1/41ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(5.4Mb)

B&Rのe-Book - いま知りたい産業用PCのすべて

ハンドブック

B&Rの産業用PCが選ばれ続ける理由とは

産業用PCの基礎知識から、現場で使いたくなる利点まで
産業用PCは知っていたけど、なかなか聞けなかった質問や疑問にすべてお答えします。

いままで産業用マシンのコントローラは、PLCが中心でした。しかし、昨今の産業用マシンに求められる用途は複雑かつ多様化しています。製品のトレーサビリティ、ITとOTの融合、エッジコンピューティング、クラウド等とのつながる化、そしてマシンラーニングやAI。それらを扱うデータ容量の増大にともない、従来のPLCでは処理しきれない領域が拡大しています。そうした状況の今こそ、産業用PCや産業用PCをベースにしたコントローラの利用用途が必要とされています。

B&Rは1980年代から時代のニーズを見据えた開発に取り組んできました。 現在も製品の改良を進めており、1.高い信頼性による安定感 2.過酷な環境でも稼動する頑丈性 3.メンテナンスの容易性 4.様々なリクエストに対応する拡張性 5.長期的な安定供給による安心感 といった理由からB&Rの産業用PCが選ばれています。




B&Rのe-bookでは、オートメーションの基礎知識から新しいテクノロジーまで、いま改めて知りたい情報をご紹介しております。
製品に関するお問い合わせやご質問等は、弊社営業までご連絡ください。
メールアドレス:office.jp@br-automation.com

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 B&Rのe-Book - いま知りたい産業用PCのすべて
ドキュメント種別 ハンドブック
ファイルサイズ 5.4Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 B&R株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

B&R J apan e-Book – APC 01 いま 知りたい産業用 PCのすべて B&R株式会社がお届けする e-Book シリーズ 本記事に関するお問い合わせは、メールにてお気軽にお問い合わせください。 B&R株式会社 office.jp@br-automation.com
Page2

Contents 1. B&R産業用 PC の基礎知識 ............................................................................................... 4 1.1 B&R産業用 PC があらゆる産業界で選ばれている理由 ................................................................................... 4 1.1.1 B&R のビジョン .............................................................................................................................. 4 1.2 未来工場を実現する産業用 PC - 堅牢性と汎用性 ..................................................................................... 5 1.2.1 堅牢性と汎用性 ............................................................................................................................ 5 1.2.2 より厳しい環境を見越した(にも最適な)モバイルオートメーション ..................................................................... 6 1.2.3 PC リソースの有効活用 – Hypervisor ................................................................................................. 7 1.3 未来工場を実現する産業用 PC - ラインナップとライフサイクル ........................................................................... 7 1.3.1 豊富な CPU ラインナップとパネルの自由な組み合わせ .................................................................................. 7 1.3.2 長期供給(ライフサイクル・マネジメント) ................................................................................................ 8 1.4 未来工場を実現する産業用 PC-インストールとメンテナンス効率化 ...................................................................... 8 1.4.1 PC の初期イメージマウントを B&R にて実施 ............................................................................................. 8 1.4.2 簡単なデータ移行 .......................................................................................................................... 8 1.4.3 状態監視とメンテナンス ..................................................................................................................... 9 1.5 産業用 PC グローバル最前線 ................................................................................................................ 9 1.5.1 グローバル製造現場で採用が加速する産業用 PC ...................................................................................... 9 1.5.2 PLC の限界と PC の利便性とは ........................................................................................................... 9 1.5.3 グローバル実績トップクラスの産業用 PC の特徴とは ................................................................................... 10 1.5.4 産業用 PCは高価なのか? ............................................................................................................. 11 1.6 お客様のメリット .............................................................................................................................. 11 1.7 最も過酷な環境でも使える産業用 PC .................................................................................................... 12 1.7.1 産業用 PC が DNV GL認証を取得 ................................................................................................... 12 1.7.2 連邦省庁認定ラボ ....................................................................................................................... 12 1.7.3 限界のないアプリケーションのポテンシャル ................................................................................................ 13 1.7.4 B&R産業用 PC の取得規格 ........................................................................................................... 13 2 B&R の産業用 PC だから、ぜひ現場で使いたい 12 のポイント .............................................................. 14 2.1 完璧なモジュラーシステム .................................................................................................................... 14 2.2 Smart Display Link (SDL:スマートディスプレイリンク) ............................................................................... 14 2.2.1 画期的な配線 ............................................................................................................................ 14 2.2.2 シンプルな配線 ............................................................................................................................ 15 2.2.3 最大 100m までカバー .................................................................................................................. 15 2.2.4 長期にわたる継続性 ..................................................................................................................... 15 2.2.5 マシンの HMI のあり方を更なる革新がアップデート ..................................................................................... 15 2.3 PC の診断は USB を挿すだけ ............................................................................................................. 16 2.3.1 B&R の HMI サービスセンターでパフォーマンスデータを診断 ........................................................................... 16 2.3.2 使い方も簡単 ............................................................................................................................. 16 2.3.3 制御盤を覗かずに診断 .................................................................................................................. 16 2.3.4 B&R無償診断ツール:MTCX (Maintenance Controller Extended) ....................................................... 16 2.4 マシンの顔となる PC にカスタマイズ(カスタマイズ PC) ................................................................................... 17 2.4.1 cHMI - カスタマイズ HMI ............................................................................................................... 17 2.4.2 パネルデザイナー(WEB アプリ) ....................................................................................................... 18 2.4.3 カスタマイズ事例集 ....................................................................................................................... 19 2.5 ディスクイメージの無償プリインストールサービス ............................................................................................. 20 2.6 製品のライフサイクル管理 ................................................................................................................... 21 2.7 CFast™を活用しよう ....................................................................................................................... 21 2.7.1 CFast™と CF(CompactFlash®)の違い ............................................................................................ 22 2.7.2 転送方式の違い .......................................................................................................................... 22 2.7.3 SLC/MLC とは? ......................................................................................................................... 22 2.7.4 書込回数を越えたら使用出来ない? ................................................................................................... 22 2.7.5 CFast の方が SSD より書き込み速度は遅い:どう使い分ける? ................................................................... 23 2.7.6 CFast™の市販品は使える? ........................................................................................................... 23 2.8 M.2 メモリーカードに対応 ................................................................................................................... 23 Copyright © B&R Page 2/41 B&R e-Book APC01 v1.0.docx / B&R株式会社 German
Page3

