1/84ページ
カタログの表紙 カタログの表紙 カタログの表紙
カタログの表紙

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(3.8Mb)

リニアオリフィスショックアブソーバシリーズ

製品カタログ

コガネイのショックアブソーバ5シリーズを紹介します。

KSHJシリーズ(固定式)KSHWシリーズ(耐環境仕様)KSHYシリーズ(耐偏角仕様)KSHPシリーズ(調整式)
KSHCシリーズ(クリーン仕様)

このカタログについて

ドキュメント名 リニアオリフィスショックアブソーバシリーズ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 3.8Mb
取り扱い企業 株式会社コガネイ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

この企業の関連カタログの表紙
IOターミナル
製品カタログ

株式会社コガネイ

この企業の関連カタログの表紙
ロボットジョイントアイエイアイロボット対応
製品カタログ

株式会社コガネイ

この企業の関連カタログの表紙
ロボットジョイントEPSONロボット対応
製品カタログ

株式会社コガネイ

このカタログの内容

Page1

CMYK Catalog No.A5051-③ シリーズ ロングストローク NEW 高速・高負荷タイプ バリエーションアップ! KSHJ(固定式) KSHW(耐環境) KSHP(調整式) KSHC(クリーン仕様) KSHY(耐偏角)
Page2

CMYK シリーズバリエーション KSHJシリーズ(固定式)●⑧ページ KSHJ8×8 KSHJ4×3 KSHJ10×10 KSHJ6×4 KSHJ6×6 ●ベーシックな吸収能力固定式のショックアブソーバです。 KSHJ10×15 KSHJ8×5  全 18サイズ、176形式から選べます。 KSHJ12×10 KSHJ14×12 ●長寿命とロープライスで、メンテナンスの負担を軽減します。 KSHJ16×15 ●高速・高負荷対応のロングストロークタイプがバリエーションアップ! KSHJ18×16 NEW ロングストローク高速・高負荷タイプ KSHJ42×50 KSHJ42×70 KSHJ48×50 KSHWシリーズ(耐環境仕様)●㉚ページ ●防滴・防塵・防錆・H1オイル仕様の4つの機能を兼ね備えた 耐環境仕様です。 ●機械の切削工程、食品機械等、従来品では対応困難であった 使用環境への耐性を向上させました。 切削工程 食品機械 KSHW8×5 KSHW10×6 KSHW12×6 KSHW14×8 KSHW16×8 KSHW20×10 RoHS指令対応品 KSHYシリーズ(耐偏角仕様)●㊵ページ ●回転体または偏角度のある衝撃吸収に対応した仕様です。 ●各サイズ 10°までの偏角度に対応可能です。 MAX MAX ●ロッド先端は標準で球面加工されています。 10° MAX 10° ●キャップ付きも選択できます。 1R0o°HS指令対応品 球面加工 KSHYカタログ 取り扱い要領と注意事項 29ページ 取付け 1.荷重方向と~ の項目に追加 MAX キャップ付 MAX 10° MAX 10° 指示なき各カドC0.2 コガネイ要求(KS97559)の使用禁止物質を含まないこと。 スミR0.3以下 10° KSHYカタログ KSHY6×4 KSHY8×5 KSHY10×6 KSHY12×6 KSHY14×8 KSHY16×8 KSHY20×10 取り扱い要領と注意事項 29ページ 取付け 1.荷重方向と~ の項目に追加 注意 ご使用になる前に⑤ページの「安全上のご注意」を必ずお読みください。 1 指示なき各カドC0.2 コガネイ要求(KS97559)の使用禁止物質を含まないこと。 スミR0.3以下
Page3

CMYK ■お客様の使用条件に合ったショックアブソーバの 選定ができます。 ショックアブソーバ  詳細はコガネイのホームページをご覧ください。 空気圧機器の選定  http://www.koganei.co.jp KSHPシリーズ(調整式)●ページ KSHP6,KSHP8の場合 ●衝突速度や負荷に合わせて、調整ノブを回転させ吸収能力の 微調整が可能なタイプです。 ●バリエーション全 12サイズ、35形式の中から選べます。 KSHP6×4 KSHP8×6 KSHP10×8 KSHP12×10 KSHP14×12 KSHP16×15 KSHP18×20 KSHP20×22 KSHP25×25 KSHP30×30 KSHP36×50 KSHP42×50 KSHCシリーズ(クリーン仕様)●ページ ●クリーンルームで使用可能なタイプです。 ● 0.1μmパーティクル換算でクリーン度 JIS、ISOクラス 5相当(FED・STDクラス100相当)の実力です。 ●パーティクルポケット構造を採用して粉塵の飛散を防止して います。 ●作動油、樹脂にシリコンを使用していません。 ●M4〜M25まで9サイズ 40形式。 パーティクル ポケット リニアオリフィス構造 リニアにオリフィスが変化するリニアオリフィス機構により、スムーズな衝撃吸 収特性と長寿命を実現しました。 リニアオリフィス構造は、インナーチューブを必要とせず本体内径を大きくと ることができるため、ワンランク大きいねじサイズのショックアブソーバと同 シングルオリフィスタイプショックアブソーバ 等の性能を発揮して、架台や装置の振動を小さくします。 マルチオリフィスタイプショックアブソーバ ●作動原理 M ストローク ピストンがストロー クすることにより 衝 リニアオリフィスタイプショックアブソーバ M 撃 油の流路が無段階 値 に絞られてソフトに 衝撃を吸収します。 流路大 流路小 ストローク ●「リニアオリフィス」は株式会社コガネイの登録商標です。 2
Page4

CMYK リニアオリフィスショックアブソーバ製品一覧 基本形 耐環境 耐偏角 調整式 クリーン仕様 オプション サイズ KSHJ KSHW KSHY KSHP KSHC キャップ ストッパナット サイドマウント M4×0.5 ● ● M6×0.75 ● ● ● ● M8×0.75 ● ● ● ● ● M8×1 ● ● ● ● ● M10×1 ● ● ● ● M12×1 ● ● ● ● ● M14×1.5 ● ● ● ● ● M16×1.5 ● ● ● ● ● 樹脂キャップ 注1 M18×1.5 ● ● M20×1.5 ● ● ● ● ● M22×1.5 ● M25×1.5 ● ● ● 注3 M25×2 ● M27×1.5 ● M27×3 ● M30×1.5 ● ● M33×1.5 ● ラバーキャップ 注2 M36×1.5 ● ● M42×1.5 ● ● M45×1.5 ● M48×2 ● 注1:KSHWにはありません。  2:KSHP12 〜 42のみ。  3:ストッパナットの材質は軟鋼(ニッケルめっき)です。KSHWには軟鋼(ニッケルめっき)の他にステンレス製もあります。 3
Page5

CMYK 固定式 リニアオリフィス ショックアブソーバ KSHJ シリーズ 8 ページ     リニアオリフィス プロテクション ショックアブソーバ KSHW シリーズ 30 ページ     耐偏角仕様 リニアオリフィス ショックアブソーバ KSHY シリーズ 40 ページ     調整式 リニアオリフィス ショックアブソーバ KSHP シリーズ 54 ページ     クリーン仕様 リニアオリフィス ショックアブソーバ KSHC シリーズ 66 ページ     アディショナルパーツ 77 ページ     4 ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ アディショナルパーツ KSHC KSHP KSHY KSHW KSHJ
Page6

