1/31ページ
カタログの表紙 カタログの表紙 カタログの表紙
カタログの表紙

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(7.9Mb)

超硬工具カタログ

製品カタログ

EVERLOY CEMENTED CARBIDE TOOLS

【掲載内容】
製造工程・主要設備・検査設備
材種と物性値
用語集
超硬材種位置付け表
材種の組織
材種の諸特性
プレス金型用チップ
超硬合金 G種, TB種
微粒子超硬合金 KD種
放電加工用超硬合金 A10W
水切りワイヤ放電加工用超硬合金 WD20 など

◆詳細はカタログをダウンロードしご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 超硬工具カタログ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 7.9Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社共立合金製作所 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

EVERLOY CEMENTED CARBIDE TOOLS 超硬工具カタログ 株式会社 共立合金製作所 本 社 〒663-8211 兵庫県西宮市今津山中町12-16 営 業 部 TEL :0798-26-3606 FAX:0798-37-2067 超 硬 事 業 部 加 工 品 部 TEL :0798-26-3608 FAX:0798-37-2067 柏 原 工 場 超 硬 事 業 部 〒669-3315 兵庫県丹波市柏原町大新屋100-1 合 金 部 TEL:0795-73-0026 FAX:0795-70-2120 ノズル事業部 〒669-3315 兵庫県丹波市柏原町大新屋95-2 TEL:0795-72-3374 FAX:0795-72-3376 ISO9001/14001 認証取得 ISO9001/14001 certification https://www.everloy.co.jp 改訂 : 2022 年 11 月 1 日
Page2

ごあいさつ  弊社は昭和13年創業以来、超硬工具とスプレーノズルの製造に着手し、 エバーロイの商品名で広くご愛顧いただいております。これ偏に、皆々様の あたたかいご支援とご高配の賜と深く感謝いたしております。  現在の変化の激しい技術革新の中では、まずはその変化に順応しながら も、当社のオリジナリティを生かし新たなニーズに全社一丸となり積極的に 取組んでいく所存であります。  どうか今後一層のご指導とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
Page3

お客様へのお願い 目次 製造工程・主要設備・検査設備……………………………………………… 4   材種と物性値…………………………………………………………………… 6 警告 用語集…………………………………………………………………………… 8 ①硬質工具材料は、非常に硬い場合は脆い特性があり、無理な締付けや衝撃を与えると破損・飛 超硬材種位置付け表…………………………………………………………… 9 散することがありますので注意してください。 材種の組織……………………………………………………………………… 10 ②比重が 10 以上の硬質工具材料は、大型製品や数量が多い場合は重量物として取り扱い、重さ に注意して取り扱いください。 材種の諸特性…………………………………………………………………… 12 ③硬質工具材料への刻印をレーザー、電気ペン、電着砥石等で行うと亀裂を生じることがあります。 プレス金型用チップ…………………………………………………………… 14 ワーク部分や応力が作用する部分への刻印を行わないようにしてください。 超硬合金 G種, TB種 …………………………………………………………… 16 ④硬質工具材料は一般のケース、ホルダ等の鋼材と熱膨張係数が異なることがあります、焼きばめ、 微粒子超硬合金 KD種 ………………………………………………………… 18 冷やしばめおよび温度が高くなる用途では割損・飛散することがありますので十分考慮して設計・ 作業をしてください。 放電加工用超硬合金 A10W …………………………………………………… 22 水切りワイヤ放電加工用超硬合金 WD20 …………………………………… 24 ⑤硬質工具材料は、ろう付けなどにおいて耐熱衝撃温度より大きい温度変化を与えると割れるこ 超硬合金 とがあります。また適正なろう付け温度で行わないと、脱落したり破損することがあります。適切 超微粒子超硬合金 EF種 ……………………………………………………… 26 な条件でろう付けしてください。 非磁性・耐食性超硬合金 KN種 ……………………………………………… 27 ⑥一度使用した硬質工具材料の修理では、使用で生じた亀裂などの損耗部分を十分除去する必要 ステンレス加工用超硬合金 KX01 …………………………………………… 30 があります。独自の修理はしないようにしてください。 高親和性金属加工用超硬合金 MC20 ………………………………………… 32 ⑦硬質工具材料は、研削加工すると粉塵などが発生します。これらを飲み込んだり、吸引すると、 体に有害ですので、局所排気装置や保護マスク等の保護具を使用してください。 耐食性・放電加工用超硬合金 ME40 ………………………………………… 34 ⑧硬質工具材料は、研削加工すると粉塵などが発生します。これらを目や皮膚と接触したり付着 電磁鋼板加工用超硬合金 EX種 EW種 ……………………………………… 36 すると、危険ですので、保護メガネ等の適切な保護具を適切に使用してください。   電磁鋼板カシメ型用超硬合金 EX種 …………………………………… 37 ⑨もしも、研削加工した粉塵などが、皮膚や目に付着した場合は、水で洗い流してください。大量   電磁鋼板抜き型用超硬合金 EW種 ……………………………………… 38 に飲み込んだ場合及び目に入った場合は、速やかに専門医を受診してください。 高耐摩耗超硬合金 SS種 ……………………………………………………… 40 ⑩コバルト及びその無機化合物は特定化学物質に指定されています。通常の使用における工具は 超硬合金素材…………………………………………………………………… 42 適用除外されていますが、物理的な変化を加える(素材の加工・製品の修理をする)職場では特定 化学物質障害予防規則(特化則)に従った取扱いをする必要があります。 大型超硬素材…………………………………………………………………… 43 ⑪応急処置の詳細、火災時の処置、漏出時の処置、廃棄上の注意等は素材の SDS を見て、適切 超硬プレート…………………………………………………………………… 44 に対応してください。 物性調査………………………………………………………………………… 45 注意 精密加工技術…………………………………………………………………… 46 主要加工設備・主要検査機器(株式会社 共立合金製作所 加工品部) …… 47 ⑫耐食性が付与されていない硬質工具材料は、研削液や潤滑液、その他の水分で腐食して強度低 下を招くことがあります。 主要加工設備・主要検査機器(株式会社 九州エバーロイ) ……………… 49 ⑬硬質工具材料は、研削加工後の表面状態により強度が著しく低下することがありますので、適 加工品 超硬精密金型パーツ(切断・曲げ)………………………………………… 50 切な加工条件で仕上げてください。 超硬精密金型パーツ(モーターコア)……………………………………… 51 ⑭硬質工具材料を放電加工すると、表面に微小亀裂や影響層を生じ強度低下などを生じますので、 超硬精密金型パーツ(リードフレーム用)………………………………… 53 本来の特性を得るためには微小亀裂や影響層を研削除去してください。 超硬精密金型パーツ(封止工程用)………………………………………… 53 ⑮硬質工具材料のうち熱処理を行う工具鋼・高速度工具鋼は、焼戻し温度以上に熱を与えると軟 化し、強度不足等を生じる恐れがあります。特に研削による発熱や、ろう付け温度、表面処理、 超硬精密金型パーツ…………………………………………………………… 54 表面改質などの熱影響に十分留意ください。 粉末成形金型パーツ…………………………………………………………… 55 注意事項は、『超硬工具材料を用いた製品の安全パンフレット 耐摩耗工具編』からの抜粋です。 ロール, ボールヘッダーダイ,シャーダイス,シャーブレード …………… 56 エバーロイスプレーノズル…………………………………………………… 57 EVERLOY CEMENTED CARBIDE TOOLS https://www.everloy.co.jp 超硬合金 加工品
Page4