2.8.1 M.2 メモリーカードを使用して効果的なデータ処理を実現 ............................................................................ 23 2.9 いまさら聞けないWindows 10 IoT へ ................................................................................................... 24 2.9.1 Windows10 が最後のWindows .................................................................................................... 24 2.9.2 産業用 PC を購入する度にWindows10 IoT が更新される? ..................................................................... 24 2.10 UPS内蔵してもスマートな設置 .......................................................................................................... 25 2.11 より早いデータ処理の追求 ................................................................................................................ 25 2.11.1 インテル、最新テクノロジー .............................................................................................................. 25 2.11.2 ハイパー・スレッディング .................................................................................................................. 25 2.11.3 ターボ・ブースト .......................................................................................................................... 25 2.11.4 CPU ベンチマーク ....................................................................................................................... 25 2.12 ひとつの PC に 2 つの OS を .............................................................................................................. 26 2.12.1 B&Rはオートメーション・システムにハイパーバイザを導入 ............................................................................ 26 2.12.2 バーチャル・ネットワーク .................................................................................................................. 26 2.12.3 最高の柔軟性 .......................................................................................................................... 26 3 充実の製品ラインナップ ......................................................................................................... 27 3.1 Automation PC 910 .................................................................................................................... 27 3.1.1 マシンの競争力を飛躍させる PC ........................................................................................................ 27 3.1.2 Automation PC910 のラインナップを強化 ........................................................................................... 28 3.1.3 豊富なインターフェース .................................................................................................................... 28 3.2 Panel PC 900 ............................................................................................................................. 29 3.2.1 多彩なパネルテクノロジー ................................................................................................................. 29 3.2.2 将来も保証 ............................................................................................................................... 29 3.2.3 互換性 .................................................................................................................................... 30 3.2.4 マルチタッチパネル - ユーザービリティを最適化 .......................................................................................... 31 3.3 Automation PC 3100/Panel PC 3100 ............................................................................................. 31 3.3.1 ミドルレンジ・マシンに最適な PC ......................................................................................................... 31 3.3.2 モジュラー化による汎用性 ................................................................................................................ 32 3.3.3 パフォーマンスの幅も広く .................................................................................................................. 32 3.3.4 拡張可能なパネル PC ................................................................................................................... 32 3.3.5 豊富なインターフェース .................................................................................................................... 32 3.4 Automation PC 2200 ................................................................................................................... 32 3.4.1 手のひらサイズで最大のパフォーマンス ................................................................................................... 32 3.4.2 豊富なインターフェース .................................................................................................................... 32 3.4.3 手のひらサイズでパワフル ................................................................................................................. 33 3.4.4 ファンレスのWindows10 IoT .......................................................................................................... 33 3.5 Panel PC 2200 ........................................................................................................................... 33 3.5.1 美しい Panel PC ......................................................................................................................... 33 3.5.2 カスタマイズも簡単 ........................................................................................................................ 33 3.5.3 最高の柔軟性 ............................................................................................................................ 33 3.5.4 豊富なインターフェース .................................................................................................................... 34 3.5.5 マルチタッチ ................................................................................................................................ 34 3.5.6 シングルタッチ .............................................................................................................................. 34 3.6 Automation Panel ....................................................................................................................... 35 3.6.1 Automation Panel 900 モジュラーシステム ........................................................................................ 35 3.6.2 Automation Panel 5000 スイングアームシステム ................................................................................. 37 3.6.3 Automation Panel ハイジェニックデザイン Top of Form ......................................................................... 39 3.7 Automation PC 3100 mobile ......................................................................................................... 40 3.7.1 パワフル PC ................................................................................................................................ 40 3.7.2 エッジコンピューティング .................................................................................................................... 40 Copyright © B&R Page 3/41 B&R e-Book APC01 v1.0.docx / B&R株式会社 German
Page4

1. B&R産業用PCの基礎知識、1.1 B&R産業用PCがあらゆる産業界で選ばれている理由 、1.1.1 B&Rのビジョン

1. B&R産業用 PC の基礎知識 1.1 B&R産業用 PC があらゆる産業界で選ばれている理由 産業用 PC に対してこのような認識はないでしょうか? 「アジア産の FAPCは安価になったけど壊れやすい。その上メンテナンス性も悪い。」 「産業用 PCはまだ高いので、導入メリットを感じない。」 「高価にも関わらず、保 守廃止品化が著しく早い。」・・・ やはり、品質とコストとそのメンテナンス性について不安視する声を多く耳にします。 工場の生産ラインや社会インフラに用いられる産業用 PCは、生産者の利益や社会インフラの稼動に影響を与える「頭脳」とも言 える重要アイテムのため、高い堅牢性、メンテナンスの容易性、そして高いコストパフォーマンスが求められます。 それに対し現在の産業用 PC の多くは、民生 PC設計思想からの延長として設計されているものも見受けられ、特に産業界から 求められる品質や、メンテナンス性のニーズとマッチしていない問題点があります。 B&Rは 1980年代初頭から、産業用途向けコントローラの延長として PC を生産し続けてまいりました。 また、生産者でありながら、オーストリアの自動化された生産ラインでも自社 PC を使い続 けており、使用者として直面する問題点や不具合にも精通しており、連邦省庁からの認 証社内ラボを用いて、日々KAIZEN を繰り返してきました。 その結果、B&Rの産業用 PCは、最も過酷な認証試験といわれる DNV GL規格の 認証を標準 PC で取得しています。 また、産業用 PC のメンテナンス性においてもユーザー視点から物事を考え、全ての産業 用 PC にメンテナンス・コントローラを標準搭載し、お客様アプリケーションの安心かつ安全 な稼動にご活用頂けます。製品のライフサイクルについては、装置・機械寿命とのミスマッ チを回避するよう管理・設計し、長期供給を実現しております。 1.1.1 B&R のビジョン B&Rはあらゆる産業界のお客様へ、「"自動化における完璧"を微力ながらも提供していこう」 という社是を掲げており、引き続き お客様の関心事やお困り事に集中しながら、ハードウェアとソフトウェアの両面から技術的に問題を解決してまいります。これまで約 40年間、創業からのビジョンを礎に、自動化を専業特化としながら、多くのお客様からご支持を頂いてきました。 プラスチック産業 包装機械産業 印刷産業 金属産業 Copyright © B&R Page 4/41 B&R e-Book APC01 v1.0.docx / B&R株式会社 German
Page5