安全上のご注意

安全上のご注意(ショックアブソーバ)  ご使用になる前に必ずお読みください。 機種の選定および当該製品のご使用前に、この「安全上のご注意」をよくお読みの上、正しくお使いください。 以下に示す注意事項は、製品を安全に正しくお使いいただき、あなたや他の人々への危害や財産の損害を未然に防止するためのものです。 ISO4414(Pneumatic fluid power - General rules and safety requirements for systems and components), JIS B 8370(空気圧システム通則)の安全規則と併せて必ず守ってください。 指示事項は危険度、障害度により「危 険」、「警 告」、「注 意」、「お願い」に区分けしています。  明らかに危険が予見される場合を表わします。 危 険 表示された危険を回避しないと、死亡もしくは重傷を負う可能性があります。 または財産の損傷、損壊の可能性があります。 直ちに危険が存在するわけではないが、状況によって危険となる場合を表わします。 警 告 表示された危険を回避しないと、死亡もしくは重傷を負う可能性があります。 または財産の損傷、損壊の可能性があります。 直ちに危険が存在するわけではないが、状況によって危険となる場合を表わします。 注 意 表示された危険を回避しないと、軽度もしくは中程度の傷を負う可能性があります。 または財産の損傷、損壊の可能性があります。 お願い 負傷する等の可能性はないが、当該製品を適切に使用するために守っていただきたい内容です。 ■当該製品は、一般産業機械用部品として、設計、製造されたものです。 ■機器の選定および取扱いにあたっては、システム設計者または担当者等十分な知識と経験を持った人が必ず「安全上の注意」、「カタログ」、 「取扱説明書」等を読んだ後に取扱ってください。取扱いを誤ると危険です。 ■「取扱説明書」等をお読みになった後は、当該製品をお使いになる方がいつでも読むことができるところに、必ず保管してください。 ■「取扱説明書」等は、お使いになっている当該製品を譲渡されたり貸与される場合には、必ず新しく所有者となられる方が安全で正しい使い 方を知るために、製品本体の目立つところに添付してください。 ■この「安全上のご注意」に掲載しています危険・警告・注意はすべての場合を網羅していません。カタログ、取扱説明書をよく読んで常に安全を 第一に考えてください。 ●製品の上に負荷をかけたり、物を置かないでください。製品の破損、 危険 損傷による能力低下、機能停止等の原因になります。 ●下記の用途に使用しないでください。 ●低頻度(30日超える)での使用は、摺動部に固着現象が発生するこ  1. 人命および身体の維持、管理等に関わる医療器具 とがあり、衝突による異常作動を引き起こす可能性があります。最  2. 人の移動や搬送を目的とする機構、機械装置 低作動頻度として30日に1回は試し作動をして正常な動きを確認し  3. 機械装置の重要保安部品 てください。  当該製品は、高度な安全性を必要とする用途に向けて企画、設計さ ●海浜直射日光下や水銀燈付近などやオゾンの発生する装置近くで れていません。人命を損なう可能性があります。 使用しないでください。オゾンによるゴム部品の劣化で性能・機能 ●発火物、引火物等の危険物が存在する場所で使用しないでください。 の低下や機能停止の原因になります。 当該製品は防爆形ではありません。発火、引火の可能性があります。 ●当社製品は多様な条件下で使用されるため、そのシステムの適合 ●製品を取り付ける際には、必ず確実な保持、固定(ワークを含む) 性の決定は、システム設計の責任者が十分に評価した上で行なって を行なってください。取付部は、十分な強度にしてください。製品 ください。 の転倒、落下、破損等によって、ケガをする可能性があります。  システムの所期の性能、安全性の保証は、システムの適合性を決 ●製品は絶対に改造しないでください。異常作動によるケガなどの 定した設計者の責任になります。最新のカタログ、技術資料により、 原因になります。 仕様の内容を十分に検討評価し、機器の故障の可能性について考 ●製品の基本構造や性能・機能に関わる不適切な分解組立、修理は 慮していただき、フェイルセーフ等の安全性・信頼性を確保したシス 行なわないでください。ケガなどの原因になります。 テムを構成してください。 ●製品に水をかけないでください。(KSHW を除く) ●製品を洗浄したり、水中で使用したりすると異常作動による 注意 怪我などの原因になります。 ●直射日光(紫外線)のあたる場所、高温多湿の場所、塵埃、塩分、 ●製品の作動中は、手を触れたり、身体を近づけないでください。 鉄粉のある場所、流体および雰囲気中に有機溶剤、リン酸エステ また、装置の作動中にショックアブソーバの取付け、調整作業等は、 ル系作動油、亜硫酸ガス、塩素ガス、酸類等が含まれている時は、 行なわないでください。装置が不意に動くなどして、ケガをする可能 使用しないでください。短期間での機能停止、急激な性能低下も 性があります。 しくは寿命の低下を招きます。なお材質については各主要部材質 を参照してください。 警告 ●製品の取り付けには、作業スペースの確保をお願いします。作業 ●製品の仕様範囲外では使用しないでください。仕様範囲外で使 スペースの確保がされないと日常点検や、メンテナンスなどができ 用されますと、製品の故障、機能停止や破損の原因となります。ま なくなり装置の停止や製品の破損につながります。 た著しい寿命の低下を招きます。 ●重量のある製品の運搬、取付時はリフトや支持具で確実に支えた ● ショックアブソーバ後端面の小ねじは、絶対に緩めたり取り外し り、複数の人により行なう等、人身の安全を確保して十分に注意 たりしないでください。内部に封入されているオイルが漏れ出し して行なってください。また、必要に応じて保護手袋、安全靴等 てショックアブソーバの機能を損ない、ケガの原因になります。 を着用して安全を確保してください。 ●製品に関する保守点検、整備、または交換等の各種作業は必ず、 ●据付・調整等の作業をする場合は、不意にエア・電源等が入らぬよ 装置の電源、エア源を切り、装置が完全に停止したことを確認 う、作業中の表示をしてください。不意にエア・電源等が入ると装 してから行なってください。 置の作動により、ケガをする可能性があります。 ●製品の取り付けは、必ず取扱い要領と注意事項を守って取り ●摺動部には、一切の潤滑剤を塗布しないでください。使用材質 付けてください。また、取り付けた製品は作動前に取付ナットの の物性変化、劣化の原因や、機能の低下を招きます。 締め忘れ、緩み等がないことを確認してから作動させてください。 ●キャップ付ショックアブソーバを仕様範囲外で使用されますと、 取付ナットに緩み等がありますと機器の破損、事故の原因となり キャップの破損、飛散等によりケガをする可能性があります。ま ます。 た、キャップにヒビ、ワレが生じた場合は、速やかに交換願います。 ●製品は火中に投じないでください。製品が破裂、発火したり、有毒 ガスが発生する可能性があります。 5
Page7