製造工程 主要設備 検査設備 万能試験機 金属顕微鏡 ロックウェル硬度計 電子天秤 炭素分析装置 磁気測定器 4 EVERLOY CEMENTED CARBIDE TOOLS https://www.everloy.co.jp 5 製造工程主要設備
Page5

材種と物性値(代表値) 密度 *5 *6 WC粒度 Co量 硬度 3 3 抗折力 破壊靭性値 引張強度 圧縮強度 ヤング率 熱膨張率 熱伝導率 衝撃強度 区分 当社材種記号 JIS分類記号 [×10 kg/m ] 当社材種記号 ポアソン比 [μm] [%] [GPa] [MPa・m½] [GPa] [GPa] [GPa] [×10-6/K] [W/(m・K)] [kJ/m2] {g/cm3} HRA HV H1 VM-10 1.0以上2.5未満 6 14.8 93.0 1900 1.9 H1 9 1.0 6.1 630 0.21 4.7 80 20 G1 VM-20 1.0以上2.5未満 6 14.9 92.0 1750 2.0 G1 10 1.0 5.7 620 0.21 4.7 80 23 G2 VM-30 1.0以上2.5未満 6 15.0 91.0 1610 2.5 G2 12 1.3 5.4 610 0.21 4.7 80 28 G3 VM-40 1.0以上2.5未満 8 14.8 90.0 1480 2.7 G3 18 1.4 5.0 590 0.21 5.0 75 36 耐摩耗・耐衝撃工具用 G4 VC-40 2.5以上5.0未満   1 0     1 4.6     89 .0  1360 2.9 G4 22 1.5 4.7 570 0.22 5.3 75 44 G5 VC-50 2.5以上5.0未満 13 14.3 88.0 1250 3.2 G5 26 1.6 4.3 540 0.22 5.6 71 56 TB6 VU-60 5.0以上 15 13.9 86.5 1060 3.1 TB6 - *7 1.6 3.9 530 0.23 5.8 67 64 TB7 VU-70 5.0以上 21 13.3 84.5 950 3.0 TB7 - *7 1.5 3.3 480 0.23 6.6 63 83 G8 VU-80 5.0以上 22 13.3 82.5 860 2.6 G8 - *7 1.3 3.2 470 0.23 6.7 59 85 KD05 VF-20 1.0未満 8 14.7 92.0 1750 3.2 KD05 12 1.6 6.1 600 0.21 5.0 75 24 KD10 VF-30 1.0未満 10 14.5 91.0 1610 3.4 KD10 13 1.7 5.9 580 0.22 5.3 75 28 KD20 VF-40 1.0未満 13 14.2 90.0 1480 3.7 KD20 16 1.9 5.3 550 0.22 5.6 71 37 微粒子合金 KD30 VF-40 1.0未満 16 13.9 89.0 1360 3.7 KD30 19 1.9 4.9 520 0.23 6.0 67 48 KD40 VF-50 1.0未満 19 13.6 88.0 1250 3.7 KD40 22 1.9 4.4 490 0.23 6.3 63 59 KD50 VF-70 1.0未満 28 12.9 84.5 950 3.0 KD50 30 1.5 3.0 400 0.25 7.3 54 87 EF01 VF-10 1.0未満 *1 8 14.5 94.0 *4 2000 3.7 EF01 9 1.9 6.5 600 0.21 5.0 71 17 EF05 VF-10 1.0未満 *1 10 14.3 93.0 1900 3.7 EF05 9 1.9 6.5 580 0.22 5.3 71 21 超微粒子合金 EF10 VF-20 1.0未満 *1 13 14.0 92.0 1750 4.0 EF10 10 2.0 6.4 550 0.22 5.6 67 25 EF20 VF-40 1.0未満 *1 18 13.6 90.0 1480 4.0 EF20 13 2.0 5.4 490 0.23 6.3 59 44 EX20 VC-40 2.5以上5.0未満 6 14.9 90.0 1480 3.0 EX20 19 1.5 5.2 620 0.21 4.7 80 - EW10 VM-30 1.0以上2.5未満 7 14.8 91.0 1610 3.5 EW10 15 1.8 5.1 610 0.21 4.9 77 - 電磁鋼板加工用 EW25 VM-40 1.0以上2.5未満 11 14.3 89.5 1420 3.5 EW25 22 1.8 4.7 570 0.22 5.4 73 - EW40 VM-50 1.0以上2.5未満 15 13.9 88.0 1250 3.5 EW40 29 1.8 4.0 530 0.23 5.8 68 - ステンレス用 KX01 VF-20 1.0未満 *1 13 *2 14.0 92.5 1820 4.0 KX01 10 2.0 6.4 550 0.22 5.6 63 25 軟質材用 MC20 VC-40 2.5以上5.0未満 6 14.9 90.0 1480 2.8 MC20 19 1.4 5.2 620 0.21 4.7 80 30 耐食性・放電加工用 ME40 VC-50 2.5以上5.0未満 12 14.1 88.0 1250 3.2 ME40 26 1.6 4.1 560 0.22 5.5 71 52 耐クラック A10W VM-30 1.0以上2.5未満 9 14.5 91.0 1610 3.7 A10W 13 1.9 6.0 590 0.22 5.2 75 29 放電加工用 耐食 WD20 VF-40 1.0未満 13 *2 14.1 90.5 1540 3.7 WD20 16 1.9 5.3 550 0.22 5.6 67 37 KN10 NF-30 1.0未満 9 *3 14.5 91.0 1610 3.3 KN10 11 1.6 - 590 0.22 5.1 53 - KN20 NF-40 1.0未満 12 *3 14.2 90.0 1480 3.6 KN20 14 1.8 5.0 550 0.22 5.5 47 34 非磁性・耐食性合金 KN30 NF-40 1.0未満 14 *3 13.9 89.0 1360 3.6 KN30 17 1.8 - 530 0.23 5.8 42 - KN40 NF-50 1.0未満 16 *3 13.7 88.0 1250 3.8 KN40 20 1.9 - 510 0.23 6.0 38 - SS13 VF-10 1.0未満 1 14.2 - 2450 1.0 SS13 5 0.5 - 640 0.20 4.5 34 - 高耐摩耗用 SS15 VF-10 1.0未満 4 14.6 - 2100 2.0 SS15 8 1.0 - 630 0.21 4.6 55 - 切削加工用 KW3 VM-30 1.0以上2.5未満 6.5 14.6 91.0 1610 2.5 KW3 12 1.3 - - - - - - *1 EF種、KX01の粒度はKD種より細かい粒度です。 *2 一部Niを含有しています。 ・上記データは代表値であり、保証値ではありません。 *5 破壊靱性値は、JIS R1607のIF法による測定値です。 *6 引張強度以降は、文献からの参考値です。 ・上記データは代表値であり、保証値ではありません。 *3 材種KN20の値は、Ni量を示します。 *4 HV硬度からの換算値を示します。 ・予告なしに変更する場合があります。 *7 値はG5より高くなっています。 ・予告なしに変更する場合があります。 6 EVERLOY CEMENTED CARBIDE TOOLS https://www.everloy.co.jp 7 材種と物性値(代表値)材種と物性値(代表値)
Page6

