1/28ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(37.8Mb)

AI搭載!AMR 自律走行型搬送ロボット 『MiR』 屋内搬送の自動化に革新!

製品カタログ

AIを搭載した自走ロボット『MiR【MOBILE INDUSTRIAL ROBOTS】』が屋内搬送の自動化に革新をもたらします!

■AIを搭載した人協調型ロボットで、人や障害物を自動的に回避
■磁気テープ不要、既存インフラの変更不要
■トップモジュールの交換で様々なタスクに対応
■GUIインターフェースでプログラミングが容易
■積載重量:100kg、200kg、500kg、1000kg


<AMR・・・完全自立走行搬送ロボット>
MiR(Mobile Industrial Robots) は、協調型移動ロボット(AMR)の世界的なトップメーカーです。
AMRとは?・・・磁気テープなどのガイドを使って走行する無人搬送車(AGV)などと異なり、カメラやセンサーを使い、人や障害物を自動的に回避、自立走行することが可能です。

<柔軟性>
オープンインターフェイスが、貴方の各アプリケーションへの導入をサポー トします。

<豊富なラインナップ>
搬送重量に応じて、4つのモデル=MiR100/MiR200/MiR500/ MiR1000から選択可能です。
MiR100/MiR200には、牽引用途に最適なHOOKタイプが、 重量物搬送用のMiR500/MiR1000には、LiftもしくはPallet Liftタイプが用意されており、貴社のアプリケーションへ簡単・最適に導入することができます。

<簡単な操作性>
プログラミングに関する特別な知識を 必要とせずにロボットを動かすことが 出来ます。



詳しくはカタログをダウンロードしてご覧ください。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 AI搭載!AMR 自律走行型搬送ロボット 『MiR』 屋内搬送の自動化に革新!
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 37.8Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 大喜産業株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

a better way
Page2

ロジスティクスをより良い⼿法で ⽣産性、内部ワークフローを最適化し、競争⼒を⾼めたいですか︖ 傷つきやすい材料の反復的な輸送を自動化し、従業員と安全と⽣産性を⾼める自律型モバイルロボットを 使用して、社内のロジスティクスをスピードアップします。 MiRの協調型モバイルロボットは、貴社の⼯程を再構成する上で⾼価かつ破壊的に⾏う必要性はありません。 ⼯程への導⼊とプログラミングが簡単です。注⽂をより迅速に処理し、マテリアルハンドリングに関わるコストを削減する事で、 モバイルロボットの投資効果を早め、多くの場合12か月以内に効果が現れます。 貴⽅にとって柔軟性は重要でしょうか︖使い勝⼿の優れたMiRロボットは、変化の激しい市場からの需要、新製品、新しい⽣ 産フローに適応可能です。外部のシステムインテグレーターの⼿を必要とせず、非常に簡単にトップモジュールを切り替えたり、 ミッションを変更したり、新しい機能を追加することも可能です。 世界中の様々な業界の企業、家族経営の小企業から世界中に拠点・⼯場を持つグローバル企業まで、MiRでロジスティクスを より良い⽅法で⾏うためのアイデアをご覧ください。 MiR | a better way MiR250 22
Page3

優れた柔軟性 オープンインターフェイスが様々なアプリケーションをサポート Anchoring Devices Robot arms Disinfection Communication Safety units Stations Lifts And more... Frame/Shelves Fleet Conveyors MiRGo MiRロボットは柔軟なプラットフォームです。貴社のアプリ ケーションに対応するべく様々な⼿段を用意。 MiRGoでは、あなたの発想のために利用可能な、様々 なアプリケーションを紹介。貴⽅のロジスティクスを最適化 するためのアクセサリが⾒つかります。 MiRGo – 推奨品 MiRによってテストされ、世界中で使用されるトップ モジュールが必要ですか︖ MiRGo 推奨品のアイコンをクリック mir-robots.com/mirgo 3
Page4

MiR100 MiR100 ⻑さ: 890 mm 最大積載荷重: 35 in 100 kg / 220 lbs幅: 580 mm 22.8 in 認証: CE認証 クリーンルーム規定 高さ: 352 mm 13.9 in 床面とのクリアランス 50 mm / 2 in 安全、且つ省コストなモバイルロボット MiR100、及びMiR200は、安全で費用対効果の⾼いモバイルロボットで、小さな部品の内部輸送と物流を迅速に自動化します。このロボットはワークフローを 最適化し、スタッフのリソースを解放することで、⽣産性を⾼め、コストを削減することができます。 非常に柔軟性が⾼いモバイルロボットは、最大200 kg(440 lbs)までの荷物を自律輸送します。ビン、ラック、リフト、コンベア、協働ロボットアームなどのカスタマイズされたトップモジュール、アプリケーションが要求するものなら 何でも搭載できます。トップモジュールは簡単に変更できるため、ロボットをさまざまな作業に対応することができます。 ユーザーフレンドリーな外部インターフェイス 汎用のパソコン、タブレット端末,スマートフォンで操作可能です。 編集可能なダッシュボードにより、お客様にとって⾒やすい 設定画面を作成することができます。 4
Page5

