1/12ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(2.9Mb)

【小型DDモータ・軽量高トルク・静音化・高速化・高精度位置決めに最適】超小型中空ACダイレクトドライブサーボモータ『DDモータ』

製品カタログ

エンコーダを内蔵した小型・ハイパフォーマンス次世代型サーボモータ

高性能エンコーダを搭載し、ダイレクトに分解能1arc・secからの微細位置決めが可能です。
高性能磁石と高密度巻線技術により、高トルクを実現しました。
モータ・エンコーダの一体設計により、小型化を実現しました。
高剛性軸受の採用により、ダイレクトに高荷重を負うことができます。
中空軸構造が可能です。
お客様のニーズに即して、カスタマイズ設計で対応致します。

<ダイレクトドライブモータを用いたマスター・スレーブデモ>
https://youtu.be/iqym6ychy0Q

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 【小型DDモータ・軽量高トルク・静音化・高速化・高精度位置決めに最適】超小型中空ACダイレクトドライブサーボモータ『DDモータ』
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 2.9Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 マイクロテック・ラボラトリー株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

エンコーダカタログ マイクロテック・ラボラトリー
製品カタログ

マイクロテック・ラボラトリー株式会社

μDDMotor Catalog MD_series English
製品カタログ

マイクロテック・ラボラトリー株式会社

このカタログの内容

Page1

00

μDDモータ Micro Direct Drive Motor MD series μDDMotor 超小型 中空ACサーボモータ 特長 ■ 高性能エンコーダを搭載し、ダイレクトに分解能1arc・secからの微細位置決めが可能です。 ■ 高性能磁石と高密度巻線技術により、高トルクを実現しました。 ■ モータ・エンコーダの一体設計により、小型化を実現しました。 ■ 高剛性軸受の採用により、ダイレクトに高荷重を負うことができます。 ■ 中空軸構造が可能です。 ■ お客様のニーズに即して、カスタマイズ設計で対応致します。 マイクロテック・ラボラトリー株式会社
Page2

01

エンコーダを内蔵した小型・ハイパフォーマンス次世代型サーボモータ 幅広い用途選択を可能にするラインナップ化を実現 MDS-13 series ■ 胴径: φ13mm 胴長: 26/32/38mm ■ 最大トルク: 7/15/25mN・m ■ 最高速度: 3000rpm ■ 最高分解能: 500P/R、11bit MDS/MDH-20 series ■ 胴径: φ21mm 胴長: 32/38/44mm ■ 最大トルク: 40/90/130mN・m ■ 最高速度: 3000rpm ■ 最高分解能: 72,000P/R、18bit ■ 中空径: φ2.6mm(MDH型) MDS/MDH-30 series ■ 胴径: φ30mm 胴長: 32/38/44mm ■ 最大トルク: 140/280/420mN・m ■ 最高速度: 1000rpm ■ 最高分解能: 108,000P/R、19bit ■ 中空径: φ4mm(MDH型) MDS/MDH-40 series ■ 胴径: φ40mm 胴長: 32/38/44mm ■ 最大トルク: 0.33/0.70/1.0N・m ■ 最高速度: 450rpm ■ 最高分解能: 324,000P/R、20bit ■ 中空径: φ6・12mm(MDH型) MDH-70 series ■ 胴径: φ70mm 胴長: 32/38/44mm ■ 最大トルク: 1.0/2.2/3.1N・m(DC48V駆動時) ■ 最高速度: 200rpm ■ 最高分解能: 648,000P/R、21bit ■ 中空径: φ25mm(MDH型) 01 Micro Direct Drive Motor
Page3

02

MC-110 series MC-110-2406 MC-110-4810 ※専用アプリケーション「MTLParam.exe」をWEBからダウンロード下さい。 URL:https://www.mtl.co.jp ■ 軸耐荷重 仕様例 1000 ■ アブソリュートエンコーダ搭載(11~21bit) ■ 磁気式エンコーダ搭載 ■ 中空軸構造 ■ 速度・トルク特性カスタマイズ設計 ■ リップル低減設計(トルク・速度) ■ クリーンルーム対応 100 用途例 ■ ギヤレス構造 ラジアル荷重(N) ■ 高精度位置決め用途 アキシャル荷重(N) ■ ロボットアーム ■ 小型スカラロボット ■ バイラテラル・マスタースレーブ制御 10 10 20 30 40 50 60 70 80 ■ システム構成 PC通信指令 DC電源 コンピュータ モータ駆動 速度制御 多軸制御 モジュール 位置制御 力(トルク)制御 パルス指令 エンコーダ 信号 専用ドライバ 各種コントローラ MCシリーズ Micro Direct Drive Motor 02
Page4