用語集 超硬合金材種位置付け表 用語 用語の説明 WC粒度 ふるい又は他の適切な方法で測定した個々の粒子の直線的な大きさ。 Co量 結合相となるCoの量(一部材種は結合相がNiの場合もある)。 密度 単位体積当たりの質量。 硬度 材料に対して変形や傷が与えられようとする時の、物体の変形しにくさ、物体の傷つきにくさ。 試験片を一定距離に配置された2支点上に置き、支点間の一点に荷重を加え、 抗折力 試験片が破断した時の荷重から求めた最大曲げ応力の値。 破壊靭性値 予亀裂が急速に成長を開始する抵抗の値。 引張強度 試験片に荷重をかけ、破壊するまでの材料に生じる最大応力。 圧縮強度 圧縮静荷重を材料にかけ変形を与え、破壊したときの強さ。 ヤング率 材料の弾性特性の一つで、応力を加えた時の応力方向の弾性変形のしにくさを表す。 ポアソン比 横ひずみと縦ひずみの比。 熱膨張率 材料を加熱した時の、単位温度あたりの一定方向(長さ)の増加分。 熱伝導率 物質内の熱の流れ易さを示す物性値。 衝撃強度 試験片に衝撃を与えて切断し材料に吸収されたエネルギーの大小で測定した衝撃の強さ。 ■ JIS(日本産業規格)分類記号 表1 1桁目の分類法 表2 2桁目の分類法 表3 4・5桁目の分類法 記号 結合相 記号 WC粒度 記号 硬さ V Co F 1.0未満 10 93以上 R Co/Ni M 1.0以上2.5未満 20 92以上93未満 N Ni C 2.5以上5.0未満 30 91以上92未満 U 5.0以上 40 89以上91未満 *表1~3は、JIS B 4054 : 2020 からの引用です。 50 87以上89未満 60 85以上87未満 70 82以上85未満 80 82未満 8 EVERLOY CEMENTED CARBIDE TOOLS https://www.everloy.co.jp 9 用語集超硬合金材種位置付け表
Page7

材種の組織 材種の組織 G種 KD種 A10W WD20 WC粒度[μm] 1.0 - 5.0 以上 写真例: G5 WC粒度[μm] 1.0 未満 写真例: KD20 WC粒度[μm] 1.0 以上 2.5 未満 WC粒度[μm] 1.0 未満 Co量[%] 6 - 22 Co量[%] 8 - 28 Co量[%] 9 Co量[%] 13 * *一部Niを含有しています。 TB種 EF種 KX01 MC20 WC粒度[μm] 5.0 以上 写真例: TB6 WC粒度[μm] 1.0 未満 写真例: EF10 WC粒度[μm] 1.0 未満 WC粒度[μm] 2.5 以上 5.0 未満 Co量[%] 15, 21 Co量[%] 8 - 18 Co量[%] 13 * Co量[%] 6 *一部Niを含有しています。 EX種 EW種 ME40 KN種 WC粒度[μm] 2.5 以上- 5.0 未満 写真例: EX20 WC粒度[μm] 1.0 以上- 2.5 未満 写真例: EW25 WC粒度[μm] 2.5以上 5.0 未満 WC粒度[μm] 1.0 未満 写真例: KN20 Co量[%] 6 Co量[%] 7 - 15 Co量[%] 12 Ni量[%] 9 -16 金属顕微鏡×1000観察 金属顕微鏡×1000観察 10 EVERLOY CEMENTED CARBIDE TOOLS https://www.everloy.co.jp 11 材種の組織材種の組織
Page8

材種の諸特性 材種の諸特性 1. Co量と硬度との関係 4. Co量とヤング率との関係表 硬度は、Co量が少なくなるほど高くなります。 ヤング率は、Co量が少なくなるほど高くなります。 同一Co量では、WC粒度が小さくなるほど高くなります。 2. Co量と抗折力との関係 5. Co量と破壊靱性値との関係 抗折力は、ある一定量まで、Co量が多くなるほど高くなりま 破壊靱性値は、Co量が多くなるほど高くなります。 す。 同一Co量では、WC粒度が大きくなるほど高くなります。 同一Co量では、WC粒度が小さくなるほど高くなります。 3. Co量と圧縮強度との関係 6. Co量と衝撃強度との関係 圧縮強度は、Co量が少なくなるほど高くなります。 衝撃強度は、Co量が多くなるほど高くなります。 同一Co量では、WC粒度が小さくなるほど高くなります。 同一Co量では、WC粒度が大きくなるほど高くなります。 12 EVERLOY CEMENTED CARBIDE TOOLS https://www.everloy.co.jp 13 材種の諸特性材種の諸特性
Page9

