1/12ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(16.6Mb)

【三菱電機】MELSEC iQ-R システムレコーダ 活用事例

事例紹介

このカタログについて

ドキュメント名 【三菱電機】MELSEC iQ-R システムレコーダ 活用事例
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 16.6Mb
取り扱い企業 菱電商事株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

産業用協働ロボット ユニバーサルロボット
製品カタログ

菱電商事株式会社

Edgecrossコンソーシアム
製品カタログ

菱電商事株式会社

このカタログの内容

Page1

MELSEC iQ-R システムレコーダ活用事例
Page2

システムの稼働状態を まるごと記録、かんたん解析 システムレコーダは、異常発生の際のシステムの稼働状態を 「まるごと記録」し、「かんたん解析」することで ダウンタイムの大幅短縮を実現する事後保全ソリューションです。 Case 1 吸着異常によるワーク落下 システムレコーダを活用した 吸着機構によるワーク搬送装置で 装置異常が発生したが、 トラブル解決事例 異常の原因が分からない Page.3 Case 2 印字不良 Case 3 チャック異常 バーコード印字不良を 原因追及のために映像を 検出したが、はっきりとした 確認したが、オートスイッチの 原因が分からない 状態までは分からなかった Page.4 Page.5 Case 4 ヒューマンエラー(品種間違い) Case 5 遠隔地でのトラブル対応 作業ミスの内容を正確に把握し、 現地に行かなくても、 今後の指導または トラブルの状況や原因を正確に 改善策の検討につなげたい 把握できるようにしたい Page.6 Page.7 機能紹介 Page.8, 9 システム構成イメージ、システムレコーダ関連製品 Page.10 2
Page3

Case 1 吸着異常によるワーク落下 1 吸着機構によるワーク 2 現場を確認したが、ワークも 3 普段、装置周りに作業者は 搬送装置で異常が発生! 指定位置に装着されており いないため、異常発生時の 見たところの異常はない 現場状況を知る者がいない ? ? 装置異常の原因が分からない… ログマーカー 機能 システムレコーダで原因解明! P.8 映像データ ログデータ 装置内の様子を録画 LOG トラブル発生時より前の映像を確認したところ、 マーキングした時間付近を確認すると、 1 吸着部からワークが落下している瞬間を確認。 2 「吸着OFF」指令がONする前に真空圧が ログマーカー機能でシークバー上の該当箇所に 低下していることを確認 マーキングする GX VideoViewer GX LogViewer LOG ワークが落下 マーキング マーキング位置 吸着部の真空圧異常は起こっていたが、落下したワークがたまたま指定位置に ズレなく装着されたため、原因が分からなかった システムレコーダにより、 吸着部の真空圧が原因であることが判明 ! 3
Page4

Case 2 印字不良 1 レーザマーキング装置による 2 仕上がり工程で 3 考えられる原因は… バーコード印字 バーコード印字不良を検出! ワークが定位置からズレていた? レーザマーカの制御不良? OK NG 印字不良のはっきりとした原因が分からない… オフライン モニタ システムレコーダで原因解明! P.8 映像データ ログデータ LOG 印字不良となったワークの状態を遡って オフラインモニタで確認したところ、 1 確認したところ、指定位置から大きくズレて 2 エアチャックシリンダのオートスイッチは正常に動作 いることを確認 しているため、搬送時の問題ではないことを確認 GX VideoViewer GX Works3 LOG 3 さらに映像を遡り確認すると、1つ前のワーク取り出し時にチャックがワークに接触し、それにより当該ワークが指定位置から大きくズレていたことが判明 ワークズレ発生 接触! システムレコーダにより、 ワークのズレが原因であることが判明! 4
Page5

