1/4ページ
カタログの表紙
カタログの表紙

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(695.3Kb)

迅速流体継手「熱水用カプラ HW型」

製品カタログ

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 迅速流体継手「熱水用カプラ HW型」
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 695.3Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 日東工器株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

この企業の関連カタログの表紙
リニア製品総合カタログ
製品カタログ

日東工器株式会社

この企業の関連カタログの表紙
カプラ製品総合カタログ
製品カタログ

日東工器株式会社

この企業の関連カタログの表紙
電動ドライバ総合カタログ
製品カタログ

日東工器株式会社

このカタログの内容

Page1

C281 汎用型温調機器配管用 迅速流体継手 熱水用カプラ HW型 D.PAT 樹脂成型など 熱水用途に 最適 ISO 9001認証 JQA-2025 カプラ事業部 ISO 14001認証 グリーン調達対応製品 ® ISO 9001 JQA-EM4057 ISO 14001 日東工器(株)
Page2

最高使用圧力 バルブ構造 適用流体※ ※本品は主に水(熱水) を対象とした製品です。 2.0 その他の流体を使用す る場合は、使用流体に 適合するシール材質お 2.0MPa 両路開閉型 水 蒸気 よび本体材質を確認し てください。 {20kgf/cm2} 安全性を考慮した設計 安全 標準仕様のセーフティロック機構 ① 振動や衝撃などによる接続後の不意な分離を防止します。 セーフティロック機構(スリーブロック) ロックの方法 ロックの解除方法 ロックリングを矢印Aの方向にスラ ロックリングを矢印Aの方向にスラ イドさせた状態で回転させ、ストッ イドさせた状態で回転させ、ストッ パの位置をロックリングの溝の深い パの位置をロックリングの溝の浅い 方から浅い方に合わせると、分離で 方から深い方に合わせると、分離で きない状態になります。 きる状態になります。 スリーブ A A プラグ ソケット ストッパ ストッパ LOCK LOCK ロックリング ロックリング OFF ON 接続状態(ロック前) 接続状態(ロック後) 安全 流体と接触する部品はニッケルめっき処理 ② ニッケルめっき処理を施し、耐食性をアップ。 プラグ ソケット 安全 熱水用途に最適なシール材を採用 ③ ソケットはダブルOリング仕様でシール性能アップ。 ソケット ダブル Oリング
Page3

汎用型温調機器配管用 迅速流体継手 熱水用カプラ HW型 HOT WATER CUPLA バルブ・Oリング 交換目安 ※弊社による試験結果 【試験条件】 ●試験装置:金型温度調節機 ●流体:清水 ●試験温度:160℃、180℃ ●試験状態:カプラを接続した状態での連続試験 1,000時間を目処に製品を交換 バルブ 180℃ の場合 してください。 熱水180℃ ※バルブのみの交換はできません。 試験前 連続使用 (新品状態) 1,000時間後 160℃ 3,000時間を目処に製品を交換 の場合 してください。 熱水160℃ ※バルブのみの交換はできません。 試験前 連続使用 (新品状態) 3,000時間後 パッキンが膨張し始める。 700時間を目処にソケットの Oリング 180℃ の場合 Oリングを交換してください。 ※2本とも一度に交換してください。 160℃ 2,000時間を目処にソケットの 補用部品 Oリング(2個入り) の場合 Oリングを交換してください。 ※2本とも一度に交換してください。 Oリング交換時にはグリースを塗布してください。 大 熱水を流した際のOリングの圧縮永久ひずみ 圧 縮 永 久 ひ ず 180℃交換目安 160℃交換目安 み (700時間) (2,000時間) 小 500 700 1,000 1,500 2,000 2,500 3,000 3,500 時間 ご注意 ※金型温度調節機による熱水連続通水試験 ・バルブは 160℃:3,000時間、180℃:1,000時間の連続使用において ・Oリングは 160℃:2,000時間、180℃:700時間の連続使用において 漏れのないことを確認しておりますが、弊社の実験値であり保証値ではありません。 お客様の使用条件(着脱回数や流体の添加剤など)によって、シール材の耐久性は異なりますので、上記交換は目安としてお考えください。 ●カプラ接続時に空気が混入します。熱水で使用される場合は、設備側で空気抜きを実施してください。 ●水に添加剤が混入された場合、または配管内が蒸気になる場合はシール材の耐久性が低下します。  これらの環境で使用する場合は、必ず実機確認を行ってください。
Page4

