ミネラルキャスト
製品カタログ

日本シュネーベルガー株式会社

このカタログの内容

Page1

ミニスライド MSQスケール エンコーダ内蔵システム ミニスライドMSQ エンコーダ内蔵型超低摩擦テーブル 製品カタログ 2019
Page2

最新版の製品カタログ 最新版の製品カタログは弊社webサイト内のダウンロードエリアにあります。 免責事項 この出版物は細心の注意を払って編集されており、すべての情報の正確性が確認されていま す。 ただし、不正確または不完全な情報については責任を負いかねます。 製品の機能強 化の結果として、情報および技術データを変更する権利を留保します。 一部であっても、当 C100493 社の書面による同意なしに、転載または複製することは許可されていません。
Page3

目次 ページ 1 ミニスライド MSQスケール 製品概要 4 1.1 技術データ 6 2 ミニスライド MSQスケール 製品特性 7 2.1 高速、高加速度 7 2.2 ケージコントロールによるプロセスでの高い信頼性 7 2.3 最大剛性と負荷容量 8 2.4 基準面と取付け面 8 2.5 取付け面に対する走行精度と平行度 8 2.6 高さに対する公差 9 2.7 摺動抵抗と与圧 9 2.8 摩擦と滑らかさ 9 3 ミニスライド MSQスケール 動作と構成 10 3.1 リニアスケールと光学式センサー 10 3.2 インターフェースモジュール 12 3.3 潤滑剤 15 4 オプション 16 4.1 インターフェースモジュール 16 4.2 デジタルインターフェースモジュールの分解能 16 4.3 高さ調整 (HA) 16 4.4 お客様指定潤滑剤 (KB) 16 4.5 直線性について 16 5 付属品 17 5.1 ケーブル延長 17 5.2 ミニスライド MSQスケール カウンタと位置表示器 18 6 寸法一覧、許容荷重、重量、モーメント荷重 19 6.1 MSQS 7 19 6.2 MSQS 9 20 6.3 MSQS 12 21 6.4 MSQS 15 22 7 負荷容量と寿命 23 7.1 原理 23 7.2 DIN ISO規格に準拠した寿命 Lの計算 24 8 ご発注時の情報 26 3 目次
Page4

1 ミニスライド MSQスケール 製品概要 ミニスライド MSQスケールの製品ラインナップ 要求の厳しいアプリケーションでは特別なリニアガイドウェイが必要です。この並外れた革 新は、高度な統合デザインにより、リニアガイドウェイの機能とエンコーダ機能を組み合わせ ています。ミニスライド MSQスケールは、コンパクトなアプリケーションでの使用を可能とし、 組立てと設置面積を大幅に簡素化します。 したがって、ミニスライド MSQスケールは、厳し い技術要件を満たし、経済的にも非常に優れたソリューションです。 ミニスライド MSQスケールは、当社のミニスライド MSQリニアガイドウェイに基づいています。 ミニスライド MSQは、要求が非常に厳しいアプリケーション向けの最新世代のミニチュアリ ニアガイドウェイを具現化しています。製品は非常に堅牢であり、低摩擦で正確な動きを必要 とするあらゆるアプリケーションで使用されます。 リニアガイドウェイには、高精度の光学式インクリメンタル方式を採用しています。リニアスケ ールとセンサーはリニアガイドウェイとして完全に統合されています。 ミニスライド MSQスケールシリーズには、7、9、12、15のサイズがあり、移動ストロークは20 〜102 mmです。 4
Page5

1 ミニスライド MSQスケール製品概要 ミニスライド MSQスケール 高度に統合されたコンパクトなデザイン • センサーは密閉された形でキャリッジに内蔵 • リニアスケールはガイドレール上に直接形成 最小の設計が可能 • リニアスケールとして余分なスペースが不要 • よりコンパクトな設計を実現 迅速で簡単な組付け • MSQスケールは組付け可能な状態で出荷 • 追加のコンポーネントや特別な取付けは不要(例:リニアスケール取付け時のような) • 読み取りヘッドの個別調整が不要 • リニアスケールの取付けや調整が不要 • 転動体の脈動が少ない非常にスムーズな走行 高い精度 • リニアスケールの計測位置が走行軸と同じです。これにより、微動と動的運動の制御 を簡素化 • ロータリーエンコーダを備えたボールねじと比較して、ヒステリシスや位置決め誤差 が無い • 計測が走行軸で行われるため、アッベ誤差が減少 • 高い再現性 • 単一アッセンブリのため、振動と衝撃に強い 高レベルの信頼性と長寿命 • MSQスケールは高い実績のあるミニスライド MSQとミニスケールプラスの設計に基づ いています。 5 システム構成および基本構造
Page6

