1/1ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(6Mb)

耐熱用材質特集

製品カタログ

耐熱用ステンレス・耐熱用合金鋼(鉄)

S310S耐熱材(ステンレス)とは、主に高温環境下で用いられる、
耐熱オーステナイト系ステンレス鋼の代表的な材質です。
SUS310Sはニッケル(Ni)を20%、クロム(Cr)を25%含有し、耐熱ステンレス鋼である「SUS309S」よりも
耐熱性に優れ、ステンレスの中でも流通量の多い「SUS304」より耐食性が高いです。
1,000℃程度まで対応可能
400℃程度まで対応可能
※強度は、高温になるほど低下していくので、用途によっては使用温度に注意する必要あり
※700~900℃で長時間加熱されると、シグマ相という常温で脆い組織が生成するので、注意が必要
SNB材は高温用の合金鋼ボルト材です。
原子力発電設備に用いる材料規格の一つであり、JIS規格では、SNB5,SNB7,SNB16の三種類が存在します。
(それぞれ1種、2種、3種という名称アリ)
SNB材は3種とも、400℃近い高温化でも、許容引張応力が常温とほとんど変わりません。
http://bolt-nut.a.la9.jp/snb.html

このカタログについて

ドキュメント名 耐熱用材質特集
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 6Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 富田螺子株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

ねじの塗装~ご希望の色に仕上げます~
製品カタログ

富田螺子株式会社

L型アングル用ボルト
製品カタログ

富田螺子株式会社

このカタログの内容

Page1

耐熱用材質特集 耐熱用ステンレス 詳しくは弊社HPをチェック S310S耐熱材(ステンレス)とは、主に高温環境下で用いられる、 耐熱オーステナイト系ステンレス鋼の代表的な材質です。 SUS310Sはニッケル(Ni)を20%、クロム(Cr)を25%含有し、耐熱ステンレス鋼である「SUS309S」よりも 耐熱性に優れ、ステンレスの中でも流通量の多い「SUS304」より耐食性が高いです。 1,000℃程度まで対応可能※ ※強度は、高温になるほど低下していくので、用途によっては使用温度に注意する必要あり※700~900℃で長時間加熱されると、シグマ相という常温で脆い組織が生成するので、注意が必要 耐熱用合金鋼(鉄) 詳しくは弊社HPをチェック SNB材は高温用の合金鋼ボルト材です。 原子力発電設備に用いる材料規格の一つであり、JIS規格では、SNB5,SNB7,SNB16の三種類が存在します。 (それぞれ1種、2種、3種という名称アリ) SNB材は3種とも、400℃近い高温化でも、許容引張応力が常温とほとんど変わりません。 ※400℃近い高温化でも使用できる鋼材は限られています。 400℃程度まで対応可能 耐熱用材質 主なラインナップ ●S301S材六角ボルト(全ねじ) ● S310S材座金(ISO/JIS規格)   ●S310S材六角ボルト(半ねじ)●S310S材スプリングワッシャー  ●S301S材寸切りボルト(荒先) ● S310S材六角ナット1種    ●S310S材六角穴付ボルト(CAP)  高温高圧用材質 ならトミタラシにお任せください! 材質の選定からお手伝いいたします! 03-3754-6228 03-3755-2913 T O M I T A R A S H I C O . , L T D . info@tomitarashi.com