1/1ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(403.2Kb)

クローラドリルの稼働監視と穿孔休験シス〒ム

製品カタログ

トンネル工事の急速施工をサポート

主に砕石場での岩盤の破砕に使われる必要不可欠な機械がクローラドリルです。
この操作は非常に難しく、熟練度を要し2~3日で習得できるものではありません。
今回の展示ではバーチャルリアリティーの世界へご案内いたします。
操縦感覚の体験は現実のオペレータの練習用として活躍でき、
今後の遠隔操作や無人化につながる機能です。
また、機械の運転状況を事務所にいながら監視・把握し、生産性の向上・
トラブルシューティング・事前整備提案へとつながるシステム開発をあわせてご紹介します。

◆詳細はカタログをダウンロードしてご覧ください。

このカタログについて

ドキュメント名 クローラドリルの稼働監視と穿孔休験シス〒ム
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 403.2Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 古河ロックドリル株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

トンネルドリルジャンボの自動化アプリケーション
製品カタログ

古河ロックドリル株式会社

SURFACE DRILLS 古河のクローラドリル
製品カタログ

古河ロックドリル株式会社

超大型 超低騒音油圧ブレーカ Fxj1070
製品カタログ

古河ロックドリル株式会社

このカタログの内容

Page1

トンネル工事の急速施工をサポート 1. ドリルNAVIGATION ≪穿孔ナビゲーションシステム≫ 2. オートドリリング 3. ドリルEXPLORER ≪全断面穿孔実績・前方探査記録装置≫ 4. ドリルNET ≪技術支援システム≫ 1. ドリルNAVIGATION ≪穿孔ナビゲーションシステム≫ あらかじめインプットした発破パターンをナビ画面に表示し、モニタを見なが らマニュアルで穿孔を行います。 簡単にそして正確に、切羽状況の変化に合わせた柔軟な対応ができます。 ロックボルト穿孔、AGF穿孔にも対応できます。 2. オートドリリング 目標の切羽面 切羽を任意に設定でき、目標の切羽に穿孔長を揃える機能です。 実際の切羽面 到達すると自動で穿孔が終了し、ドリフタは元の位置に戻ります。 オペレータの方からは、「オートドリリングの無いジャンボは使いたくない」 との評価も頂いています。 3. ドリルEXPLORER ≪全断面穿孔実績・前方探査記録装置≫ 穿孔を開始すると、ドリフタにかかる各作動圧や穿孔速度などのパラメータを自動的に記録します。 これらのデータは無線LANにより外部に送信でき、切羽の安全管理や発破パターンの改善に役立ちます。 4. ドリルNET ≪技術支援システム≫ 現場のドリルジャンボで収集した各種データをオンラインで現場事務所やサービス拠点で共有できます。 ネットワークを利用し、発破パターン入力、ソフト更新、センサ校正等のアシストを外部から行えます。