1/20ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(12Mb)

三菱電機FAアプリケーションパッケージ iQ Monozukuri 工程リモート監視

製品カタログ

生産現場のIoT化を簡単に実現。稼働状況の見える化で生産現場の工程改善や生産性向上をサポート!

【iQ Monozukuri 工程リモート監視とは】
生産現場のIoT化を簡単に実現し、複数装置の情報の収集、見える化、一括管理を可能とするアプリケーションパッケージです。
現場GOTを介して、生産現場の稼働状況や、各装置ごとの操作ログやアラーム情報などを、GT SoftGOT2000に表示し、データ分析をすることで、生産現場全体の工程改善や生産性向上を支援します。

◆既存設備へ組み込んで簡単にシステム構築できる!
◆個別に管理していた情報を一括管理できる!
◆同梱のテンプレート画面で設備状況を分析できる!

◆詳細はカタログをダウンロードしご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 三菱電機FAアプリケーションパッケージ iQ Monozukuri 工程リモート監視
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 12Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 三菱電機株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

シーケンサ e-F@ctory情報連携製品
製品カタログ

三菱電機株式会社

ソフトウェア MC Works64
製品カタログ

三菱電機株式会社

このカタログの内容

Page1

表紙

三菱電機FAアプリケーションパッケージ iQ Monozukuri 工程リモート監視 〒100-8310 東京都千代田区丸の内2-7-3(東京ビル) お問い合わせは下記へどうぞ 本社機器営業部············ 〒110-0016 東京都台東区台東1-30-7(秋葉原アイマークビル)··································································· (03)5812-1450 北海道支社 ··················· 〒060-8693 札幌市中央区北二条西4-1(北海道ビル)················································································· (011)212-3794 東北支社······················· 〒980-0013 仙台市青葉区花京院1-1-20(花京院スクエア)········································································· (022)216-4546 関越支社······················· 〒330-6034 さいたま市中央区新都心11-2(明治安田生命さいたま新都心ビル)·········································· (048)600-5835 三菱電機FAアプリケーションパッケージ 新潟支店······················· 〒950-8504 新潟市中央区東大通2-4-10(日本生命ビル)············································································ (025)241-7227 神奈川支社 ··················· 〒220-8118 横浜市西区みなとみらい2-2-1(横浜ランドマークタワー)···························································· (045)224-2624 北陸支社······················· 〒920-0031 金沢市広岡3-1-1(金沢パークビル)··························································································· (076)233-5502 iQ Monozukuri 工程リモート監視 中部支社······················· 〒450-6423 名古屋市中村区名駅3-28-12(大名古屋ビルヂング)······························································· (052)565-3314 豊田支店 ······················· 〒471-0034 豊田市小坂本町1-5-10(矢作豊田ビル)··················································································· (0565)34-4112 関西支社······················· 〒530-8206 大阪市北区大深町4-20(グランフロント大阪 タワーA)······························································· (06)6486-4122 中国支社······················· 〒730-8657 広島市中区中町7-32(ニッセイ広島ビル)·················································································· (082)248-5348 四国支社······················· 〒760-8654 高松市寿町1-1-8(日本生命高松駅前ビル)·············································································· (087)825-0055 九州支社 ······················· 〒810-8686 福岡市中央区天神2-12-1(天神ビル)······················································································· (092)721-2247 生産現場のIoT化を簡単に実現 稼働状況の見える化で生産現場の工程改善や生産性向上をサポート! 電話技術相談窓口 受付時間※1 月曜~金曜 9:00~19:00、土曜・日曜・祝日 9:00~17:00 対 象 機 種 電 話 番 号 対 象 機 種 電 話 番 号 自動窓口案内 052-712-2444 SCADA MC Works64 052-712-2962※2※6 産業用PC MELIPC MELSERVOシリーズ エッジコンピューティング製品 Edgecross対応ソフトウェア 052-712-2370※2 位置決めユニット (MTConnectデータコレクタを除く) (MELSEC iQ-R/Q/L/AnSシリーズ) MELSEC iQ-R/Q/L/QnAS/AnSシーケンサ モーションユニット (CPU内蔵Ethernet機能などネットワークを除く) 052-711-5111 サーボ/位置決めユニット/ (MELSEC iQ-Rシリーズ) MELSEC iQ-F/FXシーケンサ全般 052-725-2271※3 モーションユニット/ シンプルモーションユニット ネットワークユニット シンプルモーションユニット/ (MELSEC iQ-R/iQ-F/Q/Lシリーズ) (CC-Linkファミリー/MELSECNET/Ethernet/シリアル通信) 052-712-2578 モーションコントローラ/ モーションCPU 052-712-6607 MELSOFTシーケンサ MELSOFT GXシリーズ センシングユニット/ (MELSEC iQ-R/Q/AnSシリーズ) エンジニアリングソフトウェア (MELSEC iQ-R/Q/L/QnAS/AnS) 052-711-0037 組込み型サーボシステムコントローラ センシングユニット MELSOFT (MR-MTシリーズ) 統合エンジニアリング環境 MELSOFT Navigator 052-799-3591※2 シンプルモーションボード/ ポジションボード iQ Sensor Solution MELSOFT MTシリーズ/ MELSOFT MELSOFT MXシリーズ MRシリーズ/EMシリーズ シ 通信支援ソフトウェアツール ー ※2 センサレスサーボ FR-E700EX/MM-GKR 052-722-2182 ケ MELSECパソコンボード Q80BDシリーズなど 052-712-2370 インバータ FREQROLシリーズ 052-722-2182 ン C言語コントローラ サ 三相モータ 三相モータ225フレーム以下 0536-25-0900※2※4MESインタフェースユニット/高速データロガーユニット 052-799-3592※2 産業用ロボット MELFAシリーズ 052-721-0100 プロセスCPU/二重化機能 SIL2プロセスCPU 電磁クラッチ・ブレーキ/テンションコントローラ 052-712-5430 ※5 MELSEC計装/iQ-R/ (MELSEC iQ-Rシリーズ) データ収集アナライザ MELQIC IU1/IU2シリーズ 052-712-5440 ※5 ※2※3 Q二重化 プロセスCPU/二重化CPU 052-712-2830 MS-Tシリーズ/MS-Nシリーズ (MELSEC-Qシリーズ) 低圧開閉器 052-719-4170US-Nシリーズ MELSOFT PXシリーズ ノーヒューズ遮断器/ 安全シーケンサ 低圧遮断器 漏電遮断器/MDUブレーカ/ 052-719-4559 (MELSEC iQ-R/QSシリーズ) 気中遮断器(ACB)など MELSEC Safety 052-712-3079※2※3 安全コントローラ 電力量計/計器用変成器/ (MELSEC-WSシリーズ) 電力管理用計器 指示電気計器/ 052-719-4556 電力計測ユニット/絶縁監視ユニット QEシリーズ/REシリーズ 052-719-4557※2※3 管理用計器/タイムスイッチ レーザ変位センサ EcoServer/E-Energy/検針システム/ FAセンサ MELSENSOR ビジョンセンサ ※2※3052-799-9495※2 省エネ支援機器 エネルギー計測ユニット/ 052-719-4557 コードリーダ B/NETなど GOT2000/1000シリーズ 052-712-2417 小容量UPS(5kVA以下) FW-Sシリーズ/FW-Vシリーズ/表示器 GOT ※2※6MELSOFT GTシリーズ FW-Aシリーズ/FW-Fシリーズ 052-799-9489 お問い合わせの際には、今一度電話番号をお確かめの上、お掛け間違いのないようお願い致します。 ※1:春季・夏季・年末年始の休日を除く ※2:土曜・日曜・祝日を除く ※3:金曜は17:00まで ※4:月曜~木曜の9:00~17:00と金曜の9:00~16:30 ※5:受付時間9:00~17:00 (土曜・日曜・祝日・当社休日を除く) ※6:月曜~金曜の9:00~17:00 FAX技術相談窓口 受付時間 月曜~金曜 9:00~16:00(祝日・当社休日を除く) 対 象 機 種 F A X 番 号 電力計測ユニット/絶縁監視ユニット(QEシリーズ/REシリーズ) 084-926-8340 三相モータ225フレーム以下 0536-25-1258※7 低圧開閉器 0574-61-1955 低圧遮断器 084-926-8280 電力管理用計器/省エネ支援機器/小容量UPS(5kVA以下) 084-926-8340 三菱電機FAサイトの「仕様・機能に関するお問い合わせ」もご利用ください。 ※7:月曜~木曜の9:00~17:00と金曜の9:00~16:30(祝日・当社休日を除く) 三菱電機株式会社名古屋製作所は、環境マネジメントシステムISO 14001、 及び品質システムISO9001の認証取得工場です。 既存設備へ組み込んで簡単にシステム構築できる! 個別に管理していた情報を一括管理できる! 同梱のテンプレート画面で設備状況を分析できる! この印刷物は、2019年8月の発行です。なお、この印刷物に掲載した内容は、改善のために予告 L(名)08673-A 1908(MEE) なく変更する場合がありますので、ご採用の節には、事前に弊社までお問い合わせください。 2019年8月作成
Page2