1.2 未来工場を実現する産業用PC - 堅牢性と汎用性 、1.2.1 堅牢性と汎用性

検討時に大きな課題となるコストとパフォーマンスですが、B&Rは BTOサービスを行っております。B&Rの本社の分析によると、イ ンターフェース各種、タッチパネルサイズ、PCI ボード等のオプションを考慮した場合、理論上 20億通りの組合せがあると言われてい ます。 小型 PC、パネル PC、ハイエンド PC と様々なラインナップから、お客様が求められる産業用 PC のスペックに合わせ、最適な組み 合わせをご提案させて頂いております。価格帯は、約 7万円~50万円前後です。 製品群の幅に加え、B&R独自のサービスも行っており、総合コストパフォーマンスの点でもご支持を頂いております。 1.2 未来工場を実現する産業用 PC - 堅牢性と汎用性 いままで産業用マシンのコントローラは、PLC が中心でした。しかし、昨今の産業用マシンに求められる用途は複雑かつ多様化して います。製品のトレーサビリティ、IT と OTの融合、エッジコンピューティング、クラウド等とのつながる化、そしてマシンラーニングや AI。 それらを扱うデータ容量の増大にともない、従来の PLC では処理しきれない領域が拡大しています。そうした状況の今こそ、産業 用 PCや産業用 PC をベースにしたコントローラの利用用途が必要とされています。B&Rは 1980年代から、B&Rは常に時代の ニーズを見据えた開発に取り組んできました。 現在も製品の改良を進めており、汎用性、拡張性、小型化、メンテナンス性を踏まえたご提案が可能です。 1.2.1 堅牢性と汎用性 地球上で最も過酷な環境は船の上と言われています。寒冷地から温暖な 気候までの海域を移動し、温度と湿度の変化が大きく、常に振動と傾きが あり、塩水噴霧に触れる可能性もあります。さらに電源は、陸上の商用電 源よりも不安定です。 DNV・GL規格はヨーロッパの船級に相当し、認証されるためには 21 の厳 しい試験項目をクリアしなければなりません。厳しい基準を突破した製品が 示すのは、圧倒的な堅牢性です。B&Rの産業用 PCは、堅牢性におい て、実際に使っている日本のユーザーからも高い評価を得ています。堅牢性 を発揮できるのは、厳しい環境の利用だけではありません。時に安定した環境でも、ソフトウェア開発、デバッグ作業においては、強 制的に電源を終了するケースがあります。複数の装置メーカーで同環境のテストをしたところ、他社製産業用 PCは 2台、3台と 故障するのに対し、B&Rの PCは壊れにくいとの評価をいただきました。これら堅牢性を実現している DNV・GL規格認証の取得 は、他社でも行っていますが、追加料金が発生するオプションでの対応となる場合があります。また、B&Rは EN ISO/IEC 17025:2007 準拠の認証ラボを自社で保有しています。熱、振動、衝撃、振動、それらの複合条件の各種テストを実施し、製 品の品質向上に努めています。B&Rでは、これらの認証やテストを通して開発された産業用 PC を、通常製品としてご案内してい ます。ぜひ、従来よりも 1 ランク上の堅牢性を手に入れ、貴社の信頼性向上にお役立てください。 Copyright © B&R Page 5/41 B&R e-Book APC01 v1.0.docx / B&R株式会社 German
Page6

1.2.2 より厳しい環境を見越した(にも最適な)モバイルオートメーション

1.2.2 より厳しい環境を見越した(にも最適な)モバイルオー トメーション  商用車および屋外アプリケーションのための自動化  モバイルオートメーションのトレンド 商業用車両に対する要求は、以前に比べ大きく増加しています。新 しい機能の持続的な追加と効率性、および品質向上に対する要求 が継続的に増えている自動車産業では、強力で多様な自動化シス テムが求められます。製造業者が世界市場に進出するにつれ、物流 とサービスに対する挑戦はますます複雑になっています。一方で、知的 財産の保護とコスト効率の重要性も高まっています。このような市場の早い変化を見逃してはいけません。現在、技術的な長所を 守りながら拡大しようとする会社には、特に電子部品に対し革新を引き出すことができる技術的なパートナーが求められます。そうし たパートナーとの連携により、企業は産業市場の要求事項に集中でき、より早い段階での新しいソリューションの市場でのリリース (発売、販売)が可能になるのです。  産業用 PC とモバイル PC の相違点 産業用 モバイル 環境温度範囲 0 ~ 55°C - 40°C ~ 55°C アクティブ冷却ユニット 無し 有り 湿度 90% 結露 電源 24V 9 – 32V (6V以下でリセット) ロードダンプ保護 無し 有り 衝撃/振動 15G/1G 30G/4G 保護等級 IP20 IP69K Copyright © B&R Page 6/41 B&R e-Book APC01 v1.0.docx / B&R株式会社 German
Page7

1.2.3 PCリソースの有効活用 – Hypervisor、1.3 未来工場を実現する産業用PC - ラインナップとライフサイクル、1.3.1 豊富なCPUラインナップとパネルの自由な組み合わせ

1.2.3 PC リソースの有効活用 – Hypervisor B&Rの産業用 PC - Automation PC は、PLC同様のコントローラとして利用することができます。これまでは、Windowsや LINUX を利用したアプリケーションを実行する場合、専用の PC を準備する必要がありました。その場合、個別のハードウェアを準 備する必要もあり、それぞれの管理コストが発生していました。そこで B&Rでは、従来の通常 OS であるWindows、Linux と共 に、リアルタイム OS である自社ソフト「Automation Runtime」を、1 つの PC上で同時に実行する Hypervisor の実装を可 能にしました(実現しました)。 それぞれの OSは完全に独立した形で実行され、さらに 1 つの PC リソース を有効に活用することも可能です。ハードウェアの購入コストも削減できま す。もちろん各 OS間のデータのやり取りは PC上でも実行可能です。結果 として煩雑さも軽減し、スペースの有効活用にもつながります。 コンシューマ向けの PC を併用している場合は、同時にコントローラも産業 用 PC へ統合することで堅牢性を併せ持つことが可能となります。ハードウェ アが減ることで、メンテナンススペースもシンプルとなり、その結果、運用コスト の削減も実現できます。 1.3 未来工場を実現する産業用 PC - ラインナップとライフサイクル 昨今、産業用 PC に求められる用途は複雑かつ多様化しています。B&Rは 1980年代から常に時代のニーズを見据えて開発に 取り組んでまいりました。現在も製品の改良を進めており、汎用性、拡張性、小型化、メンテナンス性を踏まえたご提案が可能で す。 1.3.1 豊富な CPU ラインナップとパネルの自由な組み合わせ B&Rの PCは、 ATOM~Core i~XEON という幅広い CPU ラインナップがあります。産業用パネルは 5.7 インチ~24 インチを 取り揃えており、パネルと PC を自由に組み合わせてパネル PC と してご利用頂くことが可能です。パネル PC として利用している場 合、PC本体とパネルが独立した設計になっているので、パネル交 換の際はパネルだけを交換すれば OK です。PC本体がそのまま 運用可能な場合と比べて、データの移行、BIOS再設定、アプリ ケーションの再設定等、運用時間に影響を及ぼす作業が発生 し、そのぶん利益を圧迫する形となります。 Copyright © B&R Page 7/41 B&R e-Book APC01 v1.0.docx / B&R株式会社 German
Page8

