1/20ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(12.3Mb)

クイック継手付スピードコントローラ ダイヤル付タイプ

製品カタログ

流量設定の作業工数が削減可能!流量設定が数値で見える!

◆0.5回転ごどの目盛り付き
◆調整が簡単なリニアな流量特性
◆業界最小。高さを低く抑えました。

◆詳細はカタログをダウンロードしご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 クイック継手付スピードコントローラ ダイヤル付タイプ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 12.3Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社コガネイ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

コンプライアンスライトθレス仕様
製品カタログ

株式会社コガネイ

ロボットジョイントEPSONロボット対応
製品カタログ

株式会社コガネイ

ロボットジョイントアイエイアイロボット対応
製品カタログ

株式会社コガネイ

このカタログの内容

Page1

Catalog No.A5050 流量設定の作業工数が削減可能! ● 0.5回転ごとの目盛り付き ● 調整が簡単なリニアな流量特性 ● 業界最小。高さを低く抑えました。 流量設定が数値で 見える!
Page2

表示記号 エルボ ユニオンストレート 特長 ダイヤル表示による流量確認が可能。表示は、側面(上・下)・上面の2カ所。(※) 側面目盛り下窓 側面目盛り上窓 上面目盛り(1回転毎表示) (表示回転数:1, 2, 3…) (表示回転数:0.5, 1.5, 2.5…) ※)エ ルボのメートルねじタイプ及びユニオンスト ※)ユニオンストレートはダイヤル表示の向きを360°調整することができます。 レートのφ4㎜に上面目盛りは付きません。 回転数と流量が比例して コンパクト化を実現。 増減するリニア特性。 目盛り付スピードコントローラでは、業界最小です。 微調整が可能な低流量タイプも用意。(※) 各機種の流量特性は⑧ページ以降をご覧ください。 ニードルが飛び出ないから 省スペース! ※) 当社スピードコントローラ低速制御タイプとは流量域が異なります。 例:流量特性SCDC8-02□(制御流) 200 180 0.7MPa φ6 φ6 160 140 0.5MPa 120 100 0.3MPa 80 R1/8 R1/8 60 40 0.1MPa 20 ダイヤル付 従来品 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 SCD6-01□ SC6-01□ 調整ツマミ回転数 プッシュロック式ツマミ。 制御方向をツマミの色で識別。 設定・操作が片手で簡単。 メータアウト制御 メータイン制御 1回転中30段階の位置でロック可能。 複動形シリンダに 単動形シリンダに (ただし、目盛りが確認できる位置は0.5回転毎となります。) ダイレクトに取付け ダイレクトに取付け ロック解除(引く) 調整 ロック(押す) 速度制御。 速度制御。 ⬇ PUSH LOCK!! ダイヤフラムのゴム材質はHNBRを採用。 ① 注意 ご使用になる前に③ページの「安全上のご注意」を必ずお読みください。 流量(L/min〔ANR〕) Unlock Lock max. min. ⬇
Page3

内部構造と主要部材質 ●エルボ(SCD□)の場合 No. 名称 材質 ① ツマミ POM チューブエンド ●② ダイヤル PBT ① ⑩ ⑪ ③ ニードル 黄銅 ② ④● Oリング NBR チューブ ⑤ 樹脂本体 PBT⑥● リング注1③ 黄銅、無電解ニッケルめっき⑦ 金属本体 黄銅、無電解ニッケルめっき ④ ⑧● ダイヤフラム HNBR ⑨● ねじ部本体 黄銅、無電解ニッケルめっき注2 ⑤ ⑩● 弾性体スリーブ NBR ⑥ ●⑪ 開放リング POM●⑫ ガイドリング 黄銅、無電解ニッケルめっき ⑦ ⑫ ●⑬ ロック爪 ステンレス ⑧ ⑬ ⑭● カラー 注1 POM ⑭ 管用テーパねじ:シーロック加工 -●⑮⑨ メートルねじ:ガスケット付属 SUS304+NBR⑮ 注1: 04 ねじサイズ(R1/2)のみ。 2: M3 ねじサイズの場合:特殊ステンレス。 ●ユニオンストレート(SSUD□)の場合 No. 名称 材質 ① ⑧ ① ツマミ POM②● ダイヤル PBT ② ⑨ ③ カラー注 POM ③ チューブエンド ④● ダイヤルカバー PBT⑩ ⑤ 金属本体 黄銅、無電解ニッケルめっき④ ⑪ ●⑥ ダイヤフラム HNBR⑦ 樹脂本体 PBT ●⑧ ニードル 黄銅 ●⑨ Oリング NBR ⑩● 弾性体スリーブ NBR チューブ ⑪ 開放リング POM ●⑫ ガイドリング 黄銅、無電解ニッケルめっき ⑤ ⑥ ⑫ ⑬● ロック爪 ステンレス⑦ ⑬ 注: チューブサイズ12(φ12)のみ 仕様 制御方向と識別 ●制御方向 形式 SCD□□‐□‐□ SSUD□□ 記 号 A B ダイヤル付タイプ ダイヤル付タイプ 制御方向 メータアウト制御 メータイン制御 項目 エルボ ユニオンストレート 使用流体 空気(真空には使用できません) 制御流 自由流シリンダ 使用圧力範囲 0.1~1.0MPa スピードコントローラ 逆止弁作動圧力 0.05MPa 使用温度範囲 0~60℃(凍結なきこと) 電磁弁 推奨チューブ ナイロンチューブ・ウレタンチューブ 電磁弁 スピード自由流 コントローラ 制御流 シリンダ 販売単位 1個 ねじ側から入ったエアを制御し、継手側から入っ 継手側から入ったエアを制御し、ねじ側から入っ たエアは制御せずにねじ側から出します。 たエアは制御せずに継手側から出します。 識別方法 ツマミ色:ライトグレー ツマミ色:ライトブルー ②
Page4

