1/21ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(3.4Mb)

MODE MOBILITY CLOUDソリューション

製品カタログ

様々なセンサーをトリガーとした動画撮影やデータを取得することでの事故削減、自動車からの計測など様々な検証にもご利用いただけます。

このカタログについて

ドキュメント名 MODE MOBILITY CLOUDソリューション
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 3.4Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 MODE, Inc日本支店 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

MODE MOBILTY CLOUD MODE, Inc © 2020 MODE, Inc.
Page2

MODE MOBILITY CLOUDのケース V2X Fleet &Vital data 車と車や交通システムとの通信 テスト走行、フィールドデータの収集 Logistics Cold Chain 物流、配達の効率化 配達物の温度管理 © 2020 MODE, Inc. 2
Page3

次世代型の車両管理サービス 車両自身がデータを上げて「リアルタイム」にデータを集中的に管理      ! !            "    #   &' " #  %!     $         © 2020 MODE, Inc. 3
Page4

デジタルトランスフォーメーションの考え方 AI Visualization Insight Digital Data データCollecting Processing Cloud 計測 制御 Physical Sensing Control Field © 2019 MODE, Inc. 4
Page5

MODEを利用することによるショートカット 5ヶ月 5ヶ月 2ヶ月 今まで インフラ構築 データ収集 データ活用 1ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 再収集 with MODE インフ データ収集 データラ構築 活用 フィードバック © 2019 MODE, Inc. 5
Page6

各事業フェーズにおけるMODEサービス役割 速さ・柔軟さ 立ち上げフェーズ: ・ピボットやアイデアに対するインフラの柔軟さ ・ビジョンを共有しながら進める「併走型」 ・ネットワークを使ったPoCの実施 10->100 Scale Phase 0->1 1->10 スケールフェーズ: 事業化フェーズ: ・スケーラビリティ ・スケーラビリティ ・安定運用 ・技術の拡張性の担保 ・単価 ・サポート 安定・ サポート © 2019 MODE, Inc. 6 Solutions Labs Platform
Page7

スズキ様の導入事例公開中 https://www.tinkermode.jp/interview © 2020 MODE, Inc. 7
Page8

MODE Solutions MODE MOBILITY CLOUD 評価キット © 2020 MODE, Inc. 8
Page9

MODE MOBILITY CLOUD 評価キット ・設置して、すぐにデータの取得が可能 ・データの到達保証、ミリオーダーのデータ収集 ・フレキシブルなハードウェア(持込デバイス、市販のセンサーの対応) Cloud + Gateway + Sensors Webアプリケーションのカスタマイズ可 アルゴリズムの搭載も対応可 カスタムセンサーも対応可 持込G/Wも対応可 © 2020 MODE, Inc. 9
Page10

MOBILITY CLOUD ① ・アセットトラッキングへの対応 車両だけではなく、荷物やその倉庫・フォークリフト・トレーラー、コンテナ・パレット・台車といった、より 幅広いモノを「アセット」として、一元的にデータ管理できるようになります。各アセットはバーコードや RFID、ビーコン等の識別子をつけることでデータ収集できます。これにより、アセットに対して「いつ」「どこ で」「誰が」「何をした」というデータの収集が可能となりました。 ・ドライバーモニタリング機能 シートセンサーを活用し、ドライバーの体調(眠気・疲労)、運行履歴、危険運転履歴、また将来的には日々の 体温やアルコール検査結果などの体調情報を管理できるようになります。安全運転指導や健康管理にご利用して いただくことを想定しています。 ※試験的な機能です。 ・MODE Time-series Databaseへの対応 従来より、高頻度/大容量データに対応したMODE独自のデータストア「SDS」に対応しておりましたが、今回の アップデートに伴い、MODE Time-series Database (以下、TSDB)にも標準で対応できるようになりました。 TSDBは、車両の位置情報や温度情報などグラフで可視化したいセンサーデータへのご使用に適しています。 ・高いカスタマイズ性 内部設計とAPIを見直し、より柔軟な構成でシステムをご利用頂けるようになりました。MODEモビリティクラウ ドが提供するクラウド機能のみ、あるいは、ゲートウェイ機能のみ等、お客様のご要望に応じたカスタマイズが 可能となります。 © 2020 MODE, Inc. 10
Page11