1.3.2 長期供給(ライフサイクル・マネジメント)、1.4 未来工場を実現する産業用PC-インストールとメンテナンス効率化 、1.4.1 PCの初期イメージマウントをB&Rにて実施、1.4.2 簡単なデータ移行

1.3.2 長期供給(ライフサイクル・マネジメント) 産業用 PCは文字通り、産業マシンと共に利用されることを想定して開発され、長期的な供給が必須となります。PC に利用され るパーツは、スマートフォンと同様、世代交代が頻繁に行われます。特に CPU については、毎年新世代がリリースされています。 B&Rは CPU採用を世代ごとに集約することで、長期供給を見据えた数量を確保しています。パネル関連パーツも同様に、長期 的な供給を想定して作られており、ベンダーの設計変更があったとしても、パネルデザインは極力踏襲する形で後継製品に受け継 がれます。パネル PC として利用される場合も PC とパネルが別供給であるため、パネル、PC どちらかの設計変更に引っ張られる心 配がありません。目安にはなりますが、販売期間 10年、延長出荷期間 5年、修理可能期間 5年のご案内となっており、合計で 約 20年のサポートが可能です。 1.4 未来工場を実現する産業用 PC-インストールとメンテナンス効率化 昨今、産業用 PC に求められるニーズは、ますます複雑、多様化しています。B&Rは 1980年代から常に時代のニーズを見据え て開発に取り組んでまいりました。現在も製品の改良を進めており、汎用性、拡張性、小型化、メンテナンス性を踏まえたご提案が 可能です。 1.4.1 PC の初期イメージマウントを B&R にて実施 一般的に PC を購入する際は、OS のインストールまでが実施されています。購入した PC に対して、自社のソフトウェアをインストー ル、設定する作業は、導入台数が増えるにつれリソースを圧迫していきます。そこで B&Rは、初期イメージを事前にいただくことで、 PC納品時にお客様の希望するイメージをマウントした形で納品いたします。これにより、あるお客様はイメージマウントサービスを利 用することで、外部委託費用をそっくりそのまま削減することが可能となります。製品の追加料金は不要です。 1.4.2 簡単なデータ移行 基本構成のストレージは CFast Card です。PC本体を交換する場合でも、CFast Card を差し替えるだけで簡単にデータ移行 が可能です。ストレージのデータ移行が必要な場合は、保守作業員への交換指示書を非常にシンプルに作成することができます。 シンプルな指示書は、海外作業員への指示書作成においても効果を発揮します。データの移行時間を削減することで、マシンの停 止時間削減にも寄与します。 Copyright © B&R Page 8/41 B&R e-Book APC01 v1.0.docx / B&R株式会社 German
Page9

1.4.3 状態監視とメンテナンス、1.5 産業用PCグローバル最前線、1.5.1 グローバル製造現場で採用が加速する産業用PC、1.5.2 PLCの限界とPCの利便性とは

1.4.3 状態監視とメンテナンス マシンへの組み込み、遠隔での利用、無人環境、長時間利用といった状況下での安定稼働は、産業用 PC にとって非常に重要 な課題です。B&Rの全ての産業用 PC にはメンテナンス・コントローラが標準搭載されており、PC の状態を把握するための様々な データが常に記録されています。パネル温度、PC本体温度、タッチ パネル統計データなど、12 の項目の情報を収集するために専用チッ プを搭載しており、本機能を利用することでパフォーマンスが落ちる心 配はありません。 また、定期メンテナンスの際には、ハードウェアテストが可能な HMI サービスセンター(USB スティックタイプ PC) を利用することで PC の ヘルスチェックが可能となります。このデータをメンテナンス時のレポート としてご利用いただくことで、パフォーマンスやレポート作成を容易に 行うことが可能となり、最終的に時間やコスト削減につながります。 1.5 産業用 PC グローバル最前線 「安心・安全、堅牢性では PLC の方が数段勝る」、「東アジア製の PCは安価だけど壊れやすく、すぐ保守が必要になる」、「メンテ ナンス性も悪い」、「産業用 PCは高価なので、導入メリットを感じない」 産業用 PC と聞くと、このような認識はないでしょうか? それもそのはずです。日本国内には信頼できる PLC メーカーが多数あります。米国調査会社による最も信頼のおける PLC メーカ ー調査において、世界上位ランク 20社のうち 5社が日系メーカーでした。日本の産業界において、PLC が採用し続けられる理由 の一つだと思われます。ただ、装置からデータを収集し、保存、改善へ役立てたい、つながる装置を実現したい(何のデータを何に 使うかは別問題として)への対応はどうしても限定的ではないでしょうか?また、メンテナンス性と価格については、テクノロジーの進 化と共に日々変わりつつあることをご存知でしょうか? 1.5.1 グローバル製造現場で採用が加速する産業用 PC B&R Industrial Automation社は、1979年オーストリアにて創業し、産業用 PC、パネル PC、PLC、各種 I/O、セーフティシ ステム、サーボモータ・ドライブ等のオートメーション・ソリューションをグローバル 195 カ国に展開しております。特に昨今のインダストリ ー4.0、インダストリアル・インターネット等のテーマについて、以前よりユニークなソリューションを提供し、成長してまいりました。製造 現場では、ますます工場スマート化への潮流が増す中、IT、ソフトウェア、AI技術を中心とした最新テクノロジーが融合し、オペレー タや人材不足を解消しながらより高い生産性、より安全な生産体制を実現するオートメーション・システムが求められています。既に グローバル大手製造現場においては、製造マシンからあらゆるデータを取ってくるデータをストレージし、必要なデータを上位MESや PDA システムへ上げる、集めたデータをアプリケーションや AI技術で処理解析し、より工場の効率性と安定的な稼動といった高い 生産性を実現しています。例えば、予知保全機能を用いて事前メンテナンス時期を算出し、可能な限りマシンのダウンタイムを減ら す、エナジーモニタリングと適切な電力分配を行い省エネ工場の実現や稼動中のマシンから製造データを取得し、マシンの効率性 (OEE: Overall Equipment Effectiveness)の向上を促すケースが増加しつつあります。‘Data is King’といわれる IT業界 のトレンドが製造現場へ流入し、コントローラに対する要求は制御だけではなく、情報処理に対しても求められるようになり、PC の 導入は加速してます。 1.5.2 PLC の限界と PC の利便性とは しかし、マシンからデータを取る、貯める、上げるのタスクにおいて、従来型の製造現場で多数利用されている PLC が対応できる範 囲は限定的です。特に、一時的にデータをストレージするといった用途には不向きであり、当然、Windows等での情報アプリケー ションを活用する事が出来ません。IT技術とWindows の親和性とその利便性は替え難く、マシンコントロール用の PLC とは別に 民生 PC または産業 PC を別個に利用されるケースも増加しつつありますが、その利便性と引き換えにコントローラ追加に伴うコスト アップも課題となっているのが現状です。しかしながら、これら課題においては、しかしながら、海外メーカーを中心に、コントローラ側に Copyright © B&R Page 9/41 B&R e-Book APC01 v1.0.docx / B&R株式会社 German
Page10