1 ミニスライド MSQスケール製品概要 1.1 技術データ 最大加速度 300 m/s2 最大速度 3 m/s 予圧 ゼロバックラッシュ 精度 Chapter 2.5を参照の事 使用環境: 使用環境温度 (1) -40 °C to +80 °C (-40 °F to +176 °F) 使用環境湿度 10 % – 70 % (結露なきこと) 真空度 (2) 高真空 (10-7 mbar) クリーンルームクラス クリーンルームクラス ISO 7 and ISO 6 (ISO 14644-1に準ずる) 材料: ガイドウェイ, キャリッジ、ボール ステンレス鋼, 総焼入れ ケージとピニオン PEEK エンドピース PEEK 分解能 TTL出力 0.1 μm (3) (オプション: 1 μm / 10 μm) 絶対精度 (4) +/- 3 μm (4) 単方向 +/- 0.1 μm繰り返し再現性 ((分解能 0,1 μm) 双方向l +/- 0.2 μm スケールピッチ 100 μm リニアスケール 線膨張係数 11.7 x 10-6 K-1 電源電圧 5 V DC +/- 5 % 消費電力 60 mA (アナログ) / 70 mA (デジタル) アナログ: 1 Vss 出力信号 デジタル: TTL RS 422 準拠 アナログ: sin/cos 差動、リファレンス信号 信号形式 デジタル: 差動, A, B, R相 内挿デジタル信号 リファレンス信号はインクリメンタル信号と同期 (1) 標準の潤滑剤は使用環境温度-20°C~+80°Cに対応しています。その他の環境温度に関 してはご要求応じてご提案致します。(4.4項を参照のこと). (2) 真空への適合性は、使用する材料によって異なります。MSQスケールを真空中で使用す るためには、固定ネジとフロントプレートを取り外す必要があります。センサー付属品に ついても使用制限が生じます。また、真空環境に対応した潤滑剤も必要となり、当社か らオプションとして提供することができます。真空中での使用をご検討されている際は 弊社までお問い合わせ下さい。 (3) 高分解能での高い信号周波数と高い速度に注意してください。 (4) 温度は20°C (68°F)が適用されます。 6
Page7

2 ミニスライド MSQスケール 製品特性 7, 9, 12 and 15 mmのレール幅があり、タイプに応じて4つまたは5つの異なる長さとストロ ークが選べます。 サイズ MSQS 7-30.20 MSQS 7-40.28 MSQS 7-50.36 MSQS 7-60.50 MSQS 7-70.58 システム長さ(mm) 30 40 50 60 70 最大ストローク(mm) 20 28 36 50 58 MSQスケール 9 MSQS 9-40.34 MSQS 9-50.42 MSQS 9-60.50 MSQS 9-70.58 MSQS 9-80.66 システム長さ(mm) 40 50 60 70 80 最大ストローク(mm) 34 42 50 58 66 MSQスケール 12 MSQS 12-50.45 MSQS 12-60.48 MSQS 12-80.63 MSQS 12-100.70 システム長さ(mm) 50 60 80 100 最大ストローク(mm) 45 48 63 70 MSQスケール 15 MSQS 15-70.66 MSQS 15-90.70 MSQS 15-110.96 MSQS 15-130.102 システム長さ(mm) 70 90 110 130 最大ストローク(mm) 66 70 96 102 2.1 高速、高加速度 高加速度が要求されるアプリケーションでは十分に考えられたソリューションが必要で す。ケージコントロール機能を備えたミニスライド MSQスケールのユニークな設計は、 最先端の駆動技術で要求される仕様を満たし、最大3 m/sの速度と最大300 m/s2の加 速度に対応できます。 2.2 ケージコントロールによるプロセスでの高い信頼性 ケージコントロールのないアプリケーションでは、ケージはリニアガイドウェイの縦軸方法の 沿って自由に移動してしまいます。通常、ケージは不均一な重量配分や高加速、垂直方向で の設置または温度変化などにより中心位置から移動してしまいます。このケージクリープを 解消するため、ストロークや駆動エネルギーを犠牲にして定期的にケージを中心位置に戻す B 必要があるため、全てのアプリケーションの効率を低下させてしまいます。 ミニスライド MSQスケールには、ケージクリープ現象を排除するための、高度設計された堅 A 牢なケージコントロールシステムが装備されています。ケージコントロールのためのギアラッ クとピニオンはキャリッジとガイドレールに直接組み込まれており、ケージとピニオンは高品 ミニスライドMSQスケールの堅牢なケージコントロール 質の樹脂材料で作られています。 A キャリッジとガイドレール上のギアラック B ピニオン付きケージ コンパクト堅牢な設計と最小限の統合型コンポーネントにより、あらゆる用途で最高の剛性 が得られます。 ストロークは機械的に制限されケージコントロールメカニズムを保護し、設置と保守を容易 にします。(この機能をメカストッパーとして使用しないでください。) 7 ミニスライド MSQスケール製品特性
Page8

