1/1ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(715.8Kb)

3次元の位置座標計測を行うシステム UNISCALE(ユニスケール)

製品カタログ

3次元計測のため、コンベックス等では測りにくい立体形状の物でも計測可能。

SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)技術を使い、
3次元の位置座標計測を行うシステムです。
計測したい位置に専用のマーカーを貼り、座標が既知の点に
基準点のマーカーを設置することで準備完了。
複数箇所の同時計測が可能です。
あとはカメラとタブレットPCで構成されたシステムによって
動画を撮る要領でマーカーを撮影・計測します。
およそ数分で、計測結果はリアルタイムに3次元座標の形で
タブレットPCに表示されます。
建築の設備スリーブやPC橋梁の偏向管などの打ち込み位置測定や、
鉄筋ピッチの詳細計測など、さまざまなものに応用が可能です。
3次元計測のため、コンベックス等では測りにくい立体形状の物でも計測可能です。
また、AR機能を使えば、取付け位置の確認をバーチャル画像で行うことも可能です。

◆詳細はカタログをダウンロードしてご覧ください。

このカタログについて

ドキュメント名 3次元の位置座標計測を行うシステム UNISCALE(ユニスケール)
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 715.8Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 三井住友建設株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

橋梁点検ロボットカメラ(点検、測定、映像記録採取)
製品カタログ

三井住友建設株式会社

このカタログの内容

Page1

Technical Sheet UNISCALE (ユニスケール) SUMITOMO MITSUI CONSTRUCTION CO.,LTD. UNISCALE (ユニスケール) とは 建設現場における様々な部材(設備スリーブ、鉄筋 な ど ) の 取 り 付 け 位 置 確 認 作 業 に 利 用 可 能 な 、 SLAM 技術を利用した3次元計測システムである(特 許出願中)。 特 長 ● 自己位置の推定と周辺のマッピングを同時に行 う SLAM ( Simultaneous Localization and SLAM 技術のイメージ Mapping)技術を利用した計測システムである。 ● SLAM 技術により、部材の設計上の座標と取り 付け位置の誤差がその場で確認でき、検査の大 幅な省力化が可能になる。 ● 3 次元計測のため、コンベックス等では測りにくい 立体的な形状でも計測が可能である。 計測方法 設備スリーブの位置計測状況 1) 準備として計測したい位置に専用のマーカーを カメラでなぞるように撮影 スリーブにマーカー貼付 貼り、座標が既知の点に基準点のマーカーを設置 する。複数個所の同時計測が可能である。 2) カメラとタブレットPCで構成されたシステムによっ て動画を撮る要領で全体を撮影・計測する。 3) 計測時間は数分で、計測結果はリアルタイムで 3 次元座標としてタブレットPCに表示される。 基準マーカを設置 AR 機能および様々な応用 計 測 方 法 【AR 機能】 AR機能を使えば、取付け位置の確認をバーチャ ル画像で行うことも可能であり、施工前の位置確認や 取付け漏れのチェックに利用できる。 【様々な応用】 他にも鉄筋ピッチの詳細計測など様々な計測に応 用可能である。 ※九州大学との共同開発 AR 機能による橋梁外ケーブル偏向管の位置確認状況 〒104-0051 東京都中央区佃二丁目 1番 6号 広報室 TEL:03-4582-3015 FAX:03-4582-3204 E-mail:information@smcon.co.jp