1/21ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.6Mb)

超音波洗浄システム(推奨)

製品カタログ

超音波(伝搬状態)発振・測定・解析に基づいた<<超音波洗浄システム>>

推奨システム概要

1:超音波とマイクロバブルによる表面改質処理を行った
  2種類の超音波振動子(標準タイプ 38kHz,72kHz)

2:超音波とマイクロバブルによる表面改質処理を行った
  超音波専用水槽(標準タイプ 内側寸法:500*310*340mm)

3:脱気・マイクロバブル発生液循環システム

4:制御BOXによる、超音波出力と液循環の最適化制御システム

5:超音波テスターによる、音圧管理システム

この技術は
 定在波の制御により、キャビテーションと加速度の効果を
 具体的な伝搬周波数のスペクトルとして変化させるという技術です。

周波数28+72kHz、出力200Wの超音波照射で、
 1ミクロンの分散効果を実現させることも
 周波数28+40kHz、出力280Wの超音波照射で、
 ダメージを発生させずに洗浄することも可能です。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 超音波洗浄システム(推奨)
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.6Mb
取り扱い企業 超音波システム研究所 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

SSP仕様書 超音波テスター(タイプNA) SSP-2012
製品カタログ

超音波システム研究所

ファインバブルと超音波による、表面処理技術
製品カタログ

超音波システム研究所

このカタログの内容

Page1

1槽式洗浄システム・仕様書 **** 様 推奨 超音波洗浄システム ( 28-72kHz型 ) 仕様書 型番 KT0600K 注:写真と実際の製品について、若干異なる部分があります(性能には違いがありません) 様々な要望に対応可能な「超音波装置」です 超音波システム研究所が 設計・製造・組立対応しています 40kHz あるいは 28kHz,40kHz あるいは 28kHz,72kHz あるいは 28,38,72kHz ・・・ 要望に対応した様々なタイプを提案しています 超音波システム研究所 2016.7.12
Page2

1槽式洗浄システム・仕様書 1.概要 本装置は、超音波装置 2.機能 1)洗浄・攪拌対象物 ① 名称:金属 ② 寸法:MAX 430*300*150mm ③ 重量:MAX 100kg ④ 材質:ガラス、金属、セラミック・・ ⑤ 汚れ:加工油、微粒子、 等 2)処理単位 ① 処理量(1日) :- ② 1タクト処理量 :- ③ 1タクト処理時間:実験確認 3)制御 液循環システム(循環ポンプのタイマー制御) 4)保安装置 特別になし 5)使用条件(本装置の使用条件は下記の通りと致します) ① 洗浄・攪拌液 : 水槽 市水(10-60℃) ② 洗浄・攪拌液 : 間接水槽 弱酸性、弱アルカリ性溶液、・・ 6)使用液量 ① 水槽液量:約64L ② 間接槽液量:― 7)その他 - 3.洗浄・攪拌について 洗浄・攪拌内容・・に関しては、詳細が不明なため、検収条件より除外させて頂きます。 4.洗浄工程について 工 利用方法 洗浄液 温度 超音波1 超音波2 超音波3 液管理 備考 程 1 超音波 市水 常温 28kHz - 72kHz 適宜補充・入替 -
Page3

1槽式洗浄システム・仕様書 5.構成 1)本体 :1式 2)液循環装置 :1式 3)洗浄台 :1個 4)間接水槽 :― 6.各部の仕様 1) 洗浄槽1 ① 材質 :SUS304(t= 3.0mm ) ② 寸法(内寸):W530×D530×H370mm 2) 架台 ① 材質:- ② 寸法:W610×D610×H1000mm ③ 構造:アングル部材、市販品による組立構造 3) 外板 無し 4) 液循環ポンプ 項目 主仕様 名称 超音波液循環システム 公称流量 12-30L/MIN 制御方式 バルブによる調節機構 ポンプ起動電流 9.2/8.2A(50/60Hz) ポンプ定格電流 3/4.2A(50/60Hz) 商用電源 AC100V ポンプ電源 単相 50/60Hz 液温範囲 10℃~70℃ 対象液 水、イオン水 適応ホース 内径φ19mm
Page4

1槽式洗浄システム・仕様書 5) 超音波( 電源:AC100V 50Hz/60Hz 仕様 ) 周波数:28kHz、72kHz 出力:各300W(max) 振動子サイズ 260*150*90mm 発振機サイズ 320*420*145mm 注:超音波は、仕様目的・価格・・・・により変更提案します 6) 装置外観
Page5

1槽式洗浄システム・仕様書 7.環境について 排水:3/4A 自然落差 環境:RT 0~40℃(結露無きこと)RH 80%以下(結露無きこと) 8.保証(日本国内のみ適用) 納入後1ヵ年間、又は稼働時間2000時間いずれか早い期間と致します。 但し、保障期間でも次のような場合は保証が適用されませんのでご了承ください。 1)取扱説明書に記載されている注意事項を怠った為による損傷または故障。 2)据付後移動または保管管理面の不備の為に生じた損傷または故障。 3)お客様による不当な修理や改造がされた場合の損傷または故障。 4)火災・地震・浸水その他天災などによる損傷または故障。 5)お取扱上の不注意により発生した損傷または故障。 6)本仕様と異なるご使用のために発生した損傷または故障。 7)取扱説明書・納入仕様書に記載されている洗浄液と異なる洗浄液をご使用の為に発生した損傷 または故障。 又、下記の部品(消耗品)は保証の対象外とさせて頂きます。 1)ポンプメカニカルシール・パッキン 補足 1)購入製品は、各メーカーの保障期間以上保証できません。 2)納入製品の故障が原因となって発生した一連の事故および損害については、発生の原因となっ た部品、および交換のための費用以外は保証いたしかねます。 3)本国外でのご使用の場合は、上記期間内に限り代替品の送付(送料はご負担願います)を行う のみとさせて頂きます。 尚、出張作業となる場合は旅費・交通費の実費をご負担願います。
Page6