安全上のご注意(ショックアブソーバ)  ご使用になる前に必ずお読みください。 ●ショックアブソーバに使用しているオイルまたは、グリスに触れた 後には、必ず手洗いを十分に行ってください。オイルまたは、グリ スが付着した手で煙草を吸うと、煙草に付着したオイルまたは、グ リスが燃焼し、有害ガスが発生する恐れがあります。 ●振動防止用として、カタログ値を超える高頻度で使用しないで ください。著しい寿命の低下を招きます。 ●シ ョックアブソーバを使用する際には、衝突物の速度を徐々に上げて ください。いきなり速度を上げて使用すると機器の破損やケガの原 因になります。 お願い ●「カタログ」、「取扱説明書」等に記載のない条件や環境での使用、 および航空施設、燃焼装置、娯楽機械、安全機器、その他人命や 財産に大きな影響が予測されるなど、特に安全性が要求される用 途への使用をご検討の場合は、定格、性能に対し余裕を持った使 い方やフェールセーフ等の安全対策に十分な配慮をしてください。 尚、必ず当社営業担当までご相談ください。 ●製品が使用不能、または不要になった場合は、産業廃棄物として「廃 棄物の処理および清掃に関する法律」その他、地方自治体等 の条例、規則等に従って適切な廃棄処理を行なってください。   KSHC シリーズ(クリーン仕様)および KSHJ シリーズ(シ ョートストロークタイプ)内部の特殊オイルは燃焼処理する と、腐蝕性で有害なフッ素(HF)が発生しますので徐害設備 を有する耐酸性の焼却炉で処理してください。大量の場合は 登録された廃棄物処理業者に依頼してください。 ●製品は寿命による性能・機能の低下があります。日常点検を実施 し、システム上必要な機能を満たしていることを確認して未然に事 故を防いでください。 ●製品を扱う場合は、必要に応じて保護手袋、保護メガネ、安全靴 等を着用して安全を確保してください。 ●仕様欄の最大吸収能力は、常温(20 〜 25℃)時の値です。使 用温度により能力および特性が変わりますのでご注意ください。 ●ショックアブソーバは衝突物の速度により吸収能力が変化します。 選定グラフの範囲内で使用してください。 ●製品に関してのお問い合わせは、最寄りの当社営業所または技術 サービスセンターにお願いいたします。住所と電話番号はカタロ グの巻末に表示してあります。 その他 ●下記の事項を必ずお守りください。 1. 当該製品を使用して空気圧システムを組む場合は当社の純正 保証および免責事項 部品または適合品(推奨品)を使用すること。 保守整備等を行なう場合、当社純正部品、または適合品(推奨品) 1. 保証期間 を使用すること。   当社製品についての保証期間は、製品納入後1年間です。 所定の手段・方法を守ること。  ※ 一部2年保証の製品がありますので、最寄の当社営業所ま 2. 製品の基本構造や性能・機能に関わる、不適切な分解組立は たは技術サービスセンターにご確認ください。 行なわないでください。 2. 保証の範囲および免責事項 (1)当 社および正規販売店・代理店で購入された製品が、保証 安全上のご注意全般についてお守りいただけない場合は、当社は一 期間内に当社の責により故障が生じた場合には、無償修理も 切の責任を負えません。 しくは無償交換をいたします。また保証期間内であっても、製 品には作動回数などの寿命を定めているものがありますので、 最寄の当社営業所または技術サービスセンターにご確認くださ い。 (2) 当社製品の保証は製品単体の保証です。したがって、当 社製品の故障および機能低下、性能低下に起因した付随 的損害(本製品の修理、交換に要した諸費用など)に関して は、当社は一切責任を負いません。 (3) 当社製品の故障および機能低下、性能低下により誘発され た損害、もしくはそれに起因した他の機器の損害に関しては、 当社は一切責任を負いません。 (4) 当社カタログおよび、取扱説明書に記載されている製品仕 様の範囲を超えた使用や保管、および取付け、据付、調整、 保守等の注意事項に記載された以外の行為がされた場合の 損害に関しては、当社は一切責任を負いません。 (5) 当社の責任以外での火災や、天災、第三者による行為、 お客様の故意または、過失等により当社製品が故障した場 合の損害に関しては、当社は一切責任を負いません。 6
Page8

7
Page9

KSHJシリーズ

CMYK シリーズ 受け止めます。 グラム(g)単位 から トン(t)単位 まで全18 サイズ1 76 形式 8 アディショナルパーツ KSHC KSHP KSHY KSHW KSHJ
Page10

CMYK エアシリンダの技術者が作ったショックアブソーバ (固定式) ●「リニアオリフィス」は株式会社コガネイの登録商標です。 KSHJ4×3 KSHJ6×4 豊富なバリエーション KSHJ6×6 KSHJ8×5 M4〜M48サイズまで KSHJ8×8 KSHJ10×10 全18サイズ176形式 KSHJ10×15 KSHJ12×10 KSHJ14×12 KSHJ16×15 KSHJ18×16 KSHJ42×50 幅広い衝突物質量に対応 KSHJ42×70 グラム(g)単位の M4 サイズからトン(t)単位の M48サイズまで幅広い衝突物に対応します。 幅広い衝突速度に対応 KSHJ48×50 最大衝突速度 0.8m/s ~ 3m/s に対応。 ストッパナット不要 ハイタクト対応 衝突から作動完了までの時間を短縮。ワーク質量や速度が変化し ワークを直接本体の端面で受けるので、ス ても、独自のリニアオリフィス機構が自己調整し、作動時間のムラを防ぎ トッパナットを取り付ける必要がありません。 ます。振動の低減と併せて生産性の向上に貢献します。 取付けが簡単で、省スペース化を実現します。 静音設計 本体全ねじ化 衝突時の衝撃値を低減したことで、ワーク衝突時の音がより小さく なりました。 本体を全てねじ化したことで、取付範囲を最 大限に使用でき、放熱性も向上します。 ショートストロークタイプ 注:M4、M6 サイズ除く。 低速領域で、狭いスペースでの衝撃吸収に最適です。 ロングストローク高速・高負荷タイプ 吸収ストロークを長くすることにより、ソフトにショックを吸収 します。 9 注意 ご使用になる前に⑤ページの「安全上のご注意」を必ずお読みください。
Page11