プレス金型用チップ プレス金型用チップ チップの材種は下の表の中から、最もその用途に適したものを選定して供給します。(材種の選定を誤りますと、破損又は早期摩耗を 起こすおそれがあります。) 特殊用途での選定基準 一般用途での選定基準 選定時期 特徴 選定基準 用途 当社材種記号 JIS分類 旧規格* 加工時のメリット 一般的にはKD種を選択しますが、さらにシャープなエッジを求める場合にはEF種を選択し 耐チッピング性 ます。 EF01 (高耐摩耗) VF-10 Z01 加工時 EF05 VF-10 Z01 EF10 VF-20 Z10 一般的にはKD種を選択しますが、放電クラックの影響を抑制したい場合は、A10Wを選択 放電加工性 耐チッピング性 します。また、加工液に水を使用したときの腐食を抑制したい場合はWD20を選択します。 KX01 VF-20 Z10 絞り型(軽衝撃) (ステンレス鋼用) ガイド類(軽衝撃~一般的) KD05 VF-20 V20 一般的にはH1、EF05が硬度が高く耐摩耗性に優れています。 さらに耐摩耗性を上げたい 抜き型(軽衝撃) KD10 VF-30 V20 高耐摩耗性 しごき型(軽衝撃) 場合は、取り扱いに注意を要しますが、SS種やEF01を選択します。 A10W VM-30 V20 放電加工性 H1 VM-10 V10, K01 耐チッピング性 磁場成形用モールド等非磁性を必要とする場合は、KN20を選択します。また、KN20は耐 G1 VM-20 V10, K10 - 非磁性・耐食性 食性、耐酸化性に優れていることから、メカニカルシールなどとして選択されます。 G2 VM-30 V20, K20 - 使用時 EF20 VF-40 Z30 純鉄・純銅等超硬合金と反応性の高い金属を加工する場合は、反応性を抑制したMC20を EW10 VM-30 V20 軟質金属用 選択します。 KD20 VF-40 V30 耐チッピング性 KN種 NF-30  絞り型(一般的~重衝撃) V30 (非磁性・耐食用) NF-50 ステンレス等熱伝導率が低く加工硬化を生じやすい金属を加工する場合は、KX01を選択し ステンレス鋼用 ガイド類(一般的) 耐チッピング性 ます。 抜き型(軽衝撃~一般的) WD20 VF-40 V30 放電加工性 しごき型(一般的~重衝撃) MC20(軟質金属用) VC-40 V20 - EX20 VC-40 V10 耐凝着性 G3 VM-40 V30, K30 - プレス金型用チップの寸法 G4 VC-40 V30, K30 - KD30 VF-40 V30 耐チッピング性 プレス金型用チップは、指定寸法に焼結したもの(焼結品)又は一部加工したもの(研削チップ)、及び完成製品があります。焼結品 の標準仕上しろは片側 0.5 mm です。ただしダイブロックに異形の穴のある場合は、1個又は数個の丸穴を開けたままで供給するの KD40 VF-50 V40 耐チッピング性 絞り型(衝撃を伴う) が一般的です。(この穴は顧客において放電加工される際に、通液孔となります。)また直タップ品も供給します。 曲げ型(最も一般的) ME40 VC-50 V30 放電加工性 抜き型(最も一般的) G5 VC-50 V40 - ■ 直タップ加工範囲(焼結品) せん断刃(一般的) EW25 VM-40 V30 耐チッピング性 ねじの呼び M2 M3 M4 M5 M6 M8 M10 M12 M14 M16 EW40 VM-50 V30 耐チッピング性 完全ねじ部深さ[mm] 8 30 30 30 30 30 30 30 30 30 曲げ型(衝撃を伴う) 抜き型(衝撃を伴う、板厚大など) ピッチ[mm] 0.4 0.5 0.7 0.8 1.0 1.25 1.5 1.75 2.0 2.0 TB6 VU-60 V40 - コイニング型(軽衝撃) ・ ねじ形状はJIS(ISO)規格外です。 せん断刃(衝撃を伴う) ・ 上記以外の寸法については、ご相談ください。 ・ 記載以外の直タップ加工もご相談ください。 曲げ型(特に衝撃の大きい場合) KD50 VF-70 V60 耐チッピング性 抜き型(衝撃大、板厚大など) コイニング型(一般的) せん断刃(衝撃大) TB7 VU-70 V50 - コイニング型(衝劇を伴う) G8 VU-80 V60 - *JIS含む 14 EVERLOY CEMENTED CARBIDE TOOLS https://www.everloy.co.jp 15 プレス金型用チッププレス金型用チップ ~
Page10

超硬合金 G種 Line up ... G1, G2, G3, G4, G5, G8 G種とTB種の組織写真 一般的な超硬合金材種。 国内外で “EVERLOY”ブランドの超硬合金は、高品質・高性能で広く知られています。 多くの汎用工具、金型パーツとして採用されています。 耐摩耗部材としての耐摩耗性と靭性、加工性のバランスに優れています。 製品説明 細粒WCを使用することにより、高硬度・高強度が得られ、優れた耐摩耗性と耐カケ性を有します。 使用上の注意 腐食環境下でのご使用時は腐食にご注意ください。 G1 G5 用途/実績例 抜き、曲げ、絞り、粉末成形、冷間ロール、各種金型 超硬合金 TB種 G2 TB6 Line up ... TB6, TB7 耐衝撃用超硬合金材種 耐衝撃性が必要な多くの汎用工具、金型パーツとして採用されています。 放電加工が要因となる破損に対しても耐久性があります。 粗粒WCの使用と、Co含有量の多さにより、高い衝撃強度が得られ、優れた耐カケ性、耐破損性を 製品説明 有します。 G3 TB7 用途/実績例 冷間鍛造金型、各種金型 G4 G8 金属顕微鏡×1000観察 16 EVERLOY CEMENTED CARBIDE TOOLS https://www.everloy.co.jp 17 超硬合金 G種 TB種超硬合金 G種 TB種
Page11

