1/8ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(2.3Mb)

三菱電機省エネ支援アプリケーション EcoAdviser

製品カタログ

現場に気づきを与える。一歩進んだ省エネ分析ツール。

“原因分析”、“効果検証”にかける時間を削減し、企業のPDCAサイクルの高速化を実現します!

◆収集したデータの分析を支援
表計算ソフトなどでの加工・分析・報告は不要となり、 EcoAdviserで様々なグラフを簡単に表示します。
◆分析データを現場で見せる
ダッシュボードに保存したグラフの貼り付けが可能で、現場での表示にも活用できます。
◆EcoAdviser+EcoServerIIIで見える化システム構築
EcoServerIIIとの組み合わせで SCADA などで必要な作画やプログラミング不要で見える化システムを構築できます。

◆詳細はカタログをダウンロードしご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 三菱電機省エネ支援アプリケーション EcoAdviser
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 2.3Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 三菱電機株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

シーケンサ e-F@ctory情報連携製品
製品カタログ

三菱電機株式会社

ソフトウェア MC Works64
製品カタログ

三菱電機株式会社

このカタログの内容

Page1

FACTORY AUTOMATION 三菱電機省エネ支援アプリケーション EcoAdviser 現場に気づきを与える。一歩進んだ省エネ分析ツール。
Page2

三菱電機省エネ支援アプリケーション 現場に気づきを与える。一歩進んだ省エネ分析ツール。 省エネ活動の進め方 Do “原因分析”、“効果検証”にかける時間を削減し、 Check 企業のPDCAサイクルの高速化を実現します! Plan Action こんな こんな こんな お客様に 省エネ分析・報告に お客様に最適です 最適です 現場の省エネ意識が低く、 お客様に 最適です 安価な見える化システムを時間が掛かりすぎている。 改善したい。 導入したい。 収集したデータの分析を支援 分析データを現 場で見せる EcoAdviser+EcoServerⅢで見える化システム構築 表計算ソフトなどでの加工・分析・報告は不要となり、 ダッシュボードに保存し EcoServerⅢとの組み合わせでSCADAなどで必要な作画や EcoAdviserで様々なグラフを簡単に表示します。 たグラフの貼り付けが可 プログラミング不要で見える化システムを構築できます。 能で、現場での表示にも 三菱電機省エネ支援アプリケーション 分析グラフでの報告・分析 活用できます。 PC(クライアントパソコン) 表計算ソフトなどでの報告・分析 計測データ Ethernet 最大20台 データ収集サーバ 省エネデータ収集サーバ 省エネデータ収集サーバ EcoServerⅢ EcoServerⅢ(デマンド監視機能付品) B/NET または CC-Link 計測機器 エネルギー計測ユニット 2 EcoMonitorPlus/EcoMonitorLight など
Page3

三菱電機省エネ支援アプリケーション 現場に気づきを与える。一歩進んだ省エネ分析ツール。 省エネ活動の進め方 Do “原因分析”、“効果検証”にかける時間を削減し、 Check 企業のPDCAサイクルの高速化を実現します! Plan Action こんな こんな こんな お客様に 省エネ分析・報告に お客様に最適です 最適です 現場の省エネ意識が低く、 お客様に 最適です 安価な見える化システムを時間が掛かりすぎている。 改善したい。 導入したい。 収集したデータの分析を支援 分析データを現 場で見せる EcoAdviser+EcoServerⅢで見える化システム構築 表計算ソフトなどでの加工・分析・報告は不要となり、 ダッシュボードに保存し EcoServerⅢとの組み合わせでSCADAなどで必要な作画や EcoAdviserで様々なグラフを簡単に表示します。 たグラフの貼り付けが可 プログラミング不要で見える化システムを構築できます。 能で、現場での表示にも 三菱電機省エネ支援アプリケーション 分析グラフでの報告・分析 活用できます。 PC(クライアントパソコン) 表計算ソフトなどでの報告・分析 計測データ Ethernet 最大20台 データ収集サーバ 省エネデータ収集サーバ 省エネデータ収集サーバ EcoServerⅢ EcoServerⅢ(デマンド監視機能付品) B/NET または CC-Link 計測機器 エネルギー計測ユニット EcoMonitorPlus/EcoMonitorLight など 3
Page4