注文記号 ●ダイヤル付タイプ エルボ ●ダイヤル付タイプ ユニオンストレート SCD - - SSUD 制御方向 チューブサイズ(使用チューブの外径) A:メータアウト制御 4:φ4 B:メータイン制御 6:φ6 8:φ8 ねじサイズ(接続ねじの呼び) 10:φ10 12:φ12 チューブサイズ(使用チューブの外径) 3:φ3 4:φ4 注 6:φ6 流量タイプ 8:φ8 無記入:標準 10:φ10  C :低流量 12:φ12 流量タイプ注 継手形式 無記入:標準 SSUD:ダイヤル付タイプ ユニオンストレート  C :低流量 継手形式 SCD:ダイヤル付タイプ エルボ 注:流 量タイプの識別方法 標準 低流量(外観に「C」を印字) チューブ ねじサイズ サイズ M3×0.5 M5×0.8 R1/8 R1/4 R3/8 R1/2 3 M3 M5 ー ー ー ー C 4 M3 M5 01 ー ー ー 6 ー M5 01 02 03 ー 8 ー ー 01 02 03 04 10 ー ー ー 02 03 04 12 ー ー ー ー 03 04 備考: 上記図はエルボの場合ですが、ユニオンストレートも同じです。 3
Page5

安全上のご注意(クイック継手付スピードコントローラ) ご使用になる前に必ずお読みください。 機種の選定および当該製品のご使用前に、この「安全上のご注意」をよくお読みの上、正しくお使いください。 以下に示す注意事項は、製品を安全に正しくお使いいただき、あなたや他の人々への危害や財産の損害を未然に防止するためのものです。 ISO4414(Pneumatic fluid power - General rules and safety requirements for systems and their components)、 JIS B 8370(空気圧システム通則)およびその他の安全規則と併せて必ず守ってください。 指示事項は危険度、障害度により「危 険」、「警 告」、「注 意」、「お願い」に区分けしています。  明らかに危険が予見される場合を表わします。 危 険 表示された危険を回避しないと、死亡もしくは重傷を負う可能性があります。 または財産の損傷、損壊の可能性があります。 直ちに危険が存在するわけではないが、状況によって危険となる場合を表わします。 警 告 表示された危険を回避しないと、死亡もしくは重傷を負う可能性があります。 または財産の損傷、損壊の可能性があります。 直ちに危険が存在するわけではないが、状況によって危険となる場合を表わします。 注 意 表示された危険を回避しないと、軽度もしくは中程度の傷を負う可能性があります。 または財産の損傷、損壊の可能性があります。 お願い 負傷する等の可能性はないが、当該製品を適切に使用するために守っていただきたい内容です。 ■当該製品は、一般産業機械用部品として、設計、製造されたものです。 ■機器の選定および取扱いにあたっては、システム設計者または担当者等十分な知識と経験を持った人が必ず「安全上の注意」、「カタログ」、 「取扱説明書」等を読んだ後に取り扱ってください。取扱いを誤ると危険です。 ■「取扱説明書」等をお読みになった後は、当該製品をお使いになる方がいつでも読むことができるところに、必ず保管してください。 ■「取扱説明書」等は、お使いになっている当該製品を譲渡されたり貸与される場合には、必ず新しく所有者となられる方が安全で正しい使い方  を知るために、製品本体の目立つところに添付してください。 ■この「安全上のご注意」に掲載しています危険・警告・注意はすべての場合を網羅していません。カタログ、取扱説明書をよく読んで常に安全を第 一に考えてください。 危 険 警 告 ●下記の用途に使用しないでください。 ●当社製品は多様な条件下で使用されるため、そのシステムの適合  1.人命および身体の維持、管理等に関わる医療器具 性の決定は、システム設計の責任者が十分に評価した上で行なっ  2.人の移動や搬送を目的とする機構、機械装置 てください。  3.機械装置の重要保安部品 システムの所期の性能、安全性の保証は、システムの適合性を決  当該製品は、高度な安全性を必要とする用途に向けて企画、設計さ 定した設計者の責任になります。最新のカタログ、技術資料により、 れていません。人命を損なう可能性があります。 仕様の内容を十分に検討評価し、機器の故障の可能性について ●発火物、引火物等の危険物が存在する場所で使用 しないでください。 考慮していただき、フェイルセーフ等の安全性・信頼性を確保したシ 当該製品は防爆形ではありません。発火、引火の可能性があります。 ステムを構成してください。 ●製品を取り付ける際には、必ず確実な保持、固定(ワークを含む)を行 ●製品の仕様範囲外では使用しないでください。仕様範囲外で使用 なってください。製品の転倒、落下、異常作動等によって、ケガをする すると、製品の故障、機能停止や破損の原因となります。また著 可能性があります。 しい寿命の低下を招きます。 ●製品は絶対に改造しないでください。異常作動によるケガの原因に ●製品にエアを供給する前および作動させる前には、必ず機器の作動 なります。 範囲の安全確認を行なってください。不用意にエアを供給すると、作 ●製品の基本構造や性能・機能に関わる不適切な分解組立、修理は 動部との接触によりケガをする可能性があります。 行なわないでください。ケガなどの原因になります。 ●製品は火中に投じないでください。製品が破裂したり、有毒ガスが発 ●製品に水をかけないでください。水をかけたり、洗浄したり、水中で使用 生したりする可能性があります。 したりすると、異常作動によるケガなどの原因になります。 ●製品の上に乗ったり、足場にしたり、物を置いたりしないでくださ ●製品の作動中は、手を触れたり身体を近付けたりしないでくださ い。転落事故、製品の転倒、落下によるケガ、製品の破損、損傷に い。また、作動中の製品に内蔵または付帯する機構(ロックの解 よる誤作動、暴走等の原因になります。 除、配管チューブや封止プラグの離脱、製品の取付位置調節等) ●製品に関わる保守点検、整備、または交換等の各種作業は、必ず の調節作業を行なわないでください。 エアの接続を完全に遮断して、製品および製品が接続されている  製品の落下、異常作動、流体噴出によって、ケガをする可能性が 配管内の圧力が大気圧になったことを確認してから行なってくださ あります。 い。特にコンプレッサとエアタンクには、圧力が残留していますので 注意してください。  配管内に圧力が残留していると、アクチュエータが不意に動くなど して、ケガをする可能性があります。  ●非常停止、停電などシステムの異常時に、機械が停止する場合、 装置の破損・人身事故などが発生しないよう、安全回路あるいは 装置の設計をしてください。 ●製品の配管は「カタログ」等で確認しながら正しく行なってください。 誤った配管をするとアクチュエータ等の異常作動の原因になります。 ●海浜直射日光下や水銀燈付近などやオゾンの発生する装置近くで 使用しないでください。オゾンによるゴム部品の劣化で性能・機能 の低下や機能停止の原因になります。(オゾン対策品を除く) ●仕様表に示す流体以外は使用しないでください。仕様外の流体を 使用すると短期間での機能停止、急激な性能低下もしくは寿命の 低下を招きます。 ●周囲に熱源があり、輻射熱を受ける場所では使用しないでください。 4
Page6