Case 3 チャック異常 1 ロボットの先端にある 2 現場を確認するとオート 3 映像を確認しても エアチャックの スイッチは全て正常にON オートスイッチの状態までは オートスイッチ異常が発生 しており、異常の原因は不明 撮影できておらず不明瞭 オートスイッチ ! 異常 装置の異常箇所が分からない… オフライン データフロー モニタ 解析機能 システムレコーダで原因解明! P.8 P.9 1 データフロー解析機能を使用し、 オフラインモニタで異常発生時を再現したところ、エラー要因となる項目を確認 2 1箇所のオートスイッチがONになっておらず、エラーが発生 GX Works3 GX Works3 LOG LOG エラー発生 3 エラー発生の数秒後にオートスイッチがONとなったため、GX LogViewer で当該チャックの状況を確認すると、ワーク把持時にオートスイッチのトリガが立ち上がっていないことが判明(タイムアウト) GX Works3 GX LogViewer LOG LOG オートスイッチON オートスイッチの チャックに取り付けられたオートスイッチのON位置を ON位置を調整 微調整することで、異常発生を回避できることが判明 システムレコーダにより、オートスイッチの ON位置が原因であることが判明! 5
Page6

Case 4 ヒューマンエラー(品種間違い) 1 作業者がワークの加工条件を 2 仕上がりチェックで異常が 3 作業ミスの内容を正確に把握し、 入力 発覚! 今後の指導または 改善策の検討につなげたい ? ? 何が原因かを正確に把握したい… オフライン モニタ イベント履歴 システムレコーダで原因解明! P.8 P.9 ログデータ LOG 1 イベント履歴で、 2 GOTのオフラインモニタでイベント履歴と異常発生より前の動作を確認する 連動させ、GOTでの動作を再現する GX Works3 GT Designer3 LOG LOG イベント履歴 入力ミス発生! GOT画面の レイアウト見直し 実際に発生したミスに対して、 再発防止に向けた作業内容見直し等の検討を実施 手入力から バーコード入力へ システムレコーダにより、原因が分かるので 適切な再発防止策の検討ができる! 6
Page7

Case 5 遠隔地でのトラブル対応 1 他拠点(海外)の現場で 2 電話だけでは現場で起こった 3 現地へ赴いて直接トラブルを トラブル発生! トラブルを正確に把握できない 見ないと分からないので、 時間とコストがかかる ? ¥ 現地に行かなくても原因が分かるようにしたい… システムレコーダで原因解明! miss! 1 トラブル発生時のログデータ、映像データを国内の事務所に送信 LOG 映像データ トラブル発生! ログデータ GX Works3 GT Designer3 LOG LOG GX LogViewer GX VideoViewer LOG 3 2 各種ツールでデータを解析し、異常箇所を特定 修正したプログラムを 今回のトラブルは、現場作業者が メールで現場に送信 改修したシーケンスプログラムに 問題があったため発生したことが判明 システムレコーダで、トラブル対応の工数と コストの大幅な削減を実現! 7
Page8

機能紹介 ログマーカー機能 GX Works3 GX LogViewer GX VideoViewer ✓ トラブルが発生したときの映像に対して、着目点にしるし(ログマーカー)を付けて保存できます。 ✓ GX VideoViewer に付与したログマーカーをGX Works3や GX LogViewer に同期させ、 プログラムの動きなどを 確認することができます。 ✓ ログマーカーは、離れた場所にいても関係者間で共有できます。 ログマーカー GX VideoViewer オフラインモニタ GX Works3 GX LogViewer GT Designer3 ✓ レコーダユニットに保存された各種データを使用してオフラインモニタ上で再生することにより、 トラブル発生時の状態をエンジニアリングツール上で再現できます。 ✓ GX Works3で回路モニタ(プログラムの遷移)、GX LogViewer で波形データを確認でき、 GX Works3の シークバー上のスライダーを動かすことで、プログラム・波形データ・操作履歴を同期させ再生できます。 赤カーソルが スライダーに同期 スライダー GX Works3 GX LogViewer 8
Page9