特 長 特 長 特長1 特長2 収集した省エネデータの分析が可能 ダッシュボード機能を活用し、現場での表示が可能 電力量などのエネルギー情報やシーケンサ(PLC)に蓄積された生産情報を取り込むことで、様々な分析を実施すること 分析グラフをボード内にカスタマイズ表示することが可能です。また、PC 上に Web サーバーをセットアップすれば、現 が可能です。 場での見せる化ツールとしても活用可能です。※1 3 ステップで簡単グラフ化 ダッシュボード画面 ステップ 1 表示したいグラフを選択 ステップ 2 比較方法を選択 ステップ 3 抽出するデータ項目を選択 グラフ種類、視点、計測点を選択するだけで、簡単に見える化&分析が可能! 画像やグラフ・現在値は 分析したい内容に応じて、7種類のグラフから選択可能 自由にカスタマイズ可能 現状把握:エリア別の電力使用状況を見える化したい 活用例 時系列に加え、順位表示や割合表示が可能なので、省エネの優先順位付けに活用 ●円グラフ&順位グラフで一目瞭然 ・ 部署ごとで使用電力量を料金換算値に変換して表示 ・ 設備ごとで生産数や使用エネルギー量を表示 ラインごと、工程ごとの順位グラフ を表示すれば、ボトルネックとなる ⬇ 生産設備の特定にも活用できる。 現場の省エネ意識向上に貢献 円グラフ 順位グラフ 原単位管理:電力使用量だけでなく、生産数を加味して管理したい ※1:画面の更新周期は 1時間です。 エ 多品種生産をしているラインに関しても、品種別に原単位管理 ネ ル ●生産性の悪化&ばらつきが一目瞭然 特長3 ギ ー 分 原単位が悪化しているライン・ 煩雑なプログラミング不要 析 原単位 原単位悪化箇所 工程値の区間ごとの分布を把握し、 使用するPC上で下位システムの計測データを自動収集することが出来ます。加えて、Edgecross※上で動くアプリケーション フ ェ 設備改善、運用改善を実施し、生 としても使用可能なので、Edgecrossが搭載されたPC上でも同様にデータ収集が可能です。 ー 生産数量 ズ 産性向上に向けた活動を。 時系列グラフ 箱ひげグラフ 〈設定画面イメージ〉手軽に省エネ分析を始めたいが、 応用分析: 応用分析: 応用分析: システム導入のハードルが高い… 簡単設定 2要素以上の相関 エラー履歴のパレート図表示 閾値・目標値診断 ボタン操作のみでシステムの立ち上げや計測ポイント 生産量とエネルギー使用量の 対策すべきエラー内容の把握 値の区間ごとの分布を把握し、 計測ポイントを追加するたびにシステム再構築が大変… の追加・拡張が可能。 相関を取り、生産効率を把握 閾値や目標値の目安とする ※Edgecrossとは? FA(生産現場)と IT との協調を実現するオープン ▶Edgecross上で動くアプリ なエッジコンピューティング領域のソフトウェアプ ケーションとして使用可能! ラットフォームのこと。 4 散布図 パレート図 ヒストグラム 産業用PC MELIPC
Page5