2 ミニスライド MSQスケール 製品特性 2.3 最大剛性と負荷容量 ミニスライドMSQには、円弧プロファイルを持つ4つのレールトラックがあります。それらがO形 に配置されていることにより、大きな内部空間が確保されます。90度オフセットされたレール トラックとの組合せにより、全ての方向から高いレベルで均等に力を分散し、モーメント剛性 を実現しています。 ミニスライドには、ゼロバックラッシュとなるよう予圧が掛けられています。多数の転動体と の組合せにより、高いレベルでのシステム剛性と高い精度が得られます。 O 形状に4つの円弧プロファイルとラックレールが配 置されたミニスライド MSQスケール 2.4 基準面と取付け面 キャリッジとガイドレールの位置決めと取付け面は、次のように指定されています。キャリッ ジの基準面は社名ロゴまたは型式が印字されている面の反対側、ガイドレールは両面を基 準面として使用できます。 Cキャリッジの位置決め面とガイ ドレールの位置決め面 2.5 取付け面に対する走行精度と平行度 ストローク内での真直度の公差は、ガイドウェイの長さに依存します。以下の表に対応す る最大値を示します。数値は無負荷状態で平面上を走行した値です。 システム長さ L ストローク内での真直度 (水平および垂直面) 30 mm 3 μm 40 - 80 mm 4 μm 90 - 130 mm 5 μm ストローク内の真直度 システム長さ L 取り付け面に対する平行度 (スライド中心位置) 30 mm 12 μm 40 - 80 mm 15 μm 90 - 130 mm 18 μm 8 取り付け面に対する平行度 Logo side
Page9

2 ミニスライド MSQスケール 製品特性 2.6 高さに対する公差 A: ± 0.02 mm B2: ± 0.02 mm B2 高さに対する公差 2.7 摺動抵抗と与圧 摺動抵抗は予圧と使用する潤滑剤の影響を受けます。ミニスライド MSQスケールは、標準仕 様としてバックラッシュがゼロとなるようわずかに予圧が掛けられた状態で出荷されます。 2.8 摩擦と滑らかさ 当社は走行時の滑らかさを重視して製造しており、表面と材料の精度を最優先事項としてい ます。これは最も厳しい品質要求を満たさなければならない転動体部分にも適用されます。 通常の動作条件下での摩擦係数は概ね0.003となります。 9 A ミニスライド MSQスケール製品特性
Page10