1.5.3 グローバル実績トップクラスの産業用PCの特徴とは

マルチコア CPU を搭載し、Windows OS とリアルタイム・ランタイム OS の併用を可能とし、複合的なリアルタイム処理を実現でき る産業用 PC が既にリリースされています。こうした海外製の PC には、高速性、高応答性、大容量データ処理などの利用メリット があり、製造現場の課題を克服しつつ、新たな利便性を生み出しております。また、欧米におけるプログラミング言語として、メーカー 独自のラダー言語ではなく、C言語や ST言語などが一般的になってきていること、IEC61131-3や PLCopen の文化が根付き つつある事から、PC ベースコントローラの導入が拡大しています。日本においても、実機および量産機への搭載が始まっており、今 後導入の加速が予測できます。 1.5.3 グローバル実績トップクラスの産業用 PC の特徴とは なぜ、数ある産業用 PC メーカーがある中で、B&Rの産業用 PC が選ばれているのか? その理由を予想してみると・・・ 1.高い信頼性による安定感 2.過酷な環境でも稼動する頑丈性 3.メンテナンスの容易性 4.様々なリクエストに対応する拡張性 5.長期的な安定供給による安心感 まず 1.の理由ですが、B&Rの産業用 PCは本社オーストリアの自動化(さ れた)工場で年間約 20万台以上を製造、これまでに世界で約 150万台 以上納入の実績があります。様々な産業電力プラント、社会インフラ産業、 環境・リサイクル産業、自動車産業、ロボティクス産業、金属産業、飲料品・ 医療を中心とした包装産業、印刷産業、海洋・船舶、半導体産業、プラスチ ック産業、繊維産業、石油・ガスプラント等々の製造現場でご活用頂いており ます。 また、世界で唯一、海洋・船舶で使用出来る“DNV GL認証”を標準 PC で 取得している産業用 PC であることも、特筆すべき安定性を証明しています。 海洋・船舶は、地球上で最も過酷な使用環境下であると言われています。周 囲環境は高温から低温、そして湿度、乾燥高温、塩水噴霧、継続的な振 動、傾斜など 21項目の試験を合格しなければなりません。マシンにとって何よりも大事な目的は安定的に稼動すること。それだけ 過酷な環境下でも安定的にご活用頂ける信頼性の高い PC です。 冒頭の「安心・安全、堅牢性では PLC の方が数段勝る」の見解においては、「産業用 PCはこのレベルまで来ている」「このレベル であれば、まずは民生Win PC の置換えとして使う」などのフィードバックを頂いております。 B&R - YouTube公式チャンネル 2.の「頑丈性」については、PC の故障原因となりやすい回転体やケーブル関連を内部で一切使用していないこと、FAN レス対応 機種を多数用意していること、熱対流を最大化できるよう、ヒートシンクの設計をシミュレーションモデルを用いて、詳細な評価プロセ スに基づいて実施し、最適化している点が特徴・理由として挙げられます。 また、ドライブに SSDや CFast を使うことで、回転体は全く不要となり、ねじ込み式コネクタを使って基 板を接続しているため、内部のケーブル接続は全て不要となり、結果として振動や衝撃への耐性が強く なっています。こうした特性が長期的かつ安定的な利用を可能にしています。 3.の「メンテナンス容易性」の点として挙げられるのは、前面フラットパネルを開いて簡単に CMOS用の バッテリー交換が可能な点です。独自のソフトウェアベースの診断ツール(無償)もご活用できますの で、システムの安定稼動にお役立て頂けます(開発用キットも無償ダウンロード可能です)。 4.の拡張性については、ハードウェアはマシンに求められるスペックに応じて、CPUやメインメモリ、ドライ ブ、PCI スロットや OSなどを選択頂けるモジュラー設計が挙げられます。ソフトウェアにおいても、ご要 望があれば、お客様独自のソフトウェアイメージをインストールした状態で発送する事も可能です。ま た、長期整合性を保証する為に BIOSやファームウェアを固定する事もできます。 Copyright © B&R Page 10/41 B&R e-Book APC01 v1.0.docx / B&R株式会社 German
Page11