特 長 特 長 特長1 特長2 収集した省エネデータの分析が可能 ダッシュボード機能を活用し、現場での表示が可能 電力量などのエネルギー情報やシーケンサ(PLC)に蓄積された生産情報を取り込むことで、様々な分析を実施すること 分析グラフをボード内にカスタマイズ表示することが可能です。また、PC 上に Web サーバーをセットアップすれば、現 が可能です。 場での見せる化ツールとしても活用可能です。※1 3 ステップで簡単グラフ化 ダッシュボード画面 ステップ 1 表示したいグラフを選択 ステップ 2 比較方法を選択 ステップ 3 抽出するデータ項目を選択 グラフ種類、視点、計測点を選択するだけで、簡単に見える化&分析が可能! 画像やグラフ・現在値は 分析したい内容に応じて、7種類のグラフから選択可能 自由にカスタマイズ可能 現状把握:エリア別の電力使用状況を見える化したい 活用例 時系列に加え、順位表示や割合表示が可能なので、省エネの優先順位付けに活用 ●円グラフ&順位グラフで一目瞭然 ・ 部署ごとで使用電力量を料金換算値に変換して表示 ・ 設備ごとで生産数や使用エネルギー量を表示 ラインごと、工程ごとの順位グラフ を表示すれば、ボトルネックとなる ⬇ 生産設備の特定にも活用できる。 現場の省エネ意識向上に貢献 円グラフ 順位グラフ 原単位管理:電力使用量だけでなく、生産数を加味して管理したい ※1:画面の更新周期は 1時間です。 エ 多品種生産をしているラインに関しても、品種別に原単位管理 ネ ル ●生産性の悪化&ばらつきが一目瞭然 特長3 ギ ー 分 原単位が悪化しているライン・ 煩雑なプログラミング不要 析 原単位 原単位悪化箇所 工程値の区間ごとの分布を把握し、 使用するPC上で下位システムの計測データを自動収集することが出来ます。加えて、Edgecross※上で動くアプリケーション フ ェ 設備改善、運用改善を実施し、生 としても使用可能なので、Edgecrossが搭載されたPC上でも同様にデータ収集が可能です。 ー 生産数量 ズ 産性向上に向けた活動を。 時系列グラフ 箱ひげグラフ 〈設定画面イメージ〉手軽に省エネ分析を始めたいが、 応用分析: 応用分析: 応用分析: システム導入のハードルが高い… 簡単設定 2要素以上の相関 エラー履歴のパレート図表示 閾値・目標値診断 ボタン操作のみでシステムの立ち上げや計測ポイント 生産量とエネルギー使用量の 対策すべきエラー内容の把握 値の区間ごとの分布を把握し、 計測ポイントを追加するたびにシステム再構築が大変… の追加・拡張が可能。 相関を取り、生産効率を把握 閾値や目標値の目安とする ※Edgecrossとは? FA(生産現場)と IT との協調を実現するオープン ▶Edgecross上で動くアプリ なエッジコンピューティング領域のソフトウェアプ ケーションとして使用可能! ラットフォームのこと。 散布図 パレート図 ヒストグラム 産業用PC MELIPC 5
Page6

システム構成例 製品仕様 システム構成例 製品仕様(MES3-EAP1-DA) ●EcoServerⅢから計測データを収集する場合 + (HTML ) PC※2 EcoAdviser 計測データ※1 Ethernet EcoServer EcoServer 20 Webページ用サーバパソコンへアクセスし、 ダッシュボード(HTMLファイル)を閲覧※2 ※1:EcoAdviser は、EcoServerⅢの 1分ズームデータファイル、デマンド日次データファイルより計測データを収集します。 ※2:ネットワーク上のパソコンでダッシュボード(HTMLファイル)を閲覧するには、PCにてWebサーバ機能(IIS など)を有効にする必要があります。 ●Edgecross から計測データを収集する場合 + EcoAdviser + (HTML ) PC(MELIPC) ※3 計測データ※1 Ethernet Webページ用サーバパソコンへアクセスし、 ダッシュボード(HTML ファイル)を閲覧※2 ※1:EcoAdviser は、Edgecross が作成するヒストリカルデータファイルから収集元の計測データを収集します。 ※2:ネットワーク上のパソコンでダッシュボード(HTMLファイル)を閲覧するには、PCにてWebサーバ機能(IIS など)を有効にする必要があります。 6 ※3:PC(MELIPC)と EcoServerⅢが Ethernet にて通信可能な場合、Edgecross および EcoServerⅢの両方を収集元として登録できます。
Page7

