このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.9Mb)

高速チップマウンタKE-3010A/高速汎用マウンタKE-3020VA

製品カタログ

極小部品から異型部品まであらゆる要求に高い汎用性でお応えする
高速フレキシブルマウンタKE-3010A/KE-3020VA

このカタログについて

ドキュメント名 高速チップマウンタKE-3010A/高速汎用マウンタKE-3020VA
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.9Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 JUKI株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

高速コンパクトモジュラーマウンタRX-7
製品カタログ

JUKI株式会社

クリームはんだ印刷機RP-1
製品カタログ

JUKI株式会社

このカタログ(高速チップマウンタKE-3010A/高速汎用マウンタKE-3020VA)の内容


Page 1:KE-3010AM/KE-3010AL/KE-3010XLSep-2015/Rev.05IS-LiteKE-3020VAM/KE-3020VAL/KE-3020VXL

Page 2:極小部品の搭載ならこの一台◎23,500CPH チップ(レーザ認識/最適条件)◎18,500CPH チップ(レーザ認識/IPC9850準拠)◎9,000CPH IC(画像認識/MNVCオプション使用)◎マルチレーザヘッド×1基(6ノズル)◎0402チップ∼33.5㎜角部品◎対応基板サイズ:M /L基板大型部品など汎用部品の搭載ならこの一台KE-3020VA◎マルチレーザヘッド×1基&CDSセンサ付きICヘッド×1基(1ノズル)◎20,900CPH チップ(レーザ認識/最適条件)◎17,100CPH チップ(レーザ認識/IPC9850準拠)◎9,470CPH IC(画像認識/MNVC使用)◎0402チップ∼74㎜角部品または50×150㎜◎画像認識(反射式/透過式認識、ボール認識、分割認識)◎対応基板サイズ:M /L基板KE-3010A極小部品から異形部品まであらゆる要求に高い汎用性でお応えする高速フレキシブルマウンタKE-3010A/KE-3020VA1.JUKI Basic Technology0402 極小部品から 33.5mm 角までの PLCC、SOP、QFP など様々な部品形状の認識が可能。レーザ認識は、電極の形や光沢などの部品のばらつきに影響されず、安定した認識と搭載を実現します。認識アルゴリズムレーザ光の部品影から、下記を算出XYΘ軸独立制御各ノズルの上下動 (Z 軸 )、回転 (θ軸)はそれぞれ独立した AC サーボモータで制御。ノズル毎の精密な高さ、角度制御が可能です。円搭載など、精密な角度を要求さ れ る 搭 載 でも、高精度搭載可能です。②部品姿勢検査吸着した部品の寸法比と、設定された部品の寸法比を比較し、正しい姿勢で吸着されているかを確認します。①チップ立ち検査レーザでチップ立ち判定ができる。③異部品チェック吸着された部品の寸法と、設定された部品の寸法を比較し、正しい部品を吸着しているかを確認します。④リリースチェック搭載後に再度レーザを照射し、部品持ち帰りが発生していないか確認できる。⑤部品落下チェック搭載前にレーザを照射し、部品が落下していないかを確認できる。部品チェック機能で搭載品質を向上部品チェック機能で搭載品質を向上。レーザ認識で吸着から搭載までを検査。不良率低減を実現します。XY 機構部には JUKI 独自のAC サーボモータとリニアスケールによるフルクローズドループ制御を採用。高速かつ高精度な搭載を実現し、信頼性も確保しています。フルクローズド ループ制御レーザヘッドで画像認識が可能MNVCマルチノズルビジョンセンタリング画像認識レーザー認識マルチノズルレーザヘッドによる画像認識機能「MNVC(Multi Nozzle Vision Centering)」により、小型のファインピッチ IC や異形部品(FBGA・コネクタ等)の搭載タクトが飛躍的に向上します。画像認識技術部品の形状や大きさ、材質などに合わせて画像認識の照明を変えることにより、安定した部品認識を実現することが可能。また各種異形部品に対応した異形対応ノズルや汎用ビジョンシステム等により、高い部品対応力を発揮します。反射認識 反射認識 透過認識①リニアスケール②ACサーボモータ高い認識力と高品質を誇るJUKI独自のレーザ認識技術※XL基板仕様は、KE-3010となります。※XL基板仕様は、KE-3020Vとなります。KE-3020VA※KE-3010Aは、オプション、KE-3020VAは標準装備です。※