MiR200 ⻑さ: 890 mm 35 in 幅: 580 mm 22.8 in 高さ: 352 mm 13.9 in 床面とのクリアランス 50 mm / 2 in 認証: 最大積載荷重: クリーンルーム規定 200 kg / 440 lbs ESD要件 CE認証 MiRCharge 24V 幅: 580 mm / 23 in 完全自動の充電ステーション MiR100、MiR200は、充電ステーションへの 移動・接続を自動で⾏います。 高さ: 300 mm 11.8 in 深さ: 120 mm / 4.7 in 5
Page6

MiRHook 革新的な屋内輸送作業の自動化⼿段 自律的にカートの持ち上げ、積み降ろしします。 幅広い牽引作業に最適です。 重量物を効果的に移動します。 床面からの 最高位置: 1180 mm 46.5 in 地上からの 最低位置: 1275 mm 50.2 in MiRHOOK200 牽引能⼒: 500 kg / 1100 lbs 牽引能⼒: 300 kg / 661 lbs MiRHOOK100 6
Page7

Nidec MiRHooksを備えた3台のMiR100は、ドイツにあるNidec⼯場内の カート搬送を最適化しました。各ロボットは1日に11km⾛⾏し、2つの 11 異なる⽣産エリアでカートを自律的にピックアップ、輸送、倉庫へ配送し ます。 Km/1日 反復的な輸送の役割をモバイルロボットが引き継ぐことで、従業員は 研究開発に専念し、併せて組⽴ラインから材料を移動できるために 在庫量を低く抑えることができます。 FORD フォード社は3台のMiR100を導⼊しました。 それぞれに100kgの可搬能 3 ⼒を持ち、それらは製造ラインへスペアパーツを運びますが、⼈にとって危険な エリアに⽴ち⼊る場合もあります。ロボットは不測の障害物を避け、必要に MiR100 応じて経路を変更したり、停⽌したりすることができ、30万m2の⼯場内で ⼈や他の⾞両と並んで安全に作業を⾏っています。 7
Page8

MiR250 幅広: 580 mm ⻑さ: 22.8 in 800 mm 31.4 in 高さ: 300mm 11.8in MiR250はあなたの期待を上回る ESD要件: オプション MiR250は、市場に出回っている同カテゴリーの他のどのソリューションより も⾼速、安全、機動性に優れたロボットで、社内物流の新たな基準を打ち ⽴てます。 革新的なMiR250は、最新のテクノロジーを搭載し、保守性を考慮 して設計されており、ダイナミックな環境でもスムーズかつ効率的に移動 できます。 最大積載重量: クリーンルーム: 250 kg /550 lbs オプション MiR ShelfCarrier ロジスティクスをさらに効率化 MiR250専用の標準的なトップモジュール︓ シェルフキャリ アを開発しました。 シェルフキャリアはカートや棚などを輸送する際の固定装置 で、MiRより購⼊可能です。 MiR250とシェルフキャリアに関する詳細はWEBサイトをご 確認ください: mir-robots.com/solutions 8
Page9

Stera Technologies 10 30 MiR500はフィンランドのトゥルクにある、ステラテクノロジ社の倉庫から⽣産現場へ 部品を自動的に輸送しています。 種類の異な 1日当たり MiR500が10種類の異なるパレットを、時間通り輸送することで、会社は⽣産のダ るパレット の配送数 ウンタイムを回避することができました。 ICM 3台の MiR1000 は⼊荷エリアからパレットを回収し、⾼層倉庫内の通路へと 着実に搬送していきます。⾼さ12mにも及ぶラックが並ぶ狭い通路の横で、ロボット 40 がパレットを降ろし、狭い通路をフォークリフトで引き継ぎます。 ⼯数/ 1週 場内の移動は、フォークリフトとロボットが密接に連携して⾏われています。 この自動化されたパレット搬送のセットアップにより、1週間に40⼈⼯数が 節約された。 9
Page10

