1/84ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(11.5Mb)

【三菱電機】MELSEC iQ-R システムレコーダ 導入ガイド

製品カタログ

このカタログについて

ドキュメント名 【三菱電機】MELSEC iQ-R システムレコーダ 導入ガイド
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 11.5Mb
取り扱い企業 菱電商事株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

産業用協働ロボット ユニバーサルロボット
製品カタログ

菱電商事株式会社

Edgecrossコンソーシアム
製品カタログ

菱電商事株式会社

このカタログの内容

Page1

MELSEC iQ-R システムレコーダ導入ガイド 本ガイドは,保全ソリューションの一つであるシステムレコーダを導入するための手引書です。システムレコーダ では,システム動作中にレコーダユニットによりプログラムデータの動きやエラー,イベント発生などを記録しま す。記録をGX Works3で再生し,過去のシステムの動きを確認できます。GOTオフラインモニタを使用することに より,トラブルが発生した現場の状況を再現したり,カメラで撮影した映像を併用して,トラブル要因の特定およ び解析に活用します。 記録 レコーダユニット …収集データをSDメモリカードに保存 カメラ録画パッケージ …録画データを汎用PC(Windows10)に保存 再現 オフラインモニタ機能 GOTオフライン GX LogViewer GX Works3 モニタ GX VideoViewer 解析 GX Works3 データフロー解析
Page2

目次

目次 第1章 概要 2 1.1 導入までの全体の流れ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4 第2章 事前準備 5 2.1 配線. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5 2.2 SDメモリカードの装着 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5 2.3 パソコンのIP設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6 第3章 レコーディング機能 8 3.1 プロジェクト新規作成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9 3.2 レコーディング設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12 レコーディング設定を複数設定する場合 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .15 3.3 プログラム作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17 3.4 書込み. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18 3.5 記録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21 第4章 カメラ録画機能 24 4.1 ネットワークカメラの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25 初期起動設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .25 日付と時刻設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .29 録画イベント設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .30 4.2 シーケンサの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38 CPUユニットのパラメータ設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .38 プログラムの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .42 書込み . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .46 4.3 GX VideoViewer. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 47 第5章 オフラインモニタ機能 51 第6章 データフロー解析機能 59 6.1 データフロー表示の概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 61 第7章 運用例 62 7.1 レコーディング結果の確認方法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62 動作内容 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .62 解析手順 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .63 付録 73 付1 トラブルシューティング. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 73 レコーダユニットのエラー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .73 カメラ録画に関するエラー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .76 付2 イベント履歴機能(デバイス/ラベル操作の保存) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 79 関連マニュアル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 81 改訂履歴. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82 1
Page3

1 概要

1 1 概要 システムレコーダとは,事後保全のフェーズで行う下記の3つのステップを統合したソリューションです。 ステップ 対応する機能 内容 必要なユニットまたは エンジニアリングツール 記録 レコーディング機能 シーケンサCPUの全デバイスに加え,ラベル,カメラ映像をタイムスタンプ付き • CPUユニット で収集および記録します。 • レコーダユニット CPUユニットのデータをファイル保存トリガが成立したタイミングでレコーディ • GX Works3 カメラ録画機能 ングファイルに出力し,レコーダユニットのSDメモリカードに保存するレコー • カメラ録画パッケージ ディング機能と,CPUユニットの内蔵Ethernetに接続したネットワークカメラを • GX VideoViewer 使用して,CPUユニットと同期したカメラ映像を録画するカメラ録画機能があり ます。 再現 オフラインモニタ機能 記録した各種データを同期して再生し,異常が発生するタイミングを容易に特定 • GX Works3 できます。 • GT Designer3 レコーダユニットのSDメモリカードに保存されたレコーディングファイルをオフ ラインモニタ上で再生するオフラインモニタ機能があります。また,GOTオフラ インモニタを起動することで,GOTのモニタ画面も再生できます。 解析 データフロー解析機能 シーケンスプログラムをトレースし,異常の真因究明までの時間を短縮できます。 GX Works3 選択したデバイス,ラベルが変化する要因となるプログラム上のデバイス,ラベ ル,パラメータ,および現在値変更のイベント履歴を検索し,関係する項目をフ ロー図で表示するデータフロー解析機能があります。 本書では,これら3つのステップを実現するための,MELSEC iQ-Rシリーズ レコーダユニットRD81RC96やネットワークカメ ラを設定する手順,GX Works3の各機能について説明します。 また,レコーディングユニットで記録したデータのモニタ,ネットワークカメラでの映像,GX Works3の解析機能やGX LogViewerを使用し,トラブルの要因を特定するための手順例も示します。1 概要 2
Page4