3 ミニスライド MSQスケール 動作と構成 ミニスライド MSQスケールはミニスライド MSQ超低摩擦テーブルと以下の追加コンポーネン E D トで構成された光学式インクリメンタル測定システムです。 A ガイドレール上のリニアスケール B キャリッジに組み込まれた光学式センサー C C フレキシブルセンサープリント (動的負荷が掛からないようにする必要あり) D インターフェースモジュール 制御側のケーブル(E)は お客様にご用意していただく必要があります。必要に応じてロボッ B トケーブルにする必要があります。 A 利用可能なインターフェースモジュールには幾つかの種類があります。これらについては3.2 ミニスライド MSQスケールの構成 項で説明します。 フレキシブルセンサープリントとインターフェースモジュール間に挿入されるフラットフレキ シブルケーブル (Flat Flex Cable、略称: FFC)により、インターフェースモジュールを自由に 配置できます。FFCケーブルは動的負荷にも対応できます。 (付属品の詳細については5項を 参照) 3.1 リニアスケールと光学式センサー 高精度のリニアスケールは焼入れされたガイドレールの表面上に形成されており、リニアス ケールは100 µmピッチで刻まれています。センサー内部にある2つのLED光がスケールに照射 されます。照射された光によりリニアスケール上にある領域の構造変化により暗フィールド が形成されます。これらの光信号はセンサーよって検出され、電気信号へ返還されます。セ ンサーから供給される原信号はインターフェースモジュールによって処理されます。 LEDの光量レベルはアクティブに制御されています。これによりシステムの経年劣化を防ぎ、リ ニアスケールの誤差も補正されます。 A B センサーの検出原理 A センサー B ガイドレールとリニアスケール 10
Page11

3 ミニスライド MSQスケール 動作と構成 3.1.1. リファレンスマーク インクリメンタル測定システムでは、電源を投入しても絶対位置を特定することができませ ん。このため、インクリメンタルトラックにリファレンストラックが追加されます。1つまたは複 数のリファレンス点をリファレンストラックに刻むことができます。 リファレンスマーク リファレンストラック インクリメンタルとラック リニアスケール付きガイドレール 標準仕様 標準として以下のリファレンス位置が定義されています。 • 全てのMSQS 7, MSQS 9-50.42とMSQS 9-60.50: ガイドレール中心から4 mm以内 レール中心 全てのMSQS7, MSQS9-50.42とMSQS9-60.5のリファレンスマーク位置 • その他のサイズはガイドレール中心 特注仕様 リファレンストラック上の任意の位置で、任意の数のリファレンスマークを選択できます。リ ファレンスマークはリニアスケールと同期している必要があります。具体的には、リニアスケ ールは0.1 mmピッチのため、リファレンスマークは0.1 mmの倍数のみで配置できます。 リファレンスマーク間の最小距離は1.5 mmを確保する必要があります。さらにインクリメンタ ルトラックの端からは少なくとも2 mmが必要です。 制限事項 • MSQS7とMSQS9のガイドレール上の取付け穴はリファレンストラックとの干渉があります。 従って、これらのサイズは取付け穴の位置を避けてリファレンスマークを配置させる必 要があります。 • リファレンスマークを指定する際は、キャリッジ側のセンサーでリファレンスマークが読 み取れる位置であることを確認してください。 11 ミニスライド MSQスケール動作と構成
Page12

3 ミニスライド MSQスケール動作と構成 3.2 インターフェースモジュール センサーで検出された原信号はインターフェースモジュールによって処理され、標準の出力 信号に変換されます。出力信号はアナログまたはデジタル信号のインターフェースモジュー G ルが選択できます。 D F ZIFコネクター(F)にはアクセスが可能で、インターフェースモジュール上のLED(GとH)がはっき りと見えることを確認します。デジタルインターフェースには調整ボタン (I)があり、これにも H アクセスできる必要があります。I C C フレキシブルセンサー基板 インターフェースモジュールの構成 D 回路部分 (様々な構成あり) F ZIF コネクタ G 緑色LED (電源表示) H 赤色LED (エラー表示) I 調整ボタン (デジタルインターフェースモジュールのみ) インターフェースモジュールは以下の構成で提供できます。 21,6 ハウジング付き D-Sub 9ピンコネクタ オーダーコード: MG (標準) 40,8 33 3,3 5,7 30,8 ハウジング無し D-Sub 9ピンコネクタ 25 オーダーコード: OG 40,8 28,8 ハウジング無し Micro Match コネクタ (基板への直接接続用プラ グイン用) 35,9 28,8 オーダーコード: MM ハウジング、コネクタ無し、 はんだ端子 28,8 オーダーコード: NL 28,8 電気系の専門知識をお持ちのお客様に対しては、ご相談の上、独自のデジタルインターフェ ースモジュールをお客様の回路へ直接組み込むことも可能です。 12 オーダーコード: KI 5 12,6 1,8 1,8 1,8 4,9 4,9 4,9 3  3,2 16,5 21,7 21,7 21,7 26
Page13