03

MDS-13シリーズ(特性例) 開発情報 ■ MDS-13 [写真は実寸大です] ■ 外形寸法図 モータリード線 φ3.3 エンコーダリード線 1 φ17.5 9 1 7.5 L1 (胴長) 4-φ3 PCD15.2 ■ 標準型式 型式 L1寸法 MDS-1306 25.4 MDS-13△-11B(アブソリュート) MDS-1312 31.4  △:胴長 06,12,18 MDS-1318 37.4 ※ご希望の分解能がありましたらお問い合わせください。 ■ MDS-13シリーズ(標準機種代表特性) 単位 MDS-1306 MDS-1312 MDS-1318 供給電圧(ドライバ入力) DCV 24 最高回転速度 rpm 3000 定格回転速度 rpm 3000 瞬時最大トルク mNm 7.0 15 25 連続ストールトルク mNm 3.0 5.5 8.0 連続定格トルク mNm 3.0 5.0 7.5 瞬時最大出力 W 2.0 4.0 8.0 瞬時最大パワーレート kW/s 4.5 13 27 瞬時最大電流 Arms 2.6 2.6 2.6 連続定格電流(※2) Arms 1.1 1.0 1.0 等価誘起電圧定数 V/krpm 0.28 0.61 1.0 等価トルク定数(at25℃) Nm/Arms 2.7 5.8 9.6 線間電機子抵抗(at25℃) Ω 1.1 1.8 2.5 線間電機子インダクタンス mH 0.13 0.21 0.39 ロータ磁極数 P 8 エンコーダ最高分解能 P/R インクリメンタル:500/アブソリュート:2,048(11bit) 慣性モーメントJ g・cm2 0.11 0.17 0.23 許容ラジアル荷重Fr N 20 許容アキシャル荷重Fa N 10 荷重基準点距離La mm 19.7 25.7 31.7 質量 kg 0.04 0.05 0.06 推奨ドライバ MC-110-2406 基準ヒートシンク 55×55×4 アルミ 【注記】 (】※1)連続定格電流は、周囲温度40℃において、基準ヒートシンクをモータに取付て測定したときの値です。     ※MDSタイプのみの取り扱いです。 ■ モータ特性用語の説明 ■ 瞬時最大電流 モータに瞬時的に流し得る最大電流であり、電機子巻線の瞬時的な熱容量で規制されます。 ■ 連続定格電流 モータに連続して流し得る最大電流であり、モータの温度上昇限度から規制されます。 ■ 瞬時最大トルク 瞬時最大電流にて発生する出力トルクであり、負荷の起動・停止等の加減速時に瞬時的に引出せる最大トルクです。 ■ 連続ストールトルク モータが拘束状態のとき、連続定格電流にて発生する出力トルクです。 ■ 連続定格トルク モータが定格回転速度のとき、連続定格電流にて発生する出力トルクです。 ■ 瞬時最大出力 所定の専用ドライバにて駆動したとき発生し得る最大出力です。 ■ 瞬時最大パワーレート モータ単体を、瞬時最大トルクで加速したときの出力上昇率です。 ■ 慣性モーメント〔J〕 慣性モーメントは、J(=GD2/4) で表しています。 ■ 荷重基準点距離LA ベアリング始点から荷重基準点までの距離です。(S:シャフト全長/2 H:フランジ端面) ■ 負荷荷重点距離LR ラジアル荷重のかかる位置から荷重基準点までの距離です。 ■ 許容ラジアル荷重と F [R N ] La=--L - +- -L - × F r FR:ユーザ負荷荷重[N] F:r 許容ラジアル荷重[N] 荷重点の関係式 a R 03 Micro Direct Drive Motor φ13 φ3 h7 φ10 h7 300 □13
Page5