Page 3:イージーオペレーション簡単データ作成部品データは、部品外形寸法と部品の種類、荷姿を入力するだけで完成です。部品計測機能によってマシンで実際に計測した外形寸法やリード本数、ピッチを部品データに取り込むこともできます。生産段取り支援機能です。段取りメニュー「1.自動基板幅調整」∼「8.生産プログラムチェック」の項目を順番に確認することで、ミスのない段取り替え作業を実現することが可能です。ノンストップオペレーション前後いずれかで部品切れが発生した際、マウンタを停止することなく反対側のフィーダバンクから部品を供給して生産を継続させることができます。また、生産中に片側のフィーダバンクで段取り作業を行うことも可能です。最大160品種の部品が装着可能電動ダブルレーンフィーダEF08HDはEF08HSと同じサイズ幅17㎜ながら8㎜テープを2本装着できます。装着部品種数が2倍になることで、多品種少量生産の段取り替え回数を大幅に削減することが可能になります。送りピッチ簡単切替ピッチ切り替えはボタン操作で簡単に切り替える事ができます。電動供給装置による高精度部品供給汎用ビジョンティーチングこれまで難しかった異形部品等のデータ作成もガイダンスに従いながらの操作により誰でも簡単にビジョンデータが作成可能です。これによりお客様のデータ作成の負担を大幅に軽減します。フィーダ送り吸着位置補正機能※吸着ノズルの位置ズレ情報をフィーダに送信し、安定した吸着姿勢で同時吸着できるように自動コントロールします。ATC(自動ノズル交換装置)生産中にノズルを自動交換。部 品 吸 着 位 置 の オ ートティーチングを行うことで、段取り替え時間の短縮と搭載不良の低減がはかれます。部品吸着位置オートティーチング機能メンテナンス告知で認識不良を防止生産開始前にレーザ汚れをチェック、汚れが検出されるとアラームを発し、認識不良を防止することができます。高速ノンストップ画像認識高速ノンストップ画像により、吸着した各部品を連続撮像し、高速画像認識を実現します。【従来方法】各部品を一旦停止し、認識ノズルカメラ【ノンストップ画像認識】各部品をノンストップで認識部品高速生産を実現するオンザフライ一括認識ヘッドにレーザセンサを装備しているので、フィーダから搭載位置への移動中に認識が可能(オンザフライ認識)。吸着後、搭載位置へ一直線に移動することで、高速高精度搭載を実現します。フィーダポジションインジケータフィーダポジションインジケータ生産時の部品切れ通知、部品残量警告の他、段取り時のフィーダセットアップ誘導を行い、オペレータのフィーダ交換作業の支援をします。高解像度カメラ0.2㎜のリードピッチQFPなどを高精度に認識。※電動フィーダのみ対応2.High Productivity背面オペレーションユニットリア側での作業が効率的に行えます。ATCユニット(Auto-Tool Changer)VCSユニット(Vision Centering System)台車設置イメージEF08HDRシングル&ダブルレーンフィーダマシンで計測した部品寸法を部品データに反映できます 段取り支援メニュー異形部品ティーチングレーザ汚れチェック

Page 4:3.High Flexibility転写装置を装着することで、PoP などの高密度三次元実装が可能です。フラックス、はんだ転写に対応する2 種類の転写装置が選択できます。PoP の搭載方法高密度三次元実装を実現PoP対応ロータリー型はんだ転写装置直動型フラックス転写装置長尺基板対応搭載する基板に対して、2回クランプ動作することにより、基板サイズ650㎜×250㎜(M基板仕様の場合)、800㎜×360㎜(L基板仕様の場合)、1,010㎜×360㎜(L-WIDE基板仕様の場合)、1,210㎜×560㎜(XL基板仕様の場合)までの搭載が可能です。これにより、長尺基板の生産が可能となり、LED照明や液晶バックライトなど、多様化するニーズにお応えします。基板または回路上に基準マークがない場合、はんだ印刷を基準マークとして認識し搭載することができます。●はんだ認識照明(オプション)●部品残数管理機能(オプション)LEDのロット違いによる照度のバラつきを防ぐ為に、基板搬入時に部品残数と基板一枚あたりの搭載点数を比較し、生産の実行・警告表示のいずれかを行います。1回目クランプ搭載範囲2回目クランプ搭載位置ノズル毎の荷重を正確に取得し、吸着 / 搭載時の荷重を制御することにより、部品にダメージを与えません。部品にあわせた荷重設定も可能。ノズル毎の荷重制御を実現簡易荷重制御機能簡易荷重制御ユニットライン全体での生産性向上支援システムIS-Lite(インテリジェント・ショップフロア・ソリューションズ)IFS-NX(インテリジェント・フィーダ・システム)●IS-LiteJUKIマウンタでの生産にかかわる様々な業務と情報をラインで包括的に管理・最適化することで、ライン全体での生産性・製造品質向上、効率化によるコストダウンを実現します。●IFS-NX部品誤装着防止・トレーサビリティなどの品質管理や、段取り替えの効率化を実現することもでき、品質と作業効率の向上に貢献します。各種CADシステムが生成したテキストデータファイルや、他社実装機から出力されたテキストデータファイルを、JUKIマウンタおよびシステムソフトデータ形式に変換します。マウンタの生産プログラムを、オフラインで作成する外部のプログラム作成装置です。EPU(外部プログラム作成装置)特注ノズル多様な異形部品にも柔軟に対応できる各種ノズルの特注にお応えします。IC回収ベルト画像認識等で不良を検出したICを回収します。ソフトランディングするため、高価なICを無駄にしません。IC回収ベルト高速チップマウンタKE-3010A(LNC60)高速汎用マウンタKE-3020VA(LNC60 ビジョンヘッド)抜群の対応部品レンジ独自のレーザによる高速・高品質認識と、優れた部品対応力の画像認識の組み合わせで、あらゆる要求に最高のパフォーマンスで応えます。モニタ画面でのデータ確認荷重ノズルFlexline CAD(CAD変換ソフト)特注ノズル