安全上のご注意(クイック継手付スピードコントローラ) ●調整ツマミは、平常運転開始前に必ずロックしてください。 誤作動の原因になります。 ●直射日光(紫外線)のあたる場所、高温多湿の場所、塵埃、塩分、 鉄粉のある場所、流体および雰囲気中に有機溶剤、リン酸エステ ル系作動油、亜硫酸ガス、塩素ガス、酸類等が含まれている時は、 使用しないでください。短期間での機能停止、急激な性能低下も しくは寿命の低下を招きます。なお材質については各主要部材質 を参照してください。 注 意 ●製品の取り付けには、作業スペースの確保をお願いします。作業 スペースの確保がされないと日常点検や、メンテナンスなどができ なくなり装置の停止や製品の破損につながります。 ●製品の上に乗ったり、足場にしたり、物を置くことにより本体への 傷、打痕、変形を与えないでください。製品の破損、損傷による 作動停止や性能低下の原因になります。 ●据付・調整等の作業をする場合は、不意にエアが入らぬよう作業 中の表示をしてください。不意にエア源が入ると突然の作動によ りケガをする可能性があります。 ●空気圧機器のエア漏れはゼロではありません。 圧力容器内の圧力保持などの用途には、必要な容積、保持時間 を考慮した設計をしてください。 保持力の低下により、ワークの落下や位置ずれ、装置の破損、 ケガの可能性があります。 お願い ●「カタログ」、「取扱説明書」等に記載のない条件や環境での使用、 および航空施設、燃焼装置、娯楽機械、安全機器、その他人命や 財産に大きな影響が予測されるなど、特に安全性が要求される用途 への使用をご検討の場合は、定格、性能に対し余裕を持った使い 方やフェイルセーフ等の安全対策に十分な配慮をしてください。 なお、必ず当社営業担当までご相談ください。 ●製品を扱う場合は、必要に応じて保護手袋、保護メガネ、安全靴等 を着用して安全を確保してください。 ●製品が使用不能、または不要になった場合は、産業廃棄物として 適切な廃棄処理を行なってください。 ●空気圧機器は寿命による性能・機能の低下があります。空気圧機 器は日常点検を実施し、システム上必要な機能を満たしていること 保証および免責事項 を確認して未然に事故を防いでください。 ●製品に関してのお問い合わせは、最寄りの当社営業所または技術 1. 保証期間 サービスセンターにお願いいたします。住所と電話番号はカタログ 当社製品についての保証期間は、製品納入後1年間です。 の巻末に表示してあります。 ※ 一部2年保証の製品がありますので、最寄の当社営業 所または技術サービスセンターにご確認ください。 その他 2. 保証の範囲および免責事項 (1) 当社および正規販売店・代理店で購入された製品が、保 ●下記の事項を必ずお守りください。 証期間内に当社の責により故障が生じた場合には、無償 1. 当該製品を使用して空気圧システムを組む場合は当社の純正 修理もしくは無償交換をいたします。また保証期間内であ 部品または適合品(推奨品)を使用すること。 っても、製品には作動回数などの寿命を定めているものが 保守整備等を行なう場合、当社純正部品、または適合品(推奨品) ありますので、最寄の当社営業所または技術サービスセン を使用すること。 ターにご確認ください。 所定の手段・方法を守ること。 (2) 当社製品の保証は製品単体の保証です。したがって、当 2. 製品の基本構造や性能・機能に関わる、不適切な分解組立は 社製品の故障および機能低下、性能低下に起因した付 行なわないこと。 随的損害(本製品の修理、交換に要した諸費用など)に関 しては、当社は一切責任を負いません。 (3) 当社製品の故障および機能低下、性能低下により誘発さ 安全上のご注意全般についてお守りいただけない場合は、当社は一切の れた損害、もしくはそれに起因した他の機器の損害に関 責任を負えません。 しては、当社は一切責任を負いません。 (4) 当社カタログおよび、取扱説明書に記載されている製品 仕様の範囲を超えた使用や保管、および取付け、据付、 調整、保守等の注意事項に記載された以外の行為がされ た場合の損害に関しては、当社は一切責任を負いません。 (5) 当社の責任以外での火災や、天災、第三者による行為、 お客様の故意または、過失等により当社製品が故障した 場合の損害に関しては、当社は一切責任を負いません。 5
Page7