MiR500 幅: ⻑さ 920 mm: 36.2 in 1350 mm 53 in 高さ: 320 mm 12.6 in MiR500は、各産業での重量物やパレットの輸送を自動化するように設計 されています。 MiR500 EUパレットリフト、またはMiR500リフトを使用すると、MiR500はパ レットを自律的にピックアップ、輸送、配送し、従業員をより価値のある仕事に 従事させることができます。MiR500はISO / EN 13849に準拠しており、産 業用のEMC要件を満たしています。丈夫なMiR500は、落下した貨物に耐 最大積載重量: 安全:500 kg / 1100 lbs えることができ、上下の傾斜路や浅い⽔たまりでも簡単にナビゲートできる堅 9つの安全機能 牢な外装を備えた産業用に設計されています。 MiR AI Camera AIを使いモバイルロボットの動きを 最適化 自律移動ロボット(AMR)の進化における次のステップは、 移動ロボットの能⼒を⾼めるための⼈⼯知能(AI)の追加 です。MiR AIカメラは、MiRロボットの追加のセンサーセットと して機能し、ロボットをさらに効率的にし、動的環境での全 体的なトラフィックフローを改善します。 108
Page11

MiR500 Lift MiR500 EU Pallet Lift 最大積載荷重: パレットの搬送やリフト 最大積載荷重: パレットの搬送やリフト 500 kg / 1100 lbs 用途向けに設計 500 kg / 1100 lbs 用途向けに設計 MiRCharge 48V 完全自動充電がもたらすソリューション MiRは充電ステーションへの移動・接続を自動に⾏います。 MiR250、 MiR500、MiR1000 はMiRCharge 48V 充電ステーションを使用します。 深さ: 200 mm/ 7.87 in 幅: 620 mm/ 24.41 高さ: 300 mm 11.8 in チャージングプレート 電源: 出⼒ 先端からの深さ: : 48V/40A(240V), 48V/20A(120 V) ⼊⼒ 480 mm/18,9 in : 100 V-240 V, 50-60 Hz 11
Page12

MiR1000 幅: ⻑さ 920 mm: 36.2 in 1350 mm 53 in 高さ 3:20 mm 12.6 in 最大積載重量: 安全: 1000 kg / 2200 lbs 9つの安全機能 MiR1000は、重作業およびパレットの内部輸送を自動化および最 これは、多くの企業がよく抱える安全上のリスクを引き起こすため、多くの企業が 適化します。積載量1000 kgの、MiRの中で最も可搬が強⼒なロ 製造現場から撤去したい従来のフォークリフトやトラックに代わる安全な代替ロ ボットであり、非常に動的な環境でも、外部の安全対策なしで重い ボットであることを意味します。同時に、従来のパレットリフトとは異なり、 荷物を運ぶことができます。 MiR1000は有⼈である必要がないため、パレットの輸送を最適化し、従業員を より付加価値のある仕事へ集中することができます MiR1000は、MiRのパレットリフトを使用可能で、パレットを自動的 にピックアップ、輸送、および配送できます。 12
Page13

MiR1000 Lift MiR1000 EU Pallet Lift 最大積載荷重: パレットの搬送やリフト 最大積載荷重: パレットの搬送やリフト 1000 kg / 2,200 lbs 用途向けに設計 1000 kg / 2,200 lbs 用途向けに設計 MiR Shelf Lift 最大積載重量: 柔軟性のある輸送の 設備レイアウトを変更せずに重量物の 1000 kg / 2200 lbs ために設計 輸送を最適化 MiR Shelf Liftを使用すると MiR500やMiR1000は自律的に カートやシェルフをピックアップし、 輸送・配送を⾏うことができます。 13
Page14