CMYK NEW ロングストローク高速・高負荷タイプ バリエーションアップ! 吸収ストロークを長くすることにより、ソフトに衝撃を吸収することができます。 ロングストローク 高速・高負荷タイプ スタンダードタイプやショートストロークタイプに比べ、高速・高負荷に対応しています! 追加サイズ M4, M12 〜 M27 (例①) KSHJ ロングストロークタイプ ロングストローク高速・高負荷タイプの場合 スタンダードタイプの場合 KSHJ20×30-03 KSHJ20×16-02 衝突速度 衝突速度 最大 3m/s 最大 2m/s (例②) ロングストローク高速・高負荷タイプKのSHJ ロ場ングスト合ロークタイプ スタンダードタイプの場合 衝突速度 1m/s KSHJ20×30-01 衝突速度 1m/s KSHJ20×16-01 最大 最大 80kg 60kg ショートストロークタイプ(六角穴付) 全長を短縮し、省スペースでの衝撃吸収に最適! 同一外形ねじのスタンダードタ イプに比べ、全長比最大26% ダウン(M20の場合)。 全長が短いため、狭い場所で の衝撃吸収に最適です。さらに 六角穴付なので、細かい微調 整が簡単です。 スタンダード ショートストローク スタンダード ショートストローク KSHJ20×16 KSHJ20×10 KSHJ12×10 KSHJ12×6 ■ KSHJ 外径ねじサイズ一覧 形式 オプション サイズ 外径ねじサイズ×ピッチ ショートストローク スタンダード ロングストローク ●キャップ付 M4 — KSHJ4×3 KSHJ4×5 NEW M4×0.5 — M6 — KSHJ6×4 KSHJ6×6 M6×0.75 — M8 KSHJ8×4 KSHJ8×5 KSHJ8×8 M8×0.75 M8×1 M10 KSHJ10×6 KSHJ10×10 KSHJ10×15 M10×1 — M12 KSHJ12×6 KSHJ12×10 KSHJ12×15 NEW M12×1 — M14 KSHJ14×8 KSHJ14×12 KSHJ14×20 NEW M14×1.5 — ●ストッパナット付 M16 KSHJ16×8 KSHJ16×15 KSHJ16×20 NEW M16×1.5 — M18 — KSHJ18×16 KSHJ18×30 NEW M18×1.5 — M20 KSHJ20×10 KSHJ20×16 KSHJ20×30 NEW M20×1.5 — M22 — KSHJ22×25 KSHJ22×30 NEW M22×1.5 — M25 — KSHJ25×25 KSHJ25×40 NEW M25×1.5 M25×2 M27 — KSHJ27×25 KSHJ27×40 NEW M27×1.5 M27×3 ●サイドマウント金具付 M30 — KSHJ30×30 — M30×1.5 — M33 — KSHJ33×30 — M33×1.5 — M36 — KSHJ36×50 — M36×1.5 — M42 — KSHJ42×50 KSHJ42×70 M42×1.5 — M45 — KSHJ45×50 — M45×1.5 — M48 — KSHJ48×50 — M48×2 — 10 93mm 69mm 24mm 66mm 48mm 18mm
Page12

取扱い要領と注意事項 5. ショックアブソーバ後端面の小ねじは、絶対に緩めたり取り外したり しないでください。内部に封入されているオイルが漏れ出してショック 一般注意事項 アブソーバの機能を損ない、機器の破損、事故の原因となります。 6. ショックアブソーバまたはストッパナットを取り付ける場合、下記の最 水滴、油滴などがかかる場所や粉塵が多い場所に取り付けるときは、 大締付トルクを守って取り付けてください。それ以上の力で締め付け カバーなどで保護してください。ピストンロッドへの水、油、粉塵の付 ると破損する可能性があります。 着、打痕や擦り傷により破損したり、寿命が短くなります。 N・m 形  式 最大締付トルク KSHJ4×3(C)-01,-02 0.5 取付け KSHJ4×5(C)-01,-02 0.5 KSHJ6×4(C)-01,-02 0.85 1. 荷重方向とショックアブソーバの軸線とがなす偏角度は⑰〜⑲ペー KSHJ6×6(C)-01,-02 0.85 ジの仕様値以下としてください。仕様値を超えて偏心荷重がかかる KSHJ8×4(C)-01,-02,-11,-12 2.5 と、破損および復帰不良の原因となります。仕様値を超えて偏心荷 KSHJ8×5(C)-01,-11 2.5 重がかかる可能性がある場合にはガイド等を設けてください。 KSHJ8×8(C)-01,-02,-11,-12 2.5 2. KSHJ10×6(C)-01,-02 6.5 ショックアブソーバを2個以上並列に取り付けて、吸収能力を上げる KSHJ10×10(C)-01,-02 6.5 ような使用方法は可能です。但し、各ショックアブソーバに負荷が均 KSHJ10×15(C)-01,-03 6.5 等にかかる様にしてください。 KSHJ12×6(C)-01,-02 8.0 3. ストロークにより能力を調整したい場合は、ストッパナット(-S)で調整 KSHJ12×10(C)-01,-02 8.0 するか、外部ストッパを設けてください。 KSHJ12×15(C)-01,-03 8.0 4. キ KSHJ14×8(C)-01,-02 12.0 ャップ付を使用する場合は、ストロークエンドでキャップに荷重がか KSHJ14×12(C)-01,-02 12.0 からないようにストッパナット(-S)を取り付けるか、外部ストッパを設け KSHJ14×20(C)-01,-03 12.0 てください。ストッパナットの取付位置は下表の寸法以下で取り付け KSHJ16×8(C)-01,-02 20.0 てください。 KSHJ16×15(C)-01,-02 20.0   なお、ストッパナット(-S)または、外部ストッパがなくても使用できます KSHJ16×20(C)-01,-03 20.0 KSHJ18×16(C)-01,-02 25.0 が、長期間使用しますとキャップの変形や磨耗により停止位置が変 KSHJ18×30(C)-01,-03 25.0 わります。 KSHJ20×10(C)-01,-02 30.0 mm KSHJ20×16(C)-01,-02 30.0 形  式 A KSHJ20×30(C)-01,-03 30.0 KSHJ4×3C-01,-02 3 KSHJ22×25(C)-01,-02 35.0 KSHJ4×5C-01,-02 5 KSHJ22×30(C)-01,-03 35.0 KSHJ6×4C-01,-02 4 KSHJ25×25(C)-01,-11,-12 42.0 KSHJ6×6C-01,-02 6 KSHJ25×40(C)-01,-03,-11,-13 42.0 KSHJ8×4C-01,-02,-11,-12 4 KSHJ27×25(C)-01,-02,-11,-12 42.0 KSHJ8×5C-01,-11 5 KSHJ27×40(C)-01,-03,-11,-13 42.0 KSHJ8×8C-01,-02,-11,-12 8 KSHJ30×30(C)-01,-02,-03 60.0 KSHJ10×6C-01,-02 6 KSHJ33×30(C)-01,-02,-03 60.0 KSHJ10×10C-01,-02 10 KSHJ36×50(C)-01,-02,-03 72.0 KSHJ10×15C-01,-03 15 KSHJ42×50(C)-01,-02 85.0 KSHJ12×6C-01,-02 6 KSHJ42×70(C)-01,-02 85.0 KSHJ12×10C-01,-02 10 KSHJ45×50(C)-01,-02 85.0 KSHJ12×15C-01,-03 15 KSHJ48×50(C)-01,-02 120.0 KSHJ14×8C-01,-02 8 注:KSHJ45×50(C)-01, -02の取付ナットはJIS B 1554(転がり軸受用ナット) KSHJ14×12C-01,-02 12 呼び番号AN09を使用しております。締め付けには引掛スパナ(呼び58 〜 KSHJ14×20C-01,-03 20 65または、呼び65 〜 70)を使用してください。 KSHJ16×8C-01,-02 8 KSHJ16×15C-01,-02 15 KSHJ16×20C-01,-03 20 引掛スパナ KSHJ18×16C-01,-02 16 KSHJ18×30C-01,-03 30 KSHJ20×10C-01,-02 10 KSHJ20×16C-01,-02 16 KSHJ20×30C-01,-03 30 KSHJ22×25C-01,-02 25 ナットの溝に引掛けて使用します KSHJ22×30C-01,-03 ナット外径 30 KSHJ25×25C-01,-11,-12 25 KSHJ25×40C-01,-03,-11,-13 40 KSHJ27×25C-01,-02,-11,-12 25 7. ショックアブソーバのピストンロッドに直接当たる面の硬度はHRc40 KSHJ27×40C-01,-03,-11,-13 40 以上にしてください(キャップ付は除く)。 KSHJ30×30C-01,-02,-03 30 8. 使用温度により、能力および特性が変わりますのでご注意ください。 KSHJ33×30C-01,-02,-03 30 KSHJ36×50C-01,-02,-03 50 KSHJ42×50C-01,-02 50 KSHJ42×70C-01,-02 70 KSHJ45×50C-01,-02 50 KSHJ48×50C-01,-02 50 A 11
Page13