微粒子超硬合金 KD種 微粒子超硬合金 KD種 Line up ... KD05, KD10, KD20, KD30, KD40, KD50 Line up ... KD05, KD10, KD20, KD30, KD40, KD50 リードフレーム業界のスタンダードになっている超硬合金材種。 KD種とG種の組織写真 海外でも、“EVERLOY”“KD20”のブランドは高品質・高性能で広く知られています。 KD種 G種 多くの半導体メーカーでリードフレームのプレス加工用金型、粉末成形プレス金型として採用されています。金型としての耐摩耗性と靭性 のバランス、金型寿命と精密加工時加工性とのバランスに優れています。 微粒WCを使用することにより、高硬度・高強度が得られ、優れた耐摩耗性と耐チッピング性を有し 製品説明 ます。 用途/実績例 電子部品金型、粉末成形金型など KD05 G1 KD種の加工と耐摩耗性の関係 抗折力高、玉のサイズ大 = 加工性良好 硬度高 = 耐摩耗性良好 *球の大きさは破壊靭性値を表しています。 KD10 G2 機械的特性(HRA硬度と抗折力) 機械的特性(破壊靭性値) KD20 G3 KD40 G5 金属顕微鏡×1000観察 18 EVERLOY CEMENTED CARBIDE TOOLS https://www.everloy.co.jp 19 微粒子超硬合金 KD種微粒子超硬合金 KD種
Page12

微粒子超硬合金 KD種 微粒子超硬合金 KD種 Line up ... KD05, KD10, KD20, KD30, KD40, KD50 Line up ... KD05, KD10, KD20, KD30, KD40, KD50 平面研削時に生じるチッピングの比較試験結果(SEM写真により) 検鏡面の写真(×500観察) ■ 試料 ■ 平面研削盤 研削条件 下の写真は各面のエッジ部でチッピングの顕著な部分を撮影しておりますので、エッジ部の全てがこのような状態ではありません。 KD種 KD20, KD30, KD50 切り込み量 0.04 mm (0.04mm/回を10回) しかしながら材種によるチッピングの傾向は、写真による傾向と同じと考えて差し支えありません。 G種 G5 送り速度 17 m/min KD種 G種 EF種 EF10 使用砥石 #600 φ180 mm 砥石回転数 3200 rpm ■ 検鏡面:砥石逃げ面の側面のエッジ KD05 G1 ■ 試験結果 KD10 G2 WC粒度 Co量 チッピング深さ 材種 [μm] [%] [μm] KD20 1.0 未満 13 5.4 KD30 1.0 未満 16 5.0 KD50 1.0 未満 19 3.8 G5 2.5 以上 5.0 未満 13 9.4 KD20 G3 EF10 1.0 未満 13 4.2 耐チッピング特性 耐チッピング性は、粒子径が細かく、Co量が多いほど優れてい ます。 KD40 G5 ■ 試料 ■ プロファイル研削条件 KD種 KD05, KD10, KD20, KD40 送り量 0.07 mm (0.02 mm/回を3回+0.01 mm/往復) G種 G1, G2, G3, G5 送り速度 3.0 mm/min 使用砥石 #400 φ75 mm 砥石回転数 3600 rpm ストローク数 85 spm ストローク量 27 mm 20 EVERLOY CEMENTED CARBIDE TOOLS https://www.everloy.co.jp 21 微粒子超硬合金 KD種微粒子超硬合金 KD種
Page13

放電加工用超硬合金 A10W 放電加工用超硬合金 A10W 放電加工時のダメージを抑制 A10Wの物性値 A10Wの組織写真 放電加工でのダメージ緩和と高硬度を両立します。 放電加工割れを抑制します。 当社 密度 WC粒度 Co量 硬度 抗折力 材種 [×103 3 記号 [μm] [%] kg/m ] HRA [GPa] 3 微粒子合金であるため、耐摩耗性と耐チッピング性に優れます。 {g/cm } 微粒WC中に粗粒WCを適量分散する粒子設計と耐食成分の添加により、放電加工時の亀裂伝播を阻 製品説明 A10W 1.0以上2.5未満 9 14.5 91.0 3.7 止し、チッピング及び電解腐食を抑制します。 KD10 1.0未満 10 14.5 91.0 3.4 低Co超硬合金であるため、放電加工時に発生する変質層厚みを低減します。 KD20 1.0未満 13 14.2 90.0 3.7      (代表値) 用途/実績例 精密金型(抜き・曲げ・絞り・粉末成形)、放電加工で加工される金型など 金属顕微鏡×1000観察 A10WとKD10との亀裂進展比較 一般的なワイヤ放電加工と超硬合金との関係 A10W HV(98N)1700 KD10 HV(98N)1700 ワイヤ放電加工と超硬合金のWC粒径との関係を示しています。 放電加工後の抗折力は、WC粒径が小さいほど低下しやすい傾向にあります。これは、微粒子合金ほど放電加工後に生じる加工変質層 が厚く、微小亀裂も多いことによるものと考えられます。 ■ WC粒子径変化による研磨加工(SGM)と ■ WC粒子径変化によるWEDM(1回)面における  ワイヤ放電加工(WEDM)の抗折力(TRS)比較   500 μm中の微小亀裂数と変質層厚みの比較   A B ×400 ×400 亀裂 亀裂 A部拡大 ×1000 B部拡大 ×1000 22 EVERLOY CEMENTED CARBIDE TOOLS https://www.everloy.co.jp 23 放電加工用超硬合金 A10W放電加工用超硬合金 A10W
Page14

