1/16ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(4.2Mb)

超音波洗浄セミナー資料(抜粋)

製品カタログ

ものづくりにとって欠かせない洗浄。 洗浄実績から得れたのテクニックについて具体例を紹介します。

2010年8月に、音圧測定装置(超音波テスター)を開発してから
超音波装置の音圧測定解析による、
装置開発・コンサルティングを行ってきました。

この結果について、公開できる範囲を、資料として提供します。
(音圧測定・解析による、
 超音波利用が有効であることを明確に理解できます(注)

注:特に、高い音圧レベルによる洗浄効果が高いという単純な考え方が
 多くのトラブルの原因になっている理由・・・ )

資料を参考に、超音波利用(洗浄、加工・・)について
改善・改良のポイントを確認することができます。

詳しい資料(200ページ)あるいは
超音波による表面改質に関する資料
超音波によるナノレベルの分散方法に関する資料・・・・
ご希望の方は、メールで連絡してください。
各種資料を無料提供します。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 超音波洗浄セミナー資料(抜粋)
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 4.2Mb
取り扱い企業 超音波システム研究所 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

SSP仕様書 超音波テスター(タイプNA) SSP-2012
製品カタログ

超音波システム研究所

ファインバブルと超音波による、表面処理技術
製品カタログ

超音波システム研究所

このカタログの内容

Page1

超音波システム研究所 斉木
Page2

〔1〕超音波の基礎① 1:超音波とは何か? 2:超音波の伝搬について 水中、空気中、弾性体中 〔2〕超音波の基礎② 3:キャビテーション、 加速度(音響流)とは何か? 超音波現象は大変複雑です ( 洗浄に関連した部分は、ほとんど解明されていません 簡易的に、実験・確認を行うことが重要です)
Page4

〔1〕超音波洗浄のメカニズム 〔2〕超音波洗浄の実態 〔3〕洗浄技術と洗浄システム 洗浄は複雑な現象です 単純な理解では、効果につながりません 具体的な対象に対して、検討・確認することが重要です
Page5

洗浄目的を具体的に掘り下げることが 洗浄の改善につながります 研究レベルと大量生産ラインでの洗浄で考えると 必要な洗浄目的に関する 詳細な優先順位が決まります 具体例 洗浄レベル (全体、部分、バラツキ、・・) 次工程の歩留まり (安定性、作業者、季節、時間・・) 評価・確認方法 数値化できない場合は 標準見本・・・ ポイント 目的と評価方法の検討
Page6

〔1〕具体的な洗浄事例 〔2〕量産時、洗浄ラインに関する注意事項 〔3〕洗浄システムの管理方法 〔4〕質疑応答
Page7

水槽サイズ:2000*2000*500mm 超音波 38kHz 600W(1台 写真右) 超音波 100kHz 400W(1台 写真左下)
Page8

水槽寸法(内寸):W530×D530×H370mm
Page9

具体例(写真:洗浄時間)
Page10

〔2〕量産時、洗浄ラインに関する注意事項 初心者が、絶対に行ってはいけない事項
Page11

〔1〕季節や時間、洗浄物の数量変化、 治工具の変更など要因が変動する時の管理方法 〔2〕対象物の変化 (加工方法や素材の材質変更など)に対する管理方法 〔3〕洗浄液の管理方法 液交換の目安は?コストダウンにつながる液管理 〔4〕フィルターの利用と管理方法 ポイント データを記録して、 統計的な考え方に基づいた検討を行う (具体的な洗浄物・装置に合わせたオリジナルの対処が必要)
Page15

流体が振動する現象は非線型理論の集積です 細かく観測すればするほど, 複雑な様相を呈します。 開発エンジニアはどこで現象眺めを中断し、 まずは起きている現象の全体構造を 大局的につかむかの決断が重要です。 そして、再考察を繰り返し行って、 現象の全体像を完成させる。 超音波の応用は無限。 超音波による振動現象・・を効率よく利用して 金属部品の洗浄に成功してください。
Page16

公開資料 <<音圧測定・解析:超音波テスター>> 超音波測定解析の推奨システム http://ultrasonic-labo.com/?p=1972 超音波<計測・解析>事例 http://ultrasonic-labo.com/?p=1705 超音波洗浄機の<計測・解析・評価>(出張)サービス http://ultrasonic-labo.com/?p=1934