1/4ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(406.5Kb)

品質管理の基本のキ【ヒストグラム編】

その他

新入社員の方、もう一度品質管理の基本に立ち返りたい方など 品質管理に関わる豆知識をご紹介!

株式会社アサカ理研では、品質管理ソフト【Mr.Manmos】をご提案しております。
※導入事例もぜひダウンロードください!

「Mr.Manmos」は、検査データを保護し改ざんを防止する品質管理システムです。

近年、検査データ改ざん問題により、あたらめて見直される品質管理・情報セキュリティの重要性
品質管理のシステム化でコストダウンとデータ保護の両立が可能です!

「Mr.Manmos」の導入改善事例として、製品検査時の課題解決事例を進呈しております。

※詳細は資料請求して頂くか、ダウンロードからPDFデータをご覧下さい

このカタログについて

ドキュメント名 品質管理の基本のキ【ヒストグラム編】
ドキュメント種別 その他
ファイルサイズ 406.5Kb
取り扱い企業 株式会社アサカ理研 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

今さら聞けない 品質管理の 基本のキ (ヒストグラム編) 【現場にやさしいアサカ理研の 品質管理ソフト Mr.Manmos!】 導入 社 実績200以上
Page2

統計管理から⾒る品質管理 ≪品質管理とは≫ ・品質管理とは、品質方針を定め、それらを品質システムの抽 出、品質計画、品質管理⼿法、品質保証及び品質改善などに よって実施する全般的な経営機能の全ての活動とISO 8402︓1994で定められています。 ・しかし、品質には必ずばらつきが存在しそれを避けることは 難しいと認識しなければなりません。 ・ばらつきの要因としては、部品・材料の違い、機械の故障、 ヒトによるミス、加工方法の違いが上げられます。 ・各工場では、これらのばらつきをどのように抑えるか、ばら つきをどう扱うかが問題になり、 ・それらを管理するのが品質管理になります。 ≪統計学を使い解説≫ ・ばらつきを管理する上で必要になってくるのが測定。 ・先述した通り、測定にもばらつき(誤差)が生じます。 ・誤差の種類としては、機械の故障やヒトによるミス、温度や 湿度によるミスなど測定したばらつきがどうなっているのかを 把握するために、ヒストグラムが必要になります。 次にヒストグラムとは、何かを解説していきたいと思いま す︕︕
Page3

≪ヒストグラムとは≫ • ヒストグラムは、測定データをいくつかの区間 に分けて分類し、ばらつきを把握するものです。 • ヒストグラムの求め方は下記の通りです。 製造されている製品の測定値をn個抜き出し、 測定値をいくつかに分類します。 分類する区間の数(X)の求め方は、 X=1+ 3.32*LOG10(n)、 区間の幅(Y)は、 Y=(測定値の最大―最小)/ X ※Yは後述aの整数倍が望ましい ここで測定のきざみ a を設定し 第一区間の下側境界値(Z)は、 Z=最小値- a /2 上記で求めた値を基に各区間に該当する 測定値の数量を度数として、度数を基に グラフを作成します。
Page4

≪ヒストグラムを作成してみよう≫ • 例題を⽤いて、ヒストグラムを理解しましょう 例題)n=15、a=0.2として、X、Y、Zを求めて グラフ迄作成しましょう n=15より、X=1+ 3.32*LOG10(n) =1+ 3.32*LOG10(15)=4.9≒5 X=5より、Y=(5.7-3.9)/5=0.36≒0.4 a=0.1より、Z=3.9-(0.2/2)=3.8 ここから度数分布表とヒストグラムを作成する と下記の通りになる 測定値 度数分布 4.5 5.6 3.9 区間 中心値 度数 4.3 5.1 5.7 3.8~4.2 4.0 2 4.9 4.9 5.1 4.2~4.6 4.4 3 4.7 4.9 4.7 4.6~5.0 4.8 6 5.0~5.4 5.2 2 4.1 4.8 4.4 5.4~5.8 5.6 2