iQ Monozukuri 工程リモート監視とは

iQ Monozukuri 工程リモート監視 iQ Monozukuri 工程リモート監視とは iQ Monozukuri 工程リモート監視について iQ Monozukuri 工程リモート監視は、工程リモート監視設定ツールとiQ Monozukuri 工程リモート監視GT SoftGOT2000用テンプ レートプロジェクトで構成されており、「複数装置の情報収集、情報の見える化、管理」を簡単に実現します。 生産現場のIoT化を簡単に実現し、複数装置の情報の収集、見える化、一括管理を可能とするアプリケーションパッケージです。 現場GOTを介して、生産現場の稼働状況や、各装置ごとの操作ログやアラーム情報などを、GT SoftGOT2000に表示し、データ分析 生産現場の情報収集 をすることで、生産現場全体の工程改善や生産性向上を支援します。 工程リモート監視設定ツール 工程リモート監視設定ツールは、現場の情報を収集して見える化するための設定ツールで、収集したい情報をもつGOT(複数台)と収集す る情報(デバイスやリソースデータなど)を選択して設定します。 プログラミングなどの専門知識がなくても、GT SoftGOT2000に表示する情報を簡単に設定できます。 iQ Monozukuri 工程リモート監視+GT SoftGOT2000 複数台のGOTの情報をまとめて表示、確認できる 別のアプリケーションを起動して確認できる 収集した情報を GT SoftGOT2000で 例)現場のカメラ画像の確認 例)現場GOTのエラー画面の閲覧 1画面にまとめて表示 パソコン+ディスプレイ Ethernet HUB HUB 監視するGOTと収集する Ethernet 情報(デバイスなど)を設定 工程4 工程3 工程2 工程1 GOT GOT GOT GOT 収集した情報の見える化をサポート iQ Monozukuri 工程リモート監視GT SoftGOT2000用テンプレートプロジェクト 工程リモート監視設定ツールが現場GOTから収集した情報を見える化するためのGT SoftGOT2000用のプロジェクトデータ(テンプ レート画面)です。下記の画面をご用意しています。 • 複数の装置の情報を一括で監視できる画面(稼働状況総合一覧画面、稼働状況トレンドグラフ画面) • リソースデータから要望に合ったデータを抽出する画面(リソースデータ抽出画面) • 設備の状況を分析する画面(Xbar-R管理図画面、アラームパレート図画面など) 稼働状況総合一覧 ネットワークカメラなど リソースデータ抽出 Xbar-R管理図 製造ライン 2
Page3

iQ Monozukuri 工程リモート監視 iQ Monozukuri 工程リモート監視とは iQ Monozukuri 工程リモート監視について iQ Monozukuri 工程リモート監視は、工程リモート監視設定ツールとiQ Monozukuri 工程リモート監視GT SoftGOT2000用テンプ レートプロジェクトで構成されており、「複数装置の情報収集、情報の見える化、管理」を簡単に実現します。 生産現場のIoT化を簡単に実現し、複数装置の情報の収集、見える化、一括管理を可能とするアプリケーションパッケージです。 現場GOTを介して、生産現場の稼働状況や、各装置ごとの操作ログやアラーム情報などを、GT SoftGOT2000に表示し、データ分析 生産現場の情報収集 をすることで、生産現場全体の工程改善や生産性向上を支援します。 工程リモート監視設定ツール 工程リモート監視設定ツールは、現場の情報を収集して見える化するための設定ツールで、収集したい情報をもつGOT(複数台)と収集す る情報(デバイスやリソースデータなど)を選択して設定します。 プログラミングなどの専門知識がなくても、GT SoftGOT2000に表示する情報を簡単に設定できます。 iQ Monozukuri 工程リモート監視+GT SoftGOT2000 複数台のGOTの情報をまとめて表示、確認できる 別のアプリケーションを起動して確認できる 収集した情報を GT SoftGOT2000で 例)現場のカメラ画像の確認 例)現場GOTのエラー画面の閲覧 1画面にまとめて表示 パソコン+ディスプレイ Ethernet HUB HUB 監視するGOTと収集する Ethernet 情報(デバイスなど)を設定 工程4 工程3 工程2 工程1 GOT GOT GOT GOT 収集した情報の見える化をサポート iQ Monozukuri 工程リモート監視GT SoftGOT2000用テンプレートプロジェクト 工程リモート監視設定ツールが現場GOTから収集した情報を見える化するためのGT SoftGOT2000用のプロジェクトデータ(テンプ レート画面)です。下記の画面をご用意しています。 • 複数の装置の情報を一括で監視できる画面(稼働状況総合一覧画面、稼働状況トレンドグラフ画面) • リソースデータから要望に合ったデータを抽出する画面(リソースデータ抽出画面) • 設備の状況を分析する画面(Xbar-R管理図画面、アラームパレート図画面など) 稼働状況総合一覧 ネットワークカメラなど リソースデータ抽出 Xbar-R管理図 製造ライン 3
Page4

iQ Monozukuri 工程リモート監視システムを簡単構築!

iQ Monozukuri 工程リモート監視 iQ Monozukuri 工程リモート監視システムを簡単構築! システム構成例 データの流れとそれぞれの役割 VNCサーバ機能 GOT Mobile機能 (1) (2) (10) (D) (3) (4) (C) (5) カメラ映像をブラウザ経由で表示 ファイル出力 (11) Ethernet HUB CSV PDF (6) (9) (B) (12) Ethernet HUB (7) 現場GOTが生産現場の (8) GT27、GT25、GT21の IoT化を簡単実現! Ethernet搭載機種であれば 使用可能! (A) 最大50台のGOT*1 *1 1ライセンスで管理できるGOTは5台までです。50台のGOTの情報を管理したい場合は、10ライセンス版の製品をご購入ください。 三菱電機FAアプリケーションパッケージ (A)現場GOTが接続機器のデータを収集 (1) iQ Monozukuri 工程リモート監視 工程リモート監視設定ツール、iQ Monozukuri 工程リモート監視GT SoftGOT2000用テンプレートプロジェクト (B)現場GOTが収集したデータを、工程リモート監視設定ツールが収集 お客様手配品(必須) (2) パソコン + ディスプレイまたはMELIPC MI3000 iQ Monozukuri 工程リモート監視で必要なソフトウェアを動作させるパソコンです。 (C)工程リモート監視設定ツールが収集したデータをGT SoftGOT2000に表示 (3) GT SoftGOT2000 工程の監視やリソースデータの分析結果をパソコンの画面に表示するためのソフトウェアです。 (D)GT SoftGOT2000から、収集したリソースデータのファイルを出力、または他のアプリケーションを連携起動 表示器画面作成ソフトウェアGT Works3に同梱されています。 (4) GT SoftGOT2000用ライセンスキー GT SoftGOT2000を使用するためのライセンスキーです。(2)でMELIPC MI3000を使用する場合、プリインストールされているため不要です。 iQ Monozukuri 工程リモート監視GT SoftGOT2000用プロジェクトファイルや現場GOTのプ (5) GT Designer3 ロジェクトファイルを作成、変更するときに使用するソフトウェアです。 表示器画面作成ソフトウェアGT Works3に同梱されています。 (6) GOT2000 GT27、GT25、GT21のEthernet搭載機種が対応しています。 お客様手配品(任意) (7) データストレージ iQ Monozukuri工程リモート監視の機能でリソース連携、オペレータ情報管理をする場合に必須です。 (8) シーケンサや駆動機器などの接続機器 生産現場の稼働時間、生産量、稼働状況などの情報を現場GOTへ提供します。現場GOTが持つ通信ドライバに対応した機種を使用できます。 (9) ネットワークカメラなど 現場の状況を映像で確認したい場合に、使用します。 (10) VNCサーバ機能ライセンス 本アプリケーションパッケージで使用するパソコンで現場GOTの画面を閲覧するときに必要なライセンスです。 (11) GOT Mobile機能ライセンス 本アプリケーションパッケージで使用するパソコンで現場GOTのMobile画面を閲覧するときに必要なライセンスです。 (12) その他 ブラウザ(カメラ画像の表示、インターネット閲覧など)、ユーザ作成アプリケーションなど、使用4 する機器、機能に応じて必要なものを準備してください。
Page5