水切りワイヤ放電加工用超硬合金 WD20 水切りワイヤ放電加工用超硬合金 WD20 水切りワイヤ放電加工時の耐食性を大幅に向上 WD20の物性値 WD20の組織写真 金型寿命と精密加工性のバランスに優れた材種KD20の耐食性をWD20はさらに改善しました。 当社 WC粒度 結合相量 密度 硬度 抗折力 材種 [×103kg/m3] 耐食性を向上させる成分設計により、非常に優れた耐食性を実現しました。 記号 [μm] [%] {g/cm3} HRA [GPa] 微粒WCを使用することにより、高硬度・高強度が得られ、優れた耐摩耗性と耐チッピング性を有し 製品説明 ます。 WD20 1.0未満 13 14.1 90.5 3.7 KX01では対応できない厚みのステンレス加工にも実績があります。 KD20 1.0未満 13 14.2 90.0 3.7 G4 2.5以上5.0未満 10 14.2 89.0 2.9 長時間の水切りワイヤ放電加工を行う金型用、湿式加工により腐食が懸念される場合の金型用、 (代表値) 用途/実績例      保管時の湿度影響による腐食が懸念される場合の金型用など 金属顕微鏡×1000観察 耐食性比較 腐食試験方法 試験片(WD20, KD20, G4)をワイヤ放電加工中の加工液(水)中に浸漬し、腐食による減量を比較しました。 図1に示すような状態で、水切りワイヤ加工(50h)中の超硬合金の上に試験片を並べ、加工液に浸漬させた状態で実施しました。 試験片については、あらかじめワイヤ放電加工機で1面のみ仕上げ加工を行い、加工面が加工物に垂直になるようセットしました。 図1 腐食試験の状態 ■ ワイヤ放電加工中の加工液(水)に50時間浸漬後の腐食状況 ×1500 図2 試験片拡大図 ■ 加工条件 ワイヤー 0.1 mm/Brass 工作物 超硬合金(厚み: 8 mm) 加工液 イオン交換水(比抵抗: 8×104 Ω・m) WD20 KD20 G4 加工速度 600 μm/min 腐食により、Co結合相の溶出とWC粒子の脱落が発生します。 24 EVERLOY CEMENTED CARBIDE TOOLS https://www.everloy.co.jp 25 水切りワイヤ放電加工用超硬合金 WD20水切りワイヤ放電加工用超硬合金 WD20
Page15

超微粒子超硬合金 EF種 非磁性・耐食性超硬合金 KN種 Line up ... EF01, EF05, EF10, EF20 Line up ... KN10, KN20, KN30, KN40 超微粒子超硬合金 非磁性・高耐食性超硬合金 高硬度・高抗折力・シャープエッジの実現。 超硬自体に磁性がなく、外部影響により磁性を帯びることもありません。耐食性が非常に高く、耐薬品性にも優れています。 一般のWC-Co系超硬合金より耐酸化性に優れています。 幅広い硬度(90~94HRA)の超微粒子超硬合金をラインナップしています。 製品説明 超硬合金の結合相にNiを使用することで、非磁性を実現しています。結合相がNiであるため耐食性 高い耐摩耗性により、長寿命です。 製品説明 に優れ、いろいろな溶液、雰囲気に対しても安定した性能を発揮します。 高硬度・高抗折力の反面、衝撃や放電加工のダメージに弱いため取扱いや加工にはご注意くださ 使用上の注意 用途/実績例 磁場成形用モールド、磁気テープ用工具、電子機器、化学機器部品、メカニカルシールなど い。 電子部品金型、粉末成形金型、樹脂成型用金型、高速プレス金型(抜きパンチ・ダイ、曲げパンチ・ 用途/実績例 KN種の物性値 ダイ)など 当社材種 WC粒度 Ni量 密度 硬度 抗折力 破壊靭性値 引張強度 透磁率 3 3 記号 [×10 kg/m ] [μm] [%] {g/cm3} (HRA) [GPa] [MPa・m½] [GPa] [H/m] KN10 1.0未満 9 14.5 91 3.3 11 1.6 1.27× 10-6 KN20 1.0未満 12 14.2 90 3.6 14 1.8 1.27 × 10-6 EF種の物性値 硬度と抗折力の関係 KN30 1.0未満 14 13.9 89 3.6 17 1.8 1.27 × 10-6 KN40 1.0未満 16 13.7 88 3.8 20 1.9 1.27 × 10-6 当社 密度 硬度 *透磁率が1.26×10-6 [H/m] に近いほど、高い非磁性性能を示します。 (代表値) Co量 抗折力 材種 3 3 [%] [×10 kg/m ] 記号 [GPa] {g/cm3} HRA HV EF01 8 14.5 (94.0)* 2000 3.7 KN種の組織写真 EF05 10 14.3 93.0 1900 3.7 EF10 13 14.0 92.0 1750 4.0 EF20 18 13.6 90.0 1480 4.0 *HV硬度からの換算値を示します。 (代表値) EF種の組織写真 20 μm 20 μm KN10 KN20 EF01 EF10 20 μm 20 μm 金属顕微鏡×1000観察 KN30 KN40 金属顕微鏡×1000観察 26 EVERLOY CEMENTED CARBIDE TOOLS https://www.everloy.co.jp 27 超微粒子超硬合金 EF種非磁性・耐食性超硬合金 KN種
Page16