選定要領 ■ショックアブソーバ選定方法 ■ショックアブソーバ選定例 【使用条件】 1.推力確認 ①使用シリンダ径:φ16   使用推力を確認し、⑬ページの推奨シリンダ径表から候補となるショッ ②シリンダストローク:100 mm = 0.1 m クアブソーバを確認する。推奨よりも小さいサイズのショックアブソーバ ③シリンダ印加圧力:0.6 MPa を使用した場合、保証以下の作動回数で破損する可能性がある。 ④シリンダ作動時間:0.4 s ⑤衝突物質量:7 kg 2.運動エネルギー確認   下記Ⅰ,Ⅱを確認し、[1.推力確認]で候補としたショックアブソーバ 1.推力確認 の選定グラフ( ⑭〜⑯ページ )を確認する。(※)  計算または⑬ページのシリンダ推力表から推力を求める。  Ⅰ 衝突物質量 m[kg]  ①,③からシリンダ推力は約121Nである。 Ⅱ 衝突速度 v[m/s] シリンダ推力 100.5N 120.6N 126N  vは平均速度ではなく、衝突速度のため シリンダ径 φ 16 < φ 16 < φ 20  シリンダ使用の場合、 印加圧力 0.5MPa 0.6MPa 0.4MPa  v=シリンダストローク[m]÷作動時間 [s]×2とする。 上記の通り、使用シリンダはφ16 だが、シリンダ印加圧力が 0.5MPa  Ⅰ,Ⅱが能力線で囲われた範囲の内側に入る形式を選定する。 を超えているため、φ20(0.4MPa 以下)として⑬ページの推奨シリ   複数の形式が当てはまる場合、最も能力線と使用条件が近いものを ンダ径表を確認する。 使用する。遠いものを選定すると作動時間が長くなる傾向がある。 候補となるのは以下の形式である。 ・KSHJ10 × 6  ・KSHJ10 × 10 ・KSHJ10 × 15 3.その他仕様確認 ・KSHJ12 × 6  ・KSHJ12 × 10 ・KSHJ12 × 15   最高使用頻度、単位時間当たりの最大吸収能力、偏角度、使用温 ・KSHJ14 × 8  ・KSHJ14 × 12 ・KSHJ14 × 20 度範囲等が選定したショックアブソーバの仕様範囲内かどうか確認する。 ・KSHJ16 × 15  ・KSHJ16 × 20 ※ 運動エネルギーE の値は下記計算式から求めることが出来る。ただし、 2.運動エネルギー確認 衝突速度によってショックアブソーバ吸収能力は変化する。低速で作動 Ⅰ ⑤より衝突物質量 m=7 kg する場合は高速で作動する場合よりもショックアブソーバの抗力が小さく Ⅱ ② , ④から衝突速度 v を求める。 なる。   v = ② 0.1 m ÷ ④ 0.4 s  × 2   仕様欄記載の最大吸収能力が発揮されるのは最大衝突速度の場合    = 0.5 m/s のみである。 選定グラフ(⑭〜⑯ページ)より使用条件に最適な吸収能力のショッ  そ のため、Eと最大吸収能力を比較して選定するのではなく、選定グ クアブソーバは KSHJ12×6-02 である。 ラフで能力確認する。 1 ● KSHJ10×6(六角穴付) ● KSHJ10×10  E= mv2 20 2 7>5  E:運動エネルギー [J] KSHJ10×6-01 4 15 KSHJ10×10-01  m:衝突物質量 [kg] 衝 衝 突 突  v:衝突速度 [m/s] 物 質 3 物 質 量 量10 m m 選定グラフの範囲 (kg)2 (kg)7 KSHJ10×10-02 KSHJ10×6-02 5 横軸範囲:最大衝突速度 ≧ v 衝突速度 ( 使用条件 ) 1 0 0 縦軸範囲:衝突速度 v m/s 時の m 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 0 0.5 1.0 1.5 2.0 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s)      ショックアブソーバ ≧ 衝突物質量 ● KSHJ10×15 ● KSHJ12×6(六角穴付)      最大衝突物質量  ( 使用条件 ) 20 KSHJ10×15-01 12 1で推力からショックアブソーバのサイズを絞り込んでいるため推力エネル KSHJ12×6-01 15 10 ギー計算は不要。 衝 衝 突 突 8 物 物 質 量10 質 7 ■コガネイ選定コンテンツ 量 6   m m コガネイホームページ上でも機器選定ができます。 (kg)7 KSHJ12×6-02 (kg) 4   http://www.koganei.co.jp をご覧ください。 5 KSHJ10×15-03 2   上記方法での選定結果とホームページ選定コンテンツの選定結 果が異なる場合もあります。その場合は、お手数ですがお問い 0 0 0 0.5 1.0 1.5 2.0 2.5 3.0 0 0.2 0.4 0.5 0.6 0.8 1.0 合わせください。 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) ・KSHJ10×6,10×10-02…吸収能力不足 ・ KSHJ10×15-03,12×6-01…KSHJ12×6-02 の方が使用条 件と能力線が近い。 ・ その他…全 て KSHJ12×6-02より吸収能力が大きく、使用条件と 能力線が遠い。 3.その他仕様確認   最高使用頻度、単位時間当たりの最大吸収能力、偏角度、使用 温度範囲等のその他使用条件が KSHJ12×6-02 の仕様範囲内 かどうか確認する。 12 アディショナルパーツ KSHC KSHP KSHY KSHW KSHJ
Page14