iQ Monozukuri 工程リモート監視 iQ Monozukuri 工程リモート監視システムを簡単構築! システム構成例 データの流れとそれぞれの役割 VNCサーバ機能 GOT Mobile機能 (1) (10) (D)(2) (3) (4) (C) (5) カメラ映像をブラウザ経由で表示 ファイル出力 (11) Ethernet HUB CSV PDF (6) (9) (B) (12) Ethernet HUB (7) 現場GOTが生産現場の (8) GT27、GT25、GT21の IoT化を簡単実現! Ethernet搭載機種であれば 使用可能! (A) 最大50台のGOT*1 *1 1ライセンスで管理できるGOTは5台までです。50台のGOTの情報を管理したい場合は、10ライセンス版の製品をご購入ください。 (A)現場GOTが接続機器のデータを収集 (B)現場GOTが収集したデータを、工程リモート監視設定ツールが収集 (C)工程リモート監視設定ツールが収集したデータをGT SoftGOT2000に表示 (D)GT SoftGOT2000から、収集したリソースデータのファイルを出力、または他のアプリケーションを連携起動 5
Page6

現場のお悩みをiQ Monozukuri 工程リモート監視が解決します!

iQ Monozukuri 工程リモート監視 現場のお悩みをiQ Monozukuri 工程リモート監視が解決します! 導入 生産ラインの複数装置の情報を簡単に収集、見える化 導入時のお悩み iQ Monozukuri 工程リモート監視で解決! 1 複数装置の情報を簡単に収集! 各装置で個別に持っている 1 複数装置の情報を簡単に収集! P.7 iQ Monozukuri 工程リモート監視では、専用のツール(工程リモ情報を有効活用したい ート監視設定ツール)でデータを収集し、設備に設置された最大 1画面内に複数台分の 50台分のGOTの情報をまとめて管理できます*1。 GOTの情報を一括表示 収集した情報を簡単に 「見える化」テンプレート画面で、稼働状況 収集した設備の情報はパソコンのディスプレイ画面で表示し、確認 見える化したい 2 などを簡単に表示! P.7 できます。 *1 1ライセンスで管理できるGOTは5台までです。50台のGOTの情報を管理したい 場合は、10ライセンス版の製品をご購入ください。 現場の状況を離れた場所から 3 GOT Mobile機能や汎用カメラなどを活用監視したい して、より詳細なリモート監視を実現! P.8 工程リモート監視設定ツール 現場GOTへデータを 書込み 新しい設備から古い設備まで 4 現場GOTの接続可能な機器が豊富で監視 現場GOTから 情報収集 幅広く情報を収集したい 対象を拡大! P.8 運用時のお悩み iQ Monozukuri 工程リモート監視で解決! 最大50台のGOT*1 各装置で個別に持っている 5 複数装置のリソースデータを一括収集、リソースデータを一元管理したい 管理! P.9 2 「見える化」テンプレート画面で、稼働状況などを簡単に表示! 各装置で個別に持っている 収集したデータをGT SoftGOT2000で表示するための工程リモート監視用テンプレート画面を同梱しています。 オペレータ情報を一元管理したい 6 複数装置のオペレータ情報を一元管理! P.9 稼働状況を一覧表示したり、トレンドグラフで表示したりすることができ、生産ラインの「見える化」を実現します。 設備総合稼働率画面では、設備にロスが発生しているかどうか確認でき、ロス時間の削減や、異常箇所の早期発見による稼働率向上に役 立ちます。 分析時のお悩み iQ Monozukuri 工程リモート監視で解決! 一覧で見える 品質のばらつきを分析したい 7 Xbar-R管理図画面で生産品質分析! P.10 稼働率低下の要因を分析したい 8 発生したアラームをパレート図で表示し、 P.10 稼働率が視覚的に要因を分析! 見える グラフで見える 過去のデータと比較して、 9 ロギングトレンドグラフを2つ重ねてデータの傾向を分析したい 比較分析! P.11 分析結果から問題を抽出。問題の原因を究明し、改善策を立案・実施! 6 導入 運用 分析 改善
Page7

導入>生産ラインの複数装置の情報を簡単に収集、見える化

iQ Monozukuri 工程リモート監視 現場のお悩みをiQ Monozukuri 工程リモート監視が解決します! 導入 生産ラインの複数装置の情報を簡単に収集、見える化 導入時のお悩み iQ Monozukuri 工程リモート監視で解決! 1 複数装置の情報を簡単に収集! 各装置で個別に持っている 1 複数装置の情報を簡単に収集! P.7 iQ Monozukuri 工程リモート監視では、専用のツール(工程リモ情報を有効活用したい ート監視設定ツール)でデータを収集し、設備に設置された最大 1画面内に複数台分の 50台分のGOTの情報をまとめて管理できます*1。 GOTの情報を一括表示 収集した情報を簡単に 「見える化」テンプレート画面で、稼働状況 収集した設備の情報はパソコンのディスプレイ画面で表示し、確認 見える化したい 2 などを簡単に表示! P.7 できます。 *1 1ライセンスで管理できるGOTは5台までです。50台のGOTの情報を管理したい 場合は、10ライセンス版の製品をご購入ください。 現場の状況を離れた場所から 3 GOT Mobile機能や汎用カメラなどを活用監視したい して、より詳細なリモート監視を実現! P.8 工程リモート監視設定ツール 現場GOTへデータを 書込み 新しい設備から古い設備まで 4 現場GOTの接続可能な機器が豊富で監視 現場GOTから 情報収集 幅広く情報を収集したい 対象を拡大! P.8 運用時のお悩み iQ Monozukuri 工程リモート監視で解決! 最大50台のGOT*1 各装置で個別に持っている 5 複数装置のリソースデータを一括収集、リソースデータを一元管理したい 管理! P.9 2 「見える化」テンプレート画面で、稼働状況などを簡単に表示! 各装置で個別に持っている 収集したデータをGT SoftGOT2000で表示するための工程リモート監視用テンプレート画面を同梱しています。 オペレータ情報を一元管理したい 6 複数装置のオペレータ情報を一元管理! P.9 稼働状況を一覧表示したり、トレンドグラフで表示したりすることができ、生産ラインの「見える化」を実現します。 設備総合稼働率画面では、設備にロスが発生しているかどうか確認でき、ロス時間の削減や、異常箇所の早期発見による稼働率向上に役 立ちます。 分析時のお悩み iQ Monozukuri 工程リモート監視で解決! 一覧で見える 品質のばらつきを分析したい 7 Xbar-R管理図画面で生産品質分析! P.10 稼働率低下の要因を分析したい 8 発生したアラームをパレート図で表示し、 P.10 稼働率が視覚的に要因を分析! 見える グラフで見える 過去のデータと比較して、 9 ロギングトレンドグラフを2つ重ねてデータの傾向を分析したい 比較分析! P.11 分析結果から問題を抽出。問題の原因を究明し、改善策を立案・実施! 7 導入 運用 分析 改善
Page8