3 ミニスライド MSQスケール 動作と構成 3.2.1. 信号処理 アナログ出力形式: 100μm リファレンスポイント Ua + 差動, sin/cos アナログ信号と1 Vppリファレンス信号1 Ua1- インクリメンタル信号のsinとcosは位相が90°シフトしており、コード化されたスケールマー Ua2+ キングと相関しています。信号周期(360°)はリニアスケールの増分(100 µm)に正確に対応し ています。 Ua2- Sin Ua0+ Cos sin信号は移動方向に応じて、cos信号より位相が遅れるか、進んで発生します。 リファレンス Ua0- ≈100μm リファレンス信号のパルス幅は正弦波の約1信号周期分に対応します。 2.3V 差動, アナログsin/cos信号とリファレンス信号 0.5V アナログインターフェースモジュールのピン配置(1Vpp) メス型D-Sub 9ピンコネクタまたは、はんだ端子: 1 5 ピン番号 信号 説明 1 Ua1 - 直交信号 6 9 2 0V GND 3 Ua2 - 直交信号 4 ERR NOT エラー信号 (Low = エラー) 5 5 Ua0 - リファレンス信号 6 Ua1 + 直交信号 7 + 5V DC 電源 1 8 Ua2 + 直交信号 9 Ua0 + リファレンス信号 6 写真 1: インターフェースモジュールでのD-Sub 9ピンコネクタ 写真 2: はんだ端子インターフェースモジュールでのピン配置 9 オス型 10ピン Micro Match コネクタ: 6 10 ピン番号 信号 説明 1 nc 2 Ua1 + 直交信号 3 + 5V DC 電源 インデックス 1 5 4 Ua2 + 直交信号 5 Ua0 + リファレンス信号 インターフェースモジュールでのMicro Matchコネク 6 Ua1 - 直交信号 タピン接続 7 0V GND 8 Ua2 - 直交信号 9 ERR NOT エラー信号 (Low = エラー) 10 Ua0 - リファレンス信号 13 ミニスライド MSQスケール動作と構成
Page14

3 ミニスライド MSQスケール 動作と構成 デジタル出力形式: 100nm A+ 内挿補間された差動デジタル信号とリファレンス信号(A, B, R) TTLレベル (RS422). A- B+ A デジタルインターフェースモジュールでは原信号を処理し、処理されたアナログ信号を内挿 B 補間します。内挿補間により100 nmの分解能が得られます。 B- R+ デジタル信号波形はA相およびB相で構成されます。信号AとBそれぞれのエッジ間の間隔は R 100 nmの距離に正確に対応しています。リニアスケール100 µm の増分は結果として、内挿 R- によって1000分割され100 nmとなります。移動方向に応じてA信号はB信号より遅れるか、進 100nm 100 nm んで発生します。 ≈4.1V 差動, デジタル信号とリファレンス信号 リファレンス信号のパルス幅は信号Aと信号Bの信号エッジ間の間隔と同じです。 (分解能幅 ≈0.2V と同等) インクリメンタル信号とリファレンス信号のエッジは同期しています。 デジタルインターフェースモジュールピン配置 (TTL) メス型 9ピンD-Subコネクタまたは、はんだ端子: 1 5 ピン番号 信号 説明 1 A - 直交信号 6 9 2 0V GND 3 B - 直交信号 4 ERR NOT エラー信号 (Low = エラー) 5 5 R - リファレンス信号 6 A + 直交信号 7 + 5V DC 電源 1 8 B + 直交信号 9 R + リファレンス信号 6 写真 1: インターフェースモジュールのD-Sub 9ピンコネクタピン配置 写真 2: はんだ端子インターフェースモジュールのピン配置 9 オス型 10ピン Micro Match コネクタ: 6 10 ピン番号 信号 説明 1 nc 2 A + 直交信号 3 + 5V DC 電源 インデックスピン 1 5 4 B + 直交信号 5 R + リファレンス信号 インターフェースモジュールでのMicro Matchコネク 6 A - 直交信号 タピン配置 7 0V GND 8 B - 直交信号 9 ERR NOT エラー信号 (Low = エラー) 10 R - リファレンス信号 14
Page15

