1/4ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.5Mb)

転圧管理システム『Compaction Meister』

製品カタログ

GNSSを用いた転圧回数管理または、CCVによる締固め品質管理を実現する締固め管理ツール

 国土交通省「TS/GNSSを用いた盛土の締固め管理要領」に準拠し、転圧回数管理、CCV管理および温度管理など、土工から舗装工まで対応したクラウドネットワークを用いた締固め管理システムです。VRS-RTK測位を基本とし、外部GNSS(移動局および基準局を用いたRKT測位)によるFixデータの利用も可能となっております。
 試験施工からご利用頂くことで、室内試験と試験施工の結果から転圧回数やCCV基準値をご提案いたします。簡単な設定操作でICT施工へ導入し易く、施工進捗の確認も可能となっています。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 転圧管理システム『Compaction Meister』
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.5Mb
取り扱い企業 酒井重工業株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

[酒井重工業×JIG-SAW]自律走行式ローラ
製品カタログ

酒井重工業株式会社

緊急ブレーキ装置『Guardman』TZ704 R2-4
製品カタログ

酒井重工業株式会社

緊急ブレーキ装置「Guardman」
製品カタログ

酒井重工業株式会社

このカタログの内容

Page1

Compaction 転圧管理システムCompaction Meister CCVとは Meister SAKAI は1990 年代から土の締固め度の見える化を研究してきました。振動ローラで計測できるデータを解析して得られた数値は、乾燥密度が低いときには小さく、乾燥密度が高いときには大きくなることが分かりました。その数値を CCV(Compaction Control Value)として締固め度の指標としております。 CCVの測定原理 振動輪にセンサを取り付け、振動輪の動き(加速度)を計測します。転圧回数の増加に伴う加速度の変化を下図に示すと、 時間 時間 転圧回数2回 転圧回数8回 転圧回数2回の軟らかいときはきれいな上下運動をしていますが、転圧回数8回の硬いときは上下運動に乱れが見られます。 CCVは、この変化を捉えて数値化しています。 CCVの適用 転圧管理システム Compaction Meister( 付) 軟弱な地盤材料(シルト、粘性土)や高含水比の土の場合、振動輪の上下運動を正確に計測できないため原則的に適用できません。 CCV また、土の含水比、層厚、下層の地盤強度、振動ローラの起振力・振幅・振動数・車両速度の変化によってもCCVは大きく変動 します。乾燥密度とCCVの相関をよくご確認の上ご利用ください。 初期化時間の大幅な短縮と操作性を一段と向上させた クラウドネットワークを用いた 新たな転圧管理システム CCVの活用 多様な締固め管理 試験施工から本システムをご利用いただくことで、乾燥密度とCCVの相関性を確認することが容易になります。 ⃝回数管理 簡単な操作で各転圧回数のCCVデータを整理することができ、規定転圧回数だけでなく、CCV基準値も容易に決定すること ⃝CCV管理 ができます。 ⃝温度管理(オプション)  組み合わせ管理可能 ⃝施工進捗は事務所でも確認可能 概略仕様 ディスプレイ仕様 操作性の向上 電源電圧(V) 12 / 24 共通 寸法(H × L × W) mm 76 × 351× 220 ⃝設定・操作ガイドで設定と帳票が可能 使用温度環境(℃) -10 〜 50 表示部 – 10.1 インチワイド 使用湿度環境(%) 85 耐振動 – MIL-STD810G 準拠 ⃝アンテナ取付寸法は機種選択による自動入力   但し、対象機種に限ります 保護等級 – IP67 低コストなシステム 標準セット内容 ⃝携帯電話サービスエリア内なら本システムのみでVRS-RTK測位の利用可能 ●ディスプレイ ●GNSSアンテナ ●接点ユニット   但し、補正情報配信サービスの契約が別途必要 ●CCVコントローラ ●CCVセンサ ●接続ケーブル一式 ⃝現場に設置された基準局を利用することができます 本社 〒105-0012 東京都港区芝大門1-4-8 浜松町清和ビル TEL.03-3434-3401(代) ●Compaction Meister 設定・操作ガイド   但し、GNSS受信機や無線装置が別途必要 札幌営業所 TEL 011-846-8455 広島営業所 TEL 082-227-1166 仙台営業所 TEL 022-231-0731 福岡営業所 TEL 092-503-2971 製品の詳しい情報はホームページをご覧ください。 関東営業所 TEL 0480-52-6156 グローバルサービス部 TEL 0480-52-1111 専用動画へアクセスできます。 名古屋営業所 TEL 052-702-3141 研修センター TEL 0480-52-6964 www.sakainet.co.jp チャンネル内で「転圧管理システム」を検索してください。 大阪営業所 TEL 072-654-3366 2019.03Aⓒ 加速度 加速度 Compaction Meister
Page4