iQ Monozukuri 工程リモート監視 導入 生産ラインの複数装置の情報を簡単に収集、見える化 運用 生産ラインの複数装置の情報をまとめて管理 3 GOT Mobile機能や汎用カメラなどを活用して、より詳細なリモート監視を実現! 5 複数装置のリソースデータを一括収集、管理! パソコンのGT SoftGOT2000から他のアプリケーションを連携起動することで、現場GOTの画面を離れた場所のパソコンからリモート 各装置のGOTで収集した操作ログ、アラーム、ロギングのリソースデータを一括収集し、まとめて管理できます。 接続で閲覧したり(VNCサーバ機能や、GOT Mobile機能)、ブラウザ経由で現場に設置されたネットワークカメラの映像を確認したりす 蓄積したデータから、日時や操作者など条件に合った情報だけを抽出して、CSVやPDFに出力することで、アラームの傾向分析などに活 ることができるため、現場に行かなくても現場の状況を監視できます。 用できます。 現場GOTのエラー画面を表示 (VNCサーバ機能やGOT Mobile機能) 操作ログ、アラーム、 CSV ロギングを抽出 CSVへ出力 工程リモート 汎用カメラの画面を表示 PDF監視設定ツール (ブラウザ経由) PDFへ出力 リソースデータ(操作ログ、アラーム、ロギング)を収集 Ethernet Ethernet HUB HUB 4 現場GOTの接続可能な機器が豊富で監視対象を拡大! 6 複数装置のオペレータ情報を一元管理! 工程リモート監視設定ツールで、複数装置のオペレータ情報を現場GOTからパソコンへ読出し、パソコン上で編集できます。 GOTがゲートウェイとなり、さまざまな接続形態(Ethernetやシリアルなど)で接続されたFA機器の情報を収集し、工程リモート監視設定 編集(追加、削除など)したオペレータ情報は、複数台の現場GOTに一括書込みできます。現場GOT1台ごとにオペレータ情報を設定す ツールがその情報を集約します。 る必要がなくなり、管理工数を削減できます。 GOTは多彩な通信ドライバをサポートしているため多種多様なFA機器との接続が可能です。GOTが接続可能な機器であれば、 * 管理者パスワードは、すべてのGOTで同一にする必要があります。 iQ Monozukuri 工程リモート監視の監視対象となり、各装置の見える化、一括監視を実現します。 部品成型 ユニット組立 A社シーケンサ B社シーケンサ GOT2000 GOT2000 プリント基板組立 GOT複数台分のオペレータ情報を 収集、管理、配信 GOT2000 Ethernet HUB 三菱電機シーケンサ 現場のFA機器の情報を GOTを介して見える化 8 GOT GOT GOT GOT
Page9

運用>生産ラインの複数装置の情報をまとめて管理

iQ Monozukuri 工程リモート監視 導入 生産ラインの複数装置の情報を簡単に収集、見える化 運用 生産ラインの複数装置の情報をまとめて管理 3 GOT Mobile機能や汎用カメラなどを活用して、より詳細なリモート監視を実現! 5 複数装置のリソースデータを一括収集、管理! パソコンのGT SoftGOT2000から他のアプリケーションを連携起動することで、現場GOTの画面を離れた場所のパソコンからリモート 各装置のGOTで収集した操作ログ、アラーム、ロギングのリソースデータを一括収集し、まとめて管理できます。 接続で閲覧したり(VNCサーバ機能や、GOT Mobile機能)、ブラウザ経由で現場に設置されたネットワークカメラの映像を確認したりす 蓄積したデータから、日時や操作者など条件に合った情報だけを抽出して、CSVやPDFに出力することで、アラームの傾向分析などに活 ることができるため、現場に行かなくても現場の状況を監視できます。 用できます。 現場GOTのエラー画面を表示 (VNCサーバ機能やGOT Mobile機能) 操作ログ、アラーム、 CSV ロギングを抽出 CSVへ出力 工程リモート 汎用カメラの画面を表示 PDF監視設定ツール (ブラウザ経由) PDFへ出力 リソースデータ(操作ログ、アラーム、ロギング)を収集 Ethernet Ethernet HUB HUB 4 現場GOTの接続可能な機器が豊富で監視対象を拡大! 6 複数装置のオペレータ情報を一元管理! 工程リモート監視設定ツールで、複数装置のオペレータ情報を現場GOTからパソコンへ読出し、パソコン上で編集できます。 GOTがゲートウェイとなり、さまざまな接続形態(Ethernetやシリアルなど)で接続されたFA機器の情報を収集し、工程リモート監視設定 編集(追加、削除など)したオペレータ情報は、複数台の現場GOTに一括書込みできます。現場GOT1台ごとにオペレータ情報を設定す ツールがその情報を集約します。 る必要がなくなり、管理工数を削減できます。 GOTは多彩な通信ドライバをサポートしているため多種多様なFA機器との接続が可能です。GOTが接続可能な機器であれば、 * 管理者パスワードは、すべてのGOTで同一にする必要があります。 iQ Monozukuri 工程リモート監視の監視対象となり、各装置の見える化、一括監視を実現します。 部品成型 ユニット組立 A社シーケンサ B社シーケンサ GOT2000 GOT2000 プリント基板組立 GOT複数台分のオペレータ情報を 収集、管理、配信 GOT2000 Ethernet HUB 三菱電機シーケンサ 現場のFA機器の情報を GOTを介して見える化 9 GOT GOT GOT GOT
Page10

分析>分析用のテンプレート画面で簡易分析を実現

iQ Monozukuri 工程リモート監視 分析 分析用のテンプレート画面で簡易分析を実現 7 Xbar-R管理図画面で生産品質分析! 9 ロギングトレンドグラフを2つ重ねて比較分析! 各装置のGOTで収集、抽出したロギング情報からXbar-R管理図、工程能力指数(Cp、Cpk)を表示し、確認できます。 異なるロギングIDで収集したロギングデータを2つ選択して、画面上に重ねて表示することができます。 Xbar-R管理図とヒストグラムを同時に表示することで、品質のばらつきを確認できます。 正常時のデータと現在の状態のデータを重ねて表示することで、波形を比較して分析することができます。 また、Xbar-R管理図では上限値、下限値の閾値を設定することで平均値が閾値を超えた場合の通知が可能です。 また、ロギングデータをファイル出力することができます。 <使用例1> 管理図と同時にヒストグラムを表示 することで、品質のばらつきを容易に 同じ時間の異なるGOTのロギングデータの場合、装置ごとの差異を比較できます。 確認 <使用例2> 同一ロギングIDの電流値のロギングデータの場合、正常時のデータ(過去)と現在(実態)のデータを比較することで、異常検出や劣化診 断が可能です。 上限値、下限値の閾値を設定して、 平均値が閾値を超えた場合にラン プで通知 Ethernet HUB ロギングデータを CSV ファイル出力 CSVへ出力 PDF PDFへ出力 8 発生したアラームをパレート図で表示し、要因を分析! 各装置のGOTから収集したアラーム情報を用いて、アラームパレート図を表示でき、アラーム発生件数や発生累計時間から、アラーム傾 向の分析が可能です。 また、アラーム、操作ログの同時抽出機能により、操作ログとアラーム情報を同じ期間分、抽出(ファイルに出力)することで、アラームが発 生する条件を分析できます。 指定した期間分の 分析結果から問題を抽出。 データを用い、 アラームパレート図ではアラーム発生件数、発生 改善 各詳細情報画面へ 累計時間からランキングで表示 問題の原因を究明し、改善策を立案・実施! CSV PDF Ethernet HUB 指定した期間分の操作ログとアラーム情報を CSVまたはPDFへ出力 10
Page11

iQ Monozukuri 工程リモート監視 分析 分析用のテンプレート画面で簡易分析を実現 7 Xbar-R管理図画面で生産品質分析! 9 ロギングトレンドグラフを2つ重ねて比較分析! 各装置のGOTで収集、抽出したロギング情報からXbar-R管理図、工程能力指数(Cp、Cpk)を表示し、確認できます。 異なるロギングIDで収集したロギングデータを2つ選択して、画面上に重ねて表示することができます。 Xbar-R管理図とヒストグラムを同時に表示することで、品質のばらつきを確認できます。 正常時のデータと現在の状態のデータを重ねて表示することで、波形を比較して分析することができます。 また、Xbar-R管理図では上限値、下限値の閾値を設定することで平均値が閾値を超えた場合の通知が可能です。 また、ロギングデータをファイル出力することができます。 <使用例1> 管理図と同時にヒストグラムを表示 することで、品質のばらつきを容易に 同じ時間の異なるGOTのロギングデータの場合、装置ごとの差異を比較できます。 確認 <使用例2> 同一ロギングIDの電流値のロギングデータの場合、正常時のデータ(過去)と現在(実態)のデータを比較することで、異常検出や劣化診 断が可能です。 上限値、下限値の閾値を設定して、 平均値が閾値を超えた場合にラン プで通知 Ethernet HUB ロギングデータを CSV ファイル出力 CSVへ出力 PDF PDFへ出力 8 発生したアラームをパレート図で表示し、要因を分析! 各装置のGOTから収集したアラーム情報を用いて、アラームパレート図を表示でき、アラーム発生件数や発生累計時間から、アラーム傾 向の分析が可能です。 また、アラーム、操作ログの同時抽出機能により、操作ログとアラーム情報を同じ期間分、抽出(ファイルに出力)することで、アラームが発 生する条件を分析できます。 指定した期間分の 分析結果から問題を抽出。 データを用い、 アラームパレート図ではアラーム発生件数、発生 改善 各詳細情報画面へ 累計時間からランキングで表示 問題の原因を究明し、改善策を立案・実施! CSV PDF Ethernet HUB 指定した期間分の操作ログとアラーム情報を CSVまたはPDFへ出力 11
Page12