データフロー解析機能 GX Works3 ✓ GX Works3のプログラムからデバイスフロー図を自動作成し、関連データを視覚的に表示します。 ✓ コメントや命令図もフロー内に表示します。 ✓ フローをダブルクリックすると、該当デバイス /ラベルにジャンプすることができます。 データフロー図 ダブルクリックで ジャンプ ラダー FBD ST イベント操作履歴 GX Works3 ✓ 外部機器からのデバイス /ラベル操作をイベント履歴として記録できるため、 「 いつ、どこで、どのデバイス /ラベルが、どのように変更されたか」を正確に把握できます。 記録対象 • エンジニアリングツールからの操作 • SLMPによるデバイス /ラベル書込み • 命令によるデバイス書込み (他局または他号機からの書込み) • シンプルCPU通信によるデバイス書込み (交信相手からの書込み) 9
Page10

システム構成イメージ CPUユニット レコーダユニット Ethernet PoEHUB 設定用パソコン GOT ネットワークカメラ システムレコーダ関連製品 レコーダユニット RD81RC96 モーションユニット RD78GH RD78G サーボアンプ MR-J5シリーズ エラー発生時、全ての実ドライバ 軸の情報をモーションユニットと 問題発生前後の全デバイス / サーボアンプにおいて自動で ラベルデータを毎スキャン、 収集します。 タイムスタンプ付きで自動収集します。 トラブル発生時の指令値や フィードバック値の収集結果を もとに、トラブルシュートに 役立てられます。 RD81RC96 MR-J5-G RD78G カメラ録画パッケージ ネットワークカメラに映像の記録タイミングを指示するためのカメラ録画パッケージは、ファンクションブロック(FB)と 接続手順書から構成されています。三菱電機 FAサイトから無償でダウンロードしてお使いいただけます。 GX VideoViewer 記録したカメラ映像は、汎用の動画再生ソフトで表示できるほか、GX VideoViewerで確認できます。 GX VideoViewerは、エンジニアリングツールとは独立したツールであり、三菱電機 FAサイトから無償でダウンロードして お使いいただけます。 GX Works3、GX LogViewer、GT Designer3 GX Works3は、直感的なプログラミング環境により開発コスト削減に貢献する次世代エンジニアリングソフトウェアです。 GX LogViewerは、収集したロギングファイルをわかりやすい操作で表示・分析する専用ビューアです。 GT Designer3は、三菱電機グラフィックオペレーションターミナル GOT2000シリーズ用の画面作成ソフトウェアです。 各製品の仕様については、三菱電機汎用シーケンサシステムレコーダカタログ(L(名)08724)または三菱電機 FAサイトをご覧ください。 10
Page11

低圧配電制御機器 高圧配電制御機器 電力管理機器 三菱電機は、シーケンサやACサーボを始めとするFA機器からCNC、放電加工機など産業メカトロニ クス製品まで、幅広いFA製品をお届けしています。 シーケンサ、産業用PC、FAセンサ 生産現場で、最も信頼される ブランドを目指して 駆動機器 三菱電機は、コンポーネントから加工機まで、 さらに、世界中で三菱電機独自の、グローバル 幅広いFA(Factory Automation)事業を ネットワークを駆使し、確かな技術と安心の 展開しています。さまざまな分野の生産シス サポートをご提供しています。三菱電機のFA テムを支援し、生産性向上と品質向上の実現を 事業は、常にお客様との密接なコミュニケー 表示器(HMI) 目指しています。そして開発から製造、品質 ションに基づき、最先端のFAソリューションを 管理まで一貫した体制で、お客様のニーズを ご提案し、世界のものづくりに貢献していきます。 いち早く取り込み、ご満足いただける製品づく りに取り組んでいます。 数値制御装置 (CNC) 産業用ロボット 加工機 変圧器、太陽光発電、EDS 11
Page12