システム構成例 製品仕様 システム構成例 製品仕様(MES3-EAP1-DA) ●EcoServerⅢから計測データを収集する場合 項 目 仕 様 項 目 仕 様 収集元設定 収集元および、計測点を登録 フォーマット 帳票フォーマットを設定 収集元 EcoServerⅢ、Edgecross 日報 最大 320 項目 16 項目/シート× 20 シート 登録台数 最大 20 台 ※ 1 出力項目数 月報 最大 320 項目 16 項目/シート× 20 シート 登録計測点数 最大 284 点/収集元(全収集元:最大 5680 点) 年報 最大 320 項目 16 項目/シート× 20 シート + 手入力計測点設定 オフラインメータなど、目視にて計測・計量値を確認する計 計測点、手入力計測点、品種時間帯計測点、演算計測点、原 (HTML ) 測点を登録 出力項目 帳 単位計測点より選択 登録点数 最大 256 点 票 日報 指定日付の日報を作成し、Excel 形式で保存 PC※2 EcoAdviser 品種時間帯計測点設定 特定の時間帯の計量値を計測する計測点を登録 機能 帳票作成 月報 指定月の月報を作成し、Excel 形式で保存 登録点数 最大 256 点 年報 指定年の年報を作成し、Excel 形式で保存 計 計量値計測点時間帯計測点 計測点、手入力計測点より選択 自動帳票出力設定 自動帳票出力の有無を設定 測 点 自動帳票出力時刻 自動帳票出力時刻を設定時間帯種別 0 ~ 65535 計測データ※1 設 日報ファイル保存先パスを設定 定 演算計測点設定 計測点に四則演算を行った結果を計測する計測点を登録 保存先 月報ファイル保存先パスを設定 登録点数 最大 256 点 年報ファイル保存先パスを設定 Ethernet 計測点、手入力計測点、品種時間帯計測点より選択 ファイル収集設定 収集元に保存されているロギングファイルを収集演算可能な計測点 ・1 つの演算式に最大 200 点まで登録可能 収 ・1 つの演算式は最大 4000 字まで設定可能 集 EcoServerⅢ 1 分ズームデータファイル、デマンド日次データファイル※ 2 原単位計測点設定 原単位を計算し、計測する計測点を登録 対象 Edgecross ヒストリカルデータファイル 登録点数 最大 256 点 エネルギー量計測点 計測点、手入力計測点、品種時間帯計測点、演算計測点より デ 自動収集設定 ファイル種別ごとに収集の有無を設定 生産数計測点 選択 ー 自動収集タイミング EcoServerⅢ:ユーザの収集指定時刻 階層:最大 4 階層 タ Edgecross:ユーザの収集指定周期 計測点グループ グループ数:最大 256 グループ 収 収集期間 日、月、年ごとの集計期間を設定 登録点数:最大 256 点/グループ(全グループで最大 7000 点) 集機 保存期間 ファイル種別ごとに保存期間を設定 EcoServer EcoServer 分析手法(グラフ種類) 時系列グラフ、箱ひげグラフ、円グラフ、順位グラフ、散布図、 能 作 ヒストグラム、パレート図から選択 15/30/60 分ごとデータ グ ラ成 時間ごと、日ごと、月ごと、年ごとから設定 日ごとデータ フ機表示間隔 * 分析手法 ( グラフ種類 ) が箱ひげグラフの場合、時間ごと 月ごとデータ 2 ~ 10 年(デフォルト:10 年) 20 能 での表示になります。 