04

MDS/MDH-20シリーズ(特性例) ■ MDS-20 [写真は実寸大です] ■ 外形寸法図 モータリード線 エンコーダリード線 φ3.3 φ28 3 0.5 12 2 10 4-φ2 PCD24 L1(胴長) 12 ■ MDH-20 [写真は実寸大です] ■ 外形寸法図 モータリード線 エンコーダリード線 φ3.3 3 φ28 3 0.5 12 0.5 3.5 2 6-M1.6 深さ2.5 PCD10 L1(胴長) 6 4-φ2 PCD24 ■ 標準型式 型式 L1寸法 MD□-2006 31.5 MD■-20△-36KE(インクリメンタル) MD□-2012 37.5 MDS-20△-18B(アブソリュート) MD□-2018 43.5  ■:シャフト形状 S(中実軸), H(中空軸) △:胴長 06,12,18 ※ご希望の分解能がありましたらお問い合わせください。 ■ MDS/H-20シリーズ(標準機種代表特性) 単位 MDS-2006 MDH-2006 MDS-2012 MDH-2012 MDS-2018 MDH-2018 供給電圧(ドライバ入力) DCV 24 最高回転速度 rpm 3000 定格回転速度 rpm 1500 瞬時最大トルク Nm 0.04 0.09 0.13 連続ストールトルク Nm 0.017 0.030 0.040 連続定格トルク Nm 0.014 0.026 0.030 瞬時最大出力 W 5.0 10 17 瞬時最大パワーレート kW/s 19 15 62 43 99 65 瞬時最大電流 Arms 2.6 4.3 5.6 連続定格電流(※1) Arms 1.1 1.2 1.4 等価誘起電圧定数 V/krpm 1.6 2.5 2.4 等価トルク定数(at25℃) Nm/Arms 0.015 0.024 0.023 線間電機子抵抗(at25℃) Ω 3.5 2.2 1.9 線間電機子インダクタンス mH 1.1 0.79 0.82 ロータ磁極数 P 10 エンコーダ最高分解能 P/R インクリメンタル:72,000/アブソリュート:262,144(18bit) 慣性モーメントJ g・cm2 0.78 1.5 1.2 2.0 1.7 2.4 許容ラジアル荷重Fr N 44 許容アキシャル荷重Fa N 22 荷重基準点距離La mm 29.8 28.5 35.7 34.5 41.7 40.4 質量 kg 0.088 0.10 0.12 推奨ドライバ MC-110-2406 基準ヒートシンク 100×100×5 アルミ 【注記】 (】※1)連続定格電流は、周囲温度40℃において、基準ヒートシンクをモータに取付て測定したときの値です。     ※アブソリュートエンコーダはMDSタイプのみです。 Micro Direct Drive Motor 04 φ21 φ21 φ2.6 貫通穴 φ7 φ6 G7 φ13 h7 φ4 h6 φ18 h7 φ18 h7 300 300 □21 □21
Page6

05

MDS/MDH-30シリーズ(特性例) ■ MDS-30 [写真は実寸大です] ■ 外形寸法図 モータリード線 エンコーダリード線 φ4.2 4 φ40 1 12 13.5 2 13 4-φ3 PCD35 L1(胴長) 15 ■ MDH-30 [写真は実寸大です] ■ 外形寸法図 モータリード線 エンコーダリード線 φ4.2 4 φ40 3 0.5 1 4 6-M2 深さ3.5 PCD12.5 13.5 2 5 4-φ3 PCD35 L1(胴長) ■ 標準型式 型式 L1寸法 MD□-3006 31.5 MD■-30△-108KE(インクリメンタル) MD□-3012 37.5 MD■-30△-19B(アブソリュート) MD□-3018 43.5  ■:シャフト形状 S(中実軸), H(中空軸) △:胴長 06,12,18 ※ご希望の分解能がありましたらお問い合わせください。 ■ MDS/H-30シリーズ(標準機種代表特性) 単位 MDS-3006 MDH-3006 MDS-3012 MDH-3012 MDS-3018 MDH-3018 供給電圧(ドライバ入力) DCV 48 最高回転速度 rpm 1000 定格回転速度 rpm 1000 瞬時最大トルク Nm 0.14 0.28 0.42 連続ストールトルク Nm 0.060 0.095 0.13 連続定格トルク Nm 0.044 0.068 0.10 瞬時最大出力 W 15 20 30 瞬時最大パワーレート kW/s 31 23 71 60 110 98 瞬時最大電流 Arms 4.6 5.6 6.3 連続定格電流(※1) Arms 1.8 1.8 1.7 等価誘起電圧定数 V/krpm 2.8 4.5 6.8 等価トルク定数(at25℃) Nm/Arms 0.026 0.043 0.065 線間電機子抵抗(at25℃) Ω 2.1 2.3 2.5 線間電機子インダクタンス mH 1 1.3 1.5 ロータ磁極数 P 16 エンコーダ最高分解能 P/R インクリメンタル:108,000/アブソリュート:524,288(19bit) 慣性モーメントJ g・cm2 6.5 8.9 11.2 13.6 15.9 18.3 許容ラジアル荷重Fr N 94 許容アキシャル荷重Fa N 47 荷重基準点距離La mm 32.0 30.0 38.0 36.0 43.9 41.9 質量 kg 0.13 0.16 0.18 推奨ドライバ MC-110-2406/MC-110-4810 基準ヒートシンク 120×120×8 アルミ 【注記(】※1)連続定格電流は、周囲温度40℃において、基準ヒートシンクをモータに取付て測定したときの値です。 05 Micro Direct Drive Motor φ30 φ30 φ4 貫通穴 φ8 φ8 H7 φ5 h6 φ17 h7 φ27 h7 φ27 h7 300 300 □30 □30
Page7

