1/5ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(3.4Mb)

産業用IoTプラットフォーム「ThingsPro」アプリケーション事例集

事例紹介

産業用IoTの鍵、クラウド化を簡素化するソフトウェア「ThingsPro」を搭載したIIoTゲートウェイのアプリケーション事例集

Internet of things (IoT) の本質はデータにあります。重要なデータに基づいて意思決定を行うためには、データに意味を持たせ、有益なビジネス情報へ変換する前に、まずインターネットを介して、あらゆる種類のデバイスからデータをキャプチャして収集する必要があります。しかし、産業用 IoT アプリケーションを導入することは、それほど簡単ではありません。産業 IoT 戦略を実行する際、企業は多くの重要な課題に直面します。
Moxa の「 ThingsPro Suite」 は産業アプリケーションにおける IIoT の課題を克服するソリューションを提供します。ソーラーエネルギマネージメント、気象観測所の監視、ITS 高度交通管制システム、デジタルサイネージボード、地理情報システムといった事例をご紹介致します。

◆詳細はカタログをダウンロードしてご覧下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 産業用IoTプラットフォーム「ThingsPro」アプリケーション事例集
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 3.4Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 Moxa社代理店:アイ・ビー・エス・ジャパン株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

産業用ネットワークのためのサイバーセキュリティ対策 導入事例集
事例紹介

Moxa社代理店:アイ・ビー・エス・ジャパン株式会社

産業用サイバーセキュリティチェックリスト
その他

Moxa社代理店:アイ・ビー・エス・ジャパン株式会社

シリアルデバイス×IIoT 現場の課題を解決する導入ガイドブック
ハンドブック

Moxa社代理店:アイ・ビー・エス・ジャパン株式会社

このカタログの内容

Page1

産業⽤IoTプラットフォーム 「ThingsPro」アプリケーション事例集
Page2

ソリューションの概要 産業プロジェクトの IIoT 開発を 推進する鍵となるソフトウェア Moxa の ThingsPro Suite は、ソーラーエネルギマネージメント、気象観測所の監視、ITS 高度交通管制システム、デジタルサイネージボード、地理情報シ ステムといった産業アプリケーションにおける IIoT の課題を克服することができます。 ThingsPro™Suite 2 - インテリジェントなデータ収集と Internet of things (IoT) の本質はデータにあります。重要なデータに基づいて意思決定を行うためには、データに意味を持たせ、有益なビジネス情報へ変 換する前に、まずインターネットを介して、あらゆる種類のデバイスからデータをキャプチャして収集する必要があります。しかし、産業用 IoT アプリケー デバイスマネージメントプラットフォーム ションを導入することは、それほど簡単ではありません。産業 IoT 戦略を実行する際、企業は多くの重要な課題に直面します。 ThingsPro Suite は、Amazon Web Services(AWS)などの IIoT クラウドサービスへの接続を即時実行可能な Modbus ポーリングエンジン、クライアント インターフェースを提供し、フィールドデバイスとクラウドの迅速な統合を可能にします。 ThingsPro は、IoT に適した MQTT プロトコルを通信バックボーンとして使用します。MQTT は IoT、M2M に最適な軽量のプロトコルで、多くの企業で広く 重要な課題と Moxa のソリューション 採用されています。Amazon Web Services(AWS)や Microsoft Azure のような、クラウド Web サービスの主要な通信インターフェースでも、このプロトコルが使用されています。また MQTT は、データベースへの統合が比較的容易に行うことができ、ユーザは、オープンソースのプラグインを使用して MQTT データを商用のデータベースで使用する共通フォーマットに簡単に変換することも可能です。 産業用 IoT 環境において、デバイスを一括導入する際の ThingsPro システムアーキテクチャ 複雑な統合を簡素化する方法は? Moxa の ThingsPro Suite は、エッジデバイスのマネージメント、Modbus を使用したデータ収集、プライベートクラウド またはサードパーティのクラウドサービスへのデータアップロードを MQTT および RESTful API を使用して統合すること を可能にします。 ケーブル敷設の制約がある厳しい環境下でも 安定したデータ伝送を維持するにはどうすればよいですか? Moxa は、-40 ~ 70℃のワイド動作温度範囲で 4G LTE コネクティビティをサポートする産業用 IoT ゲートウェイを提供 します。更に、Moxa の ThingsPro Suite は、信頼性の高いデータ転送を保証する 4G キープアライブ機能を提供します。 無人またはリモートサイトでシステムの稼働時間を維持する方法は? Overload 一般的な産業 IoT 環境で、 IoT ゲートウェイはトラブルシューティングやメンテナンスの際に、手間とコストがかかる無 人またはリモートサイトに配置されるケースが多々あります。Moxa の ThingsPro Server は、リモートアクセス、コンフィ ギュレーション、ファームウェアアップグレード、デバイスの再起動といったリモートデバイスマネージメントに必要なタス クを可能で、IIoT デバイスのメンテナンスを容易にします。 貴重なビジネスデータを安全に保つ方法 不正アクセスを防止するために Moxa は、デバイス、kernel、API、セキュアブート、データ暗号化、VPN トンネリング、API セ キュリティトークンを使用して IIoT システムのすべての通信レベルでのセキュリティを強化します。 1 2
Page3