選定要領 ■推奨シリンダ径 シリンダ径 φ4 φ6 φ8 φ10 φ12 φ16 φ20 φ25 φ32 φ40 φ50 φ63 φ80 φ100 φ125 φ140 φ160 φ180 φ200 形式 KSHJ4×3 ◇ ◎ ○ KSHJ4×5 ◇ ◎ ○ KSHJ6×4 ◇ ◎ ○ KSHJ6×6 ◇ ◎ ○ KSHJ8×4(六角穴付) ◇ ◎ ◎ ○ KSHJ8×5 ◇ ◎ ◎ ○ KSHJ8×8 ◇ ◎ ◎ ○ KSHJ10×6(六角穴付) ◇ ◎ ◎ ○ KSHJ10×10 ◇ ◎ ◎ ○ KSHJ10×15 ◇ ◎ ◎ ○ KSHJ12×6(六角穴付) ◇ ◎ ◎ ○ KSHJ12×10 ◇ ◎ ◎ ○ KSHJ12×15 ◇ ◎ ◎ ○ KSHJ14×8(六角穴付) ◇ ◎ ◎ KSHJ14×12 ◇ ◎ ◎ ○ KSHJ14×20 ◇ ◎ ◎ ○ KSHJ16×8(六角穴付) ◇ ◎ ◎ ○ KSHJ16×15 ◇ ◎ ◎ ○ KSHJ16×20 ◇ ◎ ◎ ○ KSHJ18×16 ◇ ◎ ○ KSHJ18×30 ◇ ◎ ○ KSHJ20×10(六角穴付) ◇ ◎ ◎ ○ KSHJ20×16 ◇ ◎ ○ KSHJ20×30 ◇ ◎ ○ KSHJ22×25 ◇ ◎ ○ KSHJ22×30 ◇ ◎ ○ KSHJ25×25 ◇ ◎ ◎ ○ KSHJ25×40 ◇ ◎ ◎ ○ KSHJ27×25 ◇ ◎ ◎ ○ KSHJ27×40 ◇ ◎ ◎ ○ KSHJ30×30 ◇ ◎ ◎ ○ KSHJ33×30 ◇ ◎ ◎ ○ KSHJ36×50 ◇ ◎ ◎ ○ ○ KSHJ42×50 ◇ ◇ ◎ ◎ ○ ○ KSHJ42×70 ◇ ◇ ◎ ◎ ○ ○ KSHJ45×50 ◇ ◇ ◎ ◎ ○ ○ KSHJ48×50 ◇ ◇ ◎ ◎ ◎ ○ ○ ◇:0.3MPa 以上  ◎:0.5MPa 以下  ○:0.4MPa 以下 注: 推奨より小さいサイズのショックアブソーバを使用した場合、保証値以下の作動回数で破損する可能性があります。 ■シリンダ推力 受圧面積 空気圧力[MPa] シリンダ径 [mm2] 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 0.8 0.9 φ4 12.6 1.3 2.5 3.8 5 6.3 7.5 8.8 10.1 11.3 φ6 28.3 2.8 5.7 8.5 11.3 14.1 17.0 19.8 22.6 25.4 φ8 50.3 5 10.1 15.1 20.1 25.1 30.2 35.2 40.2 45.2 φ 10 78.5 7.9 15.7 23.6 31.4 39.3 47.1 55 62.8 70.7 φ 12 113 11.3 22.6 33.9 45.2 56.5 67.9 79.2 90.5 101.8 φ 16 201 20.1 40.2 60.3 80.4 100.5 121 141 161 181 φ 20 314 31.4 62.8 94.2 126 157 188 220 251 283 φ 25 491 49.1 98.2 147 196 245 295 344 393 442 φ 32 804 80.4 161 241 322 402 483 563 643 724 φ 40 1257 126 251 377 503 628 754 880 1005 1131 φ 50 1963 196 393 589 785 982 1178 1374 1571 1767 φ 63 3117 312 623 935 1247 1559 1870 2182 2494 2806 φ 80 5027 503 1005 1508 2011 2513 3016 3519 4021 4524 φ 100 7854 785 1571 2356 3142 3927 4712 5498 6283 7069 φ 125 12272 1227 2454 3682 4909 6136 7363 8590 9817 11045 φ 140 15394 1539 3079 4618 6158 7697 9236 10776 12315 13854 φ 160 20106 2011 4021 6032 8042 10053 12064 14074 16085 18096 φ 180 25447 2545 5089 7634 10179 12723 15268 17813 20358 22902 φ 200 31416 3142 6283 9425 12566 15708 18850 21991 25133 28274 13
Page15

選定要領 選定グラフ使用上の注意 1. 選定グラフはシリンダに使用する空気圧を0.5MPaで計算してあります。 2. 選定グラフは常温(20〜25℃)時の値です。使用温度により能力および特性が変わりますのでご注意ください。 3. 選定の際は、能力線の内側で能力線に近いショックアブソーバを選定してください。 4. コガネイホームページ上でも機器選定ができます。http://www.koganei.co.jpをご覧ください。   カタログ選定結果とホームページ選定結果が異なる場合があります。その場合は、お手数ですがお問い合わせください。 ■選定グラフ ● KSHJ4×3 ● KSHJ4×5 ● KSHJ6×4 1.2 2 4 1.0 KSHJ4×5-01 KSHJ4×3-01 1.5 3 衝 0.8 衝 突 KSHJ4×5-02 衝 突 突 物 物 物 質 KSHJ4×3-02 質 質 量 0.6 量 1 量 2 KSHJ6×4-01 m m m (kg)0.4 (kg) (kg) KSHJ6×4-02 0.5 1 0.2 0 0 0 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) ● KSHJ6×6 ● KSHJ8×4(六角穴付) ● KSHJ8×5 8 4 KSHJ6×6-01 3 6 KSHJ8×4-01 衝 3 衝 衝 突 突 突 物 物 2 物 質 質 質 KSHJ8×5-01,-11 量 2 量 量 4 m m KSHJ8×4-02 m (kg) KSHJ6× (kg) (kg) 6-02 1 1 2 0 0 0 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) ● KSHJ8×8 ● KSHJ10×6(六角穴付) ● KSHJ10×10 10 20 KSHJ8×8-01,-11 5 KSHJ10×6-01 8 4 15 KSHJ10×10-01 衝 衝 衝 突 突 物 6 突 物 質 KSHJ8×8-02,-12 物 質 3 質 量 量 量10 m 4 m m (kg) (kg)2 (kg) KSHJ10×10-02 KSHJ10×6-02 5 2 1 0 0 0 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 1.2 1.4 1.6 1.8 2.0 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 0 0.5 1.0 1.5 2.0 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) ● KSHJ10×15 ● KSHJ12×6(六角穴付) ● KSHJ12×10 20 20 KSHJ10×15-01 12 KSHJ12×6-01 KSHJ12×10-01 15 10 15 衝 衝 突 突 衝 8 物 物 突 質 質 物 量10 量 質 KSHJ12×10-02 6 量 10 m m KSHJ12×6-02 m (kg) (kg) 4 (kg) 5 5 KSHJ10×15-03 2 0 0 0 0 0.5 1.0 1.5 2.0 2.5 3.0 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 0 0.5 1.0 1.5 2.0 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) 14 アディショナルパーツ KSHC KSHP KSHY KSHW KSHJ
Page16