安全上のご注意(クイック継手付スピードコントローラダイヤル付タイプ) 警 告 ●製品によりエアの制御方向がありますので本文、及び本体の識別 を確認してご使用ください。制御方向を間違えると人体へのケガ、 機器の破損の原因となる危険性があります。 1. アクチュエータの速度を調整する際、ニードル閉付近から徐々に開い て調整してください。ニードルが開いているとアクチュエータが飛出す 危険性があります。なお、ニードルは調整ツマミを時計回りに回すと閉 じ、反時計回りに回すと開きます。 2. エルボの継手位置の調整は、製品内部へ圧力がかかった状態で行 わないでください。本体の破損、漏れの原因となる危険性があります。 3. ユニオンのダイヤル表示の向きを調整する際は、製品内部へ圧力が かかった状態で行わないでください。本体の破損、漏れの原因となる 危険性があります。 注 意 1. ニ ードル閉時の制御流については、漏れを許容していますので、漏れ 量がゼロを必要とするような使い方はしないでください。 2. 流量特性は製品単体での参考値であり、配管、回路、圧力条件など により異なります。本製品の個体差、アクチュエータの個体差、気温 などの使用条件に左右されますので、最終的な速度確認は都度行っ てください。 3. 調整ツマミは押すとロックされ、引くと解除されます。調整ツマミ側面 (窓と90°の位置)を強く摘んで操作するとロックが解除できない場合 があります。 4. 流量調整後は必ずロック状態にしてください。ロックしない状態で使 用すると調整ツマミが回転し流量が変化する恐れがあります。 5. 調整ツマミを押込む際に回転の位置によってはロック状態とロック 解除状態の中間位置で停止することがあります。この状態では完全 にロックできていないため、ロック状態の位置まで調整ツマミが押込 まれていることを確認してください。 6. ロック状態で調整ツマミを無理に回さないでください。ロック機構部 が破損する恐れがあります。 7. 調整ツマミを全開状態から反時計回り、または全閉状態から時計回 りへ過剰に回さないでください。調整ツマミ、本体の破損の原因とな ります。調整ツマミの操作力は0.1N・m以下にしてください。 8. 制御範囲はサイズ毎に異なります。流量調整の際は現在のダイヤ ル表示値を確認の上、表1の制御範囲内で調整してください。なお、 ニードル全閉時のダイヤル表示は必ずしも「0」になるものではありま せん。 表1.制御範囲 ねじ メートルねじ(mm) 管用テーパねじ サイズ M3×0.5 M5×0.8 R1/8 R1/4 R3/8 R1/2 エルボ ダイヤル 表示値 0~8 0~12 継手 チューブ外径(mm) ユニオン サイズ φ3 φ4 φ6 φ8 φ10 φ12 ストレート ダイヤル 表示値 0~8 0~12 9. ユニオンストレートのダイヤル表示の向きは、スパナが対辺に確実に かかっていることを確認してから調整してください。変形や調整ツマミ への干渉の可能性があります。 6
Page8

取扱い要領と注意事項 ●取付 ●チューブの着脱  本体取付上の注意  チューブ装着上の注意 ① 本 体の外径六角部を利用し適正な工具を使用して締付けてく ① チューブの切断面が直角に切断されていること、チューブ外径 ださい。 にキズがないこと、及びチューブが楕円してないことを確認し ② ね じを取付ける際、下表の推奨締付けトルクを参照に締付け てください。 てください。推奨締付けトルク以上で締付けた場合、ねじ部 ② チューブを装着する際、チューブがチューブエンドまで差し込ま の折れやガスケットの変形による漏れの原因となる可能性が れていないと漏れの原因となる可能性があります。 あります。また、推奨締付けトルク以下で締付けた場合、ねじ の緩みや漏れの原因となる可能性があります。 チューブエンド 推奨締付けトルク ねじ種類 ねじサイズ 締付けトルク M3×0.5 0.7N·m ③ 装 着後、チューブを引いて抜けないことを確認してください。 メートルねじ M5×0.8 1 ~ 1.5N·m ④ チューブ装着前に、開放リングを空押ししないでください。 R1/8 4.5 ~ 6.5N·m チューブが抜ける原因となる可能性があります。 R1/4 7 ~ 9N·m 管用テーパーねじ R3/8 12.5 ~ 14.5N·m  チューブ取外し上の注意 R1/2 20 ~ 22N·m ① チューブを取外す際、チューブ内の圧力がゼロになっていること を確認してください。  本体取外し上の注意 ② 開 放リングを均等に奥まで押し込み、チューブを手前に引き抜い ① 本体の外径六角部を利用し、適正な工具を使用して取外して てください。押し込みが不十分の場合、抜けなかったり又はチュ ください。 ーブが傷付き削りかすが継手内部に残る可能性があります。 ② 取 外した相手側のねじ部に付着しているシール剤を除去して ください。シール剤が付着していると周辺機器に入り込み故  チューブの着脱方法 障の原因となる可能性があります。 ① チューブの装着   クイック継手付スピードコントロー  ねじの締付方法 ラは、チューブをチューブエンドま ① ねじの締付け 外径六角締付けの場合 で差し込むだけでロック爪が固定、   ね じの締付けは、外径六角部をス 弾性体スリーブがチューブの外周を パナで締付けます。 シールします。 ② チューブの取外し   チューブを取外す場合、開放リング を押すことによりロック爪が開き、 注 1. クイック継手のシール剤はそのまま数回の再使用が可能です チューブを抜くことができます。 が、相手機器のねじ部にシール剤が付着していることがありま   取外しの際は、必ずエアを止めて す。機器のめねじ内部は必ず掃除をしてください。 から行ってください。 2. 配 管施工時、締付工具をねじ部本体の六角面に対して水平 に回してください。図のように樹脂本体に接触させた場合 は本体破損の原因となる可能性があります。 7
Page9