06

MDS/MDH-40シリーズ(特性例) ■ MDS-40 [写真は実寸大です] ■ 外形寸法図 モータリード線 エンコーダリード線 φ4.2 4 φ54 1 15 12 2 16 L1(胴長) 18 4-φ3.5 PCD47 ■ MDH-40 [写真は実寸大です] ■ 外形寸法図 モータリード線 エンコーダリード線 φ4.2 4 φ54 3 0.5 1 5 12 2 6 6-M2.6 深さ4.5 PCD15 L1(胴長) 4-φ3.5 PCD47 ■ 標準型式 型式 L1寸法 MD□-4006 31.5 MD■-40△-324KE(インクリメンタル) MD□-4012 37.5 MD■-40△-20B(アブソリュート) MD□-4018 43.5  ■:シャフト形状 S(中実軸), H(中空軸) △:胴長 06,12,18 ※ご希望の分解能がありましたらお問い合わせください。 ■ MDS/H-40シリーズ(標準機種代表特性) 単位 MDS-4006 MDH-4006 MDS-4012 MDH-4012 MDS-4018 MDH-4018 供給電圧(ドライバ入力) DCV 48 最高回転速度 rpm 450 定格回転速度 rpm 450 瞬時最大トルク Nm 0.33 0.70 1.0 連続ストールトルク Nm 0.12 0.20 0.28 連続定格トルク Nm 0.10 0.16 0.23 瞬時最大出力 W 14 27 40 瞬時最大パワーレート kW/s 50 39 140 120 180 160 瞬時最大電流 Arms 6.3 7.5 10 連続定格電流(※1) Arms 1.6 1.7 2.3 等価誘起電圧定数 V/krpm 6.1 10 11 等価トルク定数(at25℃) Nm/Arms 0.058 0.096 0.10 線間電機子抵抗(at25℃) Ω 2.6 2.5 1.7 線間電機子インダクタンス mH 2.6 3.0 2.0 ロータ磁極数 P 16 エンコーダ最高分解能 P/R インクリメンタル:324,000/アブソリュート:1,048,576(20bit) 慣性モーメントJ g・cm2 22.6 28.8 38.4 44.5 54.2 60.3 許容ラジアル荷重Fr N 140 許容アキシャル荷重Fa N 70 荷重基準点距離La mm 37.7 35.2 43.7 41.2 49.6 47.1 質量 kg 0.21 0.26 0.30 推奨ドライバ MC-110-4810 基準ヒートシンク 150×150×8 アルミ 【注記(】※1)連続定格電流は、周囲温度40℃において、基準ヒートシンクをモータに取付て測定したときの値です。 Micro Direct Drive Motor 06 φ40 φ40 φ6 貫通穴 φ10 φ10 H7 φ6 h6 φ20 h7 φ36 h7 φ36 h7 300 300 □40 □40
Page8