1.5.4 産業用PCは高価なのか?、1.6 お客様のメリット

最後の長期的な安定供給についても、弊社独自のモジュラー型デザインにより、マシンのライフサイクルにマッチするように設計されて います。さらに、お客様の顔とも言える、産業用 PC またはパネル PC のカスタマイズ・デザインにも対応しています。 1.5.4 産業用 PCは高価なのか? 最も興味・関心を頂く価格についてですが、PC には多種多様なオプションがあり、B&Rでは最適な仕様をお届けする為、BTOサ ービスを主としています。CPU スペック、PCI ボード・インターフェース、タッチパネルのサイズや各種インターフェース、オプション等を考 慮すると、理論上 20億通り以上の組合せがあります。その為、代表的な組合せ、かつ概算定価ベースの価格としては、約 8万 円 ~ 50万円と幅広くなります。しかしながら、30年間以上産業用 PC を製造してきた製造ノウハウとコスト管理方法、ライフサ イクルマネジメント方法を駆使し、冒頭の「産業用 PCは高価なので、導入メリットを感じない」というご意見にも、十分にご満足頂 けるラインナップ、「回答」を用意していると B&Rは自負しています。実際、「このスペックでこの価格ですか!」「ついに産業用 PC も ここまできているのですね」などの感想を頂戴しております。 B&Rはお客様の用途、目的に最適な産業用 PC を最適な価格で提示致します。 1.6 お客様のメリット B&Rの PCは、最高の堅牢性と信頼性、長期にわたる可用性という産業界のお客様の需要に合わせ開発、設計されています。 事実、幅広い産業界のキープレーヤーが B&Rの産業用 PC を選んでいます。価格が安く見える PCは、長期的に見るとかえって 高くついてしまうからです。 大切なのは製品のライフサイクルを通してのトータルコストであり、それこそが B&Rの産業用 PC がコスト 面でメリットを発揮するところなのです。  パワフル B&Rの産業用 PCは本当にパワフルです。 最新世代のインテル Core i シリーズプロセッサなど、最新のテクノロジーを備えた Automation PC 910は、複雑な HMI アプリケーションを伴うような要求の高いアプリケーションに理想的な選択肢で す。 USB 3.0 インターフェースによって、マシンビジョンシステムを統合し、最適な形で接続できます。 また、スペックの低い PC 数台とパフォーマンスの高い PC1台を取り替えれば、コスト面でのメリットは明らかです。  頑丈な作り B&Rの産業用 PC の堅牢な設計は、過酷な環境での連続運転にこそ最適です。 内部にはケーブル接続が無く、バリエーショ ンも多数ある一方、回転部品は全くありません。  エネルギー効率のよさ 最新世代のインテル Core i-シリーズテクノロジーのもうひとつの特長は、消費電力を抑えながらパフォーマンスを大幅に高め、エ ネルギー効率を最大化し、内部ファンを不要とした点です。 Automation PC 910は電力消費を削減したので、特に複数の 産業用 PC を使う必要があるアプリケーションには、消費エネルギーの向上により大きなメリットがあります。  信頼性の高さ PC に対してはそれぞれ、出荷前に総合的な機能テストが行われます。 システムプロパティ、コンポーネントとインターフェースはす べて入念な検査が行われます。 長期的に頼もしく稼動する実態を見ていただければ、最終的なメリットの違いにお気づきいただ けるでしょう。  お客様に合わせて B&Rの産業用 PCは、アプリケーション毎に発生する特有な要求にも完全に適応できます。 まずは必要なプロセッサのパフォー マンスと筐体の大きさを選び、それからメモリ容量や、CFast、HDD、SSD等のストレージメディアなどをお選び頂けます。 Copyright © B&R Page 11/41 B&R e-Book APC01 v1.0.docx / B&R株式会社 German
Page12

1.7 最も過酷な環境でも使える産業用PC、1.7.1 産業用PCがDNV GL認証を取得、1.7.2 連邦省庁認定ラボ

 レディ・トゥ・ユース B&Rの産業用 PCは、レディ・トゥ・ユース、つまりすぐに使える状態でのお届けとなります。 機械メーカーは、ソフトウェアを Automation PC にすべてインストールした状態で、コントロールキャビネットのサプライヤへ直接送ることも可能です。ご要望があ れば、長期間の整合性を保証するため、BIOS とファームウェアのバージョンを凍結することもできます。これは、個別に保証する 機械やシステムにとって大きなメリットです。  長期的な安定供給 B&Rの産業用 PCは長期に渡りご利用頂けます。 いったん PC が機械に組み込まれれば、機械メーカー側で行うメンテナンス は終わりです。 機械が連続生産に入れば、10年以上も生産が継続できるのです。 1.7 最も過酷な環境でも使える産業用 PC 1.7.1 産業用 PC が DNV GL認証を取得 B&Rの産業用 PCは船級向けアプリケーションの DNV GL認証を取得済です。GL 2010、 IACS URE10 による認証を受け ました。 さらに DNV GLは、規定のコンパス安全距離を含む IEC 60945 への準拠を B&Rの産業用 PC に認定しています。こ うした認定を基準に、多くの船級、オフショアのアプリケーションでご利用頂けるようになりました。B&R の産業用 PC の頑丈な作り は、船舶や厳しい船級環境に搭載された際に、明確なアドバンテージを持っています(船舶の機械スペース、制御室、宿泊施設、 ブリッジでご利用頂けます)。Automation PCは内部のケーブル接続がなく、ショック・アブソーバやその他の補助的な取り付け装 置も必要ありません。 1.7.2 連邦省庁認定ラボ B&Rは本社敷地内に、オーストリア連邦認定のラボを所有 し、産業の盛んなオーストリアにおいてもトップクラスの設備を有 しております。そのレベルの高さは、他社も利用を申請してくるほ どです。産業用制御機器に必要な EN ISO/IEC 17025; 2007 を 2013年に準拠しています。B&Rの品質に対する決 意の証です。 Copyright © B&R Page 12/41 B&R e-Book APC01 v1.0.docx / B&R株式会社 German
Page13

1.7.3 限界のないアプリケーションのポテンシャル、1.7.4 B&R産業用PCの取得規格

1.7.3 限界のないアプリケーションのポテンシャル 厳しい環境でのアプリケーションの事例としては、船舶では高度な統合システムを持ったブリッジ用システム、電子海図表示・情報シ ステム、船舶情報システムや航海データ記録装置などがあります。また、分散型船舶制御システムや、オフショア監視・制御アプリケ ーション、自動船位保持システムにも使われており、送電・配電システムのコンディション・モニタリングや、統合型オートメーション・シ ステム上でのマスタまたは SCADA ステーションの役割なども果たしています。特に長期的な使用を保証します。 プロセッサは、 Celeron から Core i7 から選択でき、どんなアプリケーションもカバーします。 フレキシブルなインターフェース・オプションも、ギガビット イーサネットから USB 3.0 までと幅広く、リアルタイム・オペレーション・システムとの使用に適した POWERLINK、CAN、 RS232/422/485 も選べます。 1.7.4 B&R産業用 PC の取得規格 DNV GL のみならず、CE, cULus及び HazLoc UL(防爆)認証を得ています。ロシア認証規格の GOST-R認証も得ており、 グローバル拠点への輸出に対応し、どこでもいつでも利用できます。 Copyright © B&R Page 13/41 B&R e-Book APC01 v1.0.docx / B&R株式会社 German
Page14

2 B&Rの産業用PCだから、ぜひ現場で使いたい12のポイント、2.1 完璧なモジュラーシステム、2.2.1 画期的な配線

2 B&R の産業用 PC だから、ぜひ現場で使いたい 12 のポイント 2.1 完璧なモジュラーシステム B&R産業用 PCはお客様の強いリクエストにお応えすべく、先進のプラットフォームをベースに、最新の技術を必要に応じて搭載で きるモジュラーシステムとしてご提供しています。 ハイエンドからエントリークラスまで 3 つに分かれた PC には、ボックスタイプとパネルタイプが用意され、画面サイズと必要なコンピュータ パフォーマンスのマトリックスで組合せが可能です。またパネルには、スイングアームタイプや IP69K ハイジェニックタイプもご用意し、各 種産業用途にマッチします。 どのようなバリエーションであっても、すべての B&R産業用 PC のメリットをご享受いただける厳密で将来性の高い設計と、最新鋭の 生産工場と検査システムによる高い品質をご活用いただけます。 2.2 Smart Display Link (SDL:スマートディスプレイリンク) たった 1本のケーブルで 100m配線可能 2.2.1 画期的な配線 Smart Display Link 3伝送テクノロジーは、モジュラーマシンとシステムの構成に明らかなメリットをご提供します。Smart Display Link 3(SDL3)の卓越した利便性には2つのキーポイントがあります。それは、使用されているオペレーティング・システム から完全に独立していること、そして、たった1本のケーブルで PC を操作パネルに接続できることです。 Copyright © B&R Page 14/41 B&R e-Book APC01 v1.0.docx / B&R株式会社 German
Page15