すぐに導入できる!工程リモート監視用テンプレート画面をご紹介!

iQ Monozukuri 工程リモート監視 すぐに導入できる! 工程リモート監視用テンプレート画面をご紹介! メインメニュー Xbar-R管理図 各機能のテンプレート画面に切り換えるための画面です。 計量値として収集したロギングデータから、平均値(Xbar)と 範囲(R)を算出し、Xbar-R管理図で表示します。 稼働状況総合一覧 アラームパレート図 選択した複数のGOT(装置)の稼働状況を表形式で表示します。 複数の現場GOTで発生したアラームを集計し、パレート図と 各列ごとに合計、平均の表示と上下限値の設定が可能です。 一覧表で表示します。 設備総合稼働率 ロギングトレンドグラフ 選択した複数の現場GOT(装置)の稼働状況を生産ラインの 収集した異なる時間軸、異なる現場GOTのロギングデータ 模式図の上に総合設備効率(OEE)で表示します。 を2つ選択して、同じグラフで表示します。 稼働状況トレンドグラフ 各リソースデータ(操作ログ、アラーム、 選択した複数の現場GOT(装置)の稼働状況をグラフ形式で ロギング)抽出 表示します。 設定した条件からリソースデータを抽出し、ファイルに出力 したり、関連するテンプレート画面に抽出したデータを表示 します。 12
Page13

iQ Monozukuri 工程リモート監視 すぐに導入できる! 工程リモート監視用テンプレート画面をご紹介! メインメニュー Xbar-R管理図 各機能のテンプレート画面に切り換えるための画面です。 計量値として収集したロギングデータから、平均値(Xbar)と 範囲(R)を算出し、Xbar-R管理図で表示します。 稼働状況総合一覧 アラームパレート図 選択した複数のGOT(装置)の稼働状況を表形式で表示します。 複数の現場GOTで発生したアラームを集計し、パレート図と 各列ごとに合計、平均の表示と上下限値の設定が可能です。 一覧表で表示します。 設備総合稼働率 ロギングトレンドグラフ 選択した複数の現場GOT(装置)の稼働状況を生産ラインの 収集した異なる時間軸、異なる現場GOTのロギングデータ 模式図の上に総合設備効率(OEE)で表示します。 を2つ選択して、同じグラフで表示します。 稼働状況トレンドグラフ 各リソースデータ(操作ログ、アラーム、 選択した複数の現場GOT(装置)の稼働状況をグラフ形式で ロギング)抽出 表示します。 設定した条件からリソースデータを抽出し、ファイルに出力 したり、関連するテンプレート画面に抽出したデータを表示 します。 13
Page14

すぐに運用開始できる!工程リモート監視設定ツールの簡単な設定方法をご紹介!

iQ Monozukuri 工程リモート監視 すぐに運用開始できる! 工程リモート監視設定ツールの簡単な設定方法をご紹介! 1. 工程リモート監視設定ツールを起動 Process Remote Monitoring 4. モニタ対象GOTから収集する情報を設定 デバイス連携 Process Remote Monitoring画面が開きます。 用途に応じて下記をそれぞれの画面で設定します。 →⑦デバイス値の収集:デバイス連携画面 →⑧リソースデータの収集:リソース連携画面 GOT管理 リソース連携 ⑦ ⑦ ⑧ 2. オプションの設定 ⑧ ①を押すと、オプション画面が開きます。オプション画面では下記を設定します。 →②ライセンス登録:ライセンスキーの登録 →③SoftGOT設定:工程リモート監視設定ツールとデータ連携するGT SoftGOT2000のプロジェクトデータの設定 (初期設定から変更する場合のみ) 5. オペレータ管理情報の設定 設定後、④を押して、Process Remote Monitoring画面に戻ります。 オペレータ情報を管理する場合、GOT管理画面の⑨を押し、オペレータ管理(オペレータ)画面に切り換え、下記を設定します。 Process Remote Monitoring オプション ④ →⑩オペレータ情報の管理、編集:オペレータ管理(オペレータ)画面 →⑪各オペレータのセキュリティレベルの設定:オペレータ管理(セキュリティレベル)画面 →⑫各オペレータの共通情報の設定:共通設定画面 ② GOT管理 オペレータ管理 (オペレータ) ① ⑪ 共通設定 ③ ⑨ ⑩ オペレータ管理 (セキュリティレベル) ⑫ ⑪ ⑫ 3. モニタ対象のGOTの設定 Process Remote Monitoring画面の⑤を押すとGOT管理画面が開きます。 6. モニタ開始 モニタ対象とする現場GOTを設定(⑥)します。 Process Remote Monitoring画面に戻り、⑬を押し、現場GOTのモニタを開始します。 Process Remote Monitoring GOT管理 ⑭を押すとデータ連携するGT SoftGOT2000が起動し、モニタ状態を確認できます。 Process Remote Monitoring GT SoftGOT2000 ⑥ ⑤ ⑬ ⑭ 設定はとても簡単。 さあ、はじめよう! 14
Page15

iQ Monozukuri 工程リモート監視 すぐに運用開始できる! 工程リモート監視設定ツールの簡単な設定方法をご紹介! 1. 工程リモート監視設定ツールを起動 Process Remote Monitoring 4. モニタ対象GOTから収集する情報を設定 デバイス連携 Process Remote Monitoring画面が開きます。 用途に応じて下記をそれぞれの画面で設定します。 →⑦デバイス値の収集:デバイス連携画面 →⑧リソースデータの収集:リソース連携画面 GOT管理 リソース連携 ⑦ ⑦ ⑧ 2. オプションの設定 ⑧ ①を押すと、オプション画面が開きます。オプション画面では下記を設定します。 →②ライセンス登録:ライセンスキーの登録 →③SoftGOT設定:工程リモート監視設定ツールとデータ連携するGT SoftGOT2000のプロジェクトデータの設定 (初期設定から変更する場合のみ) 5. オペレータ管理情報の設定 設定後、④を押して、Process Remote Monitoring画面に戻ります。 オペレータ情報を管理する場合、GOT管理画面の⑨を押し、オペレータ管理(オペレータ)画面に切り換え、下記を設定します。 Process Remote Monitoring オプション ④ →⑩オペレータ情報の管理、編集:オペレータ管理(オペレータ)画面 →⑪各オペレータのセキュリティレベルの設定:オペレータ管理(セキュリティレベル)画面 →⑫各オペレータの共通情報の設定:共通設定画面 ② GOT管理 オペレータ管理 (オペレータ) ① ⑪ 共通設定 ③ ⑨ ⑩ オペレータ管理 (セキュリティレベル) ⑫ ⑪ ⑫ 3. モニタ対象のGOTの設定 Process Remote Monitoring画面の⑤を押すとGOT管理画面が開きます。 6. モニタ開始 モニタ対象とする現場GOTを設定(⑥)します。 Process Remote Monitoring画面に戻り、⑬を押し、現場GOTのモニタを開始します。 Process Remote Monitoring GOT管理 ⑭を押すとデータ連携するGT SoftGOT2000が起動し、モニタ状態を確認できます。 Process Remote Monitoring GT SoftGOT2000 ⑥ ⑤ ⑬ ⑭ 設定はとても簡単。 さあ、はじめよう! 15
Page16