3 ミニスライド MSQスケール 動作と構成 3.3 潤滑剤 潤滑剤は設計要素であるため、機械またはアプリケーションの開発段階で定める必要が あります。 ミニスライド MSQスケールの標準潤滑剤はクリューバー社 Microlube GL 262です。この グリースは境界摩擦域で理想的な潤滑効果を発揮し、通常のストローク範囲だけでな く、短いストロークのアプリケーションにも適しています。 特定の用途では特殊な潤滑剤が使用されます。例えば、真空、クリーンルーム、高温また は低温用、高速または高周波数のストロークで使用される潤滑剤など。シュネーベルガ ーはこれらアプリケーションのいずれの領域にも適切な潤滑剤を使用したリニアガイドウ ェイを提供することができます。 3.3.1. ミニスライド MSQスケールの初期潤滑 ミニスライド MSQスケール製品は出荷時にクリューバー社 Microlube GL 262 が塗布されて います。製品は組付けることができる状態出荷されているため、初期潤滑を追加塗布する必 要はありません。 3.3.2. ミニスライド使用開始後の給油間隔 使用開始後の潤滑間隔は、影響を与えるさまざまな変数(例えば、負荷や作業環境、速度な ど)に依存し計算することは困難です。従って、潤滑エリアをより長い期間監視する必要があ ります。 運転条件によりますが、出荷時の初期潤滑により数年間使用することができます。 再潤滑では、元に使用されていた潤滑剤と同じ潤滑剤のみを使用してください。潤滑剤が多 すぎると光学センサーの故障につながる可能性があります。 潤滑の詳細についてはミニスライド MSQスケールの据付調整手順書を参照してください。 15 ミニスライド MSQスケール動作と構成
Page16

4 オプション 4.1 インターフェースモジュール インターフェースモジュールは、3.2項で説明されている構造タイプが選択できます。 4.2 デジタルインターフェースモジュールの分解能 デジタルインターフェースモジュールの標準分解能は 0.1 µmです。分解能はオプションで 1 µmまたは10 µmを選択することができます。 4.3 高さ調整 (HA) MSQスケールの高さに対する標準寸法公差は ± 20 μmです。例えば、キャリッジの間隔 Lb がキャリッジの長さLよりも小さい場合など、特定の構成ではこの寸法公差が大きすぎる場 合があります。このような場合、高さの寸法公差をお客様指定として ± 3 μmに下げること ができます。 L Lb L L = キャリッジ長さ (mm) Lb = キャリッジ間距離(mm) 4.4 お客様指定潤滑剤 (KB) 特定の用途では特殊な潤滑剤が使用されます。例えば、真空やクリーンルーム、食品産業、 高温または低温、高速や高周波のストロークで使用される潤滑剤など。シュネーベルガーは それぞれのアプリケーションに対応した潤滑剤をMSQスケールに提供できます。 検証済み潤滑剤: • 高速 / 低温環境 Klüber Isoflex NBU 15 • クリーンルーム環境 Klübersynth BEM 34-32 • 真空環境 Castrol Braycote 600EF • 食品関連 Klübersynth UH1 14-31 4.5 直線性について 全てシステムにおいて、リニアスケールの直線性データが作成されます。データは必要に 応じて各出荷に同梱することができます。お客様のアプリケーションの直線性偏差を補 正するために電子データでの提供を要求することもできます。 距離 [mm] 16 直線性データのグラフ 直線性誤差 [mm]
Page17

5 付属品 5.1 ケーブル延長 インターフェースモジュールをセンサー側に直接取付けることができない場合は、延長ケー ブルキットを使用できます。センサー基板とインターフェースモジュール間は、フレキシブル フラットケーブル(フラットフレックスケーブル, 略称: FFC) が使用されています。 これには以下の利点があります。 • インターフェースモジュールを稼働しない場所へ移動させることにより、稼働側システム の質量を減らすことができます。 • 延長ケーブルキットに含まれるシールドされた FFCケーブルは可動部で使用出来るよう 設計されています。ケーブルの最小曲げ半径は10 mmです。対照的にフレキシブルセンサ ープリントは可動部では使用出来ません。 ミニスライド MSQスケールとFFC延長の組付け例 • FFCケーブルは低い摺動抵抗を提供します。これは既存ケーブルキャリアの剛性が高す ぎる場合、変更することにより抵抗を減らすことができます。 • FFCケーブルは取付け時に一回のみ折り曲げることもできます。 FFCケーブルには 250 mm, 400 mmと600 mmの3つの長さが選択でき、アダプタ基板は FFC延 長ケーブルに付属しています。 FFCケーブルとアダプタ アダプタ フレキシブルセンサープリント延長ケーブル間の接続 に使用されます。このため、アダプタには2つの ZIFコネ クタが配置されています。 12 20 クランププレート ケーブルへの応力緩和または FFCケーブルの支持に使 用できます。 2つの M3スペーサがプレートに取付けら れています。 12 20 ベースプレート ベースまたはケーブルのクランプに使用できます。 12 20 17 4,4 1,6 M3 4,1 M3 4,1 14 14 14 Accessories 
Page18