取扱い要領と注意事項 配管スペースが狭くて離脱が困難な場合には、専用工具が用意さ ●駆動機器の速度調整 れていますので最寄りの弊社営業所へご相談ください。  チューブ離脱用専用工具 ① 速度を速くする場合  スピードコントローラのダイヤル φ3・φ4・φ6 チューブ用 注文記号: 表示が「0」(ニードル全閉状態)UJ-1 から反時計方向に回していくと駆 動機器の速度が速くなります。   希望する速さになりましたら、必 ずロック状態(調整ツマミを押す) φ6・φ8・φ10・φ12チューブ用 にして速度設定がずれないように 注文記号:UJ-2 してください。 ② 速度を遅くする場合   駆 動機器の速度が速くなり過ぎま したらロック状態を解除し調整ツ マミを時計方向に回していくと駆 ●使用チューブ 動機器の速度が遅くなります。 ナイロンチューブ、ウレタンチューブのいずれも使用できます。チューブの   希望する速さになりましたら、必 外径精度は、ナイロンチューブは呼称寸法の±0.1mm以内、ウレタン ずロック状態(調整ツマミを押す) チューブは呼称寸法の±0.15mm以内、楕円度(長径と短径の差)は にして速度設定がずれないように 0.2mm以内のものを使用してください。(弊社製チューブの使用を推 してください。 奨します。)なお、弊社の純正品または適合品(推奨品)以外のチュー ブを使用した場合、チューブ抜け、エア漏れ等の不具合が発生する可 能性がありますので、空気圧システムを組む前に必ずご確認ください。 注 1. チューブは外面に傷のないものを使用してください。繰り返 し使用して傷がついた場合はその部分を切断してください。 2. チ ューブは継手付近で極端に曲げたりこじったりしないでく ださい。エア漏れの原因となります。ナイロンチューブ、 ウレタンチューブを使用した場合の最小曲げ半径のめやすは 下表の通りです。 3. 極 軟質チューブの使用は引抜強度が著しく低下しますので 使用しないでください。 4. チ ューブ着脱時は、必ず空気源の供給を止めてください。 また必ず配管内のエアが完全に排気された事を確認してか ら行なってください。 mm 最小曲げ半径 チューブサイズ ナイロンチューブ ウレタンチューブ φ3 ̶ 7 φ4 20 10 φ6 30 15 φ8 50 20 φ10 80 27 φ12 150 35 8
Page10

寸法図(エルボ)(mm) SCD□ φP3 E 開放リング寸法 上面目盛り位置(窓)注 X φZ ツマミ色:ライトグレー ツマミ色:ライトブルー 側面目盛り位置(窓) C φP2 H メータアウト制御 メータイン制御 R ガスケット 管用テーパねじ メートルねじ 注:ねじサイズM3とM5(メートルねじ)に上面目盛りは付きません。 チューブ B L1 チューブ 開放リング 基本形式 外径 R A L2 φP1 φP2 φP3 φP4 エンド E 対辺 質量 φD Unlock Lock Unlock Lock H 外径 C (g)φZ X Y SCD(C)3-M3-□ M3×0.5 2.5 25.1 24.2 12.5 3 27.6 26.7 8 9.7 10.4 9.8 11 17.3 8 ー 9.8 7.8 6.5 SCD(C)3-M5-□ M5×0.8 3 24.6 23.7 12 SCD(C)4-M3-□ M3×0.5 2.5 25.1 24.2 12.5 6.6 27.6 26.7 9.7 10.4 9.8 17.3 8 SCD(C)4-M5-□ 4 M5×0.8 3 24.6 23.7 12 8 11 ー 9.8 7.8 6.7 SCD(C)4-01-□ R1/8 8 33.5 32.5 29.5 28.5 14.6 13.2 14.4 13.8 17.6 12 14 SCD(C)6-M5-□ M5×0.8 3 27.6 26.7 24.6 23.7 12 9.7 10.4 9.8 19.2 8 7 SCD(C)6-01-□ R1/8 8 33.5 32.5 29.5 28.5 14.6 13.2 20 12 14 6 10.5 14.4 13.8 11.6 ー 11.8 9.8 SCD(C)6-02-□ R1/4 11 39.8 38.8 33.8 32.8 17.5 16.8 22 17 25 SCD(C)6-03-□ R3/8 12 48.8 47.6 42.5 41.3 25.2 21 19.6 ー 22.8 19 48 SCD(C)8-01-□ R1/8 8 33.5 32.5 29.5 28.5 16.8 13.2 30.5 12 17 14.4 13.8 SCD(C)8-02-□ R1/4 11 39.8 38.8 33.8 32.8 17.5 16.8 30.2 17 28 8 14.5 18.1 13.8 ー ー SCD(C)8-03-□ R3/8 12 48.8 47.6 42.5 41.3 25.2 21 31.4 19 51 19.6 ー SCD(C)8-04-□ R1/2 15 54 52.8 45.8 44.6 26.9 26 33.1 24 78 SCD(C)10-02-□ R1/4 11 39.8 38.8 33.8 32.8 17.5 16.8 14.4 13.8 32.1 17 31 SCD(C)10-03-□ 10 R3/8 12 48.8 47.6 42.5 41.3 25.2 17.5 21 20.2 33 19 16.8 ー ー 54 19.6 ー SCD(C)10-04-□ R1/2 15 54 52.8 45.8 44.6 26.9 26 35.7 24 81 SCD(C)12-03-□ R3/8 12 48.8 47.6 42.5 41.3 25.2 21 37.2 19 58 12 21 19.6 ー 23.4 19.8 ー ー SCD(C)12-04-□ R1/2 15 54 52.8 45.8 44.6 26.9 26 39.5 24 85 9 B L1 L2 A φP4 φP1 φD Y X B A L1 L2 Y
Page11