ソリューションの概要 主な特徴 ThingsPro™ 2 Server ThingsPro Suite は、オープン Debian Linux プラットフォーム上にビルトインする一連のソフトウェアパッケージです。 Modbus 通信、コンピューティング、 データ収集、ワイヤレスネットワークの統合を簡単な手順で実行することができます。 ThingsPro Suite は、ゲートウェイ、サーバツールを備えており、ロー リモート資産を管理するためのデバイスマネージメントツール カルの SCADA またはクラウド上のサービスやアプリケーションにフィールドデバイスを簡単に導入、管理、統合するための機能を提供します。 ThingsPro Server は、デバイスマネージメントのためのソフトウェアサービスで Amazon Web Services(AWS)といった一般的なクラウドサービスプロバイダ でホストすることができます。ThingsPro Server は、ThingsPro Gateway を見つ けて管理するためのマップビューを提供します。また、リモートファームウェアの アップグレード、コンフィギュレーションの変更、またはユーザアプリケーション ThingsPro™ 2 Gateway を実行することができます。 フィールドデバイスとデータベース間の プログラマブル Modbus データロガー マネージメントが容易なインタラクティブマップビュー 独自にデータ収集や資産管理ソフトウェアプログラムを開発するユーザのた デバイスがフィールドに導入されたらゲートウェイと接続されたデバイスをリモー めに ThingsPro Gateway は、ゲートウェイ上でプログラミングを追加するこ ト管理するための便利な方法が必要となります。ThingsPro Server は、クラウド となく、リモートデータベースにフィールドデータを直接転送できる機能を提 ベースのデバイスマネージメントツールでオンデマンドまたはプリセットスケジュ 供します。ThingsPro Gateway は包括的な Modbus プロトコルをサポートし ールを使用してファームウェアのアップグレード、コンフィギュレーションの変更、 ており、ユーザは簡単にプロトコルポーリングテーブルを構成し、バックエン およびユーザプログラムの更新をリモートで実行することができます。マップ上に ドデータベースにデータをアップロードすることができます。これにより、ユ ping をドロップすることで、デバイスのロケーションを特定できるマップビューを ーザはデータを取得してバックエンドデータベースへ転送する部分の心配を 提供します。その後、インタラクティブマップを使用してデバイスのステータスの することなく、アプリケーション開発に集中することができます。 表示または Moxa の産業 IoT ゲートウェイのコンフィギュレーションを変更する ことができます。 通信対応プログラマブルプラットフォーム リモート通信のセキュリティ保護 産業用 IoT 環境は、それぞれ異なるタイプの専門知識を必要とするいくつ ThingsPro Server には、ユーザグループおよびサブグループのログイン認証、API かのエリアで構成されています。例えば、オートメーション業界の多くの人々 コールを保護するためのトークン認証、TLS v1.2 データ暗号化を含む複数のセキ は、Modbus といった産業用プロトコルに精通していますが IT インフォ ュリティ機能が搭載されています。ThingsPro Server は、VPN サーバへのセキュ メーションテクノロジーおよび 4G LTE には精通していません。ThingsPro アな VPN トンネルを開くことができます。これは、サードパーティツールを使用し Gateway は、フィールドデバイスを広域ネットワーク(WAN)に接続する際 て産業 IoT ゲートウェイの背後にあるリモートデバイスにセキュアな VPN コネク に必要な変換タスクをすべて実行することでオートメーション技術のユー ションをセットアップすることができます。 ザと専門家を支援します。その結果、エンジニアは、ワイヤレス技術に慣れ るために余分な努力を費やす必要がなく、アプリケーション開発にもっと 集中することができます。 RESTful API は、特別に設計された アクセスコントロールのためのアカウントマネージメントツール ThingsPro 機能へのアクセスを提供します システム管理に関して ThingsPro は、システム管理者が管理者レベルおよびユーザレベルのアカウントを作成し、ネットワーク内の産業用 IoT ゲートウェイへのユ ーザアクセスを制限することができます。 ThingsPro Gateway 上のすべてのソフトウェア機能は、API フォーマットで 利用可能です。プログラマは、ThingsPro API をカスタムプログラムおよび アプリケーションに組み込むことにより大幅な時間と労力を削減すること ができます。 3 4
Page4