MOBILITY CLOUD ② • 複数台のカメラの動画を同時に保存、管理 • タブレットやスマートフォンから利用に対応 • 危険運転の多発箇所や配送拠点周辺の混雑状況を地図上 で確認 • 24時間365日連続してデータ収集が必要なデバイスに対 し、長期連続稼働してもスムーズに操作。 • デバイスで生成されるファイルをゲートウェイ機能を経 由してクラウドにアップロード © 2020 MODE, Inc. 11
Page12

運転記録・運転手・荷台など様々な計測対象に対応 データを収集し、ビジネスに活用 © 2020 MODE, Inc. 12
Page13

MODE MOBILITY CLOUDの構成 データマネジメントをトータルで支援する MODE MOBILITY CLOUD Service あらゆるデバイスからデータを取得し構造化 継続的なデータを管理し、検索、活用しやす 継続的なコネクティビティを支える い状態でフレキシブルなデータ利用を支援 Android Linux MODE Gateway Software MODE Cloud Software Components 人 位置情報 環境 車両 User Applicationバイタル (GPS) © 2020 MODE, Inc. 13
Page14

MODEの機能一覧 © 2020 MODE, Inc. 14
Page15

MODE Labs - 高度な技術でIoTビジネスを加速 - Labs © 2019 MODE, Inc. 15
Page16

MODE Labsの特長 MODE Labs features ■ Focus on your customer experience ユーザーに価値の出しにくいインフラ周りを難しい技術領域をMODEにおまかせ。 ■ Engage your business with you ビジネスを成功するためにアイデアを実現するための技術・ノウハウを提供。  Labs ■ Our teams will hear your needs with attention 貴社・自社のマイルストーンを共有し、自発的に提案をしていきます。  ■ Rapid Implement & One team support 要件定義をする必要なく各種エンハンスを実施。サポートは自社チームの技術担 当のレベルで提供します。  © 2019 MODE, Inc. 16
Page17

MODE Labsのメリット ■ 圧倒的なスピードと最適な技術提案  ・マイルストーンの共有をしていただくことで”自律的な”技術提案を実施  ・要件定義はお客様ではなくMODEのエンジニアが最も最適な要件にて実施 一般的な受託開発 要件定義 見積・発注 開発 納品 利用開始 MODE Labs MODE内 ヒアリング 要件定義 開発 利用開始 ■ One teamサポート ・同じチームとしてのMODEメンバーが事業開発サポートを実施 ・サポート対応など自社の技術者と同等にSlackを利用して自社技術者と同レベルで提供 © 2019 MODE, Inc. 17
Page18

MODE Labsの技術提供範囲 ユーザーに価値を出す領域やビジネスのコアとなる領域に集中して、 事業開発を推進できます ユーザーに価値を出す領域 Web UI Data utilization Your responsibilityビジネスのコアとなる領域 Smart Module “ちゃんと動かす”ために Cloud 技術が必要で時間がかかるが、 Gateway S/W ユーザーに価値がわかりにくい領域 をサービス提供 Labs MODE IoT G/W Gateway H/W ユーザーに価値を出す領域 Your responsibility Devices © 2019 MODE, Inc. 18
Page19

MODE Labsの提供メニュー ■ 提供メニュー 提供サービス 詳細 提供内容 Project MODEのProject数 2 Projects Number of G/W G/Wの接続数 Unlimited TSDB Records TSDBのレコード数 Unlimited Soracom Conection ソラコムの通信料 G/W数まで、$20/台を超えた場合協議 Requirement definition 要件定義サポート Customize Development 追加機能開発(G/W・クラウド) 6ヶ月間内 120時間まで Technical Support サンプルコードなどの提供 © 2019 MODE, Inc. 19
Page20

通常のプランとの違い Plan MODE Labs MODE Solutions (Regular Plan) Phase Startup/PoC/MVP PoC/Test/Implement Cloud Service Included 従量課金 Technical Support 120時間(6ヶ月間内) 従量課金 スケジュールを見てカスタマイズ Customization 上記時間内で対応(超過分は別途) (MODE機能の強化は一部有償にて) Share Milestone ◯ ☓ Technical Proposal ◯ ☓ Rapid Chat Support ◯ ☓ Commitment for your business ◯ × © 2019 MODE, Inc. 20