寸法図(ユニオンストレート)(mm) SSUD□ 上面目盛り位置(窓)注 ★ 2-C 制御方向表示記号 側面目盛り位置(窓) φP2 ★ F H ★ 2-φd 2-E1 2-T 注:チューブサイズ4(φ4)に上面目盛りは付きません。 チューブ B 基本形式 外径 φP1 φP2 チューブエンドC E1 E2 対辺 H φd F T 質量 φD Unlock Lock (g) SSUD(C)4 4 20 19.1 10 10.4 14.9 21 5.3 10 3.2 12.7 10.5 8 SSUD(C)6 6 27 26 12.5 14.4 17 24.4 6.2 14 3.2 14.8 14.5 14 SSUD(C)8 8 28.5 27.5 14.8 14.4 18.1 28 8.4 14 3.2 18.2 15.4 20 SSUD(C)10 10 32 30.8 18.2 19.6 20.2 31.8 10.3 19 4.2 22.2 19.7 37 SSUD(C)12 12 35.2 34 21.2 19.6 23.4 36.9 12.2 21 4.2 25.7 22.7 54 ★ユニオンストレートはダイヤル下の対辺にスパナをかけて回すことで、ダイヤル表示の向きを360° 調整することができます。 ▶ 注: 平らな面とR形状になって いる面がありますので、平 らな面にスパナをかけるよう にしてください。 10 2-E2 2-φD 2-φP1 B
Page12

流量特性(エルボタイプ) SCDC3-M3□ SCD3-M3□ SCD(C)3-M3□ 制御流 制御流 自由流 45 100 90 40 0.7MP a 90 0.7MPa 80 35 80 70 30 0.5MPa 70 0.5MPa 60 25 60 50 50 20 0.3MP a 40 0.3MPa 40 15 30 30 10 0.1MP a 20 0.1MPa 20 5 10 10 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) SCDC3-M5□ SCD3-M5□ SCD(C)3-M5□ 制御流 制御流 自由流 45 120 140 40 0.7MPa 0.7MPa 100 120 35 30 0.5MPa 80 0.5MPa 100 25 80 60 20 0.3MPa 0.3MPa 60 15 40 40 10 0.1MPa 20 0.1MPa 5 20 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) SCDC4-M3□ SCD4-M3□ SCD(C)4-M3□ 制御流 制御流 自由流 45 100 90 0.7MPa 40 90 0.7MPa 80 35 80 70 30 0.5MPa 70 0.5MPa 60 25 60 50 20 0.3MPa 5040 0 .3MPa 40 15 30 30 10 0.1MPa 20 0 .1MPa 20 5 10 10 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) SCDC4-M5□ SCD4-M5□ SCD(C)4-M5□ 制御流 制御流 自由流 45 0.7MPa 120 0.7MPa 140 40 100 120 35 30 0.5MPa 80 0.5MPa 100 25 80 20 0.3MPa 60 0.3MPa 60 15 40 40 10 0.1MPa 20 0.1MPa 5 20 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) 11 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕)
Page13

流量特性(エルボタイプ) SCDC4-01□ SCD4-01□ SCD(C)4-01□ 制御流 制御流 自由流 160 250 300 0.7MPa 140 200 0.7MPa 250120 0.5MPa 100 0.5MPa 200150 80 0.3MPa 150 60 100 0.3MPa 100 40 0.1MPa 50 0.1MPa 20 50 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) SCDC6-M5□ SCD6-M5□ SCD(C)6-M5□ 制御流 制御流 自由流 45 120 0.7MPa 140 40 0.7MPa 100 120 35 0.5MPa 0.5MPa 30 80 100 25 8060 20 0.3MPa 0.3MPa 60 15 40 40 10 0.1MPa 20 0.1MPa 5 20 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) SCDC6-01□ SCD6-01□ SCD(C)6-01□ 制御流 制御流 自由流 160 250 400 140 0.7M Pa 0.7MPa 350 120 200 300 0.5MP a 0.5MPa 100 150 250 80 0.3M Pa 200 60 100 0.3MPa 150 40 0.1M Pa 50 0.1MPa 100 20 50 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) SCDC6-02□ SCD6-02□ SCD(C)6-02□ 制御流 制御流 自由流 200 400 0.7MPa 0.7MPa 600 180 350 160 500 140 3000.5MPa 0.5MPa 120 250 400 100 0.3MPa 200 0.3MPa 300 80 150 60 200 40 0.1MPa 100 0.1MPa 100 20 50 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) 注:本製品の個体差、アクチュエータの個体差、気温などの使用条件に左右されますので、最終的な速度確認は都度行ってください。 12 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕)
Page14