Moxa ThingsPro™ Suite アプリケーション クラウドベース監視による スマートな作業現場を実現 推奨製品 業界の背景 なぜ ThingsPro™ がクラウドベースの UC-8100-ME-T シリーズ ファクトリーオートメーションという工場、生産現場の自動化、IoT 化の波は製造業において既に大きなムーブメントとなっています。工場内に大量に設置 監視に適しているのですか 産業用 IoT ゲートウェイ された機器からデータ収集して、データを分析・可視化することで生産効率・パフォーマンスの向上につなげることができます。さらには管理・メンテンナ • 4G LTE コネクティビティサポート ンス上でのメリットも享受できます。しかし、IT 技術と OT 技術においての専門分野の違いなどにより導入に多くの課題が発生する場合があります。 産業機器の多くは Modbus/TCP をサポートしており、Things Pro は Modbus を使用したデ • -40 ~ 70℃の幅広い動作温度範囲 ータ収集、プライベートクラウドまたはサードパーティのクラウドサービスへのデータアップ • ARM Cotex-A8 1GHz プロセッサ ロードを MQTT または RESTful API を使用して統合することを可能にします。 また、Things ユーザーのニーズと要件 • デュアルオートセンシングPro は OT 技術者が不慣れなプロトコルの通信に必要な変換タスクを簡素化します。更に、 10/100Mbps イーサネットポート ログイン認証、API トークン認証、TLS v1.2 データ暗号化などの複数のセキュリティ機能を 航空産業分野において優れた製造技術と金属部品加工に長年携わっている企業では、クライアントからの大量かつ緊急のオーダに対応できるリードタイ 搭載しており、インターネット上の脅威からネットワークを保護します。 ムをできるだけ短縮して欲しいという要望があり、生産能力を高める必要性に迫られました。しかし 5 軸 CNC マシンは、ほぼ 24 時間稼働をしている状態 であるため、既存の CNC マシンのオペレーションの効率化して生産性とメンテナンスにも役立つリアルタイムのパフォーマンスデータが必要であるとエン またリモートアクセス、コンフィギュレーション、ファームウェアアップグレード、デバイスの再 ジニアは判断し、クラウドを使用したデータ収集と監視システムの導入を決定しました。 起動といった遠隔でのデバイスマネージメントに必要なタスクが可能です。 NPort 5110/5130/5150 シリーズ シリアルデバイスサーバ • シリアルデバイスを簡単にインター システムアーキテクチャ ネットに接続 利点 • PC を使わずネットワーク上の 2 台のシリアルデバイスの接続ができる • Modbus を使用したデータ収集 ペアコネクションモード • MQTT & SSL を使用したプライベートクラウドまたはサードパーティの • 簡単な設置と設定 クラウドサービスへのデータアップロード • リモートコントロール機能によるデバイスのリブートおよびファームウ ェアアップグレードなどのマネージメントオプション EDS-405A シリーズ 産業用マネージドイーサネットスイッチ • デバイスマネージメントおよび監 視のための EtherNet/IP、Modbus/ TCP および PROFINET プロトコルサ ポート • Turbo Ring および Turbo Chain ( リカバリタイム < 20 ms @ 250 スイッチ ) • RSTP/STP によるネットワーク冗長性 ioLogik E1200 シリーズ イーサネットリモート I/O • 2 ポートイーサネットスイッチ   (デイジーチェーントポロジーサポート) • -40 ~ 75℃の幅広い動作温度範囲 5 6
Page5

