1/1ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(580.8Kb)

現場改善コンサルティング事例|不良低減と改善力ある人づくり

事例紹介

生産物流現場でのQCサークル導入により、不良低減、リーダー育成に成功!トヨタ生産方式導入前の課題改善も実施 ※三協様への導入事例

【導入事例】
企業名:株式会社三協 幸田工場様

【課題】
三協様では、生産性向上、利益確保を目的として、
廃却不良低減を進めていたが、担当リーダ任せで、目標未達成であった

現場改善をする前に、不良低減を先行して実施する必要が有った
■廃却不良率横ばいの要因
(1)出荷前検査主体で、発見が遅れ大量不良発生
(2)不良発生情報の展開遅れ
(3)不良低減の責任者が存在せず、改善遅れ
(4)全社的な改善意識不足

<コンサルティング 実施>
*実施内容はカタログにて詳細をご説明!

【効果】
・対象(つばキズ対策)不良低減(99%低減)
・歯止めへの反映による再発防止
・6人のリーダー育成に成功

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 現場改善コンサルティング事例|不良低減と改善力ある人づくり
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 580.8Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社デンソーエスアイ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

eye之助 -DIY照合パッケージ-
製品カタログ

株式会社デンソーエスアイ

出荷3点照合システム ― eye之助活用 ―
事例紹介

株式会社デンソーエスアイ

このカタログの内容

Page1

【生産物流現場改善コンサルティング事例】 コンサル-3 QCサークル導入による 不良低減と改善力ある人づくり 見える化 Q C D 所在地 :愛知県額田郡幸田町 株式会社三協 設立 :昭和36年5月 従業員数 :30名 幸田工場様 事業内容 :精密部品 背景 ディーゼル噴射ポンプ 金型(冷間鍛造・切削加工) 課題 三協様では、生産性向上、利益確保を目的として、廃却不良低減を進めていたが、 担当リーダ任せで、目標未達成であった。現場改善をする前に、不良低減を先行して 実施する必要が有った。 ※エスアイは、トヨタ生産方式導入前の課題もコンサルします ソリューション 【Before】 サークル能力 全社廃却不良率(%) 1.2 4.0 廃却不良率横ばいの要因 問題解決 5 2.0 ①出荷前検査主体で、発見が遅れ大量不良発生 4 3 目標 ②不良発生情報の展開遅れ 改善能力 2 活動運営 1 0 ③不良低減の責任者が存在せず、改善遅れ 0.0 ④全社的な改善意識不足 多能工 QC手法の ローテ 使い方 ・QCサークル活動展開による、不良低減と改善力ある人材の育成 コンサルティング 活動内容 対象者指名 各ステップ指導 成果報告 実施 教育 各工程リーダ 6名 現地現物で 2回/M(6か月) 【After】 サークル能力 QC活動効果(つばキズ対策) 1.2→2.6 不良個数(月) 全社廃却不良率(%) QC活動効果 問題解決 2000 4.0 5 活動内容 43 1000 改善能力 2 活動運営 1 1000 2.0 目標 ①定期改善時間の確保 0 ②改善テーマの責任者割振り 10 0.0 ③進度状況フォロー 多能工 QC手法の 0 ローテ 使い方 改善前 改善後 現地現物の重要性 効果 今回の活動を通じて、総智総力で取り組む ことと、現地現物を確認することの重要性を ・対象(つばキズ対策)不良低減(99%低減) 理解できました。 ・歯止めへの反映による再発防止 今年度は研修を受けたリーダが核となり3つの ・6人のリーダー育成に成功 QCサークルを立上げ、成果を期待しています。 鈴木専務 [本社] 〒446-0058 愛知県安城市三河安城南町1-11-9 TEL:0566-75-7500(代表) [東京営業所] 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-6 CROSS PLACE浜松町 10F TEL:03-6367-6440(代表) URL:http://www.denso-si.jp E-mail:si-info@denso-si.jp 180924 15年上 15年下 16年上 16年下 17年上 17年下