WORKFLOWS MiRのロボットで施設内のワークフローを改善。 4 MiRのコラボレーションロボットで社内のワークフローを改善することで⽣産性 を最適化し、施設内の作業者の安全性を向上させます。 1 2 3 荷受け物流作業 ワークフローの最適化 6 1 ⻑距離輸送: 荷受け場所と保管 エリア間の⻑距離輸送において、⼈ 間による⼿作業やフォークリフトから の置き換え 2 異なるサイズの製品: 異形製品の 効果的な輸送 3 クロスドック: ロボットは負荷状況に 応じて異なる作業エリアをナビゲート 8 できます。 メリット  付加価値のない輸送に使用され る労働時間の節約  報われない繰り返し作業を処理 することで、⼈⼿不⾜の解消に 貢献します。  フォークリフトの必要台数の削減  オンデマンドでの輸送が可能な柔 軟性を追加 9 ⽣産及び組⽴ライン ワークフローの最適化 メリット 6 バスルート: 固定されたルート上の  インフラを必要としないロボットは、動的な⼯場レイアウト セル、ライン、部署間を連続的かつ やワークステーションの変更に柔軟性をもたらします。 自動的に移動する。  ⼈間が陥りやすいミスや災難をなくす。 10 7 プルコール: ⽣産からのコールにより、  フォークリフトを撤去し、安全な協働AMRに置き換えるこ ストレージからオンデマンドで特定の とで、作業者の安全性を⾼める。 材料を配信 - ⼿動または自動で  24/7の信頼性の⾼い自動化された⽣産ラインの供給  ⽣産時のローカルストレージを排除したスペースの最適化 8 進⾏中の作業: ⽣産セルとライン  クリーンルーム環境など、フォークリフトや⼈間の隔離された 間でのWIP部品の柔軟な移動 場所での運転が可能な⽅ 9 廃棄物の処理: ロボットによる廃棄 物処理の自動化 14
Page15

原材料のストレージ ワークフローの最適化 4 保存: ロボットによるハイリーチト ラックや特殊なストレージユニット などを供給 5 ライン端部への供給: ⽣産ライン やセルへ原材料を自動的にピック もしくはドロップします。 メリット  専用フォークリフトの最適利用  フォークリフト事故の削減 5  従業員は付加価値の⾼い活動に集中できる  同じロボットが様々なカートやトー 7 トを配送することができます。  原材料の⽣産へのジャストインタ イム納⼊ 13 完成品&出荷 11 ワークフローの最適化 10 搬送不可能な物品の取扱い保存: 既存の固定 インフラを利用して輸送できない物品の取扱い 11 ピッキング指令: ロボットゾーンピッキングを可 12 付加価値の高いサービスの提供: ⼿動フォークリフ トからの置き換え 13 空のパレット: パレットマガジンディスペンサーから空 のパレットをピックアップしてお届け メリット  再包装やギフトラッピングなどの付加価値サービ スを⾏っている従業員の周りの安全性  混合パレット積み用のオーダーピッキングトラックの 交換  フォークリフトの最適利用  スケーラブルでカスタマイズ可能な内部物流ソ 12 リューション 15
Page16

MiR Fleet ロボットの運⾏を最適化 するフリートマネージメント ソフトウェア 複数のロボットの⾼速かつ集中制御。 位置及び稼働率に基づく、仕事への 最適なロボットの優先順位付けと 選択が可能です。 様々なトップモジュール、フックや その他アクセサリーのご提案。 ERP実装用のフル機能の REST-API MiRAcademy 無料のMiRロボット向け オンライントレーニング MiRでは、自律モバイルロボット(AMR)の動作⽅法、 及びその使用⽅法の詳細をオンラインで学習できる体制 を整えています。 MiRAcademyは、魅⼒的なオンライントレーニングコー スでAMRの持つ様々なテクノロジーを知る事ができます。 既にMiRロボットをご利用ですか?、それとももっとMiRにつ いて学びたいですか︖それなら、MiRAcademyが出発 点です︕ MiRロボットがどのようにナビゲートするか、AMRと従来の AGVの違い、モバイルロボットが何を⾒るものかなどを学ぶ ことができます。 WEB : mir-robots.com/en/mir-academy 16
Page17

MiR Finance 規模の大小を問わず、あらゆる業種の企業が、コストを可能 な限り低く抑えつつ、効率化を図る⽅法を模索しています + - 自動化は、⽣産性を最適化し、競争⼒を⾼めるための⽅法です。 ROIのスピードを気にして自動化を遅らせるべきではありません。 x = MiRのコスト効率の⾼いモバイルロボットはROIが早く、1年未満で 投資回収が可能です。 即効性のある投資対効果を得たい場合や、AMRの初期費用が 低い、またはゼロの場合は、MiRファイナンスでMiRのロボットをリー スすることができます。 このQRコードを スキャンして MiR’s ROI メリット Calculator へアクセス  キャッシュアウトなしで月々の費用が安い  ロボット、トップモジュール、据付けサービスを 含むソリューション全体に資⾦を提供する事 このQRコードを ができます。 スキャンして、  設備投資は必要ありません MiRにかかる月額のコストやリース  OPEXの社内承認プロセスが容易に 費用を計算して みましょう。  収⼊源とコストを一致させる 17
Page18