Moxa ThingsPro™ Suite アプリケーション ソーラーエネルギー マネージメントシステム 業界の背景 なぜ ThingsPro™ がソーラーエネルギーマネージ 推奨製品 太陽光発電企業が成功するためには、小さな住宅用太陽光発電設備から大規模な建物や発電所まで、すべての顧客のニーズに応える拡張的なソリュ メントシステムに適しているのですか ーションを提供する必要があります。太陽エネルギーの生産と消費を監視し、わかりやすいダッシュボードにデータを提示できるシステムは、太陽光 発電企業が生産と流通サイクルの効率を高めることを可能にします。このシステムはまた、太陽光発電企業が現場で稼働する機器を監視し、システム ThingsPro は、Modbus 通信、コンピューティング、データ収集、およびワイヤレスネットワーキングソリ のダウンタイムを削減するのに役立ちます。 UC-8100-ME-T シリーズ ューションを統合したものです。ThingsPro は、フィールドサイトとコントロールセンタの両方に対してす 産業用 IoT ゲートウェイ ぐに実行できるフィールドデバイスマネージメント機能を備えています。ThingsPro の RESTful API を使 用してオンサイトダッシュボードの構築、デバイスマネージメントサーバユーティリティを使用して一括設 • 4G LTE コネクティビティ 定、フィールドゲートウェイや接続されたデバイスを管理することができます。この件に関しユーザが直 サポート ユーザーのニーズと要件 面する 1 つの大きな課題は、フィールドデバイスのプロトコルがリモートデータ伝送用に設計されていな • -40 ~ 70℃の幅広い動作いこと、IT ベースの SQL プロトコルと互換性がない産業用プロトコルであることです。フィールドデバイ 温度範囲 スゲートウェイでホストされている ThingsPro ゲートウェイツールは、データ収集のためのジェネリック • ARM Cotex-A8 1GHz プロ ユーザーは、データ処理の専門知識とダッシュボードに情報を表示する能力を備えた太陽光エネルギー管理会社が必要です。太陽光エネルギー管理 Modbus/TCP および Modbus RTU プロトコルをサポートし、プロトコル変換ソリューションを開発する セッサ 会社は、リモートデバイスの管理や現場から中央サーバへのデータ転送を担当するのではなく、ダッシュボードに情報を表示する方法について、エンジ ことなく MQTT を使用してクラウド上の IT アプリケーションおよびデータベースと通信します。 ニアリングリソースを割り当てる必要があります。したがって、企業のデータ取得とデバイス管理を支援するソリューションが、これらの企業にとって最 • デュアルオートセンシング 10/100Mbps イーサネット も有益なものになるでしょう。 ポート システムアーキテクチャ ioLogik E1200 シリーズ イーサネットリモート I/O • 2 ポートイーサネットスイッチ (デイジーチェーントポロジ ーサポート) • -40 ~ 75℃の幅広い動作温 度範囲 • AI、AO、DI、DODIO およ びリレイ出力の組み合わせ によるワイドセレクション 利点 • フィールドデータの収集、デバイスマネー ジメント、およびデータ転送のためのプロ トコル変換のための Ready-to-Run ツール • カスタムドライバの作成を可能にする Debian Linux プラットフォームのサポート • RESTful API によるアプリケーション開発 サポート 7 8
Page6