保存数 最大 300 パネル 年ごとデータ グラフや計測点データのパネルを配置したダッシュボードを ファイル削除タイミング 保存期間を越えたロギングファイルを順次削除ダッシュボード作成 作成 各計測点に対して、指定期間の 15/30/60 分ごとデータを Webページ用サーバパソコンへアクセスし、 配置可能なパネル グラフパネル(グラフ作成機能にて作成)、数値パネル(収 デ データ入力 入力 ダッシュボード(HTMLファイル)を閲覧※2 集した計測点データ)、画像パネル(画像ファイル) ー 同時に入力な計測点数:最大 256 点タ 入 指定期間:最大 31 日 シート設定 ダッシュボードごとに最大 10 シートを設定可能 力 エクスポート 各計測点に対して指定期間の 1 時間データを Excel ファイル保存数 最大 5 ファイル 機 に出力ダ ッ 表示モード 作成したダッシュボードを本ソフトウエア上で表示 能 インポート インポートしたExcelファイルを元に、各計測点の1時間デー シ データの自動更新 グラフや計測点データの自動更新有無を設定 タを入力 ュ 対象計測点 品種時間帯計測点、演算計測点、原単位計測点より選択 ※1:EcoAdviser は、EcoServerⅢの 1分ズームデータファイル、デマンド日次データファイルより計測データを収集します。 ボ 表自動更新タイミング 自動収集後示 演 1 度に最大 256 点まで選択可能 ※2:ネットワーク上のパソコンでダッシュボード(HTMLファイル)を閲覧するには、PCにてWebサーバ機能(IIS など)を有効にする必要があります。 ー 設シートタブ表示 シート切替用タブの表示有無を設定 算 自動演算 自動で計測点データの演算を実施ド 機 定自動切替 一定時間ごとにシートの自動切替有無を設定 機 能 対象計測点 品種時間帯計測点、演算計測点、原単位計測点 能 自動切替時間 10/20/30/60/120/180/300(秒) 演算タイミング 自動収集実行時 ●Edgecross から計測データを収集する場合 HTML 出力 作成したダッシュボードを HTML ファイルに出力 データ出力 収集した計測点データを出力(ファイル保存)自動 HTML 出力機能 ダッシュボードの設定変更や表示データの更新を行った場 デ合、自動で HTML ファイルに出力有無を設定 ー 自動データ出力設定 データファイル自動出力の有無を設定タ 出力グループ設定 最大 30 グループ出力タイミング 自動収集後 出 力 出力先設定 保存先パスを設定保存先 出力する HTML ファイルの保存先を設定 機 能 出力可能な計測点 計測点、手入力計測点、品種時間帯計測点、演算計測点、原 単位計測点より選択 出力タイミング 自動収集後 バックアップ 設定値およびデータをフォルダへバックアップ + 保守機能 リストア 指定フォルダからバックアップした設定値およびデータをリストア EcoAdviser 1.0.0 EcoAdviser バージョン ※ 3 ヒストリカルデータアクセス I / F 1.0 + ※ 1: EcoAdviser としての登録台数は最大 20 台ですが、収集元が Edgecross の場合、Edgecross にてデータ収集を行うデータロギングフロー数により正しく機能する台数が異なります。データロ ギングフローについては【Edgecross 基本ソフトウエア Windows 版ユーザーズマニュアル】を参照ください。 ※ 2: 収集元がデマンド機能付 EcoServerⅢの場合、デマンド日次データファイルの収集が可能です。 ※ 3: 最新バージョンを記載しています。バージョンの履歴は取扱説明書【4.4 バージョン情報】を参照ください。 (HTML ) PC(MELIPC) ※3 計測データ※1 Ethernet Webページ用サーバパ ソコンへアクセスし、ダッシュボード(HTMLファイル)を閲覧※2 ※1:EcoAdviser は、Edgecross が作成するヒストリカルデータファイルから収集元の計測データを収集します。 ※2:ネットワーク上のパソコンでダッシュボード(HTMLファイル)を閲覧するには、PCにてWebサーバ機能(IIS など)を有効にする必要があります。 ※3:PC(MELIPC)と EcoServerⅢが Ethernet にて通信可能な場合、Edgecross および EcoServerⅢの両方を収集元として登録できます。 7
Page8