流量特性(エルボタイプ) SCDC6-03□ SCD6-03□ SCD(C)6-03□ 制御流 制御流 自由流 600 1,000 1,000 0.7MPa 0.7MPa 900 900 500 800 800 400 0.5MPa 700 0.5MPa 700 600 600 300 0.3MPa 500 0.3MPa 500 400 400 200 300 300 0.1MPa 200 0.1MPa 100 200 100 100 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) SCDC8-01□ SCD8-01□ SCD(C)8-01□ 制御流 制御流 自由流 160 250 450 140 0.7MPa 0.7MPa 400 120 200 350 100 0.5MPa 0.5MPa 300 150 250 80 0.3MPa 0.3MPa 200 60 100 150 40 0.1MPa 50 0.1MPa 100 20 50 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) SCDC8-02□ SCD8-02□ SCD(C)8-02□ 制御流 制御流 自由流 200 400 600 180 0.7MPa 0.7MPa 350 160 500 140 3000.5MPa 0.5MPa 400 120 250 100 0.3MPa 200 0.3MPa 300 80 150 60 200 40 0.1MPa 100 0.1MPa 50 10020 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) SCDC8-03□ SCD8-03□ SCD(C)8-03□ 制御流 制御流 自由流 600 0.7MPa 1,200 0.7MPa 1,200 500 1,000 1,000 0.5MPa 400 800 0.5MPa 800 300 0.3MPa 600 0.3MPa 600 200 400 400 0.1MPa 100 200 0.1MPa 200 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) 13 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕)
Page15

流量特性(エルボタイプ) SCDC8-04□ SCD8-04□ SCD(C)8-04□ 制御流 制御流 自由流 1,200 1,800 1,800 0.7MPa 1,600 0.7MPa 1,600 1,000 1,400 1,400 800 0.5MPa 1,200 0.5MPa 1,200 1,000 1,000 600 0.3MPa 800 0.3MPa 800 400 600 600 200 0.1MPa 400 0.1MPa 400 200 200 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) SCDC10-02□ SCD10-02□ SCD(C)10-02□ 制御流 制御流 自由流 200 400 0.7MPa 0.7MPa 700 180 350 600 160 140 3000.5MPa 0.5MPa 500 120 250 400 100 0.3MPa 200 0.3MPa 80 150 300 60 100 200 40 0.1MPa 0.1MPa 20 50 100 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) SCDC10-03□ SCD10-03□ SCD(C)10-03□ 制御流 制御流 自由流 600 0.7MPa 1,400 1,400 1,200 0 .7MPa 500 1,200 0.5MPa 400 1,000 1,0000 .5MPa 800 800 300 0.3MPa 600 0 .3MPa 600 200 0.1MPa 400 400 100 0 .1MPa 200 200 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) SCDC10-04□ SCD10-04□ SCD(C)10-04□ 制御流 制御流 自由流 1,200 2,500 2,500 0.7MPa 1,000 2,000 0.7MPa 2,000 800 0 .5MPa 1,500 0.5MPa 1,500 600 0 .3MPa 1,000 0.3MPa 1,000 400 200 0 .1MPa 500 0.1MPa 500 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) 注:本製品の個体差、アクチュエータの個体差、気温などの使用条件に左右されますので、最終的な速度確認は都度行ってください。 14 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕)
Page16

流量特性(エルボタイプ) SCDC12-03□ SCD12-03□ SCD(C)12-03□ 制御流 制御流 自由流 600 0.7MPa 1,200 0.7MPa 1,400 500 1,000 1,200 400 0.5MPa 0.5MPa 800 1,000 800 300 0.3MPa 600 0.3MPa 600 200 400 0.1MPa 0.1MPa 400 100 200 200 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) SCDC12-04□ SCD12-04□ SCD(C)12-04□ 制御流 制御流 1,200 2,000 0.7MPa 自由流 3,000 0.7MPa 1,800 1,000 1,600 0.5MPa 2,500 800 0.5MPa 1,400 2,000 1,200 0.3MPa 600 0.3MPa 1,000 1,500 800 400 600 1,000 0.1MPa 0.1MPa 200 400 500 200 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) 15 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕)
Page17

流量特性(ユニオンストレートタイプ) SSUDC4 SSUD4 SSUD(C)4 制御流 制御流 自由流 45 140 0.7MPa 180 40 0.7MPa 120 160 35 100 0.5MPa 140 30 0.5MPa 120 25 80 100 20 0.3MPa 60 0.3MPa 80 15 40 60 10 0.1MPa 0.1MPa 40 5 20 20 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) SSUDC6 SSUD6 SSUD(C)6 制御流 制御流 自由流 160 250 400 140 0.7MPa 0.7MPa 350 120 200 300 0.5MPa 0.5MPa 100 150 250 80 0.3MPa 0.3MPa 200 60 100 150 40 0.1MPa 50 0.1M Pa 100 20 50 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) SSUDC8 SSUD8 SSUD(C)8 制御流 制御流 自由流 200 400 800 180 0.7MPa 0.7MPa 350 700 160 300 140 0.5MPa 0.5MPa 600 120 250 500 100 0.3MPa 200 0.3MPa 400 80 150 300 60 40 0.1MPa 100 0.1MPa 200 20 50 100 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) SSUDC10 SSUD10 SSUD(C)10 制御流 制御流 自由流 600 1,200 0.7MPa 1,400 0.7MPa 500 1,000 1,200 0.5MPa 0.5MPa400 800 1,000 800 300 0.3MPa 600 0.3MPa 600 200 400 400 0.1MPa 0.1MPa 100 200 200 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) 注:本製品の個体差、アクチュエータの個体差、気温などの使用条件に左右されますので、最終的な速度確認は都度行ってください。 16 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕)
Page18

流量特性(ユニオンストレートタイプ) SSUDC12 SSUD12 SSUD(C)12 制御流 制御流 自由流 1,200 2,000 0.7MPa 2,000 0.7MPa 1,000 1,500 0.5MPa 1,500 800 0.5MPa 600 1,000 0.3MPa 1,000 0.3MPa 400 0.1MPa 500200 0.1MPa 500 0 0 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 調整ツマミ回転数 調整ツマミ回転数 エア印加圧力(MPa) 注:本製品の個体差、アクチュエータの個体差、気温などの使用条件に左右されますので、最終的な速度確認は都度行ってください。 17 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕) 流量(L/mi〔n ANR〕)
Page19