Moxa ThingsPro™ Suite アプリケーション 気象観測所の監視システム 業界の背景 なぜ ThingsPro™ が気象観測所の監視シス 推奨製品 モンスーンの季節が訪れる国々では、全国規模の気象観測システムが非常に重要です。国の天気予報のインストールプロジェクトには、システムのカス テムアプリケーションシステムに適している タマイズ方法を知っている経験豊富で専門的なチームが必要です。監視システムは、緊急事態が発生した場合に、大災害を防止するため、一般市民に 早急な警報告知する仕組みを政府機関に提供することが求められます。 のですか UC-8100-ME-T シリーズ ThingsPro Suite を実行する UC-8100 フィールドデータゲートウェイには、ioLogik E1242 リモー 産業用 IoT ゲートウェイ ト I / O デバイス用のドライバが装備されています。ioLogik ドライバを選択するとデータロギン • 4G LTE コネクティビティサポート グプログラムで使用できるすべての I/O が使用可能になります。天気監視システムの製造元は、 • -40 ~ 70℃の幅広い動作温度範囲 ユーザーのニーズと要件 政府の要求に応じてロギングおよびコントロールロジックを設計し、事前パッケージ化 QTT お • ARM Cotex-A8 1GHz プロセッサ よび TLSトンネリングAPI を使用してデータを中央サイトに送り返すことができます。MQTT は、 ワイヤレスオーバヘッドを削減するために多くのモバイル・デバイスで使用されている証明済み • デュアルオートセンシング気象ステーションは遠隔地に設置されることが多いため、システム障害が発生した場合、現場への訪問は現実的ではありません。なので、システム管 理者は、リモートで予防保守を適用、かつ障害発生時にシステムを復元できる必要があります。このリモート監視と制御は、プロジェクトの成功に不可 のライトウェイトプロトコルです。 10/100Mbps イーサネットポート 欠です。もう一つの課題は、Fieldbus プロトコルに精通しているにも関わらず、データ使用量を削減するための軽量な WAN プロトコルを実装すること ThingsPro は、自動的にデータベースとのデータ変換を行います。し、従って、エンドユーザのソ は、産業オートメーションユーザーにとって大きな懸念事項です。さらに、ユーザは、I/O 制御信号を遠隔から起動できるようにするために、産業用プロ フトウェアプログラムは、ThingsPro が提供する API をリモートフィールドサイトデータの読み トコルを IT ベースのプロトコルに変換する必要があります。 書きに簡単に使用できます。また、ThingsPro のデバイスのマネージメ機能は、システム管理者 がデバイスの健康状態の監視および障害発生時にシステムをリブートするためにフィールドデ ータゲートウェイおよび ioLogik リモート I / O にリモートからアクセスすることが可能です。 ioLogik E1200 シリーズ イーサネットリモート I/O システムアーキテクチャ • 2 ポートイーサネットスイッチ(デイジー チェーントポロジーサポート) • -40 ~ 75℃の幅広い動作温度範囲 • AI および DI/O all-in-one model-ME-T を含むワイドセレクション AI/O および DI/O タイプ 利点 • MQTT & SSL を使いエッジから中央へのセキュア なデータ伝送 • アナログおよびディジタル I/O モジュール用 Ready-to-run ドライバ • データアクセスのための Easy-to-use ネーティブ API • データロギングおよびコントロールロジックプロ グラムのためのオープンソースコンピューティン グプラットフォーム 9 10
Page7