非磁性・耐食性超硬合金 KN種 非磁性・耐食性超硬合金 KN種 Line up ... KN10, KN20, KN30, KN40 Line up ... KN10, KN20, KN30, KN40 KN20の耐食性(G種との比較) KN種の高温耐酸化性テスト ■ 試験概要 密度 腐食減量 WC粒度 Co量 比較材種 KN種 , KD種 当社材種記号 [μm] [%] [×103kg/m3] [g/(m2・h)] {g/cm3} 10% NaOH 10% KOH 10% HCI 10% HNO 試験片サイズ 6 mm × 8 mm × 24 mm 3 KN20 1.0未満 12 14.2 0 0.01 0.08 0.01 加工条件 SG#200 6面研磨 G2 1.0以上2.5未満 6 15.0 0.02 0.01 0.08 7.99 加熱条件 大気炉にて、アルミナ板上で400℃, 500℃, 600℃, 650℃, 700℃で各30分加熱 G5 2.5以上5.0未満 13 14.3 0.02 0.04 0.09 28.34 ■ 試験片外観 ※観察のため、一部試験片は半分に切断した状態になっています。 表面Co/Ni酸化 WC酸化開始 KN種の耐食性テスト 400℃ 500℃ 600℃ 700℃ ■ 硝酸・硫酸腐食試験条件 ■ 腐食後の試験片外観(代表的なもの) ※変化がわかりやすい硝酸の例 KN10 比較材種 KN種 (WC-X-Ni)*, KD種(WC-X-Co)*, G種(WC-Co) ◀KN20 T.P.サイズ 7 mm × 6 mm × 23 mm KN40 (6 mm × 23 mm面を底面として浸漬) 不働態被膜形成による変色 加工条件 SG#200 6面研磨 ◀KD20 浸漬条件 10%硝酸, 10%硫酸(室温26℃, 6h) 腐食による光沢度低下 KD10 * Xは微量添加物 ◀G5 腐食による光沢度低下 KD40 ■ 腐食後の試験片断面(代表的なもの) ※変化がわかりやすい硝酸の例 KD種やや変色 表面変色 部分的酸化膜発達 全面酸化膜発達 ダイヤ砥石で切断し、切断面を#2000で研磨。 (KN40以外) その後ダイヤペーストでハンドラップ。 ■ 酸化被膜観察結果 700℃×30 min 試験片断面ラップ後観察。赤矢印は酸化膜厚を示す。 KN種 KD種 ◀KN10(9%Ni) ◀KD10(10%Co) KN20 KD20 G5 ◀KN40(16%Ni) ◀KD40(19%Co) 腐食抑制 腐食深さ数100μm程度 腐食深さ数100μm程度(ややG種の方が深い) 金属顕微鏡×1000観察 金属顕微鏡×1000観察 ■ 温度と酸化増量の関係 温度 - 酸化増量の関係 (KN種 ) 温度 - 酸化増量の関係 (KD種 ) 120 120 KN10 KD10 100 KN20 100 KD20 80 KN30 80 KD30 60 KN40 60 KD40 40 40 ��� ~ ���℃ ��� ~ ���℃ 20 20 0 0 300 400 500 600 700 800 300 400 500 600 700 800 温度 [℃] 温度 [℃] 28 EVERLOY CEMENTED CARBIDE TOOLS https://www.everloy.co.jp 29 非磁性・耐食性超硬合金 KN種 酸化増量 [g/(m�・hr)] 酸化増量 [g/(m�・hr)] 非磁性・耐食性超硬合金 KN種
Page17

ステンレス加工用超硬合金 KX01 ステンレス加工用超硬合金 KX01 ステンレス加工用に優れた性能を発揮 KX01の物性値 KX01の組織写真 ステンレス材や熱伝導性の悪いワークのプレス加工用として優れた耐摩耗性を発揮します。 高硬度・高抗折力・シャープエッジの実現。 当社 WC粒度 結合相量 密度 硬度 抗折力* 破壊靭性値 材種 [×103kg/m3] 記号 [μm] [%] ½ {g/cm3} HRA [GPa] [MPa・m ] ステンレスの特徴を考慮した組成・粒子設計により、金型寿命が向上します。 ステンレスの他、リン青銅、ベリリウム銅にも威力を発揮します。 KX01 1.0未満 13 14.0 92.5 4.0 10.2 製品説明 超微粒子WC(WC粒度 : 1 μm 未満)を用いることにより、硬度及び抗折力に優れ、よりシャープなエ EF10 1.0未満 13 14.0 92.0 4.0 10.4 ッジが必要とされる用途に優れた性能を発揮します。 KD10 1.0未満 8 14.7 91.0 3.4 13.2 KD20 1.0未満 13 14.2 90.0 3.7 15.5 KX01は、薄いステンレス材加工用として開発しています。 使用上の注意 G5 2.5以上5.0未満 13 14.1 88.0 3.2 25.9 厚いステンレス材の加工に対しては、別途WD20 又はME40をご検討ください。 *IF法による測定値 (代表値) 金属顕微鏡×1000観察 ステンレス材(端子・スイッチバネ・HDDサスペンション等)のプレス加工用、難加工材(狭ピッチコ 用途/実績例 ネクター端子抜きパンチ等)のプレス加工用など 評価実績 実績 被加工材 被加工材厚み プレス条件 ダイ パンチ (ストローク数) KD10相当超硬 KX01 300万 SUS 0.10 mm 抜き KD10相当超硬 KD10相当超硬 60万 KD10相当超硬 KX01 1800万 700 rpm SUS304 0.15 mm コイニング KD10相当超硬 KD10相当超硬 100万 KX01 G5 26万~35万 200 rpm SUS301 0.70 mm 抜き 従来超硬 G5 8万~18万 (超微粒~微粒合金) KX01 KX01 10万 230 rpm SUS304 0.60 mm 抜き G3相当超硬 G3相当超硬 2万 30 EVERLOY CEMENTED CARBIDE TOOLS https://www.everloy.co.jp 31 ステンレス加工用超硬合金 KX01ステンレス加工用超硬合金 KX01
Page18

高親和性金属加工用超硬合金 MC20 高親和性金属加工用超硬合金 MC20 高親和性金属加工用超硬合金(耐凝着摩耗・耐焼き付き) MC20の物性値 MC20の組織写真 純鉄や純銅など、焼き付きが発生し易い材料の加工に優れた寿命を発揮します。耐放電加工性や耐食性も優れています。 当社 WC粒度 Co量 密度 硬度 抗折力 材種 [×103kg/m3] 超硬合金の結合相であるCo量を減少させることと、特殊WCの使用により、凝着摩耗や焼き付きを 記号 [μm] [%] {g/cm3} HRA [GPa] 製品説明 抑制します。粒子設計・組成設計の最適化により、高い硬度を維持しながらも耐放電加工性や耐食 MC20 2.5以上5.0未満 6 14.9 90.0 2.8 性に優れた性能があります。 G3 1.0以上2.5未満 8 14.8 90.0 2.7 (代表値)   リードフレームやコネクターなどの銅系材料のプレス加工金型、SPC系の鉄系材料のプレス金型、 用途/実績例 硬度が必要な金型で放電加工箇所がある場合の破損抑制など 金属顕微鏡×1000観察 摩耗比較事例 比較項目 G3 MC20 被加工材 : S65C 加工条件 被加工材厚み : 1.3 mm プレス方法 : 抜き ストローク数 5~15万 18万 A B 摩耗 銅と反応性比較(EPMAによる面分析) パンチ先端摩耗状態 摩耗 (マイクロスコープ像) 0.2mm 圧粉体中心部に銅線を入れて、焼結後HIPを施した試験片の断面を示します。 0.8mm MC20では銅を示す白色部分が中央に固まっており、G4と比較して、銅の拡散が抑制されていることが分かります。 パンチ先端摩耗状態 A B (SEM像) 付着物 付着物 被加工材凝着状態 Fe検出部 (Fe元素マッピング) Fe検出部 (SEM像とFe元素マッピングの合成像を示します。赤色部分は、Fe元素検出部を示します。) SEM像で確認される付着物に一致する部分にそれぞれFeが検出されます。 コメント MC20はG3に比べ、ストローク数が多いにも関わらず被加工材付着量が少なくなっています。 32 EVERLOY CEMENTED CARBIDE TOOLS https://www.everloy.co.jp 33 高親和性金属加工用超硬合金 MC20高親和性金属加工用超硬合金 MC20
Page19