MELSEC iQ-R システムレコ ーダ活用事例 〒  東京都千代田区丸の内 (東京ビル) お問合せは下記へどうぞ 本社機器営業部············ 〒110-0016 東京都台東区台東1-30-7(秋葉原アイマークビル) ··································································· (03)5812-1450 北海道支社 ··················· 〒060-8693 札幌市中央区北二条西4-1(北海道ビル) ················································································· (011)212-3794 東北支社 ······················· 〒980-0013 仙台市青葉区花京院1-1-20(花京院スクエア) ········································································· (022)216-4546 関越支社 ······················· 〒330-6034 さいたま市中央区新都心11-2(明治安田生命さいたま新都心ビル) ·········································· (048)600-5835 新潟支店 ······················· 〒950-8504 新潟市中央区東大通1-4-1(マルタケビル4F) ··········································································· (025)241-7227 神奈川支社 ··················· 〒220-8118 横浜市西区みなとみらい2-2-1(横浜ランドマークタワー) ···························································· (045)224-2624 北陸支社 ······················· 〒920-0031 金沢市広岡3-1-1(金沢パークビル) ··························································································· (076)233-5502 中部支社 ······················· 〒450-6423 名古屋市中村区名駅3-28-12(大名古屋ビルヂング) ······························································· (052)565-3314 豊田支店 ······················· 〒471-0034 豊田市小坂本町1-5-10(矢作豊田ビル) ··················································································· (0565)34-4112 関西支社 ······················· 〒530-8206 大阪市北区大深町4-20(グランフロント大阪 タワーA) ······························································· (06)6486-4122 中国支社 ······················· 〒730-8657 広島市中区中町7-32(ニッセイ広島ビル) ·················································································· (082)248-5348 四国支社 ······················· 〒760-8654 高松市寿町1-1-8(日本生命高松駅前ビル) ·············································································· (087)825-0055 九州支社 ······················· 〒810-8686 福岡市中央区天神2-12-1(天神ビル) ······················································································· (092)721-2247 電話技術相談窓口 受付時間※1 月曜~金曜 9:00~19:00、土曜・日曜・祝日 9:00~17:00 対 象 機 種 電話番号 自動窓口案内 自動窓口案内選択番号※7 対 象 機 種 電話番号 選択番号※7 自動窓口案内 052-712-2444 ─ SCADA MC Works64 052-712- 2962※2※6 ─ 産業用PC MELIPC MELSERVOシリーズ 1➡2 エッジコンピューティング製品 052-712-Edgecross対応ソフトウェア 2370※2 8 位置決めユニット (MTConnectデータコレクタを除く) (MELSEC iQ-R/Q/L/AnSシリーズ) 1➡2 MELSEC iQ-R/Q/L/QnAS/AnSシーケンサ 052-711- モーションユニット (CPU内蔵Ethernet機能などネットワークを除く) 