1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(21.8Mb)

直線移動する設備に リニアリモートセンサシステム

製品カタログ

直線移動しながらワイヤレス給電+信号伝送

『もったいないな…」と思うスペースとコストの使い方していませんか?
ケーブルベア使用とリニアリモートセンサシステムではこんなに違う!

①リニアリモートなら設備の小型化・高速化ができます!
ケーブルベアはスペースを広く使う分、設備の移動も広範囲。だから移動時間も多く必要。
リニアリモートなら省スペースで移動時間も最小限。タクトタイムの高速化につなります。 

②リニアリモートなら断線解消・耐久性向上!メンテナンスが簡単!
ケーブルベアの中に複数あるケーブル。1本でもケーブルが断線すると発生していたメンテナンス…
リニアリモートを使って複数のケーブルを減らしケーブルベアの中の混み具合を解消することもできます。

※詳細はカタログをダウンロードしご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 直線移動する設備に リニアリモートセンサシステム
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 21.8Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社ビー・アンド・プラス (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

リモートシステム全体ラインナップ
製品カタログ

株式会社ビー・アンド・プラス

ワイヤレス充電システム
製品カタログ

株式会社ビー・アンド・プラス

このカタログの内容

Page1

もったいないな   と思うスペースとコストの使い方していませんか? たとえば ケーブルベア 使用と 直 リニアリモートセンサシステム線 リニアリモートなら では 設備の小型化・高速化ができます! こんなに違う  光電 近接 広くスペースを使う分、 設備の移動も広範囲。だから移動時間も長く必要なんだね。 これは もったいないコスト です。 移   広いスペースを使ってしまう     ケーブルベア  PLC vs   省スペースで済む動ケーブルベア   リニアリモート    リニアリモート  省スペースで済む分、 設備の移動も最小限。 だから移動時間も短い。 これが設備の高速化に  光電 近  接   つながって、 コスト削減 になるんだね。                    す  信号伝送 ケーブルベア使用で それだけじゃない !! ワイヤレス給電 今まで必要だったスペース  る  PLC ケーブルベア使用で今まで必要だったスペース       直線移動しながら リニアリモートなら 断線解消・耐久性向上! ワイヤレス給電 + ワイヤレス信号伝送 設 メンテナンスが簡単! センサへの電源供給 12V200mA入力信号 8 点伝送 !もう断線しない!   備 ケーブルベアの中に複数あるケーブル。 各種センサを接続可能 1 本でもケーブルが断線すると発生していたメンテナンス…。 これも もったいないコスト です。 リニアリモートを使って複数のケーブルを減らし ケーブルベアの中の混み具合を解消することもできます。   に 近接センサ 光電センサ リミットスイッチ等 リニアリモートご使用のメリット 出力部 従来のリモートの場合 リニアリモートの場合 RS08E-L02_-PU-02 移動中はワークを見ることができない 機能UP!! 移動中もワークを見ることができる 近接 SW 近接 SW 出力部 伝送部 伝送部 伝送部 出力部 対向時のみ伝送 出力部 停止位置を気にせず伝送できる RS08T-L01-PU-01 アプリケーション:搬送シャトル 従来のリモートセンサを使った方法ではパレット上のワーク確認用の各種検出センサ (近接 SW・光電など)は 伝送部と出力部が対向して停止した場合のみ各種センサの電源供給・信号伝送ができ、搬送シャトルの稼働性向上に大きく貢献してきました。 リニアリモートセンサは、さらに機能アップ! 移動しながら停止位置を気にする事なく各種検出センサの電源供給・信号伝送ができます。
Page2

伝送部:RS08T-L01-PU-01 外径寸法図 M5 ネジ取付穴 ブラケット 出力部:RS08E-L02N/P-PU-02 外径寸法図 ストローク長 190mm 伝送部 出力部 ケーブルの取り出し方向は 伝送部の左右どちらでも可能です。 M5 ネジ取付穴 ※フェライトコアクランプ装着時のケーブル長は 2m になります。 ブラケット 仕様 型式 RS08T-L01-PU-_ _ 型式 NPN出力 RS08E-L02N-PU-_ _ 対応センサ 直流 3線式センサ PNP出力 RS08E-L02P-PU-_ _ ドライブ電圧 12V ± 1.5V DC 電源電圧 24V DC ± 5%(リップル含む) ドライブ電流 8点合計で 200mA以下 消費電流 ≦ 500mA 入力信号点数 8点:SI1 ~ SI8 出力信号点数 8点(SO1~ SO8)+1点(インゾーン) 定格伝送距離 0...6mm 負荷電流 ≦ 50mA/1 出力 +3~- 8mm 応答周波数 60Hz 許容軸ズレ (  軸ズレ +:出力部の反ケーブル方向 *1 回路保護 短絡保護、逆接続保護、出力サージ保護  軸ズレ-:出力部のケーブル方向 ( LED表示 黄:インゾーン(データ有効) 使用周囲温度 0...+50℃ 使用周囲温度 0...+50℃ 保護構造 IP67 保護構造 IP67 接続ケーブル PUR φ 7. 7mm / 2x0. 5mm2 +9x0.2mm2  接続ケーブル PUR, φ 7.7mm/2x0.5mm2+9x0.2mm2 ケース材質 PUR ケース材質 PUR 重量 本体 170g+ ケーブル 75g/m 重量 本体 575g+ ケーブル 75g/m+ フェライトコアクランプ 125g 同梱 ブラケット x2、 M5ネジ x4 同梱 ブラケット x2、M5ネジ x4、フェライトコアクランプ灰色 1( 納入時装着済)*2 ■使用可能なセンサ *1 軸ズレ +X:伝送部が出力部の反ケーブル側にズレる方向 ■並列設置について *2 EMC(IEC61000-4-3. 放射無線周波電磁界 軸ズレ- X:伝送部が出力部のケーブル側にズレる方向 電源電圧 12V DC± 1.5V 出力部から 150mm 以内(3 次元全方向) イミュニティ ) の基準を満たすために、 には別の出力部を設置できません。 出荷時にフェライトコアクランプ 1 個を巻き数残留電圧 ≦ 3.5V また下記領域に存在できる伝送部は 1 個のみです。 2 ターン (1 巻 ) で取り付けてあります。 消費電流合計 ≦ 200mA* ■フェライトコアクランプ設置イメージ図 * 接続するセンサの総消費電流 定格伝送距離 上記の条件内で正しく動作するセンサをご使用ください。 +X → -X 1550 0 150 0 ワイヤレス給電の 伝 ■各種お問い合わせ 最新情報はこちらから ・・・ http送部s://www.b-plus-kk.jp/ 取 〒 355-0311 埼玉県比企郡小川町高谷 2452-5 付 部 TEL:0493-71-5160  FAX:0493-81-4771  Mail: sales@b-plus-kk.jp 金属 30 ■仕様などの記載内容は、予告無く変更する場合があります。予めご了承ください。 110 110 ■ご検討、ご使用の際は、必ず取扱説明書またはユーザーズガイドを HP よりダウンロードの上、ご確認ください。 BN1803Dj 2020.03 A Type Nu型mb式eAr RF -3008NMPU-01 1/2 Number RFD-3008NMPU-01 1/2 Type 作DDNa成auttme日eber FFFeebb..11616,,6220,00244004 NNoo. . DD3D3034024402620/60A/6A /A 日本日バ本ルバールーフフ株式管株理式番会 会社社号 TA15C01B ページ 7 NNIIHHOONN BBAALLLUUFFF CCOO,,LLTTDD 115500 151500 100 100 →