耐食性・放電加工用超硬合金 ME40 耐食性・放電加工用超硬合金 ME40 耐食性・耐放電加工用超硬合金 耐食性超硬内での位置付け 放電加工用超硬内での位置付け 放電加工によるダメージを抑制します。 4.3 3.9 水切りワイヤ放電加工による腐食を抑制します。 *球の大きさは破壊靭性を表現しています。  KN40 WD20 A10W プレス加工時の衝撃による欠けを抑制します。 4.1 KX01 EF20 EF10 3.7 3.9 KN30 KN40 KD20 WD20 KN20 EF05 EF01 KD30 3.5 3.7 *球の大きさは破壊靭性を表現しています。  1.水切りワイヤ放電加工時の強度低下、電解腐食を抑制する設計 KD40 KN20 A10W ①WC粒子径の適正化により水切りワイヤ放電加工後の抗折力を高めました。 3.5 KN30 3.3 KN10 KD10 ②成分設計の見直しにより、耐食性を改善しました。 ME40 製品説明 3.3 TB6 3.1 2.プレス時の切断性能を考慮した、研削時のチッピングを抑制した設計 ME40 KN10 KD05 3.1 TB6 TB7 (チッピングに影響する粗粒WCを除くことにより、研削時の耐チッピング性を改善しました) TB7 2.9 3.ステンレス材のプレスで衝撃による欠けがKX01やWD20で発生する場合の欠け防止にも有効 2.9 MC20 MC20 2.7 2.7 2.5 2.5 長時間の水切りワイヤ放電加工を行う金型用(特にダイ用)。 82 84 86 88 90 92 94 96 84 86 88 90 92 ワイヤ放電加工で加工され、金型としての使用時にある程度の衝撃が加わり欠けが懸念される場合。 硬度 (HRA) 硬度 (HRA) 用途/実績例 湿式加工により腐食が懸念される場合の金型用。 放電加工用超硬の中でもME40は、耐摩耗性と靭性のバラン 保管時の湿度影響による腐食が懸念される場合の金型用など。 スが優れています。 耐食性能 耐放電加工性能(WEDM後抗折力) ME40の物性値 抗折力 WC粒度 Co量 密度 硬度 当社材種記号 [×103kg/m3] [GPa] [μm] [%] {g/cm3} HRA 研削での抗折力 WEDM後の抗折力 ME40 2.5以上5.0未満 12 14.1 88.0 3.2 2.3 G5 2.5以上5.0未満 13 14.3 88.0 3.2 2.2 KD40 1.0未満 19 13.6 88.0 3.7 1.9 (代表値)   同一硬度の材種の中で比較するとME40は耐食性に優れてい 同一硬度の材種の中でも、ME40は放電加工後の強度低下 組織写真 ます。 が抑制されています。 ■ 腐食後試験片外観 耐食性約5倍 *対G5比 ME40 G5 KD40 金属顕微鏡×1000観察 G5が茶褐色に変色している(錆びている)のに対し、ME40は 変色がありません。 34 EVERLOY CEMENTED CARBIDE TOOLS https://www.everloy.co.jp 35 耐食性・放電加工用超硬合金 ME40 抗折力[GPa] 抗折力[GPa] 耐食性・放電加工用超硬合金 ME40
Page20

電磁鋼板加工用超硬合金 EX種 EW種 電磁鋼板カシメ型用超硬合金 EX種 電磁鋼板加工用として優れた性能を発揮するラインナップ。 高硬度・高靭性・耐凝着性材種 EX種は電磁鋼板カシメ加工用として、耐凝着性能に優れています。 特殊な組成設計で凝着摩耗を低減し長寿命化をはかります。 EW種は電磁鋼板打抜き加工用として、硬度と靭性のバランスや耐食性能に優れています。 電磁鋼板加工用材種選定基準 製品説明 電磁鋼板のカシメ加工で発生する凝着摩耗の抑制に好適な材種。 1.電磁鋼板材のカシメ型パンチやダイとして 2.凝着摩耗抑制が主目的の場合 用途/実績例 3.凝着摩耗によるチッピングや欠けが発生する場合 4.上記の性能を発揮するための耐加工ダメージ性能(WEDMダメージや腐食など) EX20の物性値 密度 硬度 抗折力 破壊靭性値 当社材種記号 HRA ½ [×103kg/m3] [GPa] [MPa・m ] {g/cm3} EX20 90.0 3.0 19 14.9 (代表値)   摩耗比較事例 物性値 ①被加工材の凝着による摩耗比較 当社 JIS WC粒度 Co量 硬度 抗折力 破壊靭性値 熱膨張率 熱伝導率 材種 分類記号 記号 [μm] [%] HRA [GPa] [MPa・m½] [×10-6/K] [W/(m・K)] KD20 VF-40 1.0未満 13 90.0 3.7 16 5.6 71 EX20 VC-40 2.5以上5.0未満 6 90.0 3.0 19 4.7 80 EW25 VM-40 1.0以上2.5未満 11 89.5 3.5 22 5.4 73 ②被加工材の凝着状態 組織写真 KD20 EX20 KD20 EX20 EW25 モーターコア金型のメンテナンスサイクル延長には抜型とカシメ型の両方の長寿命化が必要です。 金属顕微鏡×1000観察 当社のEX種とEW種の併用によりメンテナンスサイクルの長期化が期待できます。 36 EVERLOY CEMENTED CARBIDE TOOLS https://www.everloy.co.jp 37 電磁鋼板加工用超硬合金 EX種 EW種電磁鋼板カシメ型用超硬合金 EX種