1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(698.3Kb)

TD 無線遠隔監視システム

製品カタログ

LPWAの利用で遠隔監視をもっと手軽に

TD無線遠隔監視システムは、東洋電装が提案するLPWAの技術を利用した遠隔監視システムです。

LPWAの特長
● 長距離通信が可能
● 消費電力が小さい
● 高いセキュリティレベル
● 柔軟なシステム構築が可能
● アンテナ設置が簡単

現場データの送り出す子機から受け取る中枢装置の親機で状況を遠隔で監視でき
簡単なコントロールも可能。
さらに間に中継機を設置することで、より離れた場所での通信が可能になります。

活用シーンは
・河川の水位を遠隔監視
・老朽化したメタル線のバックアップ回線
・機械装置の運転状況監視
・離島でのポンプ運転状況監視
など、さまざま。

このカタログについて

ドキュメント名 TD 無線遠隔監視システム
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 698.3Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 東洋電装株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

TD無線遠隔監視システム ~LPWAの利用で遠隔監視をもっと手軽に~ TD無線遠隔監視システムは、東洋電装が提案するLPWAの技術を利用した遠隔監視システムです。 外部アンテナ 親機 中継機 子機 遠隔監視システムの中枢装置でデータの 遠隔監視システムの中継装置です。 遠隔監視システムの末端装置で、 受渡しや中継機、子機のコントロールを 親機と子機の間に中継機を設置することで、 現場データの送り出しなどを行います。 行います。 より離れた場所での通信が可能になります。 特長 ●長距離通信が可能 ●消費電力が小さい ●高いセキュリティレベル ●柔軟なシステム構築が可能 ●アンテナ設置が簡単 活用イメージ 水位計 配水池 管理事務所 ポンプ所 浄水場 河川の水位を遠隔監視 老朽化したメタル線の 機械装置の運転状況監視 離島でのポンプ運転状況監視 バックアップ回線 仕様 ●システム仕様 ●無線機仕様 対向方式 1対n(n最大64、中継は2段まで可能) 型名 ES920LR 通信方式 ポーリング呼出方式 準拠法 ARIB STD-T108 制御方式 PLC制御 周波数 920.6~ 928.0MHz 入出力点数 (1子局あたり) アナログ入力  2点(最大時) 変調方式 LoRa変調(スペクトラム拡散)         デジタル入力  16点(最大時) チャンネル数 7ch(帯域幅125kHz以下時) (1:1の親局入出力仕様はPLCによる) 18ch(帯域幅250kHz時)         アナログ出力  16点(最大時) 帯域幅 31.25kHz~500kHz         デジタル出力  144点(最大時) 拡散率 7~12 ●通信距離 伝送速度 73bps~22kbps 一次郡内(中継無し) 概ね1km~3km(伝送速度100bps以上) 送信出力 13dBm(20mW)以下 二次郡内(中継一段設置) 概ね3km~6km(伝送速度100bps以上) 受信感度 -118dBm~-142dBm 三次郡内(中継二段設置) 概ね6km~9km(伝送速度100bps以上) 消費電力(無線モジュール) Tx時 34mA(13dBm設定時) ※但し、通信距離、伝送速度ともに地形、建築物、外来ノイズによって変化します。 Rx時 20mA ●制御装置 アンテナ 外付けアンテナ 演算制御方式 ストアードプログラム繰返し演算方式、割込み命令あり 工事設計認証 取得済(認証番号:006-000412) リアルタイムクロック 内蔵 ●総合仕様 定格電圧 AC電源タイプ AC100~240V DC電源タイプ DC24V 使用雰囲気 腐食性、可燃性ガスがなく導電性の塵埃がひどくないこと 周囲温度 0~55℃(動作時) -25℃~75℃(保存時) 相対湿度 5~95%RH(結露しないこと)(動作時)
Page2

導入事例 ●離島でのポンプ運転状況監視 離れていても状況把握 電源不要の中継器 離れた場所の深井戸ポンプの 中継機を設置することで、 状況をまとめて確認できます。 より離れた場所での通信が 可能となります。 中継機 管理事務所 親機 中継機 既設 制御盤 既設 制御盤 深井戸ポンプ 深井戸ポンプ 子機 ●河川の水位を遠隔監視 クラウドの活用 クラウド経由で各所の水位を 誰でも確認できます。 既設 制御盤 町内会 一般 子機 水位計 管理事務所 既設制御盤 水位計 親機 中継機 ●機械装置の運転状況を各所で確認 データを自動共有 クラウドの活用 自動的に機械装置の運転状況を クラウドで、さらに離れた場所からでも、 共有します。 スマホやタブレットで機器の状況を把握。 工場オフィス 外出先 親機 既設制御盤 離れていても状況把握 機械装置の運転状況を共有。 トラブルがあってもすぐに状況を 把握できます。 既設 子機 制御盤 〒731-0103 広島県広島市安佐南区緑井 4 丁目 22-25 TEL:082-831-2363 FAX:082-831-2588