Compaction 転圧管理システムCompaction Meister CCVとは Meister SAKAI は1990 年代から土の締固め度の見える化を研究してきました。振動ローラで計測できるデータを解析して得られた数値は、乾燥密度が低いときには小さく、乾燥密度が高いときには大きくなることが分かりました。その数値を CCV(Compaction Control Value)として締固め度の指標としております。 CCVの測定原理 振動輪にセンサを取り付け、振動輪の動き(加速度)を計測します。転圧回数の増加に伴う加速度の変化を下図に示すと、 時間 時間 転圧回数2回 転圧回数8回 転圧回数2回の軟らかいときはきれいな上下運動をしていますが、転圧回数8回の硬いときは上下運動に乱れが見られます。 CCVは、この変化を捉えて数値化しています。 CCVの適用 転圧管理システム Compaction Meister( 付) 軟弱な地盤材料(シルト、粘性土)や高含水比の土の場合、振動輪の上下運動を正確に計測できないため原則的に適用できません。 CCV また、土の含水比、層厚、下層の地盤強度、振動ローラの起振力・振幅・振動数・車両速度の変化によってもCCVは大きく変動 します。乾燥密度とCCVの相関をよくご確認の上ご利用ください。 初期化時間の大幅な短縮と操作性を一段と向上させた クラウドネットワークを用いた 新たな転圧管理システム CCVの活用 多様な締固め管理 試験施工から本システムをご利用いただくことで、乾燥密度とCCVの相関性を確認することが容易になります。 ⃝回数管理 簡単な操作で各転圧回数のCCVデータを整理することができ、規定転圧回数だけでなく、CCV基準値も容易に決定すること ⃝CCV管理 ができます。 ⃝温度管理(オプション)  組み合わせ管理可能 ⃝施工進捗は事務所でも確認可能 概略仕様 ディスプレイ仕様 操作性の向上 電源電圧(V) 12 / 24 共通 寸法(H × L × W) mm 76 × 351× 220 ⃝設定・操作ガイドで設定と帳票が可能 使用温度環境(℃) -10 〜 50 表示部 – 10.1 インチワイド 使用湿度環境(%) 85 耐振動 – MIL-STD810G 準拠 ⃝アンテナ取付寸法は機種選択による自動入力   但し、対象機種に限ります 保護等級 – IP67 低コストなシステム 標準セット内容 ⃝携帯電話サービスエリア内なら本システムのみでVRS-RTK測位の利用可能 ●ディスプレイ ●GNSSアンテナ ●接点ユニット   但し、補正情報配信サービスの契約が別途必要 ●CCVコントローラ ●CCVセンサ ●接続ケーブル一式 ⃝現場に設置された基準局を利用することができます 本社 〒105-0012 東京都港区芝大門1-4-8 浜松町清和ビル TEL.03-3434-3401(代) ●Compaction Meister 設定・操作ガイド   但し、GNSS受信機や無線装置が別途必要 札幌営業所 TEL 011-846-8455 広島営業所 TEL 082-227-1166 仙台営業所 TEL 022-231-0731 福岡営業所 TEL 092-503-2971 製品の詳しい情報はホームページをご覧ください。 関東営業所 TEL 0480-52-6156 グローバルサービス部 TEL 0480-52-1111 専用動画へアクセスできます。 名古屋営業所 TEL 052-702-3141 研修センター TEL 0480-52-6964 www.sakainet.co.jp チャンネル内で「転圧管理システム」を検索してください。 大阪営業所 TEL 072-654-3366 2019.03Aⓒ 加速度 加速度 Compaction Meister