1/6ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(4.1Mb)

IHはんだ活用ハンドブック『S-WAVE方式とコテ方式の違いとは』

ハンドブック

このカタログについて

ドキュメント名 IHはんだ活用ハンドブック『S-WAVE方式とコテ方式の違いとは』
ドキュメント種別 ハンドブック
ファイルサイズ 4.1Mb
取り扱い企業 株式会社スフィンクス・テクノロジーズ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

上から非接触IHはんだ S-WAVE FA series
製品カタログ

株式会社スフィンクス・テクノロジーズ

このカタログの内容

Page1

◎S-WAVE301 FA.pdf

新しいモノづくりを求めていませんか? IHはんだ活用ハンドブック 『S-WAVE方式とコテ方式の違いとは』 www.s-finx.com
Page2

アペルザ_A4_伊藤作成分.pdf

① “はんだ付け”とは [はんだコテによるはんだ付けの手順] 図版:伊藤尚未 協力:月刊「子供の科学」 1 All rights reserved © SFINX Technologies Co., Ltd. ② “S-WAVE方式”とは S-WAVE方式の加熱原理について簡単に紹介する。 図②b GAP間金属加熱のイメージ · コイルに高周波交流電流を流し、磁界を作り出す。 · 磁性体コアを配置することで磁束密度を高める。 · コアのGAPに端子を配置する。 · 端子内には渦電流が生じ、この渦電流により発熱。→誘導加熱 図②a磁気集中ヘッド 特許取得技術 2 All rights reserved © SFINX Technologies Co., Ltd.
Page3

③ “こて加熱”とは こて加熱時の熱経路をもとにこて加熱の特徴について示す。 ①端子、ランドを250℃以上にするために こて先は350℃以上に設定する。 ←熱抵抗z ②端子が加熱されたら糸はんだを供給、 ←熱容量y 加熱対象の体積(熱容量)が増加する。 ③こて先温度が急激に低下する。 ④スルーホール内壁の温度が上昇せず 深部への濡れ上がりが不足する。 図③こて加熱方式の伝熱経路 3 All rights reserved © SFINX Technologies Co., Ltd. ④ “S-WAVE加熱”とは S-WAVE加熱時の熱経路をもとにS-WAVE加熱の特徴について示す。 ①端子とランド、スルーホールが自己発熱 特にGAPに挟まれた端子が発熱する。 ②糸はんだを供給し、 はんだが端子に濡れ広がる。 ③供給したはんだ自身も発熱源になる。 ④熱抵抗の小さな端子内、はんだ内を 通じて、スルーホール深部まで昇温する。 図④ S-WAVE加熱方式の伝熱経路 4 All rights reserved © SFINX Technologies Co., Ltd.
Page4

⑤ 電磁界シミュレーションによる検証結果 図⑤はんだ供給前後の発熱電力シミュレーション 5 All rights reserved © SFINX Technologies Co., Ltd. ⑥ 比較まとめ 表⑥ S-WAVEとこて加熱方式の違い ⇒S-WAVEは修正なしで、たくさん作れます 6 All rights reserved © SFINX Technologies Co., Ltd.
Page5

製品紹介 新しいモノづくりを求めていませんか? 答えは、触れない 「IHはんだ装置」 磁束密度イメージ です。 高い加熱能力を自在に制御 局所加熱サーモビュー ・周辺への影響を抑えて加熱 ・数ミリの大きなモノを早く、コンマ数ミリの小さなモノを繊細に 非接触で安全・高品質・簡単メンテナンス ・はんだ付け後のワーク温度低下が早くオペレータに優しい ・はんだボールの発生を抑え、定量はんだで仕上がりを美しく カーボンニュートラル ・はんだごみレスで、CO2を大きく削減 ・高い加熱効率で電気代を節約
Page6

温度(℃) 発熱源 はんだ 溶融温度 時間(秒) IH強度(%) 熱の移動 100% IH強度2 IH強度1 IH強度3 時間(秒) No. 分類 項目 150 X 150タイプ 300 X 300タイプ 1 プログラム 50 パターン 2 はんだ付けポイント 290 箇所(1プログラム毎に) 設定メモリ 3 IH条件 100 種 4 はんだ供給条件 100 種 5 分類 4軸直交ロボット(X・Y・Z・θ) 6 X軸 0~ 150 mm 0 ~ 350 mm 7 Y軸 0~ 150 mm 0 ~ 300 mm 可動域 8 Z軸 0~ 100 mm 0 ~ 150 mm ロボット 9 θ軸 0~ 359.9 deg 0~ ±180 deg J-CAT FEEDER(アポロ精工) 10 はんだ供給ユニット はんだ径 φ0.3~1.6 11 外形 (W×H×D) 480×770×510 850×830×930 12 コイル定格電流 150 A (波高値) 磁気集中 13 発振周波数 750 ~ 1100 kHz ヘッド 14 加熱可能ワーク幅 0.3~1.5 15 入力電圧 AC 100~240 V 50/60 Hz 1φ システム 16 最大入力電力 インバータ 340W 制御 170W ※消費電力ではありません 株式会社スフィンクス・テクノロジーズ 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜1丁目18-3-701 e-mail : sales@s-finx.com Website: www.s-finx.com Tel : 045-565-9722