1/32ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(7.1Mb)

MODE CLOUDのご紹介

ハンドブック

- About MODE - MODEのご紹介
- MODEの解決したい課題 - IoT is too difficult for everyone
- MODE SENSOR CLOUD - センサークラウド

このカタログについて

ドキュメント名 MODE CLOUDのご紹介
ドキュメント種別 ハンドブック
ファイルサイズ 7.1Mb
取り扱い企業 MODE, Inc日本支店 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

MODE CLOUDのご紹介 MODE, Inc © 2020 MODE, Inc.
Page2

About MODE - MODEのご紹介 - © 2020 MODE, Inc. 2
Page3

MODE, Incについて About US Technology driven team Silicon Valley startup Since 2014 Founded by Gaku Ueda /Ethan Kan © 2020 MODE, Inc. 3
Page4

MODE 経営陣 Gaku Ueda Ethan Kan OM Malik CEO / 共同創業者 CTO / 共同創業者 取締役 略歴 略歴 略歴 1997年 早稲田大学修士課程卒 1997年 スタンフォード大学修士課程卒 1997年より、Forbes、Red Herring、 1997年よりアクセンチュアに勤務 1997-2012年までシリコンバレーのSun Business 2.0などのシニアライターを務める。 2001年に渡米、Yahoo, Googleでソフト Microsystems, Yahoo, などでソフトウェアエ 2001年にテクノロジーメディア、GigaOMを発 ウェアエンジニアとして勤務。 ンジニアをとしてソフトウェア開発に従事 足、50万人の読者を持つメディアに成長させた。 2011年-2013年まで Twitterにて 2012-2014年までサンフランシスコの50 2006-2013年 GigaOMを法人化。 Director of Engineeringとして勤務 Cubes社でDirector of Engineeringとして勤務 2008年よりTrue Venturesでベンチャーキャピ 2014年にMODE, Inc.を創業 2014年にMODE, Inc.を創業 タリストとして従事、現在パートナー © 2020 MODE, Inc. 4
Page5

MODE Japanメンバーのご紹介 上野 聡志 篠田 健 武田 淳 村岡 正和 Japan Country Manager Full stuck Engineer Full stuck Engineer Kansai Region Manager 野本 直輝 島川 悠太 松下 伯之 Masa Jow Full stuck Engineer Full stuck Engineer Full stuck Engineer © 2020 MODE, Inc. 5
Page6

Our Investors Fitbit, Blue Bottle Coffeeなどに投資 Google, Airbnb, Spotifyなどに投資 クラウドファンディング Indiegogoなどへ投資 Cloud Technologies © 2020 MODE, Inc. 6
Page7

MODEについて あらゆるものからデータを取得する Sensor Data Platform © 2020 MODE, Inc. 7
Page8

MODE Solution Connecting your Industry © 2020 MODE, Inc. 8
Page9

Customer Industry 自動車会社 MaaS/輸送・運送 製造工場向け © 2020 MODE, Inc. ヘルスケア/ウェアラブル スマートホーム 9
Page10

- MODEの解決したい課題 - IoT is too difficult for everyone © 2020 MODE, Inc. 10
Page11

IoTシステム開発のやるべき項目 通常の開発 MODEの利用した開発 ビジュアライ カスタム開発 ゼーション カスタム開発 AI リファレンス UI データベース データベースの設計 時系列 DB SDS クラウド クラウド 構築 クラウドプラットフォーム G/W ソフトウェアの開発 G/W ソフトウェア ゲートウェイ G/W ハードウェアの選定 MODE IoT G/W センサー デバイス センサー/デバイスの選定 センサー/デバイスの選定 © 2020 MODE, Inc. 11
Page12

スクラッチ開発とのコスト比較 ■初期開発費 ■運用費用  ・リファレンスアプリを利用することで初期費用はほぼH/Wのみ  ・G/Wからクラウドまでフルマネージドサービスで提供  ・実証後に同一環境でアプリケーションを開発(API経由)  ・100万デバイスまでのスケーラビリティを担保 見えない Business 改修費 Application アプリ保守 Cloud Cloud保守 アプリ保守 9割減 Business G/W MODEApplication Cloud費用 S/W MODE MODE H/W H/W H/W H/W保守 H/W保守そのまま移行 PoC 本番環境 スクラッチ開発 MODE スクラッチ開発 MODE © 2020 MODE, Inc. 12
Page13

IoTが難しい理由:多岐にわたる技術 ユーザー価値/UX 解析技術 (マシンラーニング, ディープラーニング) アプリケーション フロントエンド技術 (Java script, Ruby) 解 析 データベース データベース設計技術 (RDB, NoSQL) クラウド クラウド技術 (AWS, ネットワーク) G/W 通 組込ソフトウェア技術 (C, ファームウェア) 信 デバイス ハードウェア技術 (センサリング、回路設計) 通信技術 (モバイルネットワーク、BLE、LPWA) © 2020 MODE, Inc. 13
Page14

MODEのユーザーは価値の出せる領域にフォーカス ユーザー価値/UX ビジネスに直結するところにフォーカス アプリケーション 解 ユーザーが利用するUI設計やデータ利用 析 データベース クラウド G/W 通 信 デバイス ユーザーが利用するデザイン・接続性 © 2020 MODE, Inc. 14
Page15

MODEが解決したいこと ユーザー価値/UX ビジネスに直結するところにフォーカス アプリケーション 解 析 データベース ユーザービリティを高める高速性 クラウド スケーラビリティ G/W 通 接続安定性・ファームウェアのアップデート 信 デバイス 難しい割に価値のでにくい領域をMODEが解決 © 2020 MODE, Inc. 15
Page16

MODEのユーザーは価値の出せる領域にフォーカス ユーザー価値/UX ビジネスに直結するところにフォーカス アプリケーション 解 ユーザーがフォーカスする領域 析 データベース MODE TSDB / SDS クラウド MODE IoT Platform G/W MODE IoT G/W Softwere 通 信 デバイス ユーザーがフォーカスする領域 © 2020 MODE, Inc. 16
Page17

MODE SENSOR CLOUD - センサークラウド - © 2020 MODE, Inc. 17
Page18

MODE SENSOR CLOUD あらゆるセンサーをつなぎ、データをビジネスに活用するための センサーデータプラットフォームのパッケージングサービス © 2020 MODE, Inc. 18
Page19

MODE SENSOR CLOUDの特長 ■すぐにビジネスにセンサーを活用したい!  すでに対応済みのセンサーであればG/Wに繋ぐだけで、あらゆるセンサーにつなぎデータの取得 ができます。 ■大規模な運用を前提にシステム開発したい!  同時に10,000台規模まで対応可能な圧倒的なスケーラビリティと運用はMODEで行います。 実装後のファームウェアのアップデートについては、インターネット経由でアップデート可能。 ■データ活用をしたい!  各種センサーやデバイスのデータをRest API経由で自由にデータを活用できます。 AIやBIツール、社内のデータシステムへ連携できます。 © 2020 MODE, Inc. 19
Page20

MODEの機能一覧 © 2020 MODE, Inc. 20