Moxa ThingsPro™ Suite アプリケーション リモートアセットマネージメント ITS システム 業界の背景 なぜ ThingsPro™ がリモートアセットマネー 推奨製品 多くの都市部では、インテリジェントな交通システムは、すでに人々の日常生活の不可欠です。複雑な交通システムを円滑に運用することは通常、設備が故 ジメント ITS システムに適しているのですか 障した場所へ人員を派遣するコストが高い都市交通当局にとって大きな課題です。さらに、一部の当局は、最も大きな課題は誤動作が起きたことを検知す ることであると指摘しています。 ThingsPro は、サーバおよびフィールドプログラマブルゲートウェイを介してweb ブラウザ UC-8100-ME-T シリーズ を使用して、すべてのフィールドデバイスにアクセスする機能を提供します。通常、スイッチ、 産業用 IoT ゲートウェイ リモート I/O、RTU、fieldbus ゲートウェイを含む大半の産業機器は、すべて Modbus/TCP • 4G LTE コネクティビティサポート をサポートしています。Moxa の ThingsPro を使用するエンド・ツー・エンドデータ変換ソリ • -40 ~ 70℃の幅広い動作温度範囲 ユーザーのニーズと要件 ューションは、Modbus デバイスからのデータを変換するのでユーザが Web ブラウザでリモート監視ができます。 • ARM Cotex-A8 1GHz プロセッサ • デュアルオートセンシング 都市交通当局は、システム障害がいつ発生したのかを知り、リアルタイムで問題を遠隔診断できる必要があります。市内には数千ものデバイスが配置されて ゲートウェイによりキャプチャされたデータは、ユーザのデータベースに直接供給することが 10/100Mbps イーサネットポート いることが多いため、絶対に必要な場合を除き、人員を配置することなくシステムを遠隔から再起動できることも求められます。さらに、装置の正常性をト できます。ユーザは、Linux プログラミング環境と提供される SDK を使用してフィールドデ ラックし、システム障害を回避、オンサイトの装置をリモートで構成および管理できる予防保守環境を提供する必要があります。 バイスとやり取りして高度なデータ処理を行い、SDK を使用してサーバとデータベースに直 接データを送信することもできます。即ち、ユーザは、アップリンクに使用するプロトコルと I/O データをフィールドからデータベースに変換する方法を心配する必要はありません。 ioLogik E1200 シリーズ システムアーキテクチャ イーサネットリモート I/O • 2 ポートイーサネットスイッチ(デイジ ーチェーントポロジーサポート) 利点 • -40 ~ 75℃の幅広い動作温度範囲 • リモートデバイスマネージメント機能によりサイト訪問時間と労力の削減 • AI および DI/O all-in-one Model を 含むワイドセレクション AI/O および • 容易なトラブルシューティング機能によりシステムダウンタイムの削減 DI/O タイプ • リモートコントロール機能によるデバイスのリブートおよびファームウェ アアップグレード EDS-P510 シリーズ 産業用マネージドイーサネットスイッチ • SmartPoE により PoE リンク、診断 および監視が容易 • -40 ~ 70℃の幅広い動作温度範囲 11 12
Page8

Moxa ThingsPro™ Suite アプリケーション デジタルサイネージ・ボードリモート コントロール監視システム 推奨製品 業界の背景 なぜ ThingsPro™ がデジタルサイネージ・ボ ードリモートコントロール監視システムに最 UC-8100-ME-T シリーズ新たな段階に突入したデジタルテクノロジー分野では、近年、看板がデジタルサイネージ広告に入れ替わり始めています。このようなトレンドが広まった 産業用 IoT ゲートウェイ 状況下では、デジタル広告サービス事業者のプロジェクトが大幅に増加しています。これらのプロジェクトでは通常、デジタル広告を高速道路やショッ しているのですか • 4G LTE コネクティビティサポートピングセンター、交通量の多い場所に配置しています。 • -40 ~ 70℃の幅広い動作温度範囲 リモートコントロール、ネットワーキング、監視システム、および資産管理のための Moxa の • ARM Cotex-A8 1GHz プロセッサ トータルソリューションは、多くのプロジェクトで機能する設計がされています。まず、スイ • デュアルオートセンシング ッチや I/O を含む多くの Moxa の機器は、フィールドデバイスの監視やコントロールのため 10/100Mbps イーサネットポート ユーザーのニーズと要件 の Modbus/TCP プロトコルをサポートしています。従って、ユーザは、汎用プロトコルとしてModbus/TCP を使用して 4G LTE 産業用 IoT ゲートウェイの UC-8100 がフィールドデバイス を監視またはコントロールすることができます。例えば、UC-8100 が PoE ポート、IP カメラ、 デジタルサイネージシステムは、システム管理者がマルチメディアコンテンツを遠隔でアップロードすることを可能にする外部回線を構成しています。マ または UPS のいずれかで障害を検出するとサーバにアラートが送信します。また、UC-8100 ルチメディアコンピュータは、ビデオデータを受信し、それをディスプレイポート経由でデジタルサイネージを制御するディスプレイコントローラに送信 は、イーサネットパワーリレイにリレイ電源サイクルコマンドをリモート送信してシステムリカ MC-7270-DC-CP シリーズ する役割を負っています。デジタル広告サービスは、顧客側が要求する短い応答時間がセールスの障害となることが多くあります。多くのケースで、顧客 バリの最初の試みとしてリモートからデバイスの電源を on にすることができます。 X86 ファンレスコンピュータ とのサービスの契約内容の中に、システムがダウンすると 24 時間から 48 時間以内に復元する項目が含まれます。ディスプレイがサービスクルーによ って物理的なチェックが必要になると、クライアントが広告を表示できる場所はすぐにチェックが可能な距離に限られてしまいます。このような問題に UC-8100 は、デバイスのステータスをローカルデータベースに保存することができます。そし • Intel® Core™ i7/i3 プロセッサ 対しては、既存のサービスクルーでカバーできる範囲外にも広告サービスができるエリアを拡大させるため、多くの広告会社が遠隔監視を可能にする て、後でシステム全体の最適化分析のために中央データベースと同期させることができます。 • -40 ~ 70℃の幅広い動作温度 IP カメラを設置し、さらにセルラーリンクを設置して、より柔軟な通信方法を導入しようとしています。また、オンサイトのすべての機器の状態を遠隔監 ThingsPro は、デバイスマネージメントゲートウェイとサーバ間のセキュアなコネクションと 範囲 視し、サービスクルーを導入する前に復旧しているかどうかをリモートで確認できるようにしたいと考えています。 データ転送をサポートします。即ち、ユーザは、通信プロトコルの種類およびフィールドデバ • 3 ビデオ出力(2 DVI-I、1 VGA ポート) イスとサーバとの間で送信されるデータの互換性があることを確実にすることができます。 最後に、セットアップを容易にするために UC-8100 システムは、いくつかの簡単なコンフィギ ュレーション手順でセットアップおよびすぐに実行することができます。 EDS-P510 シリーズ システムアーキテクチャ 産業用マネージドイーサネットスイッチ • SmartPoE により PoE リンク、診断 および監視が容易 • -40 ~ 70℃の幅広い動作温度範囲 利点 • Ready-to-run Modbus/TCP フレームワークによるフィールドデバイス監視 およびコントロール ioLogik E1200 シリーズ • MQTT & SSL を使いエッジから中央へのセキュアなデータ伝送 イーサネットリモート I/O • Ready-to-use web ユーザインターフェースによるサービス要員のオーバ • 2 ポートイーサネットスイッチ  ーヘッドを削減するリモートからの電源 ON トリガ (デイジーチェーントポロジーサポート) • -40 ~ 75℃の幅広い動作温度範囲 13 14
Page9

