1/8ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.4Mb)

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術

製品カタログ

超音波の相互作用を解析・評価・制御する技術を応用

超音波システム研究所は、
超音波の非線形性に関する「測定・解析」技術、
超音波のダイナミック特性を「コントロール」する技術、
超音波振動子の設置方法による「キャビテーション」の制御技術、
液循環とマイクロバブルによる「音響流」の制御技術、

上記の技術を応用・発展させ
超音波による「金属部品のエッジ処理」技術を開発しました。

超音波テスターを利用したこれまでの
計測・解析・制御による、成功事例が増えることで
各種の関係性・応答特性(注)を検討する
様々なノウハウ
(個別の対象物に関する具体的な方法)を利用しています。

注:
 パワー寄与率、インパルス応答、バイスペクトル・・・


超音波の測定・解析に関して
 サンプリング時間・・・の設定は
 オリジナルのシミュレーション技術を利用しています


なお、今回の技術を
 超音波洗浄機・・・の改善対応として
 出張コンサルティングします。

音圧測定・解析により
 水槽と超音波(発振機・振動子)の関係について
 音響特性を把握することで
 製造方法、製造メーカー、
 ・・・による影響を確認することができます
 (各種の超音波に関して、
  具体的な数値化による評価を行い
  各種製品に関する順位付けを行っています)

超音波水槽に超音波振動子(振動板)を1台使用する場合には
 <超音波>と<水槽>と<液循環>のバランスによる
 最適な出力・制御方法・・・を提案します。

超音波水槽に複数の超音波振動子(振動板)を使用する場合には
 各超音波出力の関係性を測定解析し、
 最適化した出力・制御方法・・・を提案します。

従来は、一定の出力で使用する傾向が強いと思いますが
 水槽の強度・構造・・・により
 液循環や発振状態を適切に制御する(注)ことで
 効果的な超音波の伝搬状態を実現させることができます
 (具体例として、出力が水槽の振動と騒音になる傾向があります
  振動子と水槽の側面からの反射・・・に関する相互作用は重要です)

注:超音波や液循環の停止状態は、大変重要なパラメータです
  水槽サイズ・構造と、
  超音波の発振周波数・出力は
  タイマーによるOFF時間の設定で
  超音波の伝搬状態をコントロールすることができます

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.4Mb
取り扱い企業 超音波システム研究所 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

SSP仕様書 超音波テスター(タイプNA) SSP-2012
製品カタログ

超音波システム研究所

ファインバブルと超音波による、表面処理技術
製品カタログ

超音波システム研究所

このカタログの内容

Page1

ミクロレベルのバリ取りへの超音波利用技術 超音波システム研究所 斉木 超音波システム研究所は、 超音波の非線形性に関する「測定・解析」技術、 超音波のダイナミック特性を「コントロール」する技術、 超音波振動子の設置方法による「キャビテーション」の制御技術、 液循環とマイクロバブルによる「音響流」の制御技術、 流れの形(コンストラクタル法則)を考慮した治工具の設定技術、 上記の技術を表面弾性波動の伝搬状態とした 論理モデル(注:超音波の代数モデルによる制御技術)で応用・発展させ 超音波による「金属部品のエッジ処理」技術を開発しました。 注:超音波の代数モデルによる制御技術 http://ultrasonic-labo.com/?p=1311
Page2

超音波テスターを利用したこれまでの 計測・解析・制御による、成功事例が増えることで 各種の関係性・応答特性(注)を検討する 様々なノウハウ (個別の対象物に関する具体的な方法)を利用しています。 注: パワー寄与率、インパルス応答、バイスペクトル 自己相関、振動モードのトレンド、・・・ 超音波の測定・解析に関して サンプリング時間・・・の設定は オリジナルのシミュレーション技術を利用しています なお、今回の技術を 超音波洗浄機・・・の改善対応として、出張コンサルティングします。 音圧測定・解析により 水槽と超音波(発振機・振動子)の関係について 音響特性を把握することで 製造方法、製造メーカー、 ・・・による影響を確認することができます (各種の超音波に関して、具体的な数値化による評価を行い 各種製品に関する順位付けを行っています)
Page3

超音波水槽に超音波振動子(振動板)を 1台使用する場合には <超音波>と<水槽>と<液循環>のバランスによる 最適な出力・制御方法・・・を提案します。 超音波水槽に複数の超音波振動子(振動板)を使用する場合には 各超音波出力の関係性を測定解析し、 最適化した出力・制御方法・・・を提案します。 従来は、一定の出力で使用する傾向が強いと思いますが 水槽の強度・構造・・・により 液循環や発振状態を適切に制御する(注)ことで 効果的な超音波の伝搬状態を実現させることができます (具体例として、出力が水槽の振動と騒音になる傾向があります 振動子と水槽の側面からの反射・・・に関する相互作用は重要です)
Page4

注:超音波や液循環の停止状態は、大変重要なパラメータです 水槽サイズ・構造と、 超音波の発振周波数・出力は タイマーによるOFF時間の設定で 超音波の伝搬状態をコントロールすることができます 参考 http://youtu.be/NvfFxPvyvBg http://youtu.be/VhtLzXbENxg http://youtu.be/TldsovN5lUU http://youtu.be/QBUH3eNPZkE http://youtu.be/RhhUeAJpyus http://youtu.be/hjsEdmACpcg http://youtu.be/ImRUpMxyJvA
Page5

http://youtu.be/qX4InOyeSCU http://youtu.be/oLrFZ66XGbc http://youtu.be/vm69hmL8J_w http://youtu.be/04cawLSqM48 http://youtu.be/3dJ8j6gLNjw
Page6

http://youtu.be/elmdNNleG_o http://youtu.be/XTIahYZERck http://youtu.be/Ok1IUGOGGAY http://youtu.be/ioqwvk08P0o http://youtu.be/7NY2Ee5AbLw http://youtu.be/l0OZoxrvrzQ http://youtu.be/s32-mW7YRE4 http://youtu.be/sbI89Odg_7k http://youtu.be/7SgzsY8H83g http://youtu.be/BbB0wwopeSk http://youtu.be/kjMVx1uFtvw http://youtu.be/vPIc0GAxFKg
Page7

http://youtu.be/7O3M5hvGHkU http://youtu.be/FBuC9a2v9E0 http://youtu.be/BofjeGRSpo0 http://youtu.be/Qems85YCNQs http://youtu.be/LzCB5xlxw-s http://youtu.be/CBl8mC8senI
Page8

超音波(キャビテーション・音響流)の分類 http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/6ec4f4af7fbf70707753895bd229e340.pdf 超音波とファインバブルによる洗浄技術 http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/3f2017384136ac25870d953c906f566e.pdf 超音波とファインバブル(マイクロバブル)による洗浄技術 http://ultrasonic-labo.com/?p=18101 ファインバブルと超音波による、表面処理技術 http://ultrasonic-labo.com/?p=18109 脱気マイクロバブル発生液循環装置 http://ultrasonic-labo.com/?p=14443 超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術 http://ultrasonic-labo.com/?p=5413 超音波による金属・樹脂表面の表面改質技術 http://ultrasonic-labo.com/?p=1004 脱気マイクロバブル発生液循環システム追加の出張サービス http://ultrasonic-labo.com/?p=2906 以上