07

MDH-70シリーズ(特性例) ■ MDH-70 [写真は実寸大です] ■ 外形寸法図 φ70 φ25 貫通穴 エンコーダリード線 モータリード線 φ30 H7 φ50 h7 φ65 h7 4-φ5.5 PCD80 6-M3 深さ5 PCD40 300 ■ 標準型式 MDH-70△-648KE(インクリメンタル) MDH-70△-21B(アブソリュート) φ90  △:胴長 06,12,18 ※ご希望の分解能がありましたらお問い合わせください。 □70 型式 L1寸法 MDH-7006 31.5 MDH-7012 37.5 MDH-7018 43.5 ■ MDH-70シリーズ(標準機種代表特性) ※MC-110-4810にてDC48駆動時 単位 MDH-7006 MDH-7012 MDH-7018 供給電圧(ドライバ入力) DCV 48 最高回転速度 rpm 200 定格回転速度 rpm 200 瞬時最大トルク Nm 1.0 2.2 3.1 連続ストールトルク Nm 0.36 0.66 1.0 連続定格トルク Nm 0.36 0.66 1.0 瞬時最大出力 W 30 60 90 瞬時最大パワーレート kW/s 24 83 147 瞬時最大電流 Arms 13 16 19 連続定格電流(※1) Arms 2.8 3.0 3.5 等価誘起電圧定数 V/krpm 0.013 0.023 0.031 等価トルク定数(at25℃) Nm/Arms 0.13 0.22 0.30 線間電機子抵抗(at25℃) Ω 2.1 1.9 1.8 線間電機子インダクタンス mH 2.6 3.1 3.3 ロータ磁極数 P 20 エンコーダ最高分解能 P/R インクリメンタル:648,000/アブソリュート:2,097,152(21bit) 慣性モーメントJ kg・cm2 0.65 0.82 0.99 許容ラジアル荷重Fr N 500 許容アキシャル荷重Fa N 250 荷重基準点距離La mm 27 33 38.9 質量 kg 0.53 0.65 0.77 推奨ドライバ MC-110-4810, MC-200-10020(開発中) 基準ヒートシンク 225×225×10 アルミ 【注記(】※1)連続定格電流は、周囲温度40℃において、基準ヒートシンクをモータに取付て測定したときの値です。 07 Micro Direct Drive Motor L1 (胴長) 6 2 9 5 1 0.5 2.2 5 φ4.2
Page9

08

専用ドライバユニット MCシリーズ ■ MC-110-2406 ■ MC-110-2406外形寸法図 22 18 4.1 max 74 0-0.2 3.5 1.5 銘板 R1.75 CN5 ALM INP PWR CN3 CN2 C N 1 R1.75 3.5 11 ■ MC-110-4810 ■ MC-110-4810外形寸法図 22 11 4.1 max 74 0-0.2 3.5 1.5 銘板 CN5 R1.75 ALM - INP - PWR - CN4 CN3 CN2 C N 1 R1.75 3.5 11 ■ MC-110シリーズ仕様 MC-110-2406 MC-110-4810 供給電源 DC24V(20~40) DC48V(20~60) 連即出力電流 2.0Arms 6.0Arms 最大出力電流 5.6Arms 10.0Arms 駆動方式 正弦波PWM駆動(20kHz) 保護機能 過電流、過負荷、過電圧、低電圧、加熱、エンコーダエラー、ヒューズによる焼損防止 通信機能 USB2.0 mini-B パラメータ設定、速度・位置制御、状態モニタリング 速度位置指令 正逆転パルス列方式、パルス/方向方式、2相パルス列方式 トルク指令 電圧指令(0~+10V) トルク制御モード時 補助信号入力 サーボON、アラームリセット、サプレッションモード、トルク・速度制御、原点復帰、その他汎用入力 信号出力 インポジション、アラーム、エンコーダA,B,Z、アナログモニタ出力(電流・速度・位置偏差)、U,V相出力電流値 通信仕様 9600,19200,38400bps、データbi:t 8、パリティ無し、ストップbi:t 1、フロー制御無し 本体外形寸法 83×74×22mm 113×74×22mm 質量 110g 140g 専用アプリケーション https://www.mtl.co.jp よりソフトウェアダウンロードページのMC-110 ソフトウェア一式をダウンロード下さい。 ■ 各種ケーブル 型式 種別 芯数 長さ 型式 種別 芯数 長さ CN1ケーブル(4.2)1M-TE 電源ケーブル 2芯 1m CN2屈曲ケーブル(4.2)0.7M 0.7m CN4ケーブルMC-110 インターフェース用フラットケーブル 30芯 1m 2.7M モータ延長ケーブル 3芯 2.7m CN5ケーブル USB2.0 ケーブル mini-B 1m 4.7M 4.7m CN3屈曲ケーブル(4.2)0.7M 0.7m 2.7M エンコーダ延長ケーブル 14芯 2.7m 4.7M 4.7m Micro Direct Drive Motor 08 132 100 (3.5) 125 (取付ピッチ) (3.5) (3) 94 (取付ピッチ) (3) 113 0-0.2 83 0-0.2 3.2 max CN4 MTL MTL
Page10