2.2.2 シンプルな配線、2.2.3 最大100mまでカバー、2.2.4 長期にわたる継続性、2.2.5 マシンのHMIのあり方を更なる革新がアップデート

2.2.2 シンプルな配線 このようなタイプのソリューションには、以前は通常の PC並みの機能を持ったシン・クライアントが必要でした。その場合、スペースが 多く必要になるだけでなく、使用されるソフトウェアやオペレーティング・システムに依存します。その上、システム構築のための追加コス トが発生します。Automation PC 910 と Automation Panel のモジュラーデザインは、オプションで SDL3 インターフェースの装 備を可能にします。 2.2.3 最大 100m までカバー SDL3 の新しい点は、非常に長い距離をカバーできるところです。 このため Automation PC と操作パネルを最適な位置に配置 し、より広範囲にわたるシステム上でも置くことができるようになりま す。SDL3 のもうひとつの特長は、標準のイーサネットケーブルを使 用できることです。そのため、長い距離をカバーしてもケーブルのコス トを大幅に削減できます。細径ケーブルと RJ45 コネクタは、フィー ドスルー開口部やサポートアームシステムのような狭いスペースにも ぴったりです。 2.2.4 長期にわたる継続性 このモジュラリティは 10年前に発売され、最初のオートメーションパネルまで遡ることができます。既存の機械やシステムでも、例えば 改修の際などに SDL3 にアップグレードすることができます。 オプションの SDL3 コンバータは PC側でも利用できるので、 Automation PC 810 や Panel PC の SDL インターフェースも SDL3 にアップグレードできます。 このような柔軟性はこの市場で 独自性があります。 2.2.5 マシンの HMI のあり方を更なる革新がアップデート BOX タイプの PC とパネルを設置する場合、ビデオ信号、USB信号(タッチスクリーン情報、スイッチ情報)を接続する必要があり ますが、USBは規格上一番長い距離をサポートする USB2.0 でも最大 5m に制限されてしまいます。 B&Rのインターフェイス規格 SDL4(Smart Display Link 4)を利用することで、ビデオケーブルと USB信号をまとめて LAN ケーブルを用いて、最大 100m まで延長することが可能です。また、画面同時出力は最大 4画面 2種類まで対応可能となりま す。フロア階層をまたぐような大型マシンへの複数画面同時表示や、数十メートルに及ぶラインへの HMI複数搭載が可能となり、 レイアウトの制限から解放されます。パネル側には専用 OS アプリケーションを追加する必要がなく、パフォーマンスに影響することも ありません。 Copyright © B&R Page 15/41 B&R e-Book APC01 v1.0.docx / B&R株式会社 German
Page16

2.3 PCの診断はUSBを挿すだけ 、2.3.1 B&RのHMIサービスセンターでパフォーマンスデータを診断、2.3.2 使い方も簡単、2.3.3 制御盤を覗かずに診断、2.3.4 B&R無償診断ツール:MTCX (Maintenance Controller Extended)

2.3 PC の診断は USB を挿すだけ 2.3.1 B&R の HMI サービスセンターでパフォーマンスデータを診断 サービスを必要とするところへ的確なサポートを提供するため、すべての情報と診断の機能を、新しく開発した HMI サービスセンター 経由で提供します。 HMIサービスセンターは、B&Rの産業用 PC と Automation Panel をテストするために使用するソフトウェ ア・ツールです。B&Rの産業用 PCは、標準的な PC をはるかに超える詳細なシステム診断を常に提供します。 シリアルナンバー や部品番号といった情報だけでなく、パワーオンサイクルや温度センサの値といった統計データも読み取り可能です。 このデータはメ ンテナンス・コントローラで管理します。 ユーザーに対してシステムの透明性を最大化するのが目標です。 2.3.2 使い方も簡単 使い方もこれ以上ないほど簡単です。 USB フラッシュドライブを挿して Automation PCや Panel PC をスタートするだけです。 システムはフラッシュドライブ上に組み込まれたオペレーションシステムから 起動されます。 わかりやすい構成のユーザーインターフェースが表示さ れ、すべての必要な情報と追加の診断機能にアクセスできます。 2.3.3 制御盤を覗かずに診断 従来生産中のマシンに何かがあったとき、まずはマシンに設置されたタッチパネルにて 診断ツールを開き、現状を総合的に確認されると思います。 特にフィールドサポートエンジニアの方は、取り急ぎ PCやコントローラ(ハードウェ ア)の状況を確認したいといった要望はありませんか? 「シリアル番号や型式等を正確に把握したい。」 「PC用のバッテリーや UPS が生きているのか、そして正しく供給されているのか。」 「PC の最大の敵、内部温度は今どうなっているのか。」 「メンテナンスのために一時的に FAN を駆動したい。」 「とにかく何かあっても無くても、直ぐに確認したい。」 もちろん制御盤へ向かい現物から確認することも可能です。 しかしながら大きなマシンになると、場合によっては例え小さなマシンでさえも、このよ うな不便はなかったでしょうか? マシンと離れた場所に設置された制御盤へ向かい盤扉を開け、ペンライトを使いな がらコントローラを覗き込む。シリアル番号を探して・・・フィールドサポートエンジニア の方は現場を行ったり来たり、大変な思いをされます。 2.3.4 B&R無償診断ツール:MTCX (Maintenance Controller Extended) このような実際の現場からの要望にお答えするため、B&Rは長年産業用 PC を開発・製造・メンテナンスを行ってきた経験から、特 に現場で求められる産業用 PC へのメンテナンス必要事項に特化し、無償診断ツールを提供しております。 この機能は、B&R全ての PC に無償でプリ・インストールされており、ご自由にメンテナンスに活用いただけます。Windows スタート 画面から 2 タップ程度で MTCX にたどり着く事ができます。 Copyright © B&R Page 16/41 B&R e-Book APC01 v1.0.docx / B&R株式会社 German
Page17

