1/5ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(957.3Kb)

放射線治療台向けヘキサポッドステージ

事例紹介

ヘキサポッドにより放射線治療のための患者様を正確に6軸位置決めが可能

放射線療法は、腫瘍を治療するために主流になりつつあります。これは技術進歩により、外科手術や化学療法の従来の治療よりも費用対効果が高く、多くの種類の腫瘍に対してより効果的に機能するためです。体外照射療法は、主に頭、乳房、肺、および前立腺にある腫瘍に適用されます。目標は周囲の健康な組織に害を与えることなく腫瘍細胞を破壊することであるため、患者様をビームに対して正確に配置することが重要です。人間の細胞の平均サイズに基づいて、0.03mmの位置決め分解能が必要とされます。

このカタログについて

ドキュメント名 放射線治療台向けヘキサポッドステージ
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 957.3Kb
取り扱い企業 ピーアイ・ジャパン株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

エアベアリング平面スキャナーステージ
製品カタログ

ピーアイ・ジャパン株式会社

6軸駆動 ヘキサポッドステージ
製品カタログ

ピーアイ・ジャパン株式会社

長距離動作のPIFOC対物レンズスキャナー
製品カタログ

ピーアイ・ジャパン株式会社

このカタログの内容

Page1

ヘキサポッドにより放射線治療のための患者様を 正確に 6軸位置決めをすることが可能です 放射線療法は、腫瘍を治療するために主流になりつつあります。これは技術進歩により、外科手 術や化学療法の従来の治療よりも費用対効果が高く、多くの種類の腫瘍に対してより効果的に機 能するためです。体外照射療法は、主に頭、乳房、肺、および前立腺にある腫瘍に適用されま す。目標は周囲の健康な組織に害を与えることなく腫瘍細胞を破壊することであるため、患者様 をビームに対して正確に配置することが重要です。人間の細胞の平均サイズに基づいて、 0.03mm の位置決め分解能が必要とされます。 患者と腫瘍の位置を測定するための画像誘導放射線療法 現在のほとんどの設備は IGRT システム(画像誘導放射線治療)であり、放射線治療の前と最中 に患者様と腫瘍の位置を決定するために、いくつかの方法があります。 • X 線スキャン • 光学ボディ表面プロファイリング • 熱画像(患者の位置を監視するための次元を追加) • 磁気共鳴画像法(MRI) これら方法の目的は、脳腫瘍などの患者に優しいフレームレス定位放射線治療(SRS)です。
Page2

可視光に基づく光学体表面プロファイリング X 線スキャンは腫瘍の位置と局所位置を正確に決定 LINAC ベースのデバイスでは、以前に撮影した画像を重ね合わせることにより、患者は 3D 記 録データと放射線源に対して正確に配置されます。マルチ自由度の手術台(患者用ソファ)は、 プロセス全体の精度において重要な役割を果たします。放射線治療を開始する前に、ソファを動 かして患者様を空間内の正しい位置に向ける必要があります。 患者様を放射線源に正しく配置するには、手術台を 6 つの自由度で移動する必要があります。3 つの直線 軸(X、Y、Z)と 3 つの回転軸(ΘX、ΘY、ΘZ)です。耐荷重 200kg(440lbs)以上で 0.1mm 以上の 精度が求められます。 放射線治療中に 6 軸カウチを動的に調整して、不要な動きを打ち消すこともできます。400lb を超える耐荷重と高精度が必要で、これらの要件は、6 自由度で自由にプログラム可能な PI 社 のヘキサポッド(6 軸パラレル駆動ポジショニングシステム)によって実現されます。
Page3

治療は、患者様と腫瘍がビームに正しく配置されて開始 PI の多軸モーションおよびポジショニングソリューション ヘキサポッド(ギリシャ語で 6 本の脚に由来)は、6 つのアクチュエータ(支柱)によって制御 されるモーションプラットフォームです。それらはすべて 1 つのプラットフォームで同時動作 し、6 自由軸の移動を可能にします。 カスタムヘキサポッド 例-長方形のヘキサポッドデザインと円形のヘキサポッドデザイン。いずれの場 合も、下部フレームと上部フレームの間に配置された 6 つのアクチュエータが、ヘキサポッドモーショ ンコントローラからの入力に基づいて、上部プラットフォームの 3 つのリニア軸(X、Y、Z)および回転 軸(ΘX、ΘY、ΘZ)を正確に位置制御します。
Page4

PI は、さまざまなタイプのヘキサポッドとコントローラの設計と製造、および患者様の位置決 めカウチのカスタム設計を含むヘキサポッド専用ソフトウェアで 30 年の経験があります(下図 参照)。標準モデルに加えて、位置決め分解能(ナノメートルからサブミリメートル)、速度、 ダイナミクス、サイズ、形状、耐荷重、コストなどお客様のニーズを反映して、多くのカスタム モデルを設計しています。 ヘキサポッドは、6 軸モーションシステムを作成する従来の方法(積層タイプ)と比較して、剛 性と精度が高く、重量が軽く、コンパクト設計になることなど、多くの利点があり、放射線治療 のために患者様を位置決めするのに最適です。 PI の C-887 ヘキサポッドモーションコントローラ - PI ヘキサポッドコントローラーは、多くの高度な 機能を提供します。すべてのモーションコマンドは、仮想で任意のピボットポイント(回転中心)を決め ることができ、デカルト座標の変更など簡単にプログラム設定が可能です。通信インターフェースは、業 界標準の EtherCat 接続を含む多くのインターフェース(LAN, RS232)を介して行われます。追加のア ナログインターフェースは、光学アライメント、フォースセンサーなどのフィードバックに使用でき、さ らに 2 つの DC モーターステージを接続も可能です。
Page5

患者用ソファの薄型 6 軸ヘキサポッドの基本設計 もちろん、単純な直線運動または回転運動、あるいはそれらの任意の組み合わせを備えた位置決 めシステムも提供することができます。 お客様の放射線治療におけるご要望をお聞きし、最適 な製品をご提案したく思います。 リニアステージと精密アクチュエータ例 <各種お問い合わせご相談> ピーアイ・ジャパン 株式会社 212-0013 神奈川県川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館17F 電話:044-280-7676 Email:info@pi-japan.jp HP:www.pi-japan.jp