1槽式洗浄システム・仕様書 ・9.図 水槽図面(個別提示) 72kHz超音波図面(28kHzも同様) 参考 超音波2( 電源:AC 100V 50Hz/60Hz 対応仕様) カイジョー 投込振動子型超音波洗浄機 200G ●コード長さ:2m ●電流:2A ●発振周波数(kHz):38 ●高周波出力(W):150 ●電源(V):単相 100 ●幅×奥行×高さ(mm)発振器:210×297×92 ●幅×奥行×高さ(mm)振動子:191×209×65 ●質量(kg):4.5
Page7

1槽式洗浄システム・仕様書 注意:調整バルブにより、液循環の流量を 毎分10リットル以下にしないでください
Page8

1槽式洗浄システム・仕様書 10.液循環システムについて <超音波の伝搬効率を高くする液循環システム> 水槽内の液循環により、効率よく超音波を利用するための改液動作を行います。 <循環液入口・出口> 入口:超音波水槽の液表面付近の液を循環装置に取り入れるための部分です。 注意:洗浄槽の液表面に渦や波が発生しないようにします。 出口:超音波水槽の底付近に液を供給するための部分です。 注意:洗浄槽の液循環を適切に行い液表面に渦や波が発生しないようにします。 超音波のキャビテーション、加速度、音響流マイクロバブル、 ナノバブル、・・の総合バランスを 液循環のタイマーを利用して制御します <タイマー> オムロン ソリッドステート・タイマ H3CR-F H3CR-F8 AC100-240(タイマー) オムロン 共用ソケット P2CF-08 液循環ポンプを、3時間以上連続運転する場合の標準タイマー設定 ON:165秒~210秒 OFF:30秒~60秒
Page9

1槽式洗浄システム・仕様書 <特別注意事項1> 超音波の電源スイッチをONにする場合 必ず出力ボリュームを最小の状態にしてください 超音波の出力レベルが標準状態に比べて、高いので 突入電力により回路が壊れる場合があります 電源をOFFにする場合も 必ず出力ボリュームを最小の状態にしてください 長期間安定して利用するための習慣にしてください <特別注意事項2> 温度差(3℃以上)のある水を 水槽に<5リットル以上連続的に>追加する場合は 超音波は必ずOFFにして行うようにしてください 振動子に直接ぶつけるような流れは起こさないようにしてください 振動子、発振機に対して 急激な負荷のかからないように使用してください 補足説明 3種類の振動子の同時照射を保証しない理由です (3種類の振動子の同時照射は、別途コンサルティング対応します) 従来の超音波装置において、 このような問題がない理由は、超音波の利用効率が大きく異なるからです。
Page10

1槽式洗浄システム・仕様書 72kHz の超音波振動子を有効に利用する方法について 2種類の超音波振動子の出力設定により 強いキャビテーションの洗浄から 高調波による精密洗浄・リンス・・まで幅広く対応・実現します 振動子の固定方法や液循環の制御・・・により 目的に合わせた超音波の状態が可能です ポイントは超音波テスターによる「測定・解析・制御・管理」です 低出力(30-70W)での超音波伝搬現象 ノウハウ:低出力の 2 種類の超音波振動子の組み合わせ利用
Page11

1槽式洗浄システム・仕様書 2 種類の超音波振動子と流水(シャワー)による洗浄 強いキャビテーション(高い音圧レベル)の高調波(500kHz) この装置以外での実現は難しいと考えています 理由1 水槽と振動子と液循環の最適化による現象です 理由2 音圧の測定解析による確認結果です (偶然実現している事例はありますが、それらの場合、大変不安定です 洗浄効果に大きなバラツキが発生します ガラス洗浄で洗浄効果のある装置の場合、(ガラス自身の影響もあり) 大抵200-400kHz 以上の高調波が発生しています)
Page12

1槽式洗浄システム・仕様書 2 種類(28,72kHz)の超音波と ポンプ・・による「流水」の組み合わせで「新しい洗浄」が実現します 最大のポイントは 出力を押さえて、 伝播周波数を大きく変化させる(非線形性を大きくする)ことです (超音波テスターで、非線形性を測定確認することがポイントです)
Page13

1槽式洗浄システム・仕様書 2013.7.5 動作確認写真(超音波は50Hz対応品を使用しています)
Page14

1槽式洗浄システム・仕様書
Page15

1槽式洗浄システム・仕様書
Page16

1槽式洗浄システム・仕様書
Page17

1槽式洗浄システム・仕様書
Page18

1槽式洗浄システム・仕様書 その他 脱気マイクロバブル発生液循環システム追加の出張サービス 超音波のダイナミック特性を解析・評価する技術を応用
Page19

1槽式洗浄システム・仕様書 超音波システム研究所は、 超音波の非線形性に関する「測定・解析・制御」技術を応用した、 超音波の<解析・評価>方法(システム)を開発しました。 この技術を利用した 脱気マイクロバブル発生液循環システム追加の出張対応を行っています。 <具体的な現状に合わせた、追加・改善方法について提案させていただきます 樹脂水槽、液循環構造のない水槽、クリーンルーム内の装置、大型水槽、 小型水槽、炭化水素、アルカリ洗剤、酸洗浄、・・・・・・対応可能です>
Page20

1槽式洗浄システム・仕様書 脱気マイクロバブル発生液循環システム追加の出張サービス http://ultrasonic-labo.com/?p=2906 超音波洗浄機の<計測・解析・評価>(出張)サービス http://ultrasonic-labo.com/?p=1934