5111 2➡2 (MELSEC iQ-Rシリーズ) 1➡1 MELSEC iQ-F/FXシーケンサ全般 052-725- サーボ/位置決めユニット/ 2➡1 シンプルモーションユニット2271※3 モーションユニット/ (MELSEC iQ-R/iQ-F/Q/Lシリーズ) 1➡2 シンプルモーションユニット/ 052-712- ネットワークユニット 052-712- モーションコントローラ/ モーションCPU 6607 (CC-Linkファミリー/MELSECNET/Ethernet/シリアル通信) 2578 2➡3 センシングユニット/ (MELSEC iQ-R/Q/AnSシリーズ) 1➡1 MELSOFTシーケンサ MELSOFT GXシリーズ 052-711- エンジニアリングソフトウェア (MELSEC iQ-R/Q/L/QnAS/AnS) 0037 2➡2 組込み型サーボシステムコントローラ センシングユニット (MR-MTシリーズ) 1➡2 MELSOFT シンプルモーションボード/ 統合エンジニアリング環境 MELSOFT Navigator 052-799- 2➡6 ポジションボード 1➡2 3591※2 iQ Sensor Solution MELSOFT MTシリーズ/ MRシリーズ/EMシリーズ 1➡2 MELSOFT 通信支援ソフトウェアツール MELSOFT MXシリーズ センサレスサーボ FR-E700EX/MM-GKR 052-722-052-712- 2182 MELSECパソコンボード Q80BDシリーズなど 2370※2 2➡4 3052-722- C言語コントローラ/C言語インテリジェント機能ユニット インバータ FREQROLシリーズ 2182 MESインタフェースユニット/高速データロガーユニット 052-799- 2➡5 システムレコーダ 3592※2 三相モータ 三相モータ225フレーム以下 0536-25- 0900※2※4 ─ プロセスCPU/二重化機能 産業用ロボット MELFAシリーズ 052-721-SIL2プロセスCPU 0100 5 MELSEC計装/iQ-R/ (MELSEC iQ-Rシリーズ) 052-712- Q二重化 プロセスCPU/二重化CPU 2830※2※3 2➡7 電磁クラッチ・ブレーキ/テンションコントローラ 052-712- 5430※5 ─ (MELSEC-Qシリーズ) データ収集アナライザ MELQIC IU1/IU2シリーズ 052-712-MELSOFT PXシリーズ 5440※5 ─ 安全シーケンサ MS-Tシリーズ/MS-Nシリーズ 052-719- (MELSEC iQ-R/QSシリーズ) 052-712- 低圧開閉器 4170 7➡2MELSEC Safety US-Nシリーズ 安全コントローラ(MELSEC- 3079※2※3 2➡8 ノーヒューズ遮断器/ WSシリーズ) 低圧遮断器 漏電遮断器/MDUブレーカ/ 052-719-4559 7➡1 電力計測ユニット/絶縁監視ユニット QEシリーズ/REシリーズ 052-719- 2➡9 気中遮断器(ACB)など4557※2※3 電力量計/計器用変成器/ レーザ変位センサ 電力管理用計器 指示電気計器/管理用計器/ 052-719- 7➡3 FAセンサ MELSENSOR ビジョンセンサ 052-799- 6 タイムスイッチ 4556 9495※2 コードリーダ EcoServer/E-Energy/ 052-719- GOT2000/1000シリーズ 4➡1 省エネ支援機器 検針システム/エネルギー計測 ※2※3 7➡4 表示器 GOT 052-712- ユニット/B/NETなど 4557 MELSOFT GTシリーズ 2417 4➡2 小容量UPS(5kVA以下) FW-Sシリーズ/FW-Vシリーズ/ 052-799-FW-Aシリーズ/FW-Fシリーズ 9489※2※6 7➡5 お問合せの際には、今一度電話番号をお確かめの上、お掛け間違いのないようお願いいたします。 ※1:春季・夏季・年末年始の休日を除く ※2:土曜・日曜・祝日を除く ※3:金曜は17:00まで ※4:月曜~木曜の9:00~17:00と金曜の9:00~16:30 ※5:受付時間9:00~17:00(土曜・日曜・祝日・当社休日を除く) ※6:月曜~金曜の9:00~17:00  ※7:選択番号の入力は、自動窓口案内冒頭のお客様相談内容に関する代理店、商社への提供可否確認の回答後にお願いいたします。 FAX技術相談窓口 受付時間 月曜~金曜 9:00~16:00(祝日・当社休日を除く) 対 象 機 種 FAX番号 三菱電機FAサイトの「仕様・機能に関するお問い合わせ」もご利用ください。※8:月曜~木曜の9:00~17:00と金曜の9:00~16:30(祝日・当社休日を除く) 電力計測ユニット/絶縁監視ユニット(QEシリーズ/REシリーズ) 084-926-8340 ※9:月曜~金曜の9:00~15:00(祝日・当社休日を除く) 三相モータ225フレーム以下 0536-25-1258※8 低圧開閉器 0574-61-1955※9 低圧遮断器 084-926-8280 電力管理用計器/省エネ支援機器/小容量UPS(5kVA以下) 084-926-8340 この印刷物は、2020年10月の発行です。なお、この印刷物に掲載した内容は、改善のために予告 L(名)   なく変更する場合がありますので、ご採用の節には、事前に弊社までお問い合わせください。 年 月作成