09

速度・トルク特性例 ■ MDS-1306 ■ MDS-1312 ■ MDS-1318 4500 4500 4500 3000 3000 3000 CDZ IDZ CDZ IDZ CDZ IDZ 1500 1500 1500 0 0 0 0 0.002 0.004 0.006 0.008 0.01 0 0.005 0.01 0.015 0.02 0 0.01 0.02 0.03 トルク T[Nm] トルク T[Nm] トルク T[Nm] ■ MDS/H-2006 ■ MDS/H-2012 ■ MDS/H-2018 4500 4500 4500 3000 3000 3000 CDZ IDZ CDZ IDZ CDZ IDZ 1500 1500 1500 0 0 0 0 0.01 0.02 0.03 0.04 0.05 0 0.02 0.04 0.06 0.08 0.1 0 0.03 0.06 0.09 0.12 0.15 トルク T[Nm] トルク T[Nm] トルク T[Nm] ■ MDS/H-3006 ■ MDS/H-3012 ■ MDS/H-3018 1500 1500 1500 1000 1000 1000 CDZ IDZ CDZ IDZ CDZ IDZ 500 500 500 0 0 0 0 0.03 0.06 0.09 0.12 0.15 0 0.05 0.1 0.15 0.2 0.25 0.3 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 トルク T[Nm] トルク T[Nm] トルク T[Nm] 09 Micro Direct Drive Motor 回転速度 N[rpm] 回転速度 N[rpm] 回転速度 N[rpm] 回転速度 N[rpm] 回転速度 N[rpm] 回転速度 N[rpm] 回転速度 N[rpm] 回転速度 N[rpm] 回転速度 N[rpm]
Page11

10

■ MDS/H-4006 ■ MDS/H-4012 ■ MDS/H-4018 600 600 600 450 450 450 300 300 300 CDZ IDZ CDZ IDZ CDZ IDZ 150 150 150 0 0 0 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1 1.2 トルク T[Nm] トルク T[Nm] トルク T[Nm] ■ MDH-7006 ■ MDH-7012 ■ MDH-7018 300 300 300 200 200 200 CDZ IDZ CDZ IDZ CDZ IDZ 100 100 100 0 0 0 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1 1.2 0 1 2 3 0 1 2 3 4 トルク T[Nm] トルク T[Nm] トルク T[Nm] 注記 使用領域 ①連続使用領域(CDZ)  連続運転可能なトルク/回転速度の領域を示します。  連続運転領域は、周囲温度40℃において各種スペック表の下部にある基準ヒートシンクをモータに取り付けて測定したときの値です。 ②反復使用領域(IDZ)  短時間間欠運転時や起動、加減速時などにおいて使用可能な領域です。  反復使用における、トルクと運転時間の限度については別資料の過負荷デューティ特性を参照してください。(WEBまたはお問合わせください) 回転速度  インクリメンタルエンコーダの最高回転速度は、応答周波数により制限されます。  エンコーダ分解能を低減することにより、速度領域を更に高くすることも可能です。 Micro Direct Drive Motor 10 回転速度 N[rpm] 回転速度 N[rpm] 回転速度 N[rpm] 回転速度 N[rpm] 回転速度 N[rpm] 回転速度 N[rpm]
Page12

専用ドライバユニット MC-110シリーズ ■ システム構成図 ゲート電源 制御電源 電圧検出 ゲート駆動 高温検出 電流検出 位置制御 速度制御 トルク制御 Micro Direct Drive Motor MD series マイクロテック・ラボラトリー株式会社 MICROTECH LABORATORY INC. ■本社 〒252-0318 神奈川県相模原市南区上鶴間本町8‐1‐46 ■本製品は開発途次品につき、予告なく仕様変更することがあります。     PHONE.042(746)0123(代) FAX.042(746)0960 ■本製品に関するお問合せは、下記の弊社担当者までご連絡願います。 E-mail : motor@mtl.co.jp <担当: モータ部 野村> https://www.mtl.co.jp 201706MD-06