選定要領 ● KSHJ12×15 ● KSHJ14×8(六角穴付) ● KSHJ14×12 35 40 20 KSHJ14×12-01 30 KSHJ14×8-01 KSHJ12×15-01 30 衝 25 衝 15 衝 突 突 突 物 20 物 物 質 質 質 KSHJ14×12-02 量 量 10 量 20 m 15 m m (kg) (kg) (kg) 10 KSHJ14×8-02 5 10 5 KSHJ12×15-03 0 0 0 0 0.5 1 1.5 2 2.5 3 3.5 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 0 0.5 1.0 1.5 2.0 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) ● KSHJ14×20 ● KSHJ16×8(六角穴付) ● KSHJ16×15 55 100 50 30 45 KSHJ16×8-01 80 40 25 衝 衝 衝 KSHJ16×15-01 突 35 物 KSHJ14×20-01 突 20 突 物 物 60 質 30 質 質 量 25 量 15 量 m m m 40 (kg)20 (kg) (kg) 15 10 KSHJ16×8-02 KSHJ16×15-02 10 20 5 KSHJ14×20-03 5 0 0 0 0 0.5 1 1.5 2 2.5 3 3.5 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 0 0.5 1.0 1.5 2.0 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) ● KSHJ16×20 ● KSHJ18×16 ● KSHJ18×30 100 70 90 60 80 80 KSHJ16×20-01 KSHJ18×16-01 70 衝 50 衝 衝 KSHJ18×30-01 突 突 物 物 60 突 60 質 40 物 質 質 50 量 量 量 m 30 m 40 m 40 (kg) (kg) (kg) 20 30 KSHJ18×16-02 20 20 10 KSHJ16×20-03 10 KSHJ18×30-03 0 0 0 0 0.5 1 1.5 2 2.5 3 3.5 0 0.5 1.0 1.5 2.0 0 0.5 1 1.5 2 2.5 3 3.5 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) ● KSHJ20×10(六角穴付) ● KSHJ20×16 ● KSHJ20×30 100 50 KSHJ20×16-01 160 KSHJ20×10-01 80 140 40 KSHJ20×30-01 120 衝 衝 衝 突 突 突 物 物 60 KSHJ20×16-02 物100 質 30 質 質 量 量 量 80 m m 40 m (kg)20 (kg) (kg)60 KSHJ20×10-02 40 10 20 20 KSHJ20×30-03 0 0 0 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 0 0.5 1.0 1.5 2.0 0 0.5 1 1.5 2 2.5 3 3.5 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) ● KSHJ22×25 ● KSHJ22×30 ● KSHJ25×25 140 200 160 KSHJ25×25-11 KSHJ22 120 ×25-01 140 KSHJ22×30-01 100 150 120 衝 衝 衝 突 突 突 物 80 物100 物 質 KSHJ22×25-02 質 質 量 量 80 量100 m 60 m m KSHJ25×25-01,-12 (kg) (kg)60 (kg) 40 40 50 20 20 KSHJ22×30-03 0 0 0 0 0.5 1.0 1.5 2.0 0 0.5 1 1.5 2 2.5 3 3.5 0 0.5 1.0 1.5 2.0 15 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s)
Page17

選定要領 ● KSHJ25×40 ● KSHJ27×25 ● KSHJ27×40 300 200 300 KSHJ27×25-01,-11 250 250 KSHJ25×40-01,-11 150 KSHJ27×40-01,-11 衝 200 衝 衝 200 突 突 突 物 物 物 質 質 量 150 量100 質 量 150 m m KSHJ27×25-02,-12 m (kg)100 (kg) (kg)100 50 50 KSHJ25×40-03,-13 50 KSHJ27×40-03,-13 0 0 0 0 0.5 1 1.5 2 2.5 3 3.5 0 0.5 1.0 1.5 2.0 0 0.5 1 1.5 2 2.5 3 3.5 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) ● KSHJ30×30 ● KSHJ33×30 ● KSHJ36×50 500 500 1200 KSHJ30×30-01 KSHJ33×30-01 KSHJ36×50-01 450 450 1100 400 400 1000 900 衝 350 衝 350 衝 800 突 突 物 300 突 物 300 物 700 質 質 量 250 質 量 250 量 600 m 200 m 200 m 500 (kg) (kg) (kg) 150 KSHJ30×30-02 150 KSHJ33×30-02 400 300 KSHJ36×50-02 100 100 200 50 KSHJ30×30-03 50 KSHJ33×30-03 100 KSHJ36×50-03 0 0 0 0 0.5 1.0 1.5 2.0 2.5 3.0 0 0.5 1.0 1.5 2.0 2.5 3.0 0 0.5 1.0 1.5 2.0 2.5 3.0 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) ● KSHJ42×50 ● KSHJ42×70 ● KSHJ45×50 1600 2200 1600 1500 KSHJ42×50-01 KSHJ45×50-01 1400 2000 KSHJ42×70-01 1500 1400 1300 1800 1300 1200 1600 1200 衝 1100 衝 衝 1100 突 1000 突 1400 突 1000 物 900 物 質 質 1200 物 900 質 量 800 量 量 800 1000 m 700 m m 700 (kg) 600500 (kg) 800 (kg) 600500 400 600 300 KSHJ42×50-02 KSHJ42×70-02 400 400 300 KSHJ45×50-02 200 100 200 200 100 0 0 0 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 1.2 1.4 1.6 1.8 2.0 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 1.2 1.4 1.6 1.8 2.0 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 1.2 1.4 1.6 1.8 2.0 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) 衝突速度 v(m/s) ● KSHJ48×50 3000 2800 KSHJ48×50-01 2600 2400 2200 衝 2000 突 物 1800 質 1600 量 1400 m 1200 (kg)1000 800 600 400 KSHJ48×50-02 200 0 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 1.2 1.4 1.6 1.8 2.0 衝突速度 v(m/s) 16 アディショナルパーツ KSHC KSHP KSHY KSHW KSHJ
Page18

リニアオリフィス ショックアブソーバ KSHJシリーズ 仕様 形式 項目 KSHJ4×3-01 KSHJ4×3-02 KSHJ4×5-01 KSHJ4×5-02 KSHJ6×4-01 KSHJ6×4-02 最大吸収能力 J 0.3 0.2 0.4 0.3 0.5 0.3 吸収ストローク mm 3 5 4 衝突速度範囲 m/s 0.1〜0.8 0.1〜1 0.1〜1 0.1〜1 最高使用頻度 cycle/min 90 単位時間当たりの最大吸収能力 J/min 10 8 20 スプリング戻り力注1 N 2 1.5 3 偏角度 1°以下 使用温度範囲注2 ℃ 0〜60 形式 ×4-02, -12 項目 KSHJ6×6-01 KSHJ6×6-02 KSHJ8×4-01, -11 KSHJ8 KSHJ8 , -11 (六角穴付) (六角穴付) ×5-01 最大吸収能力 J 1 0.5 0.75 0.5 1 吸収ストローク mm 6 4 5 衝突速度範囲 m/s 0.1〜1 0.1〜1 0.1〜1 最高使用頻度 cycle/min 30 60 90 単位時間当たりの最大吸収能力 J/min 15 15 36 スプリング戻り力注1 N 4 6 6 偏角度 1°以下 使用温度範囲注2 ℃ 0〜60 形式 項目 KSHJ8×8-01, -11 KSHJ8×8-02, -12 KSHJ10×6-01 KSHJ10×6-02 KSHJ10 10-01 KSHJ10 ) (六角穴付) × ×10-02 (六角穴付 最大吸収能力 J 2 1.25 0.75 3 吸収ストローク mm 8 6 10 衝突速度範囲 m/s 0.1〜1 0.1〜2 0.1〜1 0.1〜1 0.1〜2 最高使用頻度 cycle/min 90 60 90 単位時間当たりの最大吸収能力 J/min 60 45 120 スプリング戻り力注1 N 8.6 8 8 偏角度 1°以下 使用温度範囲注2 ℃ 0〜60 形式 項目 KSHJ10×15-01 KSHJ10×15-03 KSHJ12×6-01 KSHJ12×6-02 KSHJ12 10-01 KSHJ12 穴付) (六角穴付) × ×10-02 (六角 最大吸収能力 J 5 6.5 3 2 6 吸収ストローク mm 15 6 10 衝突速度範囲 m/s 0.1〜1 0.1〜3 0.1〜1 0.1〜1 0.1〜2 最高使用頻度 cycle/min 90 60 単位時間当たりの最大吸収能力 J/min 200 80 220 スプリング戻り力注1 N 9.8 8 7.6 偏角度 1°以下 使用温度範囲注2 ℃ 0〜60 形式 4×8-01 KSHJ14×8-02 項目 KSHJ12×15-01 KSHJ12×15-03 KSHJ1 KSHJ14 2-01 KSHJ14 (六角穴付) (六角穴付) ×1 ×12-02 最大吸収能力 J 7.5 9 5 3.25 10 吸収ストローク mm 15 8 12 衝突速度範囲 m/s 0.1〜1 0.1〜3 0.1〜1 0.1〜1 0.1〜2 最高使用頻度 cycle/min 50 60 60 単位時間当たりの最大吸収能力 J/min 120 100 240 スプリング戻り力注1 N 9 12.5 9.2 偏角度 1°以下 使用温度範囲注2 ℃ 0〜60 注1:スプリング戻り力はフルストローク時のピストンロッド復帰力であり、安定しないため、機能として使用できません。  2:ショックアブソーバは、速度や雰囲気温度により吸収能力が増減します。必ず⑭〜⑯ページ選定グラフの能力線範囲内で使用してください。 17
Page19