Page 5:リード部品のリードの浮きやBGAのボール部品の変形を検出し、不良部品の搭載を防止します。高精度かつ、高速にコプラナリティ(平面性)チェックすることにより、製品の信頼性をより一層高めます。ボール部やリード部のチェック コプラナリティセンサ不良基板流出防止と、原因解析・対策までの短時間解決を実現プレースメントモニタヘッド部に超小型撮像カメラを内蔵することで、リアルタイムに吸着・搭載の画面を取得し、吸着・搭載時の検査やトレーサビリティ情報保存が可能。不良基板流出の防止や撮像画像をもとにした原因解析により対策までの時間を短縮します。●部品の有り無し検査撮像画面から未搭載の状態を検出した場合、エラーでお知らせし自動停止します。日付・時刻エラー原因ノズルフィーダ番号ヘッド番号バーコード(OP)の情報より解析毛羽立ちによるエラーと判明●原因解析機能撮像画面による原因解析で、対策までの短時間解決を実現します。レーザーの軌道部品の軌道コプラナリティセンサ4.High Qualityマウンタ内のOCCカメラで、はんだ印刷の位置ズレを認識し、指定搭載点をはんだに合わせて、搭載する機能です。はんだ印刷位置ずれに起因するリフロー後の不良率低減に貢献します。(セルフアライメント効果)印刷ズレを認識し搭載位置を補正 はんだ印刷認識搭載位置補正不良率低減認識力の高いOCC照明を採用。読み取りが難しいフレキ基板(FPC)のマークやコントラストの低い基板マークでも正確なマーク認識搭載が可能です。OCC により回路ごとに設けられたバッドマークを読み取り、その回路への部品搭載を防止することも可能です。OK NG装置内天井にイオナイザを装備することで、装置内のイオンバランスを整え、基板や表面実装部品の静電気を除去します。SOT方向検査機能生産前及び部品切れ後の生産再開時に搭載する3端子SOTをSOT方向検査ステージに搭載し、OCCにより、供給角度を確認する機能です。イオナイザー部品かけ違いによる誤搭載を防止 部品ベリフィケーション(CVS)生産開始前に搭載部品の「抵抗値」、「コンデンサ容量」、「極性」を測定する事で、未然に誤部品搭載を防止できます。新型のCVSユニットは6部品同時検査が可能で検査時間、段取り替え時間を短縮します。抵抗値コンデンサ容量極性部品・リール誤装着防止誤搭載を防止 部品の電極部をAにあて、実部品の電気特性をチェック部品吸着面や基板高さを非接触かつ高精度に自動測定。部品や基板にダメージを与えず、吸着・搭載の高さ制御が可能です。HMS高さ測定機能 HMSイオナイザFCS(フレキシブルキャリブレーションシステム)FCS調整治具(オプション)を使用することで搭載位置のズレをマウンタ自身で認識し、自動補正することが可能です。これにより安定した搭載位置精度の維持と移設時のセットアップを容易に行うことができます。BGAボール不良 リード浮き不良FCS( フレックスキャリブレーションシステム)OCCカメラでのバッドマーク バッドマークリーダ(オプション)※※OCCカメラは標準装備、バッドマークリーダはオプションです。JUKIOCCカメラの場合 一般的な照明の場合コントラストがはっきりした認識乱反射によるノイズレベル大OCC照明による正確な搭載マンハッタン現象 搭載ずれ

Page 6:KE-3010A KE-3020VAクリームはんだ印刷機RP-1 基板検査機RV-1(メカ用)HOD標準Flexline高速インテリジェントストレージ管理システムISMシリーズインテリジェントストレージ管理システムとは、表面実装部品を効率よく、安全に保存するシステムです。印刷機、検査機も充実のラインナップRP-1、RV-1クリームはんだ印刷機RP-1、基板検査機RV-1との連携も強化。ライン全体での、生産性を高めることができます。フィーダ(電動/メカ)タイプが選択可能本体は、電動式フィーダ、又はメカ式フィーダのどちらかの仕様から選択できます。充実のフィーダラインナップバルクフィーダ(メカのみ)テープフィーダスティックフィーダ段積スティックフィーダ ATF(スプライジングテープフィーダ)モニター付テープフィーダ調整治具高速トレイ部品供給対応TRシリーズTR7DN高速マトリクストレイサーバ電動式フィーダ用一括交換台車マトリクストレイサーバ(後置きタイプ)TR5DTR5Sマトリクストレイチェンジャ(横置きタイプ)TR6S TR6Dデュアルトレイサーバ(後置きタイプ)マトリクストレイホルダメカ式フィーダ用一括交換台車オプション一覧表5.その他周辺機器のご紹介ISM400 ISM2000ISM1100