仕様 真空用途適合性 1.3 x 10-1Pa {1 x 10-3mmHg} 本体材質 真ちゅう(ニッケルめっき) ソケット単体時 プラグ単体時 接 続 時 取付ねじサイズ プラグ:R 1/4 • R 3/8 • R 1/2、ソケット:Rc 1/4 • Rc 3/8 • Rc 1/2 ー ー 使用可能 最高使用圧力 ※1 2.0MPa {20kgf/cm2} 耐圧力 ※2 3.0MPa {30kgf/cm2} 接続時の空気混入量 ※使用条件によって異なります (mL) シール材質 シール材質 表示記号 使用温度範囲 備 考 製品型式 HW-2S-F × HW-2P-M HW-3S-F × HW-3P-M HW-4S-F × HW-4P-M 使用温度範囲 ※3 ふっ素ゴム FKM (X-100) -20˚C~+180˚C 標準材質 空気混入量 1.2 2.7 3.9 ※1:カプラを連続使用する際に、常時加わる圧力の許容値を示します。   繰返し最高使用圧力を超えて使用すると、漏れや破損の原因となります。 ※2:一時的に圧力が上昇しても、カプラの性能に支障をきたさない圧力の限界値を示します。 分離時の液だれ量 ※使用条件によって異なります (mL) ※3:使用可能な温度範囲は、使用条件によって異なります。 製品型式 HW-2S-F × HW-2P-M HW-3S-F × HW-3P-M HW-4S-F × HW-4P-M 推奨最大締付トルク N•m {kgf •cm} 液だれ量 0.8 2.1 3.2 取付ねじサイズ R 1/4 • Rc 1/4 R 3/8 • Rc 3/8 R 1/2 • Rc 1/2 トルク値 9 {92} 12 {122} 30 {306} 流量ー圧力損失特性図 ソケットまたはプラグの取付け、取外しは六角部にスパナを掛けてください。 〔測定条件〕 ●流体名:水 ●水 温:25˚C±5˚C 1.0 流体の流れ方向 {10} HW-3S-F×HW-3P-M 流体はソケット側・プラグ側のどちらからでも流せます。 HW-2S-F×HW-2P-M 0.1 {1} HW-4S-F×HW-4P-M 0.01 {0.1} 互換性 サイズが異なる場合は接続できません。また、同サイズの弊社製SPカプラType Aで あれば、取付形状にかかわらず接続できます。ただし、SPカプラType Aは本品とシ 0.001 ール材の特性が異なるため、製品仕様および耐久性が異なります。本品の使用範囲 {0.01} 1 10 100 内において、必ず貴社使用環境・条件にて実機確認を行ってください。 流量Q [L /min] 最小断面積 (mm2) 製品型式 HW-2S-F × HW-2P-M HW-3S-F × HW-3P-M HW-4S-F × HW-4P-M 最小断面積 26 51 73 製品型式・寸法表 プラグ めねじ取付用 ソケット おねじ取付用 T T H C H L L 製品型式 相手側取付 寸 法 (mm) 製品型式 相手側取付 寸 法 (mm) ねじサイズ 質量 (g) ねじサイズ 質量 (g) L C øD H T L øD H T HW-2P-M Rc 1/4 41 (44) 22 18.5 六角17 R 1/4 HW-2S-F R 1/4 150 (66) 28 六角19 Rc 1/4 HW-3P-M Rc 3/8 71 (51) 25 23 六角21 R 3/8 HW-3S-F R 3/8 247 (74) 35 六角24 Rc 3/8 HW-4P-M Rc 1/2 149 (62) 28 30 六角27 R 1/2 HW-4S-F R 1/2 480 (87) 45 六角30 Rc 1/2 使用上のお願い ご使用の際は、カプラ製品総合カタログの【カプラ全般に関するご注意】と製品に添付されている【注意書】を必ずお読みになり、正しく安全にお使いください。 登録販売店 本社/研究所 〒146-8555 東京都大田区仲池上2-9-4/Tel:03-3755-1111 (大代表) 大 阪 支 店 〒537-0001 大阪市東成区深江北2-10-10/Tel:06-6973-5501 (代表) 名古屋支店 〒465-0092 名古屋市名東区社台3-173-2/Tel:052-726-9041 (代表) 日東会会員章 営 業 所 札幌・仙台・新潟・松本・北関東・水戸・埼玉・八王子・静岡・浜松・三河・北陸・京滋・兵庫・高松・岡山・広島・ お求めは上記マ-クの       福岡・熊本/アメリカ・メキシコ・イギリス・ドイツ・シンガポ-ル・タイ・インド・オーストラリア・中国 日東会加盟店で ホームページ www.nitto-kohki.co.jp ●お客様相談窓口(土・日・祝日を除く)  受付時間/AM8:30~ 0120-210- PM5: 216 15 このカタログの記載内容は2016年10月現在のものです。 改良のため予告なしに変更する場合がありますのでご了承ください。 16JW15- 1 D 圧力損失△P [MPa {kgf/cm2}] D