iQ Monozukuri 工程リモート監視の動作環境

iQ Monozukuri 工程リモート監視 iQ Monozukuri 工程リモート監視の動作環境 製品一覧 価格:2019年8月現在 ○:仕込生産品、△:受注生産品 項⽬ 内容 • Microsoft® Windows®が動作するパーソナルコンピュータ • 三菱電機産業用PC MELIPCシリーズ(MI5122-VW、MI3321G-W*1、MI3315G-W*1) CPU 2.3GHzかつ2コア、i3以上のIntel互換プロセッサ(推奨3.0GHz 4Core以上) 必要メモリ 8GB以上 ストレージ SSDを推奨 パソコン本体 ストレージ インストール時: 20GB以上 空き容量 仮想メモリ 100MB以上 • Ethernetポート: 1ch以上(GOT接続用) インタフェース • USBポート(USB-A): 1ch以上(GT SoftGOT2000用ライセンスキー(GT27- SGTKEY-U)装着用)*1 OS Windows® 10 (Home、Pro、Enterprise、IoT Enterprise 2016 LTSB) (64ビット版) (⽇本語版/英語版/中国語簡体字版) 解像度 1920×1080ドット以上を推奨 ディスプレイ 表示⾊ High Color(16ビット)以上 • .NET Framework 4.7.2以降で互換性のある最新版*2 • GT SoftGOT2000(Ver. 1.217B以降)*3*4 その他ソフトウェア(必須) • GT Designer3(GOT2000)(Ver. 1.220E以降) • データ転送ツール(DataTransfer) (Ver.3.35M以降)*2 その他ハードウェア(任意) 上記OSで使用可能なマウス、キーボード、DVD-ROMドライブ *1 MI3321G-WとMI3315G-WにはGT SoftGOT2000(英語版)がプリインストールされているため、GT SoftGOT2000用ライセンスキーは不要です。 *2 インストール用DVD-ROM(PROCESS REMOTE MONITORING)に同梱しています。 *3 iQ Monozukuri 工程リモート監視とGT SoftGOT2000(Ver.1.217B以降)は、連携して動作します。そのため、iQ Monozukuri 工程リモート監視の動作環境には、 GT SoftGOT2000と同等の制約事項があります。GT SoftGOT2000の動作環境および、制約事項は、GT SoftGOT2000 Version1操作マニュアルをご参照ください。 *4 GT SoftGOT2000のソフトウェアは表示器画面作成ソフトウェア GT Works3に同梱されています。ご使用の際は、別途パソコンにGT SoftGOT2000 用ライセンスキー (GT27-SGTKEY-U)の装着が必要です。 16
Page17

製品一覧

iQ Monozukuri 工程リモート監視 iQ Monozukuri 工程リモート監視の動作環境 製品一覧 ■アプリケーションパッケージ 価格:2019年8月現在 ○:仕込生産品、△:受注生産品 品名 形名 ライセンス数 モニタできるGOTの台数 参考標準価格 納期 AP30-PRM001AA-MA 1ライセンス 5台 ¥98,000 △ iQ Monozukuri 工程リモート監視*1 AP30-PRM001AA-MB 5ライセンス 25台 ¥198,000 △ AP30-PRM001AA-MC 10ライセンス 50台 ¥298,000 △ *1 工程リモート監視設定ツール、iQ Monozukuri 工程リモート監視GT SoftGOT2000用テンプレートプロジェクト、iQ Monozukuri 工程 リモート監視用ライセンスを同梱しています。 ■システム構築に必要な機器: お客様手配品 GOT本体: いずれか1台必須 品名 形名 画面サイズ 参考標準価格 納期 品名 形名 画面サイズ 参考標準価格 納期 GT2715-XTBA ¥520,000 ○ GT2508-VTBA ¥220,000 ○ GT2715 15型XGA GT2715-XTBD ¥530,000 ○ GT2508-VTBD ¥230,000 ○ GT2712-STBA ¥398,000 ○ GT2508-VTWA ¥220,000 ○ GT2508 8.4型VGA GT2712-STBD ¥408,000 ○ GT25 GT2508-VTWD*2 ¥230,000 ○ GT2712 12.1型SVGA GT2712-STWA ¥398,000 ○ GT2508F-VTNA ¥220,000 ○ GT2712-STWD*2 ¥408,000 ○ GT2508F-VTND ¥230,000 ○ GT2710-STBA ¥360,000 ○ GT2505 GT2505-VTBD 5.7型VGA ¥145,000 ○ 10.4型SVGA GT2710-STBD ¥370,000 ○ GT2510-WXTBD ¥268,000 ○GT2510 10.1型WXGA GT27*1 GT2710-VTBA ¥340,000 ○ GT25 GT2510-WXTSD ¥268,000 ○GT2710 GT2710-VTBD ¥350,000 ○ ワイド GT2507-WTBD ¥198,000 ○ 10.4型VGA GT2507 7型WVGA GT2710-VTWA ¥340,000 ○ GT2507-WTSD ¥198,000 ○ GT2710-VTWD*2 ¥350,000 ○ GT25 GT2708-STBA ¥270,000 ○ 耐環境性 GT2507T GT2507T-WTSD 7型WVGA ¥278,000 ○ 8.4型SVGA GT2708-STBD ¥280,000 ○ 強化 GT2708 GT2708-VTBA ¥250,000 ○ GT25 GT2506HS GT2506HS-VTBD 6.5型VGA ¥280,000 ○ 8.4型VGA ハンディ GT2708-VTBD ¥260,000 ○ GT2505HS GT2505HS-VTBD 5.7型VGA ¥198,000 ○ GT2705 GT2705-VTBD 5.7型VGA ¥240,000 ○ GT21 GT2107-WTBD ¥128,000 ○ワイド GT2107 7型WVGA GT2512-STBA ¥360,000 ○ GT2107-WTSD ¥128,000 ○ GT2512-STBD ¥370,000 ○ GT2104-RTBD 4.3型[480× ¥63,000 ○ GT2512 12.1型SVGA 272ドット] GT2512F-STNA ¥360,000 ○ GT2104 4.5型[384× GT2512F-STND ¥370,000 ○ GT21 GT2104-PMBD 128ドット] ¥51,500 ○ GT2510-VTBA ¥300,000 ○ GT25 GT2510-VTBD ¥310,000 ○ GT2103 GT2103-PMBD 3.8型[320× 128ドット] ¥32,000 ○ GT2510-VTWA ¥300,000 ○ GT2510 *2 10.4型VGAGT2510-VTWD ¥310,000 ○ GT2510F-VTNA ¥300,000 ○ GT2510F-VTND ¥310,000 ○ *1 防爆形GT27モデルは対応しています。詳細は、GOT2000シリーズ防爆形GOTカタログ(L(名)08466)をご参照ください。 *2 ATEX、KCs規格に対応する場合、別途オプション(保護シートと特殊取付金具)が必要となります。(GT2508-VTWDは保護シートのみ必要です。)また、通信ユニット、 オプションユニットは使用できません。使用した場合、規格に適合しません。詳細は、テクニカルニュース「GOT2000シリーズATEX規格ならびKCs規格適合について」 No.GOT-D-0101をご参照ください。 ソフトウェア: 必須 品名 形名 概要 参考標準価格 SW1DND-GTWK3-J ⽇本語版、標準ライセンス品 ¥30,000 表示器画面作成ソフトウェア *1 MELSOFT GT Works3 SW1DND-GTWK3-JC ⽇本語版、サイトライセンス品 ¥30,000 SW1DND-GTWK3-E 英語版、標準ライセンス品*2 ¥30,000 GT SoftGOT2000用ライセンスキー*3 GT27-SGTKEY-U USBポート用 ¥150,000 *1 購入された同一法人、同一事業所内(海外拠点含む)に限り、無制限で使用可能です。 *2 標準ライセンス品以外に、複数ライセンス品、追加ライセンス品をラインアップしています。2ライセンス以上であればご希望数のライセ ンスを販売いたします。詳細内容は最寄りの支社、代理店にお問い合わせください。 *3 iQ Monozukuri 工程リモート監視を使用するパソコン1台ごとにGT SoftGOT2000用ライセンスキーが必要です。 メモリカード: リソース連携、オペレータ管理をする場合に必須 品名 形名 仕様 参考標準価格 納期 NZ1MEM-2GBSD GOT本体用 SDメモリカード 2GB ¥30,000 ○ NZ1MEM-4GBSD GOT本体用 SDHCメモリカード 4GB ¥50,000 ○ SDメモリカード NZ1MEM-8GBSD GOT本体用 SDHCメモリカード 8GB ¥90,000 ○ NZ1MEM-16GBSD GOT本体用 SDHCメモリカード 16GB ¥150,000 ○ その他オプション: 任意 品名 形名 ライセンス数 参考標準価格 GT25-VNCSKEY-1 1ライセンス ¥28,000 GT25-VNCSKEY-5 5ライセンス ¥140,000 VNCサーバ機能ライセンス*1 GT25-VNCSKEY-10 10ライセンス ¥280,000 GT25-VNCSKEY-20 20ライセンス ¥560,000 GT25-WEBSKEY-1 1ライセンス ¥38,000 *1 GT25-WEBSKEY-5 5ライセンス ¥190,000GOT Mobile機能ライセンス GT25-WEBSKEY-10 10ライセンス ¥380,000 GT25-WEBSKEY-20 20ライセンス ¥760,000 17 *1 GOT1台ごとに1ライセンスが必要です。 上記価格に消費税は含まれておりません。
Page18

