1/9ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.1Mb)

超音波ピーニング実験

事例紹介

超音波による表面改質技術

超音波システム研究所は、
超音波の伝搬状態に関する、計測・解析・制御技術を応用して、
対象物の音響特性を利用して
超音波の非線形伝搬状態を制御することで
効率良く、部品の表面残留応力を緩和する技術を開発しました。

この表面残留応力を緩和する技術により
 金属疲労・・に対する疲れ強さの改善を行うことが可能になりました。
 特に、超音波の伝搬状態を
 対象物のガイド波(表面弾性波・・)を考慮した設定により、
 対象物への効果的な非線形刺激として実現させる
 制御方法・治工具・・・具体的な方法・技術を開発しました。

 金属部品、樹脂部品、粉体部材、・・・の各種に対して
 幅広い効果を確認しています。

この技術を
 コンサルティング対応として提供しています

このカタログについて

ドキュメント名 超音波ピーニング実験
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 1.1Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 超音波システム研究所 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

SSP仕様書 超音波テスター(タイプNA) SSP-2012
製品カタログ

超音波システム研究所

ファインバブルと超音波による、表面処理技術
製品カタログ

超音波システム研究所

このカタログの内容

Page1

<簡易記録> 超音波(ショットレス)ピーニング実験 (LCP:上野液晶ポリマーを利用した表面処理) 2017.2.11 超音波システム研究所 斉木 処理前
Page2

超音波処理:42kHz 26W 約 3分
Page3

処理後 注:超音波伝搬状態のオリジナル評価方法 (超音波の送受信特性による伝搬状態の評価)
Page4

超音波伝搬状態の比較 処理前 処理後 (音圧データの解析により) 超音波伝搬効率の改善以上に 表面の均質化(応力緩和・・・)が実現していると考えます 注:表面残留応力の緩和≒疲労強度の向上 グラフを比較すると、新しい超音波利用につながる 様々な事項を検出しています
Page5

処理前 処理後 処理:約 30秒 比較
Page6

アイデア(効率の高い超音波表面処理方法)
Page7

参考(X線による応力測定評価 他)
Page9

<<超音波システム>> 超音波発振システム(1MHz、20MHz) http://ultrasonic-labo.com/?p=18817 超音波の音圧測定解析システム(オシロスコープ 100MHzタイプ) http://ultrasonic-labo.com/?p=17972 超音波の音圧測定解析システム「超音波テスターNA」 http://ultrasonic-labo.com/?p=16120 超音波とファインバブルを利用した「めっき処理」技術 http://ultrasonic-labo.com/?p=18093 空中超音波技術 http://ultrasonic-labo.com/?p=17220 超音波システム(音圧測定解析、発振制御) http://ultrasonic-labo.com/?p=19422 「超音波の非線形現象」を利用する技術を開発 http://ultrasonic-labo.com/?p=1328 超音波実験写真(表面弾性波の応用) http://ultrasonic-labo.com/?p=2005 超音波洗浄に関する非線形制御技術 http://ultrasonic-labo.com/?p=1497 超音波システム(音圧測定解析、発振制御) http://ultrasonic-labo.com/?p=19422 超音波技術資料(アペルザカタログ) http://ultrasonic-labo.com/?p=8496 以上