2.4 マシンの顔となるPCにカスタマイズ(カスタマイズPC)、2.4.1 cHMI - カスタマイズHMI

・産業用 PC駆動の統計データ ・タッチパネルの統計データ ・ファン駆動の統計データ ・ファンを一時的に任意駆動操作 ・産業用 PC のリビジョン番号 ・産業用 PC のシリアル番号 ・産業用 PC のモデル番号 ・産業用 PC およびタッチパネルの温度状況 ・UPS供給状況 ・バッテリー供給状況 ・任意のユーザー設定情報 制御盤へ向かわずとも、マシンに設置されたタッチパネルにて簡単にすぐに確認、効率的なメンテナンスへご活用頂けます。また、レ ポート機能を使えば、前述項目をレポートとして USB等の外部メモリへ保存する事も可能です。経年変化等の観察にもご活用 頂けます。特に PC の最大の敵、温度のモニタリングについては、計算された複数ポイントを常時計測しております。これらの機能は 最も大事なマシン・アプリケーションへ負荷を与えないよう、パフォーマンスへの影響が無いよう計算設計されています B&Rではこれ ら機能の開発キットを用意しており、無償ダウンロードが可能です。お客様のWindows Application とハンドシェイクしお客様の メンテナンス機能の一部として取り込み、使用頂くことも可能です。 2.4 マシンの顔となる PC にカスタマイズ(カスタマイズ PC) B&Rはあくまでも装置メーカー様や、機械メーカー様へオートメーション・システムを提供させて頂く会社です。歌舞伎の世界におけ る舞台上で俳優が演技をする補助をする「黒衣」のように、世界中の工場で装置メーカー様や機械メーカー様が最大のパフォーマ ンスを発揮できるよう、「黒衣」の役割に徹します。 2.4.1 cHMI - カスタマイズ HMI B&Rではカスタマイズパネルの提供も行っており、採用いただいたマシンは「reddot design award」を受賞するなど、デザイン面 でも高い評価を得ています。シンプルなカスタマイズでは、自社ロゴの追加や本体 形状、仕様を完全に指定して筐体からフルカスタマイズも可能です。デザイン面 で評価の高いカスタマイズ技術を、ぜひ御社のイメージするマシンを表現するため にご利用ください。 カスタマイズのメリットはデザイン要素だけではありません。通常製品の場合、ユー ザー判断で交換したパーツが正しいものかどうか、サポート対象かどうかを確認・ 判断するだけで多大な時間を浪費してしまうケースも少なくありません。製品をカ Copyright © B&R Page 17/41 B&R e-Book APC01 v1.0.docx / B&R株式会社 German
Page18

2.4.2 パネルデザイナー(WEBアプリ)

スタマイズすることにより、世界中にある B&Rの販売窓口を1カ所に限定することが可能となります。窓口を1つに集約することで、 ユーザー独自の判断によるスペアパーツの入手・交換が無くなります。 またマシンメンテナンスについては、必要なスペアパーツ提供のルートをマシンベンダーに限定し、安定したメンテナンスビジネスを展開 いただくこともできます。特に世界展開を見据えたお客様の場合、このシステムを有効活用いただき、トレーサビリティ向上にお役立 ていただいています。 2.4.2 パネルデザイナー(WEB アプリ) Panel Designer を使用すると、B&R製品のカスタマイズを個別にご体験いただけます。 http://paneldesigner.br-automation.com/ カスタマイズ可能な製品  パネルオーバーレイを備えたすべてのパネル  オートメーション PC のフロントカバー  ACOPOSP3 のフロントカバー  B&Rのキーパッドモジュール 使い方はハードウェア製品を選択するだけで、デザインを作成できます。 次に、カスタムパネルデ ザインを作成するため、無料で使いやすいソフトウェアツールである B&R Panel Designer を 使用し、外観を調整します。色、形、テキストは必要に応じて追加可能、 会社ロゴなどのグラフ ィックも簡単に追加しデザインに統合することができます。最終デザインがどのようになるかは、ソフ トウェア内ですぐに確認可能です。カスタマイズされたデザインは開発部門に送信され、デザイナ ーからパネルオーバーレイデザインのドラフトが届きます。 承認後 2週間以内に、量産ユニットと 同じ品質で、カスタマイズされたパネルオーバーレイの製品を受け取ります。 こうして後から追加や変更も織りまぜながら、B&Rデバイスをお客様のデザインに完全に適合させることができるのです。B&Rのカ スタム PC サービスを貴社マシンの付加価値向上の一部として是非ご活用下さい。  アドバンテージ  B&R Panel Designer を使用したカスタマイズは 1台から OK  2週間以内でコーポレートデザインを作成  追加費用なしのシリーズ価格で継続してご注文が可能  世界中で利用可能なカスタムデバイスのサポート B&R産業用 PC通常品のフロントカバー: カスタマイズサービスを利用頂くと、このようなデザインも可能に: Copyright © B&R Page 18/41 B&R e-Book APC01 v1.0.docx / B&R株式会社 German
Page19

2.4.3 カスタマイズ事例集

2.4.3 カスタマイズ事例集  RFID内蔵  照光式リングキー  スケーラブル設計  ハイジェニックデザイン  レッドドットデザイン賞受賞 Copyright © B&R Page 19/41 B&R e-Book APC01 v1.0.docx / B&R株式会社 German
Page20

2.5 ディスクイメージの無償プリインストールサービス

 モダンデザインに更新  カンパニーデザインでマシンのイメージを刷新 2.5 ディスクイメージの無償プリインストールサービス 産業用設備において、PC およびコントローラのコストは重要です。コストとは、主にハードウェ アとソフトウェアの両側面だと思いますが、それだけに留まらず、PC各種環境設定を行う工 数コストも重要ではないでしょうか?B&Rでは、お客様にこれら課題解決にお役立て頂ける サービスも実施しています。B&R産業用 PC の特徴の1つとして、プリインストールサービスが あります。 装置メーカー・機械メーカーにとって、マシンのラインナップ毎に異なる PC設定は必要です。 近年、一般消費プロダクトが多種多様化しているトレンドから、その製造設備に対しても、多 品種少ロットの傾向がますます強くなっています。その中で、月産製造設備が 30台~100 台ともなりますと、各種設定に相当の環境設定工数コストが必要になってきます。B&R で は、PC の各種設定、アプリケーション、OS等のお客様ご指定ドライブイメージを生産時に書 込みます。インストールされた状態で出荷されるので、お客様は箱を空けて、電源を入れたら システムが動く状態です。これによって装置メーカー様、機械メーカー様においては、エンジニ アによる工数を削減することが出来ます。 Copyright © B&R Page 20/41 B&R e-Book APC01 v1.0.docx / B&R株式会社 German