MI3000 with GT SoftGOT2000

iQ Monozukuri 工程リモート監視 with 関連資料 GT SoftGOT2000をプリインストールした 三菱電機産業用PC MELIPCシリーズ MI3000をご紹介します。 FAアプリケーションパッケージ 三菱電機 三菱電機 監視制御システムソリューション iQ Monozukuri 総合カタログ グラフィックオペレーションターミナル グラフィックオペレーションターミナル L(名)08565 L(名)16055 GOT2000シリーズカタログ GOT2000対応HMIソフトウェア L(名)08268 GT SoftGOT2000 L(名)08605 MELIPCシリーズ MI3000 ディスプレイ一体型のパネルコンピュータ 生産現場の様々な場面で活躍 システムを簡単に導入できる 美しく迫力のある大画面 三菱電機産業用PC 三菱電機産業用PC GT SoftGOT2000をプリインストールしているため、 21.5型ワイドと15型の大画面機種をラインアップ。 MELIPCシリーズ MI3000 MELIPCシリーズL(名)08599 L(名)16051 iQ Monozukuri 工程リモート監視システムをすぐに導入できます。 表示色は1677万色と表現力が向上します。 商標、登録商標などについて Adobe、Adobe Reader は、Adobe Systems Incorporated の登録商標です。 エッジコンピューティング用途に適用可能 Windows® OS搭載で使い方広がる DisplayPortは、Video Electronics Standards Associationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。 イーサネット、ETHERNETは富士ゼロックス株式会社の登録商標です。 製造ビッグデータの加工や、上位システムとの連携などを簡単に実 使い慣れたWindows®アプリケーションはもちろん、ユーザ作成 Google Chromeは、Google Inc.の商標、または登録商標です。 現するEdgecross基本ソフトウェアとSLMPデータコレクタをプ アプリケーションを活用でき、お客様ならではのシステム構築を実 Intel、Intel Core、Atomは、Intel Corporationの米国およびその他の国における商標です。Microsoft、Windows、およびExcelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。 リインストール。 現します。 PCI ExpressはPCI-SIGの登録商標です。 SDロゴ、SDHCロゴは、SD-3C、LLCの商標です。 VNCは、RealVNC Ltd.の米国およびその他の国における登録商標です。 その他の製品名、社名はそれぞれの会社の商標、または登録商標です。 ニーズに合わせた拡張性を実現 写真の色等は印刷のため、実物と若干異なる場合があります。 項⽬ MI3315G-W MI3321G-W また画面においても、はめ込み合成のため実際の表示と異なる場合があります。 Windows® 10 IoT Enterprise 2016 LTSB DisplayPort RS-232 OS (64bit) ご 採 用 に 際 し て の ご 注 意 安全にお使いいただくために mini PCI Express® RS-232/422/485 ® (BIOSで切換え) MPU Intel Core TM i3-6100U 2.30GHz(Dual Core) この資料は、製品の代表的な特長機能を説明した資料です。使用上の制約事 ●このカタログに記載された製品を正しくお使いいただくために、ご使用の前に必ず 項、ユニットの組合わせによる制約事項などがすべて記載されているわけで 「マニュアル」をお読みください。 画面サイズ 15型 21.5型ワイド ●この製品は一般工業等を対象とした汎用品として製作されたもので、人命にかかわ はありません。ご採用にあたりましては、必ず製品のマニュアルをお読みい るような状況下で使用される機器あるいはシステムに用いられることを目的として XGA Full HD 解像度 ただきますようお願い申し上げます。 設計、製造されたものではありません。 1024 × 768ドット 1920 × 1080ドット 当社の責に帰すことができない事由から生じた損害、当社製品の故障に起因 ●この製品を原子力用、電力用、航空宇宙用、医療用、乗用移動体用の機器あるいはシステムなど特殊用途への適用をご検討の際には、当社の営業担当窓口までご照会 表示⾊ 1677万⾊ するお客様での機会損失、逸失利益、当社の予見の有無を問わず特別の事 ください。 タッチパネル 情から生じた損害、二次損害、事故補償、当社製品以外への損傷およびその ●この製品は厳重な品質管理体制の下に製造しておりますが、この製品の故障により PCAP(投影型静電容量方式) 重大な事故または損失の発生が予測される設備への適用に際しては、バックアップ PCI Express® 方式 他の業務に対する保証については、当社は一切の責任を負いかねます。 やフェールセーフ機能をシステム的に設置してください。 音声出力 メインメモリ 8GB USB3.0 × 2 内蔵 64GB USB2.0 × 2 Ethernet × 3 ストレージ 18
Page19

関連資料

iQ Monozukuri 工程リモート監視 with 関連資料 GT SoftGOT2000をプリインストールした 三菱電機産業用PC MELIPCシリーズ MI3000をご紹介します。 FAアプリケーションパッケージ 三菱電機 三菱電機 監視制御システムソリューション iQ Monozukuri 総合カタログ グラフィックオペレーションターミナル グラフィックオペレーションターミナル L(名)08565 L(名)16055 GOT2000シリーズカタログ GOT2000対応HMIソフトウェア L(名)08268 GT SoftGOT2000 L(名)08605 MELIPCシリーズ MI3000 ディスプレイ一体型のパネルコンピュータ 生産現場の様々な場面で活躍 システムを簡単に導入できる 美しく迫力のある大画面 三菱電機産業用PC 三菱電機産業用PC GT SoftGOT2000をプリインストールしているため、 21.5型ワイドと15型の大画面機種をラインアップ。 MELIPCシリーズ MI3000 MELIPCシリーズL(名)08599 L(名)16051 iQ Monozukuri 工程リモート監視システムをすぐに導入できます。 表示色は1677万色と表現力が向上します。 商標、登録商標などについて Adobe、Adobe Reader は、Adobe Systems Incorporated の登録商標です。 エッジコンピューティング用途に適用可能 Windows® OS搭載で使い方広がる DisplayPortは、Video Electronics Standards Associationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。 イーサネット、ETHERNETは富士ゼロックス株式会社の登録商標です。 製造ビッグデータの加工や、上位システムとの連携などを簡単に実 使い慣れたWindows®アプリケーションはもちろん、ユーザ作成 Google Chromeは、Google Inc.の商標、または登録商標です。 現するEdgecross基本ソフトウェアとSLMPデータコレクタをプ アプリケーションを活用でき、お客様ならではのシステム構築を実 Intel、Intel Core、Atomは、Intel Corporationの米国およびその他の国における商標です。Microsoft、Windows、およびExcelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。 リインストール。 現します。 PCI ExpressはPCI-SIGの登録商標です。 SDロゴ、SDHCロゴは、SD-3C、LLCの商標です。 VNCは、RealVNC Ltd.の米国およびその他の国における登録商標です。 その他の製品名、社名はそれぞれの会社の商標、または登録商標です。 ニーズに合わせた拡張性を実現 写真の色等は印刷のため、実物と若干異なる場合があります。 また画面においても、はめ込み合成のため実際の表示と異なる場合があります。 DisplayPort RS-232 ご 採 用 に 際 し て の ご 注 意 安全にお使いいただくために mini PCI Express® RS-232/422/485 この資料は、製品の代表的な特長機能を説明した資料です。使用上の制約事 ●このカタログに記載された製品を正しくお使いいただくために、ご使用の前に必ず (BIOSで切換え) 項、ユニットの組合わせによる制約事項などがすべて記載されているわけで 「マニュアル」をお読みください。 ●この製品は一般工業等を対象とした汎用品として製作されたもので、人命にかかわ はありません。ご採用にあたりましては、必ず製品のマニュアルをお読みい るような状況下で使用される機器あるいはシステムに用いられることを目的として ただきますようお願い申し上げます。 設計、製造されたものではありません。 当社の責に帰すことができない事由から生じた損害、当社製品の故障に起因 ●この製品を原子力用、電力用、航空宇宙用、医療用、乗用移動体用の機器あるいはシステムなど特殊用途への適用をご検討の際には、当社の営業担当窓口までご照会 するお客様での機会損失、逸失利益、当社の予見の有無を問わず特別の事 ください。 情から生じた損害、二次損害、事故補償、当社製品以外への損傷およびその ●この製品は厳重な品質管理体制の下に製造しておりますが、この製品の故障により 重大な事故または損失の発生が予測される設備への適用に際しては、バックアップ PCI Express® 他の業務に対する保証については、当社は一切の責任を負いかねます。 やフェールセーフ機能をシステム的に設置してください。 音声出力 USB3.0 × 2 USB2.0 × 2 Ethernet × 3 19
Page20