3 システム構成 下記のシステム構成を例として説明します。 (1) (2) (6) (7) (3) (5) (4) 機器/ソフトウェア 形名 IPアドレス (1) CPU ユニット R16CPU 192.168.3.39(デフォルト) (2) レコーダユニット RD81RC96  (レコーダユニットにはSDメモリカードの装着が必要です。) (3) 設定用パソコン GX Works3*1  192.168.3.100 GX LogViewer*2  GT Designer3*3  GX VideoViewer*4  (4) ネットワークカメラ M1065-L 192.168.3.42 (5) 汎用PC(Windows10)  192.168.3.30 (6) GOT GT2715-XTBA 192.168.3.18(デフォルト) (7) PoEスイッチングHUB GS108PE  *1 本書ではバージョン1.070Yを使用します。 *2 本書ではバージョン1.112Rを使用します。 *3 本書ではバージョン1.241Bを使用します。 *4 本書ではバージョン1.006Gを使用します。1 概要
Page5

1.1 導入までの全体の流れ

1 1.1 導入までの全体の流れ 以下の手順で設定と動作確認を行ってください。詳細については本書の2章以降を参照してください。 事前準備 機器の配線,SDメモリカード装着等の準備をします。 2 章 レコーディング機能 レコーディング機能を使用するために,レコーディング設定を行います。 3 章 ネットワークカメラとパソコンを接続し,映像を撮ったり, カメラ録画機能 保存したりするための設定を行います。また,録画に必要なプログラムについても示します。 4 章 レコーディング機能で保存したレコーディングファイルを オフラインモニタ機能 開き,オフラインでプログラムの動きなどをモニタします。 5 章 プログラム内で選択したデバイスの動きが,どのデバイスから データフロー解析機能 影響を受けているか,あるいはどのデバイスに影響を与えるのかを確認します。 6 章 カメラの映像,GX Works3 のオフラインモニタ機能, 運用例 データフロー解析やGX LogViewer を使って,エラーの原因について調査・解析を行います。 7 章1 概要 1.1 導入までの全体の流れ 4
Page6

2 事前準備、2.1 配線、2.2 SDメモリカードの装着

5 2 事前準備 2.1 配線 本書で説明する配線を示します。 パソコンとCPUユニット,レコーダユニット,ネットワークカメラ,汎用PC(Windows10),GOTをEthernetケーブルでPoE スイッチングHUBに接続します。 シーケンサ 設定用パソコン PoE GOT スイッチング HUB 汎用 PC(Windows10) ネットワークカメラ シーケンサ,ネットワークカメラ,汎用PC(Windows10),設定用パソコン,GOTの各機器に対して,IPアド レスの設定が必要です。設定するIPアドレスは,すべて同一セグメントとなるよう設定してください。 2.2 SDメモリカードの装着 CPUユニットとレコーダユニットにSDメモリカードを装着します。 CPUユニットへのSDメモリカードは必須ではありませんが,イベントロギングの保存先がROMになると,書込み回数制限 でCPUの寿命が早まるため装着を推奨します。 レコーダユニットのSDメモリカードは,レコーディングファイルを保存する際に必要になります。 CPU ユニット レコーダユニット2 事前準備 2.1 配線
Page7

2.3 パソコンのIP設定

2 2.3 パソコンのIP設定 設定用パソコンと汎用PC(Windows10)のIPを設定します。 操作手順 1. 「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」で,パソコンのIPアドレスを設定します。 例 設定用パソコン: 192.168.3.100 汎用PC(Windows10): 192.168.3.302 事前準備 2.3 パソコンのIP設定 6
Page8

7 • 接続する機器のIPアドレスと同一のセグメントになるように設定します。 • その他機器のIPアドレス設定は,下記を参照してください。 シーケンサ: 38ページ シーケンサの設定 ネットワークカメラ: 25ページ ネットワークカメラの設定 GOT: GT Designer3 (GOT2000) 画面設計マニュアル2 事前準備 2.3 パソコンのIP設定
Page9

3 レコーディング機能

3 3 レコーディング機能 レコーディング機能は,CPUユニットのデバイスおよびラベルやイベント履歴をレコーダユニットに蓄積し,ファイル保存 トリガが成立したタイミングで,保存期間分のデータをレコーディングファイルに出力,SDメモリカードへの保存を行う 機能です。 CPUユニット レコーダユニット SDメモリカード データ収集用 レコーディング レコーディング バッファエリア バッファ ファイル保存トリガ ファイル デバイス/ ラベル 設定1 設定1 エリア 設定1 設定2 レコーディング ファイル 設定2 設定2 : 収集データ レコーディング機能を使用するために下記の設定をします。 レコーディングの方式には,「ファイル保存トリガのみ」と「レコーディング開始トリガ+ファイル保存トリガ」あります。 ここではデバイスM0がONした時点から,前30秒,後5秒の間レコーディングを行うファイル保存トリガのみの,レコー ディング方式での設定例を記載します。 設定項目 内容 レコーディング設定 レコーディングに必要な設定を作成します。 ■設定内容 • レコーディング方式:ファイル保存トリガのみ • デバイス/ラベルを一括で指定する: チェック • デバイス: M03 レコーディング機能 8
Page10