5 付属品 5.2 ミニスライド MSQスケール カウンタと位置表示器 シンプルなアプリケーション、例えば実験または試作評価などにはHeilig & Schwab GmbH & Co. KG社のUSBカウンタを推奨します。以下のカウンタはHeilig & Schwab GmbH & Co. KG社 (www.heilig-schwab.de)より直接ご購入いただけます。 5.2.1. 1軸 USBカウンタ 本カウンタを使用することでTTLまたは1 Vpp、1 µAss出力をもつミニスケールプラスまたは 同等のインクリメンタル式エンコーダをUSBインタフェースによりPCへ接続することができ ます。 付属のドライバソフトウェアを使用することでUSBカウンタをアプリケーションに素早く簡単 に統合することができます。 1軸 USBカウンタ 5.2.2. 3軸 USBカウンタ 本カウンタを使用することでTTLまたは1 Vpp出力をもつミニスケールプラスまたは同等のイ ンクリメンタル式エンコーダをUSBインタフェースによりPCへ接続することができます。全て のカウンタ入力には自由に使用できるラッチ信号入力があります。 付属のドライバソフトウェアを使用することでUSBカウンタをアプリケーションに素早く簡単 に統合することができます。 3軸 USBカウンタ 5.2.3. “UCount basic” デジタル表示プログラム UCount basic はHeilig & Schwab GmbH & Co. KG 社のUSBカウンタを介してコンピュータ (PC, ラップトップまたはタブレット)に接続されているリニアセンサーとロータリーセンサー を評価するためのデジタル表示プログラムです。カウンタをWLAN経由でコンピュータに接続 することもできます。 • シンプルな操作と全ての機能の明確な表示 • 最大9チャンネルの信号入力に対するメータ表示 • メータ停止機能 • 可聴メータ監視 (しきい値設定) • 演算機能 (加算、減算) “UCount basic”デジタルディスプレイプログラム • 測定機能 (間隔,、角度、開先角度、半径) • 補正機能 (線形補正、段階補正(SBS)、平行度補正) • リファレンスポイントの管理 • 使用方法に合わせた拡張が可能 システム要件 • PC, ラップトップまたはタブレット • Windows, 32 or 64-bit • USB or WLANインタフェース 18
Page19