お問い合わせ先

三菱電機FAアプリケーションパッケージ iQ Monozukuri 工程リモート監視 〒100-8310 東京都千代田区丸の内2-7-3(東京ビル) お問い合わせは下記へどうぞ 本社機器営業部············ 〒110-0016 東京都台東区台東1-30-7(秋葉原アイマークビル)··································································· (03)5812-1450 北海道支社 ··················· 〒060-8693 札幌市中央区北二条西4-1(北海道ビル)················································································· (011)212-3794 東北支社······················· 〒980-0013 仙台市青葉区花京院1-1-20(花京院スクエア)········································································· (022)216-4546 関越支社······················· 〒330-6034 さいたま市中央区新都心11-2(明治安田生命さいたま新都心ビル)·········································· (048)600-5835 三菱電機FAアプリケーションパッケージ 新潟支店······················· 〒950-8504 新潟市中央区東大通2-4-10(日本生命ビル)············································································ (025)241-7227 神奈川支社 ··················· 〒220-8118 横浜市西区みなとみらい2-2-1(横浜ランドマークタワー)···························································· (045)224-2624 北陸支社······················· 〒920-0031 金沢市広岡3-1-1(金沢パークビル)··························································································· (076)233-5502 iQ Monozukuri 工程リモート監視 中部支社······················· 〒450-6423 名古屋市中村区名駅3-28-12(大名古屋ビルヂング)······························································· (052)565-3314 豊田支店 ······················· 〒471-0034 豊田市小坂本町1-5-10(矢作豊田ビル)··················································································· (0565)34-4112 関西支社······················· 〒530-8206 大阪市北区大深町4-20(グランフロント大阪 タワーA)······························································· (06)6486-4122 中国支社······················· 〒730-8657 広島市中区中町7-32(ニッセイ広島ビル)·················································································· (082)248-5348 四国支社······················· 〒760-8654 高松市寿町1-1-8(日本生命高松駅前ビル)·············································································· (087)825-0055 九州支社 ······················· 〒810-8686 福岡市中央区天神2-12-1(天神ビル)······················································································· (092)721-2247 生産現場のIoT化を簡単に実現 稼働状況の見える化で生産現場の工程改善や生産性向上をサポート! 電話技術相談窓口 受付時間※1 月曜~金曜 9:00~19:00、土曜・日曜・祝日 9:00~17:00 対 象 機 種 電 話 番 号 対 象 機 種 電 話 番 号 自動窓口案内 052-712-2444 SCADA MC Works64 052-712-2962※2※6 産業用PC MELIPC MELSERVOシリーズ エッジコンピューティング製品 Edgecross対応ソフトウェア 052-712-2370※2 位置決めユニット (MTConnectデータコレクタを除く) (MELSEC iQ-R/Q/L/AnSシリーズ) MELSEC iQ-R/Q/L/QnAS/AnSシーケンサ モーションユニット (CPU内蔵Ethernet機能などネットワークを除く) 052-711-5111 サーボ/位置決めユニット/ (MELSEC iQ-Rシリーズ) MELSEC iQ-F/FXシーケンサ全般 052-725-2271※3 モーションユニット/ シンプルモーションユニット ネットワークユニット シンプルモーションユニット/ (MELSEC iQ-R/iQ-F/Q/Lシリーズ) (CC-Linkファミリー/MELSECNET/Ethernet/シリアル通信) 052-712-2578 モーションコントローラ/ モーションCPU 052-712-6607 MELSOFTシーケンサ MELSOFT GXシリーズ センシングユニット/ (MELSEC iQ-R/Q/AnSシリーズ) エンジニアリングソフトウェア (MELSEC iQ-R/Q/L/QnAS/AnS) 052-711-0037 組込み型サーボシステムコントローラ センシングユニット MELSOFT (MR-MTシリーズ) 統合エンジニアリング環境 MELSOFT Navigator 052-799-3591※2 シンプルモーションボード/ ポジションボード iQ Sensor Solution MELSOFT MTシリーズ/ MELSOFT MELSOFT MXシリーズ MRシリーズ/EMシリーズ シ 通信支援ソフトウェアツール ー ※2 センサレスサーボ FR-E700EX/MM-GKR 052-722-2182 ケ MELSECパソコンボード Q80BDシリーズなど 052-712-2370 インバータ FREQROLシリーズ 052-722-2182 ン C言語コントローラ サ 三相モータ 三相モータ225フレーム以下 0536-25-0900※2※4MESインタフェースユニット/高速データロガーユニット 052-799-3592※2 産業用ロボット MELFAシリーズ 052-721-0100 プロセスCPU/二重化機能 SIL2プロセスCPU 電磁クラッチ・ブレーキ/テンションコントローラ 052-712-5430 ※5 MELSEC計装/iQ-R/ (MELSEC iQ-Rシリーズ) データ収集アナライザ MELQIC IU1/IU2シリーズ 052-712-5440 ※5 ※2※3 Q二重化 プロセスCPU/二重化CPU 052-712-2830 MS-Tシリーズ/MS-Nシリーズ (MELSEC-Qシリーズ) 低圧開閉器 052-719-4170US-Nシリーズ MELSOFT PXシリーズ ノーヒューズ遮断器/ 安全シーケンサ 低圧遮断器 漏電遮断器/MDUブレーカ/ 052-719-4559 (MELSEC iQ-R/QSシリーズ) 気中遮断器(ACB)など MELSEC Safety 052-712-3079※2※3 安全コントローラ 電力量計/計器用変成器/ (MELSEC-WSシリーズ) 電力管理用計器 指示電気計器/ 052-719-4556 電力計測ユニット/絶縁監視ユニット QEシリーズ/REシリーズ 052-719-4557※2※3 管理用計器/タイムスイッチ レーザ変位センサ EcoServer/E-Energy/検針システム/ FAセンサ MELSENSOR ビジョンセンサ ※2※3052-799-9495※2 省エネ支援機器 エネルギー計測ユニット/ 052-719-4557 コードリーダ B/NETなど GOT2000/1000シリーズ 052-712-2417 小容量UPS(5kVA以下) FW-Sシリーズ/FW-Vシリーズ/表示器 GOT ※2※6MELSOFT GTシリーズ FW-Aシリーズ/FW-Fシリーズ 052-799-9489 お問い合わせの際には、今一度電話番号をお確かめの上、お掛け間違いのないようお願い致します。 ※1:春季・夏季・年末年始の休日を除く ※2:土曜・日曜・祝日を除く ※3:金曜は17:00まで ※4:月曜~木曜の9:00~17:00と金曜の9:00~16:30 ※5:受付時間9:00~17:00 (土曜・日曜・祝日・当社休日を除く) ※6:月曜~金曜の9:00~17:00 FAX技術相談窓口 受付時間 月曜~金曜 9:00~16:00(祝日・当社休日を除く) 対 象 機 種 F A X 番 号 電力計測ユニット/絶縁監視ユニット(QEシリーズ/REシリーズ) 084-926-8340 三相モータ225フレーム以下 0536-25-1258※7 低圧開閉器 0574-61-1955 低圧遮断器 084-926-8280 電力管理用計器/省エネ支援機器/小容量UPS(5kVA以下) 084-926-8340 三菱電機FAサイトの「仕様・機能に関するお問い合わせ」もご利用ください。 ※7:月曜~木曜の9:00~17:00と金曜の9:00~16:30(祝日・当社休日を除く) 三菱電機株式会社名古屋製作所は、環境マネジメントシステムISO 14001、 及び品質システムISO9001の認証取得工場です。 既存設備へ組み込んで簡単にシステム構築できる! 個別に管理していた情報を一括管理できる! 同梱のテンプレート画面で設備状況を分析できる! この印刷物は、2019年8月の発行です。なお、この印刷物に掲載した内容は、改善のために予告 L(名)08673-A 1908(MEE) なく変更する場合がありますので、ご採用の節には、事前に弊社までお問い合わせください。 2019年8月作成