3.1 プロジェクト新規作成

9 3.1 プロジェクト新規作成 CPUユニットとGOTのプロジェクトを作成します。 CPUユニット GX Works3で以下の設定を行ってください。 操作手順 1. プロジェクトを新規作成します。 シリーズはRCPU に設定します。 システム構成に合わせて 設定します。 2. ユニット構成図を設定します。 [ナビゲーション][ユニット構成図] 必要なユニット(ベースユニット,電源ユニット, CPUユニット,情報ユニット「RD81RC96」)を システム構成に合わせて設定します。3 レコーディング機能 3.1 プロジェクト新規作成
Page11

3 3. パラメータを確定します。 ユニット構成図上で右クリック[パラメータ][確定] [はい]をクリックします。 4. レコーダユニットが追加されます。 クリックします。 レコーダユニットを追加時,CPUパラメータの自動設定が行われます。 下記の設定時に関連しています。 15ページ レコーディング設定を複数設定する場合,79ページ イベント履歴機能(デバイス/ラベル操作 の保存) この二点について 自動で設定されます。3 レコーディング機能 3.1 プロジェクト新規作成 10
Page12

11GOT GT Designer3で以下の設定を行ってください。 操作手順 1. GT Designer3を立ち上げます。 2. プロジェクトの新規作成ウィザードで以下のように設定し,プロジェクトを作成します。3 レコーディング機能 3.1 プロジェクト新規作成
Page13

3.2 レコーディング設定

3 3.2 レコーディング設定 GX Works3を使用して,レコーダユニットのレコーディング設定を行います。 レコーディング設定画面の詳細については,下記を参照してください。 MELSEC iQ-R システムレコーダユーザーズマニュアル(応用編) 操作手順 1. レコーディング設定を新規追加します。 [ナビゲーションウィンドウ][パラメータ][レコーディング設定]右クリック[新規作成]*1 クリックして, レコーディング 設定を行います。 *1 レコーディングメニューからでも新規作成が可能です。 クリックします。3 レコーディング機能 3.2 レコーディング設定 12
Page14

132. 保存期間設定でレコーディング方式を選択します。 例レコーディング方式: ファイル保存トリガのみ,トリガ前時間: 30秒,トリガ後時間: 5秒 デバイス/ラベルの収集にかかる, 処理時間の概算値が表示されます。 3. デバイス/ラベル収集設定を行います。 例デバイス/ラベルを一括で指定する: チェック(デフォルト) デバイス/ラベルを一括で指定するにチェックした場合は,作成したプログラム内のデバイス,ラベルを自 動で収集対象に設定します。3 レコーディング機能 3.2 レコーディング設定
Page15

3 4. ファイル保存トリガ設定で,ファイル保存トリガに使用するデバイスを設定します。 例デバイス: M0(立上り)3 レコーディング機能 3.2 レコーディング設定 14
Page16

レコーディング設定を複数設定する場合

15レコーディング設定を複数設定する場合 レコーディング設定は4つまで設定できます。デフォルトでは設定2~4のCPUパラメータのデータ収集用バッファエリア設 定,レコーダユニットのユニットパラメータのレコーディングバッファ設定がともに0となっています。そのため,各設定 ごとに容量を設定する必要があります。 操作手順 1. ユニットパラメータウィンドウ下部の[レコーディングバッファ設定]をダブルクリックします。 2. レコーディング設定で使用するレコーディングバッファの容量を変更します。3 レコーディング機能 3.2 レコーディング設定
Page17

3 3. CPUパラメータのデータ収集用バッファエリア設定を設定します。 ナビゲーションウィンドウ[パラメータ]使用するCPUユニット[CPUパラメータ] CPUパラメータのデータ収集用バッファエリア設定で指定する容量は,レコーディング設定画面で,必要サ イズを確認できます。3 レコーディング機能 3.2 レコーディング設定 16
Page18

3.3 プログラム作成

173.3 プログラム作成 レコーディングの例として,下記のプログラムを使用します。 例 設定した ファイル保存トリガ 上記プログラムに対応した以下のようなGOTの画面を作成,使用します。 タッチスイッチ ランプ3 レコーディング機能 3.3 プログラム作成
Page19

3.4 書込み

3 3.4 書込み CPUユニットにパラメータ,プログラムおよびレコーディング設定,GOTにプロジェクトデータを書込みます。 その後CPUユニットおよびGOTをリセット,または電源をOFFONします。 CPUユニット 操作手順 1. GX Works3を起動して,パソコンと接続します。 [オンライン][現在の接続先] 右のとおり 設定します。 2. シーケンサへの書込みを行います。 メニューの[オンライン][シーケンサへの書込み]3 レコーディング機能 3.4 書込み 18
Page20

193. [パラメータ+プログラム]を選択後,[実行]ボタンをクリックします。 クリックします。 クリックして, 書込みます。 GOT 操作手順 1. GT Designer3を起動して,パソコンとの接続設定を行い,[OK]ボタンをクリックします。 メニューの[通信][GOTへの書込み] 右のとおり 設定します。3 レコーディング機能 3.4 書込み