1/4ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(2.5Mb)

ロボティック業界 導入事例 01

事例紹介

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 ロボティック業界 導入事例 01
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 2.5Mb
取り扱い企業 マークフォージド・ジャパン株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

マークフォージド 専用マテリアル 物性表
製品カタログ

マークフォージド・ジャパン株式会社

マークフォージド コンポジット 製品カタログ
製品カタログ

マークフォージド・ジャパン株式会社

このカタログの内容

Page1

業界 製造業 Cashco が工具 用途 工具製作 メーカーの満足度を 拠点 米国カンザス州 保ちつつ、生産率を お取引開始年 2019 年 向上させた方法 材料 Onyx、カーボン ファイバー
Page2

02 Cashco ケース スタディ お客様 Cashco 社は、石油・ガスから製薬に至るさまざまな業界向けの制御弁、調整 弁、および蒸気制御機器を専門とするグローバルな工業用制御装置メーカ ーです。同社は創業以来 100 年以上の歴史があり、米国とドイツの両方に拠 点を構えています。「配管がある施設のあるところはみな、我々の潜在的な顧 客です」と、Cashco 社長であるクリント・ロジャース氏は述べます。Cashco 「私たちは変化に適応で 社の顧客には Dow Chemical、Vopak、Pfizer などが含まれます。 きなければなりません。 前進する方法を何も考え 課題 ずに、20 年前、30 年前 と同じ行動を続けていて Cashco 社では、プロセスのフロー、圧力、温度、レベル、または pH を正確 は、確実に時代に取り残 かつ確実に制御する機器を製造するために、高精度の部品を必要としていま されます」 す。Cashco 社が供給元となっている各業界には、それぞれ異なる需要があり ます。原油価格が下がると、特定の業界への供給が増加します。「当社ではダ ウンタイムを発生させることはできません」とロジャース氏は語ります。同社 では需要の高まりに対応するため、生産ライン全体で多数のロボット アーム クリント・ロジャース氏 CASHCO 社社長 を使用しており、それぞれのアームにカスタム工具セットが取り付けられてい ます。高品質の製品を提供してきた長い歴史を持つ企業として、同社では、専 門の工具メーカーや職人が各ロボット用のカスタム工具を開発し、保守して きました。エキスパートの工具メーカーを見つけるのは難しく、Cashco の取 引先の優れた工具メーカーも、少量のカスタムツールを製造する負担を感じ 始めていました。ロジャース氏は、競争力を維持しながら顧客の需要に応え るには、自分達の考え方を変える必要があると気づきました Cashco 社は、制御弁から調整弁ま で、石油・ガスから医薬品に至る さまざまな業界用のあらゆる製品 を製造しています。
Page3

03 Cashco ケース スタディ ソリューション ロジャース氏は最初に、工場フロアで強力な少量生産体制を確立するた めに、Markforged パートナーの D3 Technologies 社から Markforged X7 3D プリンターを購入しました。彼は、X7 3D プリンターで工具の製作を開 始するのに必要な準備時間が最小限であることに感銘を受けました。彼は まず、Markforged の X7 3D プリンターがツールの作成を開始するまでの セットアップ時間の早さに感銘を受けました。自動ベッド レベリングやプ リプリント調整機能などの機能により、従来のジョブ間で行うセットアップ 時間が事実上なくなるので、オペレータはツールの設計や CNC マシンの 「Markforged の X7 3D プ 操作などの、より重要な業務に専念できるようになりました。チームの当初 リンターにより、同じ人数で の目標は、ユニバーサルロボット用のカスタム エンド エフェクター グリ より多くのことができるよう ップ パッドを製作することでしたが、これはすぐに進化し、事前に機械加 になり、昇給することも可能 工された部品用のカスタムグリッドを構築して、切り替え時間を短縮しまし になりました」 た。旋盤やミルに独自のサブプレートを準備しなければならないこともよ くありますが、これには機械工の時間が必要です。エンジニアは、これを、 クリント・ロジャース氏 自分のマシン用のカスタム取り付け位置決めプレートをプリントするため CASHCO 社社長 に Markforged の X7 プラットフォームを活用する機会と捉えました。ロケ ータプレートに順応性があることがわかったので、設計者は、ロケータプレ ートを 1 つだけでなく、複数の異なるマシンに使用できることを確認しまし た。これにより、同社は時間と経費を大幅に節約できただけでなく、CNC マ シンが社内使用部品を機械加工する代わりに、収益を生み出すコンポーネ ントを製造する目的に変えて活用することができました。 時間が節約できれば、カスタムツールに必要な労働時間の削減など、多く のレベルで生産にプラスになります。収益を生み出さないカスタム工具を 製作するのに必要な労働時間も 90% 削減されました。「工作機械のオペ レーターの時給とその工作機械の負担があると、製造した工具を目的のた めに使用する余裕がなくなってしまいますが、プリントすれば可能です」と ロジャース氏は言います。X7 3D プリンターによって節約された余分な時 間のすべてが生産オペレーションに再割り当てされたため、Cashco 社はオ ーバーヘッドを削減し、ツールメーカーを配置転換し、製造部品を作成でき るようになりました。これによって従業員の満足度も維持されました。同社 はまた、3D プリンターで節約した資本を労働力に再投資することに大きな 重点を置いています。「Markforged の X7 3D プリンターにより、私たちの チームの才能をフル活用して、より高い価値の作業を日々行ってもらえるよ うになりました」とロジャース氏は語ります。「そしてその結果、社員の給与 も向上しました」 Cashco 社は、X7 3D プリ ンターを使用して、マシ ンのカスタム取り付け位 置決めプレートを製作し ました。
Page4

04 Cashco ケース スタディ 90% 金属ツーリング作業 の削減率 75% 短縮された製造時間 3 か月 償却期間 当初、Cashco 社は 1 回限りの カスタム加工用に X7 3D プリン ターを購入しましたが、結果、 より多くの用途に活用できるこ とを発見しました。 今後 Markforged X7 プリンターを設計および製造プロセスに追加すること で、Cashco 社では自社の製品とプロセスをさらに改善することに焦点を当 てるようになりました。また、ロジャース氏は、同社の製品を継続的に改善 しながら、職場をより楽しくする新しい方法も模索しています。Markforged 3D プリンターを、たとえば、組立工がスプリングを簡単に圧縮できる ようにする特殊な 3D プリントデバイスの製作などにも応用しています。 「Markforged の 3D プリンターは、当社の専門分野の機械加工だけでな く、下流のコンポーネント組み立ての高速化にも役立っています」