Your Trusted Partner in Automation Moxa は産業オートメーション構築のための信頼できるパートナーです Moxaは、インダストリアルIoT(Internet of Things)を実現可能にする産業用ネットワーク、コンピューティング、オートメーションソリューション のリーディングプロバイダです。産業界で25年以上の経験を誇るMoxaは、世界中で3千万台以上のデバイス接続を持ち、70か国以上の国に 販売代理店およびサービスネットワークを展開しています。Moxaは、産業用通信インフラストラクチャに必要な信頼性の高いネットワークと真摯な サービスを常に提供し続け、永続的なビジネス価値を創造し続けています。 ■ アイ・ビー・エス・ジャパン株式会社はMoxaの日本正規代理店です。 ■ カタログ・資料請求・お問い合わせは info@ibsjapan.co.jp まで。 ■ 厚木センター 〒243-0432 神奈川県海老名市中央2-9-50 海老名プライムタワー12F TEL 046-234-9200 FAX 046-234-7861 ■ 東京システムセンター http://www.ibsjapan.co.jp/ 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-4-9 NMF新宿南口ビル2F E-mail:info@ibsjapan.co.jp IBS-201808Moxa-IoT GuidebooksTEL 03-5308-1177 FAX 03-5308-1188 営業時間(土日・祝日を除く)9:00 ~ 17:30 ■ 大阪営業所 ※ このカタログに掲載されているイラスト・ 画像についての著作権はMoxaに帰属します。 ※ 記事内容(日本語翻訳分)についての著作権はアイ・ビー・エス・ジャパン株式会社に帰属します。 〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町2-3-13 ※ 記載の製品仕様、ホームページ等のアクセス先等は、予告なく変更することがあります。 大阪国際ビルディング31F TEL 06-4708-6126 FAX 06-4708-6127 © 2018 IBS Japan Co., LTD. © 2018 The Moxa Inc. All rights reserved. Moxa のロゴは、Moxa lnc. の登録商標です。 本書に記載されているその他のログはすべてロゴに関連した各社、各製品、各機関の知的所有物です。 © 2018 Moxa Inc. All rights reserved. The MOXA logo is a registered trademark of Moxa Inc. All other logos appearing in this document are the intellectual property of the respective company, product, or organization associated with the logo.