6 寸法一覧、許容荷重、重量、モーメント荷重 6.1 MSQS 7 L 1 f2 1 rmin f1 L5 L4 S H/2 H/2 J C/C0 L2 L1 g C/C0 MQ/M0Q MLM0L O S3 S4 A f3 f4 A1 C/C0 ML/M0L サイズ 項目 MSQS 7-30.20 MSQS 7-40.28 MSQS 7-50.36 MSQS 7-60.50 MSQS 7-70.58 A システム高さ 8 8 8 8 8 A1 システム高さセンサ部含む 9.2 9.2 9.2 9.2 9.2 B システム幅 17 17 17 17 17 B1 レール幅 7 7 7 7 7 B2 基準面からの距離 5 5 5 5 5 J キャリッジ高さ 6.5 6.5 6.5 6.5 6.5 J1 レール高さ 4.5 4.5 4.5 4.5 4.5 H ストローク 20 28 36 50 58 L システム長さ 30 40 50 60 70 L1 取付け穴間隔 10 10 10 10 10 L2 両端部取付け穴間隔 10 10 10 10 10 L4 取付け穴間隔 15 15 15 15 15 L5 両端部取付け穴間隔 7.5 5 10 7.5 5 N 横方向取付け穴間隔 12 12 12 12 12 e ネジの呼び M2 M2 M2 M2 M2 f1 取付け穴径 2.4 2.4 2.4 2.4 2.4 f2 ネジ穴径 4.2 4.2 4.2 4.2 4.2 g 有効ネジ長さ 3 3 3 3 3 g1 固定部長さ 2.2 2.2 2.2 2.2 2.2 ボール径 1 1 1 1 1 f3 端部貫通穴までの距離 5.7 6 7 15 15 f4 貫通穴間隔 - 28 36 30 40 f5 貫通穴横方向間隔 8.5 8.5 8.5 8.5 8.5 s センサー中心位置 15 20 25 30 35 s1 センサーからの間隔 3.7 3.7 3.7 3.7 3.7 s2 センサー幅 5.4 5.4 5.4 5.4 5.4 s3 センサー長さ 13 13 13 13 13 s4 センサー基板の長さ 75 75 75 75 75 rmin 許容曲げ半径 2 2 2 2 2 CO 静定格荷重 1193 1670 2148 2386 2864 C 動定格荷重 (≙ C100) 609 770 919 989 1124 MOQ 横方向許容静定格モーメント 5.1 7.2 9.2 10.3 12.3 MOL 縦方向許容静定格モーメント 5 8.6 13.1 15.8 21.8 MQ 横方向動定格モーメント 2.6 3.3 4 4.3 4.8 ML 縦方向動定格モーメント 2.5 4 5.6 6.5 8.5 19 重量 (g) 24.5 32.6 40.5 48.5 56.3 モーメント 定格荷 寸法 (mm) B (Nm) 重 (N) S1 S2 B2 B1 N f5 J1 g1 e 寸法一覧、許容荷重、重量、モーメント
Page20

6 寸法一覧、許容荷重、重量、モーメント荷重 6.2 MSQS 9 L 1 f2 r 1min f1 L5 L4 S H/2 H/2 J C/C0 L2 L1 g C/C0 MQ/M0Q MLM0L A S3 S4 f3 f4 C/C0 ML/M0L サイズ 項目 MSQS 9-40.34 MSQS 9-50.42 MSQS 9-60.50 MSQS 9-70.58 MSQS 9-80.66 A システム高さ 10 10 10 10 10 B システム幅 20 20 20 20 20 B1 レール幅 9 9 9 9 9 B2 基準面からの距離 5.5 5.5 5.5 5.5 5.5 J キャリッジ高さ 8 8 8 8 8 J1 レール高さ 5.5 5.5 5.5 5.5 5.5 H ストローク 34 42 50 58 66 L システム長さ 40 50 60 70 80 L1 取付け穴間隔 10 10 10 10 10 L2 両端部取付け穴間隔 10 10 10 10 10 L4 取付け穴間隔 20 20 20 20 20 L5 両端部取付け穴間隔 10 5 10 5 10 N 横方向取付け穴間隔 15 15 15 15 15 e ネジの呼び M3 M3 M3 M3 M3 f1 取付け穴径 3.5 3.5 3.5 3.5 3.5 f2 ネジ穴径 6 6 6 6 6 g 有効ネジ長さ 3 3 3 3 3 g1 固定部長さ 2 2 2 2 2 ボール径 1 1 1 1 1 f3 端部貫通穴までの距離 10 10 15 15 15 f4 貫通穴間隔 - 30 30 40 50 f5 貫通穴横方向間隔 10 10 10 10 10 s センサー中心位置 20 25 30 35 40 s1 センサーからの間隔 4.2 4.2 4.2 4.2 4.2 s2 センサー幅 5.4 5.4 5.4 5.4 5.4 s3 センサー長さ 13 13 13 13 13 s4 センサー基板の長さ 75 75 75 75 75 rmin 許容曲げ半径 2 2 2 2 2 CO 静定格荷重 1432 1909 2386 2864 3341 C 動定格荷重 (≙ C100) 692 846 989 1124 1252 MOQ 横方向許容静定格モーメント 7.6 10.1 12.6 15.2 17.7 MOL 縦方向許容静定格モーメント 6.7 10.8 15.8 21.8 28.7 MQ 横方向動定格モーメント 3.7 4.5 5.2 6 6.6 ML 縦方向動定格モーメント 3.2 4.8 6.5 8.5 10.7 20 重量 (g) 45.6 56.9 68.1 79.2 90.3 モーメント 定格荷 寸法 (mm) (Nm) 重 (N) B B2 B1 N f5 J1 S1 S2 g1 e