MiR PROservice MiR社ではより積極的な保守サービスの提供を通じて、貴社にとって重要な⽣産効率維持を⽀援する 「MiR PROservice」を提供しています。 MiR PROserviceは、予期せぬ事態に備える最善の⽅法です。 このサービス契約によりコストのかかるダウ ンタイムを防⽌できます。 最新のソフトウェアリリースにアクセスすることにより、レイアウトの変更の際にも完全に 安全で柔軟性のある対応が確保されます。 予防的な保守に加え、24時間年中無休で対応できる⾼度な体制のヘルプデスクへの優先権が与えられ、 また延⻑保証を最大5年間まで延⻑することができます。 ※24時間ヘルプデスクはデンマーク本社のみの対応です。 MiR PROserviceの各サービス内容 サービスパッケージ Basic Extended Full MiRAcademy eラーニング 特別コースへのアクセス権 メンテナンス用摩耗部品 ホットラインサポート (通常の営業時間内) ソフトウエアの更新 遠隔でのトラブルシューティング 特別なユーザー向けトレーニング 延⻑保証 24時間365日ホットラインサポート 標準SLAに準拠した対応 18
Page19

世界で最も安全なモバイルロボット MiRロボットのセンサーが安全なナビゲーションを保証します。 私たちのロボットは、外部の安全対策なしで⼈々と協調し、⼈間の同僚と一緒に働けるように設計されています。 したがって、安全はMiRの最優先事項です。 日々の作業中、MiRロボットの安全な⾛⾏パターンがマルチセンサー安全システムによって保証されます。 洗練された計画アルゴリズムよりデータを供給、ロボットは⾛⾏する場所を認識しながら、経路を調整するか、 衝突を避けるために安全かつ即時停⽌する必要があるかなどを決定します。 各コーナーの6つの近接センサー 2つのSICK MicroScan 3. ⽀柱やパレットを検出 2つの3Dカメラ 視野: 360˚ 平面最大30 m ⾼さ:0-1,700mmの物体を検出 床面より200mm⾼さを検知 視野: 114˚(⽔平⽅向) また、当社の移動ロボットには、関連するすべての機能安全が組み込まれています。 これは、何らかの理由で主要な安全システムが故障した場合に発⽣する可能性のある 潜在的なリスクに対処するため、各安全基準に基づいています。 MiRロボットの安全機能 機能 MiR100 MiR200 MiR250 MiR500 MiR1000 E-stop PLd, cat 3 PLd, cat 3 PLd, cat 3 PLd, cat 3 PLd, cat 3 フィールドの切り替え フェイルセーフ* PLd, cat 3 PLd, cat 3 PLd, cat 3 PLd, cat 3 ⼈検出 PLd, cat 2 PLd, cat 2 PLd, cat 3 PLd, cat 3 PLd, cat 3 過速度の検出 フェイルセーフ「* PLd, cat 3 PLd, cat 3 PLd, cat 3 PLd, cat 3 フィールドミューティング PLd, cat 3 PLd, cat 3 PLd, cat 3 安全制限速度 PLd, cat 3 PLd, cat 3 PLd, cat 3 安全保護付きストップ PLd, cat 3 PLd, cat 3 PLd, cat 3 移動 PLd, cat 3 PLd, cat 3 PLd, cat 3 システム E-stop PLd, cat 3 PLd, cat 3 PLd, cat 3 *フェイルセーフとは、万が一故障が発⽣しても安全な状態になるように設計されています (単一の障害耐性)が、ISO13849に基づいた設計にはなっていないことを意味します 19
Page20

Johnson Controls Hitachi 8 バルセロナのJohnson Controls HitachiではMiR200が⽣産性と安全性を向上させています。 このモバイルロボットは、倉庫内の棚ユニットを拾い上げ、材料を⽣産ラインに運び、そこで包 装廃棄物をピックアップします。 時間稼働/1日 ロボットは8時間フルシフトで稼働し、⼯場内の電動台⾞をなくし、より安全な職場になりました。 Cabka USA MiR500リフト付きMiR500は、ミズーリ州のカブカにあるパレットメーカーの、完全自動化⽣産ラインの 中心的存在です。重い荷物とパレット用の移動ロボットには、6軸ロボットによって完成したパレットが 積み込まれ、ジョブが完了するとすぐに⽣産現場から別のステージングエリアに搬送され、⽣産現場を きれいに保ちます。 MiR500は、従来のフォークリフトを使った場内輸送を引き継ぎ、カブカが臨時労働者への依存 を最小限に抑えながら、製品の品質と労働者の安全性を向上させるのに役⽴ちます。 20 19