三菱電機省エネ支援アプリケーション EcoAdviser ご採用に際してのご注意 ●本製品を、原子力用、電力用、航空宇宙用、医療用、乗用移動体用の機器あるいはシステムなど特殊用途への適用をご検討の際には、当社の営業担当窓口 までご照会ください。 ●当社の責に帰すことができない事由から生じた損害、当社製品の故障に起因するお客様での機会損失、逸失利益、当社の予見の有無を問わず特別の事情 から生じた損害、二次損害、事故補償、当社製品以外への損傷およびその他の業務に対する補償については、当社は責任を負いかねます。  安全に関するご注意 ●本カタログに記載された製品を正しくお使いいただくため、ご使用の前に必ず「取扱説明書」をよくお読みください。 ●安全のため接続は電気工事、電気配線などの専門技術を有する人が行ってください。 ◎Edgecrossは、一般社団法人Edgecrossコンソーシアム事務局の登録商標です。 ◎その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。 〒100-8310 東京都千代田区丸の内2-7-3(東京ビル) お問い合わせは下記へどうぞ 本社機器営業第一部 〒110-0016 東京都台東区台東1-30-7(秋葉原アイマークビル3F) (03)5812-1360 北海道支社 〒060-8693 札幌市中央区北二条西4-1(北海道ビル5F) (011)212-3789 東北支社 〒980-0013 仙台市青葉区花京院1-1-20(花京院スクエア) (022)216-4554 関越支社 〒330-6034 さいたま市中央区新都心11-2(明治安田生命さいたま新都心ビル ランド・アクシス・タワー34F) (048)600-5845 新潟支店 〒950-8504 新潟市中央区東大通2-4-10(日本生命ビル6F) (025)241-7227 神奈川支社 〒220-8118 横浜市西区みなとみらい2-2-1(横浜ランドマークタワー18F) (045)224-2625 北陸支社 〒920-0031 金沢市広岡3-1-1(金沢パークビル) (076)233-5501 中部支社 〒450-6423 名古屋市中村区名駅3-28-12(大名古屋ビルヂング22F) (052)565-3341 豊田支店 〒471-0034 豊田市小坂本町1-5-10(矢作豊田ビル) (0565)34-4112 関西支社 〒530-8206 大阪市北区大深町4-20(グランフロント大阪タワーA) (06)6486-4098 中国支社 〒730-8657 広島市中区中町7-32(ニッセイ広島ビル) (082)248-5296 四国支社 〒760-8654 高松市寿町1-1-8(日本生命高松駅前ビル) (087)825-0072 九州支社 〒810-8686 福岡市中央区天神2-12-1(天神ビル) (092)721-2243 電話技術相談窓口 受付時間 月曜~木曜 9:00~19:00、 金曜 9:00~17:00(土曜・日曜・祝日・春季・夏季・年末年始の休日を除く) 対象機種 電話番号 省エネ支援機器 EcoServer/E-Energy/検針システムエネルギー計測ユニット/B/NET/デマコンなど 052-719-4557 お問い合わせの際には、今一度電話番号をお確かめの上、お掛け間違いのないようお願い致します。 FAX技術相談窓口 受付時間 月曜~金曜 9:00~16:00(祝日・当社休日を除く) 対象機種 FAX番号 省エネ支援機器 EcoServer/E-Energy/検針システムエネルギー計測ユニット/B/NET/デマコンなど 084-926-8340 三菱電機FAサイトの「仕様・機能に関するお問い合わせ」もご利用ください。 三菱電機FAサイト Y-0788 1905〈IP〉 この印刷物は、2019年5月の発行です。なお、お断りなしに仕様を変更することがありますのでご了承ください。 2019年5月作成