MEMO 18
Page20

□本社  □営業本部  □海外営業部 184-8533 東京都小金井市緑町 3-11-28 □仙台営業所 984-0015 仙台市若林区卸町1-6-15 卸町セントラルビル4F TEL〈022〉232-0441 FAX〈022〉232-0062 □山形営業所 990-0828 山形市双葉町2-4-38 双葉中央ビル2F TEL〈023〉643-1751 FAX〈023〉643-1752 □宇都宮出張所 321-0953 栃木県宇都宮市東宿郷4-4-1 藤田ビル203号 TEL〈028〉680-4720 FAX〈028〉680-4730 □群馬出張所 372-0812 群馬県伊勢崎市連取町3082-1 シルクタウンE号室 TEL〈0270〉40-7651 FAX〈0270〉40-6733 □茨城出張所 300-1207 茨城県牛久市ひたち野東1-29-2 プログレス壱番館102 TEL〈029〉830-7076 FAX〈029〉830-7077 □千葉出張所 273-0031 千葉県船橋市西船4-19-3 西船成島ビル7階D室 TEL〈047〉431-3161 FAX〈047〉431-3163 □東京営業所 105-0023 東京都港区芝浦1-8-4 エムジー芝浦3F TEL〈03〉6436-5481 FAX〈03〉6436-5491  □西東京営業所 184-8533 東京都小金井市緑町3-11-28 TEL〈042〉383-7122 FAX〈042〉383-7133 □北関東営業所 331-0812 埼玉県さいたま市北区宮原町3-527-1 第二シマ企画ビル5F TEL〈048〉662-6951 FAX〈048〉662-7606 □南関東営業所 243-0014 神奈川県厚木市旭町1-8-6 パストラルビル3F 302 TEL〈046〉220-1851 FAX〈046〉220-1850 □長野営業所 399-4102 長野県駒ヶ根市飯坂2-6-1 TEL〈0265〉83-7111 FAX〈0265〉82-5535 □長岡出張所 940-0061 新潟県長岡市城内町3-5-1 レーベン長岡205 TEL〈0258〉31-8801 FAX〈0258〉31-8831 □金沢営業所 921-8011 石川県金沢市入江2-54 中村ビル5F TEL〈076〉292-1193 FAX〈076〉292-1195 □静岡営業所 422-8066 静岡市駿河区泉町2-3 アズマビル4F TEL〈054〉286-6041 FAX〈054〉286-8483 □浜松出張所 430-0929 静岡県浜松市中区中央1-3-6 浜松イーストセブン206号 TEL〈053〉459-1855 FAX〈053〉459-1857 □名古屋営業所 464-0858 名古屋市千種区千種3-25-19 第1シロキビル5F TEL〈052〉745-3820 FAX〈052〉745-3821 □刈谷出張所 472-0026 愛知県知立市東上重原4-123 MTビル2F TEL〈0566〉84-5336 FAX〈0566〉85-0228 □京都営業所 600-8177 京都市下京区鳥丸通五条下ル大坂町391 第10長谷ビル7F TEL〈075〉344-8811 FAX〈075〉344-8815 □大阪営業所 532-0004 大阪市淀川区西宮原2-7-38 新大阪西浦ビル8F TEL〈06〉6398-6131 FAX〈06〉6398-6135 □神戸営業所 650-0017 兵庫県神戸市中央区楠町6-2-4 ハーバースカイビル7F お客様技術相談窓口 TEL〈078〉371-0511 FAX〈078〉371-0510 フリーダイヤル □広島営業所 730-0041 広島市中区小町3-19 リファレンス広島小町ビル5F 0120-44-0944 TEL〈082〉546-2351 FAX〈082〉546-2352 □福岡営業所 812-0011 福岡市博多区博多駅前2-19-29 博多相互ビル4F 受付時間 9:00~12:00/13:00~17:30 TEL〈092〉411-5526 FAX〈092〉451-2895 (土日、休日、年末年始を除く) □熊本営業所 862-0913 熊本県熊本市東区尾ノ上2-3-3-3 お気軽にお問い合わせください。 TEL〈096〉383-7171 FAX〈096〉383-7172 駐在所 □札幌 □岩手 □秋田 □郡山 □甲府 □上田 □富山              ●このカタログは2021年2月現在のものです。 □福井 □滋賀 □岡山 □松山 □徳島 □北九州 □南九州 ● 記載されている仕様および外観は、改良のため予告な □海外営業部 184-8533 東京都小金井市緑町3-11-28 く変更することがあります。最新の情報は弊社ホーム TEL〈042〉383-7271 FAX〈042〉383-7276 ページ等でご確認ください。 ○KOGANEI International America, Inc.(アメリカ) ○上海小金井国際貿易(中国) ○台湾小金井貿易(台湾) ○KOGANEI ASIA PTE. LTD.(シンガポール) ○KOGANEI KOREA CO.,LTD.(韓国) ○KOGANE(I THAILAND)CO., LTD.(タイ) テクニカルセンター □東京(小金井) 工場 □東京(小金井) □長野(駒ヶ根) ○九州コガネイ(都城) ○上海小金井電子(中国) ○コガネイベトナム 流通センター □長野(駒ヶ根)  □技術サービスセンター 184-8533 東京都小金井市緑町3-11-28 TEL〈042〉383-7172 FAX〈042〉383-7206 URL http://www.koganei.co.jp 2021年3月6日 初版 70 ABAB ©KOGANEI CORP. PRINTED IN JAPAN