仕様 形式 項目 KSHJ14×20-01 KSHJ14×20-03 KSHJ16×8-01 KSHJ16×8-02 KSHJ16 5-01 KSHJ16 5-02 (六角穴付) (六角穴付) ×1 ×1 最大吸収能力 J 12.5 15 7.5 5 15 吸収ストローク mm 20 8 15 衝突速度範囲 m/s 0.1〜1 0.1〜3 0.1〜1 0.1〜1 0.1〜2 最高使用頻度 cycle/min 40 40 単位時間当たりの最大吸収能力 J/min 140 130 280 スプリング戻り力注1 N 12 12.5 17.4 偏角度 1°以下 3°以下 使用温度範囲注2 ℃ 0〜60 形式 項目 KSHJ16×20-01 KSHJ16×20-03 KSHJ18×16-01 KSHJ18×16-02 KSHJ18×30-01 KSHJ18×30-03 最大吸収能力 J 17.5 20 20 22 27 吸収ストローク mm 20 16 30 衝突速度範囲 m/s 0.1〜1 0.1〜3 0.1〜1 0.1〜2 0.1〜1 0.1〜3 最高使用頻度 cycle/min 30 40 25 単位時間当たりの最大吸収能力 J/min 160 320 200 スプリング戻り力注1 N 12 22 21 偏角度 1°以下 3°以下 1°以下 使用温度範囲注2 ℃ 0〜60 形式 KSHJ20×10-01 KSHJ20×10-02 項目 KSHJ20 16-01 KSHJ20 -02 KSHJ20 (六角穴付) (六角穴付) × ×16 ×30-01 KSHJ20×30-03 最大吸収能力 J 12.5 8 30 40 45 吸収ストローク mm 10 16 30 衝突速度範囲 m/s 0.1〜1 0.1〜1 0.1〜2 0.1〜1 0.1〜3 最高使用頻度 cycle/min 40 30 25 単位時間当たりの最大吸収能力 J/min 200 450 300 スプリング戻り力注1 N 15 22 21 偏角度 3°以下 1°以下 使用温度範囲注2 ℃ 0〜60 形式 項目 KSHJ22×25-01 KSHJ22×25-02 KSHJ22×30-01 KSHJ22×30-03 KSHJ25×25-01 最大吸収能力 J 50 40 45 60 吸収ストローク mm 25 30 25 衝突速度範囲 m/s 0.1〜1 0.1〜2 0.1〜1 0.1〜3 0.1〜1.5 最高使用頻度 cycle/min 30 25 30 単位時間当たりの最大吸収能力 J/min 500 300 700 スプリング戻り力注1 N 28.5 21 28.5 偏角度 3°以下 1°以下 3°以下 使用温度範囲注2 ℃ 0〜60 形式 項目 KSHJ25×25-11 KSHJ25×25-12 KSHJ25×40-01,-11 KSHJ25×40-03,-13 KSHJ27×25-01,-11 KSHJ27×25-02,-12 最大吸収能力 J 60 70 90 60 吸収ストローク mm 25 40 25 衝突速度範囲 m/s 0.1〜1 0.1〜1.5 0.1〜1 0.1〜3 0.1〜1 0.1〜1.5 最高使用頻度 cycle/min 30 20 30 単位時間当たりの最大吸収能力 J/min 800 400 800 スプリング戻り力注1 N 28.5 42 28.5 偏角度 3°以下 1°以下 3°以下 使用温度範囲注2 ℃ 0〜60 注1:スプリング戻り力はフルストローク時のピストンロッド復帰力であり、安定しないため、機能として使用できません。  2:ショックアブソーバは、速度や雰囲気温度により吸収能力が増減します。必ず⑭〜⑯ページ選定グラフの能力線範囲内で使用してください。 18 アディショナルパーツ KSHC KSHP KSHY KSHW KSHJ
Page20

仕様 形式 項目 KSHJ27×40-01,-11 KSHJ27×40-03,-13 KSHJ30×30-01 KSHJ30×30-02 KSHJ30×30-03 最大吸収能力 J 70 90 140 吸収ストローク mm 40 30 衝突速度範囲 m/s 0.1〜1 0.1〜3 0.1〜1 0.1〜2 0.1〜3 最高使用頻度 cycle/min 20 単位時間当たりの最大吸収能力 J/min 400 900 スプリング戻り力注1 N 42 41.5 偏角度 1°以下 3°以下 使用温度範囲注2 ℃ 0〜60 形式 項目 KSHJ33×30-01 KSHJ33×30-02 KSHJ33×30-03 KSHJ36×50-01 KSHJ36×50-02 KSHJ36×50-03 最大吸収能力 J 140 300 吸収ストローク mm 30 50 衝突速度範囲 m/s 0.1〜1 0.1〜2 0.1〜3 0.1〜1 0.1〜2 0.1〜3 最高使用頻度 cycle/min 20 20 単位時間当たりの最大吸収能力 J/min 900 1800 スプリング戻り力注1 N 41.5 66.5 偏角度 3°以下 使用温度範囲注2 ℃ 0〜60 形式 項目 KSHJ42×50-01 KSHJ42×50-02 KSHJ42×70-01 KSHJ42×70-02 最大吸収能力 J 400 600 吸収ストローク mm 50 70 衝突速度範囲 m/s 0.1〜1 0.1〜2 0.1〜1 0.1〜2 最高使用頻度 cycle/min 15 15 単位時間当たりの最大吸収能力 J/min 2400 2400 スプリング戻り力注1 N 85.0 68.0 偏角度 3°以下 1°以下 使用温度範囲注2 ℃ 0〜60 形式 項目 KSHJ45×50-01 KSHJ45×50-02 KSHJ48×50-01 KSHJ48×50-02 最大吸収能力 J 400 500 吸収ストローク mm 50 50 衝突速度範囲 m/s 0.1〜1 0.1〜2 0.1〜1 0.1〜2 最高使用頻度 cycle/min 15 15 単位時間当たりの最大吸収能力 J/min 2400 3000 スプリング戻り力注1 N 85.0 86.0 偏角度 3°以下 使用温度範囲注2 ℃ 0〜60 注1:スプリング戻り力はフルストローク時のピストンロッド復帰力であり、    安定しないため、機能として使用できません。  2:ショックアブソーバは、速度や雰囲気温度により吸収能力が増減します。    必ず⑭〜⑯ページ選定グラフの能力線範囲内で使用してください。 19